「土村芳」とは?

関連ニュース

岩田剛典×斎藤工「去年の冬、きみと別れ」謎が謎を呼ぶWEBスポット公開 - 02月16日(金)08:00 

 芥川賞作家・中村文則氏の小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典主演で実写映画化した「去年の冬、きみと別れ」のWEBスポットが、公開された。 ・「去年の冬、きみと別れ」WEBスポットはこちら!  「教団X」「土の中の子供」で知られる中村氏の人気小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。結婚を間近に控えた野心あふれる記者・耶雲恭介(岩田)は、特ダネをものにしようと猟奇殺人事件の元容疑者で天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)に近づいていく。木原坂に気に入られ、密着取材を取り付けた耶雲だったが、真相を追ううちに木原坂のわなにかかり、婚約者・百合子(山本美月)を危険にさらしてしまう。  WEBスポットは、「ダマされたくない人は、見ないでください」という挑発的なナレーションから始まる。その後、耶雲と百合子の仲むつまじい様子が収められているが、中盤から雰囲気が一変。耶雲と木原坂の「全部、でたらめだったとしたら」「まったくのでたらめだよ」という意味深なセリフに続き、人間が炎に包まれる様子、必死の形相で走る耶雲、「ウソだ!」と絶叫する木原坂の姿などが続けざまに描かれる。驚がくのどんでん返しが仕掛けられている本作のカラーを反映した内容だ。  「去年の冬、きみと別れ」は、上記キャストに加えて「羊の木」「今夜、ロマンス劇場で」の北...more
カテゴリー:

「土村芳」の画像

もっと見る

「土村芳」の動画

Wikipedia

の第2回公演花ちりぬで主演・あきら役に抜擢される。さらに京都造形芸術大学映画学科「北白川派」プロの監督・俳優と学生で、毎年1本の劇場公開作品を共同製作し配給するプロジェクト。第3弾カミハテ商店(2012年11月公開、山本起也監督)で映画デビューしたのに続き、同第4弾彌勒 MIROKU(2013年10月公開、林海象監督)で再び林海象により抜擢されて永瀬正敏とともに主演を務め、映画初主演を果たす。

2013年3月に大学を卒業、4月よりヒラタオフィスに所属して本格的に女優として活動を開始し、テレビドラマ、映画、舞台などに出演。2014年7月にはオーディションを勝ち抜いて三浦大輔の新作舞台母に欲すに出演する。

NHK連続テレビ小説のヒロインオーディションに何度も挑戦し書類審査で落とされていたが、初めて書類審査を通過して二次選考のオーディションに進んだ2016年後期のべっぴんさんで最終審査にまで残り、ヒロインの座は惜しくも逃すもののヒロインの親友役に抜擢されて、連続ドラマに初のレギュラー出演を果たす。芳根京子演じるヒロインの女学校時代からの親友で、生真面目で生まれつき体の弱い村田君枝役を慎ましやかに演じて、その穏やかで楚々としたたたずまいと確かな演技力により「昭和顔」の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる