「土産物」とは?

関連ニュース

復興支援 天吹酒造日本酒と馬肉販売 - 04月29日(土)06:01 

天吹酒造(みやき町)は、熊本地震と東日本大震災の被災地を応援する酒「絆伝心(きずなでんしん)」と熊本の馬肉薫製をセットにした「復興絆セット」のインターネット販売を始めた。売上金の一部はNPO地球市民の会(佐賀市)を通じて、熊本地震の復興支援に役立てられる。 薫製は、昨年の熊本地震による土砂崩れで寸断された国道57号沿いにある土産物店「キムチの里」(熊本県大津町)から仕入れる。絆伝心を製造する...
in English
カテゴリー:

4月24日オープンの西武秩父駅前温泉 祭の湯を一足先に見てきた 芝桜の丘とセットで楽しみたい - 04月22日(土)00:00 

 西武鉄道は4月24日に西武秩父駅前にオープンする複合型温泉施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」を報道向けに公開した。温泉施設だけでなく、駅直結で誰でも入れるフードコート、土産物などを扱う物販エリアも併設する複合型温泉施設だ。
in English
カテゴリー:

白い赤福、食べてみた お伊勢さん菓子博の限定品 - 04月20日(木)17:13 

 21日に三重県伊勢市で始まる「第27回全国菓子大博覧会・三重」(お伊勢さん菓子博2017)で、白い「赤福」が登場する。土産物として有名な地元の菓子だが、通常は餅をこしあんで包んだもの。博覧会限定で、…
in English
カテゴリー:

「うまい、うますぎる」の埼玉県、「銘菓のなさそうな都道府県」No.1に選ばれる 2位茨城県 3位滋賀県 - 04月06日(木)06:42 

旅行を終えて、土産物店へ。お土産を配るうえで、大切なのは商品選びだ。配りやすい銘菓なら喜ばれるが――そもそも、ここって、なにが名物なの? Jタウン研究所は、「『銘菓』が思い浮かばない都道府県といえば?」をテーマにアンケート調査を行った(総投票数1884票、)。はたして、その結果は――。 不名誉な1位を獲得したのは「埼玉県」(9.93%)。いわずと知れた「草加せんべい」や、ゼリー菓子の「彩果の宝石」、 棟方志功のイラストと「うまい、うますぎる」のテレビCMでおなじみ「十万石まんじゅう」などが名物だが、あま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】 〝国宝級茶碗〟の真贋はドロ沼「神学論争」に なんでも鑑定団騒動…今度はX線分析結果に専門家が猛反論 ★3 - 03月28日(火)01:57 

 昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」に持ち込まれた茶碗が、国宝級の「曜変天目(ようへんてんもく)」と鑑定されたことに複数の専門家から異論が上がった騒動がおさまらず、過熱の一途をたどっている。所有者の依頼で茶碗の成分分析を実施した大学教授が「模倣品の可能性を示す発色元素は検出されなかった」と指摘。一方、番組の鑑定結果を疑問視する専門家は分析について「方法が不十分で、元素が含まれている可能性は依然としてある」とさらに疑念を募らせており、さながら「神学論争」の様相を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「鳥のすき焼き定食」760円→540円、「バイキング」半額! 東北の食べ歩きがはかどる「道の駅グルメ」ガイドブック - 04月26日(水)17:00 

「秋田県由利本荘市にある道の駅・東由利では、鳥のすき焼き定食がおすすめです。地元産の鳥肉、野菜、卵をたっぷり使ったすき焼きと、新鮮なサラダ、味噌汁付きで、通常760円(以下、税込)のところが540円です」。東北6県の道の駅へ持っていくと、割引サービスを受けられるガイドブック「東北『道の駅』グルメめぐり」が話題となっている。発行元である「東北みち会議」に、Jタウンネット編集部が電話で聞いてみたところ......、冒頭の答えが返ってきた。新鮮な魚介類の「日替わり丼」864円が500円に電話で答えてくれたのは、仙台市にある「東北みち会議」の担当者・Sさんだ。「東北みち会議」は、東北を代表する幹線街道だった奥州街道や、それにつながる脇街道、宿場、道路などをキーワードに、地域づくりに貢献する特定非営利活動法人(NPO法人)だ。2010年からは、東北「道の駅」連絡会の事務局を務めている。「東北『道の駅』グルメめぐり」のおすすめを、もう一つ聞いてみた。「宮城県大崎市に、あ・ら・伊達な道の駅というところがあります。ここには季節ごとに変わるバイキングがあり、とくにカレーが人気で、数種類全てがおかわり自由です。通常1000円が、なんと500円です」と、Sさん。バイキングが半額とは、「おトクでしょう?」と言われると、「なるほど」とうなづくしかない。「もっとありませんか」とおねだりしてみた。「ガイドブック...more
in English
カテゴリー:

<台風10号>道の駅「いわいずみ」全面再開 - 04月21日(金)06:05 

昨年8月の台風10号豪雨で被災した岩手県岩泉町乙茂(おとも)の道の駅「いわいずみ」が20日、営業を全面再開した。大型連休を前に、年間15万人が訪れる町の観光拠点が復活した。 レイアウトを変更し、土産物
in English
カテゴリー:

カフェ併設やイベント開催で生き残り図る書店は「交流の場」 - 04月19日(水)07:00 

 本離れが加速する昨今。毎年、全国で500店以上の書店が閉店しているという。しかし、その一方で新たな試みに挑戦する書店も少なくない。  2015年7月、多くのファンに惜しまれながらリブロ池袋本店が閉店した。その店員だった辻山良雄さんが独立し、2016年1月に開いた書店が『Title』だ。東京・荻窪駅から歩いて10分ちょっとという決して便利ではない立地。青いテントが張られた店は、2階建ての古民家を3か月かけて改装した。1階は書店でその奥にカフェがあり、2階はギャラリーになっている。  書店が厳しい状況に置かれているなかで、なぜあえて新規開業に踏み切ったのか。 「本が売れないなかでも売れている本はありますし、本を読みたいと思っている人はいますから。でも、これまでと同じことをしているだけでは潰れてしまうのは、現実を見ればわかっていました」  そう話す辻山さんが目指したのは、「単に本を買うにとどまらない体験ができる店」。 「インターネットで本が買える時代に、お客さんがわざわざ遠い場所まで足を運ぶのは、ものを買いたいから、欲しいからというよりは、お店に行くという体験をしたいからだと思います。ならばカフェやギャラリーなども、足を運んでもらえるきっかけになるんじゃないかなと」(辻山さん)  カフェのメニューには食事やケーキもあり、カフェだけを目的に来る客もいる。もちろん2階のギャラリーだけを見て...more
in English
カテゴリー:

さるぼぼ供養祭 - 04月04日(火)13:02 

“さるぼぼ”供養祭 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084884901.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 真っ赤な体に黒い腹掛けで古くから伝わる飛騨地方の人形 「さるぼぼ」の供養が、3日、高山市で行われました。 飛騨地方の方言でさるの赤ちゃんを意味する「さるぼぼ」は母親が子どもの健やかな成長を願って 作った人形がもとになったと言われ、安産のお守りや飛騨地方の土産物として親しまれています。 3日は高山市にある飛騨国分寺の、庚申堂に「さるぼぼ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】 〝国宝級茶碗〟の真贋はドロ沼「神学論争」に なんでも鑑定団騒動…今度はX線分析結果に専門家が猛反論 ★2 - 03月27日(月)18:17 

 昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」に持ち込まれた茶碗が、国宝級の「曜変天目(ようへんてんもく)」と鑑定されたことに複数の専門家から異論が上がった騒動がおさまらず、過熱の一途をたどっている。所有者の依頼で茶碗の成分分析を実施した大学教授が「模倣品の可能性を示す発色元素は検出されなかった」と指摘。一方、番組の鑑定結果を疑問視する専門家は分析について「方法が不十分で、元素が含まれている可能性は依然としてある」とさらに疑念を募らせており、さながら「神学論争」の様相を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「土産物」の画像

もっと見る

「土産物」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT土産...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる