「國村隼」とは?

関連ニュース

テレ朝系日曜ワイド 高橋克典、安田顕、松重豊らの主演作続々登場 - 10月13日(金)14:05 

 テレビ朝日系で今年4月からはじまった日曜午前のドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜 前10:00~11:50)で放送予定の新企画が一挙された。『土曜ワイド劇場』の人気シリーズに主演歴のある高橋克典や高島礼子、「トリック」シリーズやスピンオフ『警部補 矢部謙三』でおなじみの生瀬勝久のほか、安田顕や松重豊が主演する新作が続々登場する。 【場面写真】安田顕主演『白い刑事』ほか、放送を待つばかり  第1弾となるのが、15日放送の高橋主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』。銀行を舞台にした江上剛氏原作の傑作ミステリーを初ドラマ化。高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。  22日は、安田主演の『白い刑事』を放送。“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を、“刑事”として暴いていく、まったく新しいタイプのミステリードラマが誕生する。  生瀬の主演作は、藤野恵美氏の小説『ハルさん』(創元推理文庫)を初ドラマ化する『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)。妻を亡くし、男手ひとつで娘を育て上げてきた人形作家の父“ハルさん”(生瀬)が、これまで娘の周囲で起きてきた数々の“事件”を振り返る、ハートウォーミングな異色ミス...more
カテゴリー:

京都国際映画祭2017、西本願寺で開幕!アンバサダー岩下志麻「映画の輪が広がってほしい」 - 10月12日(木)18:30 

 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2017が10月12日に開幕し、京都・西本願寺でオープニングセレモニーが行われた。世界文化遺産に登録されている「古都京都の文化財」に、アンバサダーの岩下志麻、名誉実行委員長の中島貞夫監督、総合プロデューサーの奥山和由氏をはじめ、上映作品の関連ゲストが集った。 ・【フォトギャラリー】オープニングセレモニーの様子、その他の写真はこちら  第4回を迎えた今年は、祇園甲部の芸舞妓らによる手打ち「七福神」「花づくし」で祝福されてスタート。開会宣言では、中島監督が「今年は日本で初めて映画が上映されてから、ちょうど120年の節目。映画というのはアートや音楽を含める総合芸術です。京都ならではの国際映画祭、今年も皆さんのお力で盛大に盛り上げていただき、楽しんでいただければと思います」とゲストに言葉を投げかけた。そして例年お決まりとなった「よーい、スタート!」いう開幕を告げる掛け声が、現存する日本最大の能舞台である重要文化財「南能舞台」に響き渡った。  艶やかな着物姿で登場した岩下は「京都を初めて訪れたのは小林正樹監督の『切腹』の撮影の頃。その後、川端康成先生の原作を基にした『古都(1963)』でも来ていて、すっかり大好きになった場所です。40代の後半には『極道の妻たち』シリーズで約10年間、東京と京都を行ったり来たりする生活でしたね」としみじみ話し...more
カテゴリー:

北野武が語る「アウトレイジ」と落語の共通点とは?大森南朋はシリーズへの憧れ爆発 - 10月06日(金)11:00 

北野武監督が手がける唯一のシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの仁義なき抗争を描いた「アウトレイジ」シリーズが、10月7日(土)より公開となる『アウトレイジ 最終章』でフィナーレを迎える。「『アウトレイジ』シリーズに憧れがあった」と言い、待望の初参加を果たした大森南朋とともに、北野監督が最終章に込めた思いを語った。 【写真を見る】北野武監督&大森南朋がスーツでビシッと決めて登場! 主人公となるのは、ビートたけし扮する昔気質の男・大友。二大勢力だった関東山王会と関西花菱会の巨大抗争後に韓国に渡っていた大友が帰国し、権力争いの真っ只中に突っ込んで行く姿を描く。大友が最後にどのような決着をつけるのかに注目が集まるが、北野監督は「大友は古いタイプでね。世話になった人には、命をかけてでも恩返しするような男」とシリーズを通して演じてきた大友について解説する。 仁義を貫こうとする大友の生き様を描いてきたが、北野監督は「非常に不条理」と本シリーズで展開するドラマについて語る。「落語の人情噺にも、不条理で“ひどいな”と思うやつがある。例えば『文七元結』という噺も、不条理で残酷でひどい話なんだけど、それも人情噺と言われるんだよね。それは本作にも言えること。大友は(前作より登場する国際的フィクサーの)張(チャン)会長に昔から世話になっているから、張(チャン)会長がもし自分の考えと逆のことをしていたとし...more
カテゴリー:

【テレビ】午後ロードスペシャル「アウトレイジ」“アウトレイジ最終章”公開記念9月27日(水) 12時40分~15時00分 - 09月25日(月)05:58  mnewsplus

番組概要 抗争勃発!金と権力のためだけに生きる“悪い男”たちの生き残りを賭けた闘い。情け容赦、手加減、一切なし!北野武監督の新境地バイオレンス・エンターテインメント! 番組情報 出演者【出演者】ビートたけし(大友)、椎名桔平(水野)、加瀬亮(石原)、三浦友和(加藤)、國村隼(池元)、小日向文世(片岡)、北村総一朗(関内)、杉本哲太(小沢)、石橋蓮司(村瀬) 監督・演出【監督】北野武 制作【製作年】2010年 https://youtu.be/AokC-ZeB36s http://tv.myjcom.jp/detail.action?channelType=2&serviceCode=1072_32742...
»続きを読む
カテゴリー:

京都国際映画祭2017が世界遺産・西本願寺で華々しく開幕! - 10月13日(金)01:13 

今年で4回目となる「京都国際映画祭2017」が10月12日に開幕し、世界遺産・西本願寺(京都市下京区)でオープニングセレモニーが行われた。京都市内を中心にさまざまなエリアで「映画やアートもその他もぜんぶ」をコンセプトに映画の枠にとらわれない、魅力あふれるイベントを15日(日)まで展開する。 【写真を見る】「火花」主演の桐谷健太、監督の板尾創路ら オープニングセレモニーの会場となったのは、重要文化財の南能舞台。祇園甲部の芸妓らによる伝統芸の手打ち式「七福神」、「花づくし」を披露し賑々しくスタート。 京都国際映画祭実行委員会名誉委員長の中島貞夫氏が登場し「今年は、京都で初めて映画が上映されてから120年目の節目の年。京都国際映画祭を大いに盛り上げて楽しんでほしい」と語り、恒例となった「第4回、京都国際映画祭よーい、スタート!」の開幕宣言の掛け声が能舞台に響き渡った。 その後、京都市長の門川大作氏、京都府知事の山田啓二氏の代理として文化スポーツ部長の森下徹氏、文化庁 地域文化創生本部事務局長の松坂浩史氏が挨拶を行った。 続いて、京都国際映画祭アート部門のアートプランナー おかけんた、総合プロデューサーの奥山和由氏がステージに登場。奥山氏は、映画に対する厳しい姿勢を教えてくれた五社英雄監督の特集を組んだこと、五社監督にゆかりのある人にアンバサダーを依頼したことを話、岩下志麻を紹介。艶やかな...more
カテゴリー:

Hey! Say! JUMP・山田涼介、『ハガレン』実写化への思い「役に徹するだけ」 - 10月12日(木)12:00 

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、荒川弘氏の人気漫画を映画化した『鋼の錬金術師』(12月1日公開)。昨年夏、撮影の合間を縫って取材に応じた山田に、注目作で主演を務める思いや、人気キャラクターへの向き合い方を聞いた。 【写真】映画『鋼の錬金術師』撮影の模様  原作漫画、通称“ハガレン”は、月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で2001年から2010年にわたり連載され、全世界シリーズ累計発行部数7000万部超を記録。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エド(山田)と弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描く。  アルフォンスはフルCGで再現され、山田のほか、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、國村隼、石丸謙二郎、原田夏希、内山信二、夏菜、大泉洋(特別出演)、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子らが出演する。  錬金術を使用してのアクションシーンなど、実写化へのハードルは高い。オファーを受けた当初の心境を「これ実写化できるのかなっていう疑問と、人気キャラクターを演じきることができるのかっていう不安は最初ありました」と振り返った山田は、フルCGで再現される“弟”アルのテスト動画を見たとき、そのクオリティーの高さから「これは大丈夫だと思いました」と確信。「あとは自分自身、役に徹するだけだった。できることは最善を尽くしてやるだけです」と、集中...more
カテゴリー:

【試写室】「BORDER 衝動」3年ぶりの新しい世界で『至福』のとき - 10月06日(金)06:05 

「発現」「救出」「連鎖」「爆破」「追憶」「苦悩」「敗北」「決断」「越境」「衝動」「贖罪」 【写真を見る】波瑠とは朝ドラ以来の共演となる美少女・清原果耶も注目!/(C)テレビ朝日 あ、別にお経を唱えているわけではなく…。勘のいい人ならすぐにピンとくると思うが、これらは「BORDER」の連続ドラマ、スピンオフ、そして続編スペシャルのサブタイトルだ。 後付けになってしまうが、たった二文字でここまでうまく物語を表すことができるなんてすごいな!と、3年前の連ドラ当時にも見終わった後、毎回思っていたが、今回久しぶりに「BORDER」ワールドに触れてみて、再び同じ感情が湧いた。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は10月6日(金)、13日(金)に前・後篇で放送の「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」(テレビ朝日系)を取り上げる。 本スピンオフの主人公は、波瑠が演じる法医学教室助手・比嘉ミカ。比嘉といえば、連続ドラマ「BORDER」では“男らしい”言動と、クールな佇まい、類まれなる検死能力を持つ警視庁の特別検視官として、人気を博したキャラクターだ。 連続ドラマでは、石川(小栗旬)の単独捜査にも度々協力してきた比嘉だが、スピンオフではその原点となる...more
カテゴリー:

「國村隼」の画像

もっと見る

「國村隼」の動画

Wikipedia

國村 隼(くにむら じゅん、1955年11月16日國村隼(出典:日本タレント名鑑) - Yahoo!検索(人物)(2013年5月1日時点のアーカイブ) - )は、日本俳優。本名は米村 喜洋大阪府出身。

来歴

熊本県で生まれ、1歳の時に兵庫県尼崎市に転居週刊現代 2013年11月30日 p. 189。小学校2年の時に大阪市へ移った。大阪放送劇団付属研究所9期生。1981年、ガキ帝国(井筒和幸監督)で映画デビュー。その後、数々の映画、ドラマに出演。1989年ブラック・レインにヤクザ役で出演、リドリー・スコット監督と松田優作から映画俳優としての表現について影響を受けた壬生智裕 (2012年11月26日). ブラック・レイン松田優作さんから多くを学んだ…いぶし銀の俳優・國村隼...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる