「土井善晴」とは?

関連ニュース

平凡なパパから「クッキングパパ」に昇格するためには? - 07月27日(木)17:00 

漫画の『クッキングパパ』に憧れます。 あれだけマメな性格で料理上手ならば、妻からは感謝されて(少なくとも基本的人権は認めてもらえて)、子どもたちが思春期や反抗期を迎えたときでも慕い続けてくれる(少なくとも無視されることはない)はずです。 理想のクッキングパパに近づくためには、料理の基本を覚える必要があります。 料理をはじめるのに年齢は関係ありません。 60代後半の男性が料理にチャレンジしている『亀渕昭信×土井善晴 男の料理入門塾』(亀渕昭信・著 土井善晴・著/学研プラス・刊)が役に立つはずです。 料理する前に。正しい手の洗いかた バクテリアなんかは皺の奥のほうにいてるわけで、中途半端な洗い方をするとそれがみんな出てきてよけいに汚くなる。 ですから、完全に洗うんやったら三分、せめて三十秒以上は洗わないとダメです。 (『亀渕昭信×土井善晴 男の料理入門塾』から引用) 手を洗うのは、殺菌消毒のほかにも「気持ちにけじめをつけるため」です。 はじめに雑菌や汚れを念入りに落とせば、気分がスッキリします。清潔感をあらためて意識するので、料理中が「顔や髪にさわらないようにしよう」という気持ちになります。 土井先生がアドバイスする「せめて三十秒以上は手を洗うこと」には納得できます。 当コラムの筆者であるわたしは食品工場に勤めていますが、そこでは45秒間の手洗いが義務付けられています。食中毒を防ぐ...more
カテゴリー:

【芸能】土井善晴先生「トマトパプリカみそ汁」にファンも困惑!? - 07月02日(日)18:17  mnewsplus

土井善晴先生「トマトパプリカみそ汁」にファンも困惑!? 2017年07月02日 11時00分 公開 https://taishu.jp/detail/28424/  料理研究家の土井善晴氏(60)が6月27日にツイッターを更新し、トマトとパプリカ、煮干しを入れた「みそ汁」の画像を投稿。この料理がSNSで大きな話題となっている。  ごはんと具だくさんのみそ汁のみで十分に栄養をまかなえるという「一汁一菜主義」を掲げている土井氏は、これまでもツイッターに、“キャベツの油焼き”や“バターを塗ったトースト”など、さまざまな食材を具にしたみそ汁の写真を...
»続きを読む
カテゴリー:

「土井善晴」の画像

もっと見る

「土井善晴」の動画

Wikipedia

土井 善晴(どい よしはる、1957年2月8日 - )は、日本の料理研究家、フードプロデューサー早稲田大学文化構想学部非常勤講師・早稲田大学感性領域総合研究所招聘研究員・立命館大学客員研究員。元芦屋女子短期大学講師。

来歴・人物

大阪府出身。

家庭料理の第一人者であった土井勝の次男として生まれる。明星高等学校(大阪)を経て芦屋大学教育学部産業教育学科(現経営教育学部経営教育学科)卒業。スイスフランスフランス料理を、大阪の「味吉兆」で日本料理を修業。1992年に「土井善晴おいしいもの研究所」を設立...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる