「土村芳」とは?

関連ニュース

【朝ドラ】最終回までカウントダウンの「べっぴんさん」19・2% 1放送回でまたも大台割れ - 03月29日(水)10:43 

スポーツ報知 3/29(水) 10:21配信  28日に放送された女優・芳根京子(20)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説 「べっぴんさん」(月~土曜・前8時)の第147話の平均視聴率が19・2%を記録。 前回の放送で8放送回ぶりに20%の大台超えとなる20・4%を記録していたが、 1放送回でまたも2ケタ割れ。4月1日の最終回に向け、カウントダウンに入った朝ドラが、 つまづきを見せた。  最終週・表題「エバーグリーン」に突入した今回は、昭和59年(1984年)が舞台。 孫の藍をかわいがるおばあちゃんとな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』ついに最終週 べっぴんを作り続けたすみれたちの最後の物語は… - 03月26日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、すみれ(芳根京子)たちは東京・銀座にキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし銀行からの融資は認められず。そんな時KADOSHOの古門(西岡德馬)から資金提供の申し出があったが、自分たちの基本方針に反すると、これを断る。そして、自分たちの想いが健太郎(古川雄輝)、さくら(井頭愛海)ら次世代の社員たちに受け継がれていることを確信したすみれたちはキアリスを引退。次期社長には武(中島広稀)が任命された…。【関連】『べっぴんさん』第26週「エバーグリーン」フォトギャラリー 一方“ファッション評論家”として活動を始めた栄輔(松下優也)は、明美(谷村美月)に長年抱えていた思いを告白。すると明美は「家を建てよう」と提案する。ある日すみれたちのもとに、幼い子どもを連れた女性が訪ねてくる。持参した風呂敷を広げると、28年前に店の看板代わりに作ったワンピースが…。美幸(星野真里)との再会をきっかけに、すみれたちはキアリスに新しく「お直し部」を発足させ、昔作った服を直してさらに次の世代に受け継がせていくことを第二の人生で進めていこうと決意する。 最終週の舞台は昭和59年3月。すみれは、月に1回のペースでキアリスに出勤。紀夫は趣味のカメラを片手に隠居生活を送るようになっていた。春休みに入り、さくらが10歳になった娘の藍(渡邉このみ)...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』井頭愛海&古川雄輝、仲むつまじいオフショットに「夫婦円満!」 - 03月25日(土)08:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演中の井頭愛海が、今月22日に自身のブログを更新。同作の撮影現場でのオフショットとして、夫役で共演中の古川雄輝とのツーショット写真を公開した。【関連】『べっぴんさん』から『ひよっこ』へ…朝ドラバトンタッチセレモニー<フォトギャラリー> 『べっぴんさん』は戦後の日本を舞台として、坂東すみれ(芳根京子)を中心とした子供服店「キアリス」の面々が奮闘する姿を描いた作品。井頭はすみれとその夫でキアリスの社長でもある紀夫(永山絢斗)の娘・さくらとして出演、古川はキアリスの一員である村田君枝(土村芳)の息子・健太郎として出演している。 22日の投稿で井頭は「やかんとおなべから、覗く夫婦~」として、食器棚を背に古川と共に体育座りをしながら笑みを浮かべるオフショットを公開。「スタッフさんが、いいアングルやー!って撮ってくださったので載せまーすっ笑」と、現場と和気藹々とした空気が伝わってくるコメントも載せている。 この投稿に対してコメント欄では「いい写真を撮ってもらってよかったですね」「とっても仲睦まじい夫婦です」「ラブラブ夫婦円満!」など、ドラマのファンを中心に多くの感想が寄せられている。引用:http://ameblo.jp/manami-igashira/ ■関連記事朝ドラ『べっぴんさん』を写真で振り返る<フォトギャラリー>「古川雄輝」フォトギャラリ...more
in English
カテゴリー:

内田理央の身体中にキスマーク「小悪魔的な可愛らしさ」 - 03月23日(木)17:00 

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートするドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)のポスタービジュアルが解禁され、桜井理佳子役の内田理央の過激なメインビジュアルも公開された。同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨臨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。内田が演じる理佳子は、人の男を取りたくなってしまう小悪魔的な女。公開されたメインビジュアルには...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」141話。また最終回かと思った(何度めだ) - 03月22日(水)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第141回 3月21日(火)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎141話はこんな話KADOSHO に資金提供の申し出を受けたが、悩んだ結果、すみれ(芳根京子)たちは銀座に総合店をもつことを諦める。キアリスらしくないと思います 3月18日(土)が17.9%、20日(月)が18.7%とやや調子を落としている『べっぴんさん』。あと少しだから踏ん張っていただきたいです。集大成であり思い描いていた夢(ワンダーランド)を叶えたいと諦めきれず、気乗りのしない商社の介入に身を任せようか迷うキアリスの4人。そこで健太郎(古川雄輝)の登場だ。彼は現実的で、銀行が無理というのだからいまのキアリスの身の丈に合ってないと指摘する。背伸びせずに地に足をつけて自分たちらしくやっていこうというのがキアリスじゃないか、と健太郎。そりゃそうだ、彼は、すみれたちのその意見で商売優先の考え方を変えたのだから。すみれたちも映画にお金をかけず貯めていたら良かったのでは。ちょきん、ちょきん・・・と(違う!それは爪切り)。でもまああの映画はかなり小規模だから銀座に土地を買う資金の足しにはならないか。でも私は前を向いて生きていきたい 身内が入ることで一悶着起きたこともあったことはとうの昔、すっかり安定...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】最終週突入の「べっぴんさん」20・4%!8回ぶりの視聴率大台! - 03月28日(火)10:36 

 27日に放送された女優・芳根京子(20)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」(月~土曜・前8時)の第146話の平均視聴率が20・4%を記録。17日の第138話で記録した20・7%以来、8放送回ぶりに20%の大台超え。4月1日の最終回に向け、カウントダウンに入った朝ドラが底力を見せた。  最終週・表題「エバーグリーン」に突入した今回は、昭和59年(1984年)が舞台。孫の藍をかわいがるおばあちゃんとなったすみれ(芳根)は、月に1回のペースでキアリスに出勤。紀夫(永山絢斗)は趣味...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」144話。最終回につぐ最終回展開、あのワンピースの少女登場 - 03月25日(土)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第144回 3月24日(金)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎144話はこんな話引退してヒマを持て余していたすみれ(芳根京子)たちのところへ、かつてショウウインドウに飾ってあったワンピースをもらった美幸(星野真里)が訪ねて来た。諦めた 恋だから諦めた 恋だから なおさら 会いたい会いたい五木ひろしの粘り気のある歌い方が印象的なヒット曲「夜空」を社長室で歌う武。これはついに栄輔と結ばれてしまった明美への捨てきれない想いなのか。初恋の思い出は甘くて苦い。武「いつからおおったんや」健太郎「ずっとです 見てましたよ」自分より学歴が低く、しかもこんな感じで歌っているような武の下で働く、東大卒の健太郎(古川雄輝)の気持ちを慮ってみるも、キアリスの魔法にかかって、そんな尖った気持ちはすっかり浄化されているのだろう。そう、ここはワンダーランド。武と健太郎は、すみれたちが描いたワンダーランドの絵を見て「これはみんなの夢じゃ」と決意を新たにする。私にとっては宝物です引退してヒマになったキアリスの4人ということだが、やっていることがとくに変わった印象がない。なぜなら、すみれ(芳根京子)たち、この数週間、ほとんど仕事している描写がないから。映画つくったり、レリビィに集ったり...more
in English
カテゴリー:

内田理央 全身キスマークで悩殺! 新ドラマ小悪魔ビジュアル解禁 - 03月23日(木)17:00 

4月6日(木)夜11.59スタートの新ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(毎週木夜11:59-0: 日本テレビ系)に出演する内田理央のメインビジュアルが解禁された。 【写真を見る】上半身ヌードに多くのキスマークがついたセクシーなビジュアルに 今作は「プチコミック」(小学館)で連載されていた藤原晶の同名漫画が原作で、主演は高梨臨。“恋がヘタな主人公たちの不器用すぎる恋愛模様”を描くラブコメディで人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークが展開されていく。内田は家事が上手な清純派お嬢様・榎田千尋(土村芳)の同僚で、証券会社の受付嬢・桜井理佳子役で出演する。 本日解禁された内田のビジュアルは、上半身を脱いだ上に多くのキスマークがついているセクシーなビジュアル。「小悪魔的な可愛らしさ」と今回の役柄の「悪い女のイメージ」を意識し、女の敵だが、男が抗えない魅力が表現されている。汐口武史プロデューサーは「内田理央さんの持つ自然な『目ヂカラ』がポイントです」とコメントしている。 また、番組のポスタービジュアルも解禁。「全員恋がヘタ」ということを表現する為に付けられた“バラバラのキスマーク”は、それぞれのキャストが実際に取ったものがどこかに使用されている。汐口プロデューサーは「表情とキスマークのギャップや、それぞれに付けられたキスマークの位置や量にも注目してもらえればと思います」と魅力を解説。...more
in English
カテゴリー:

内田理央の身体中にキスマーク「小悪魔的な可愛らしさ」 - 03月22日(水)15:02 

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートするドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)のポスタービジュアルが解禁され、桜井理佳子役の内田理央の過激なメインビジュアルも公開された。同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨臨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。内田が演じる理佳子は、人の男を取りたくなってしまう小悪魔的な女。公開されたメインビジュアルには...more
in English
カテゴリー:

田中圭『タラレバ』不倫の伝道師から『恋ヘタ』純愛王子様にキャラチェン! - 03月22日(水)06:00 

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートするドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)に出演する田中圭が、このほど取材に応じ、自身が演じる雄島佳介についての印象や、作品の見どころなどを語った。同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨臨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。完璧な男・佳介について、田中は「原作だと完璧な王子様。男性の僕が読んでいても惚れ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「土村芳」の画像

もっと見る

「土村芳」の動画

Wikipedia

土村 芳(つちむら かほ、1990年12月11日 - )は、日本の女優。ヒラタオフィス所属。

プロフィール
  • 1990年12月11日・岩手県盛岡市生まれ。
    • 実姉は元IBC岩手放送アナウンサーの土村萌。小学生時代は(姉の萌と共に)滝沢市(当時・滝沢村)を拠点に活動する劇団「CAT'S きゃあ」に所属していた。
主な出演作品 映画 舞台
  • 「母に欲す」(作・演出:三浦大輔
  • 劇団姫オペラ公演「花ちりぬ」(監督:林海象)
TVドラマ
  • 夢駈ける大地 私、牛を飼います~キャリア官僚の転身(NHK)
  • ドラマスペシャル「フラガールと犬のチョコ」(2015年3月11日、テレビ東京) - 宮崎優奈 役
  • 連続テレビ小説べっぴんさん」(2016年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる