「国際通貨基金」とは?

関連ニュース

ECBは金融緩和継続すべき、解除は時期尚早=IMF - 07月26日(水)00:18 

[ブリュッセル 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は25日公表したユーロ圏経済に関する年次報告書で、欧州中央銀行(ECB)はインフレ率が目標を下回って推移する中、強力な金融緩和策を長期間維持するべきとの認識を示した。
カテゴリー:

IMFトップ「本部が北京も」発言真意は...? - 07月25日(火)18:43 

IMFトップ「本部が北京も」発言真意は...?:IMF(国際通貨基金)の本部が、10年後にはアメリカから中国に移っているかもしれないと、IMFトップが言及。...
カテゴリー:

コラム:しぼむトランプ経済政策への期待感、処方箋は - 07月25日(火)13:48 

[ニューヨーク 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国の経済成長を押し上げるというトランプ米大統領の約束は、評価が下がっている。国際通貨基金(IMF)は世界経済の成長率見通しを据え置く半面、米国については(4月の予想から)下方修正した。米国株式市場は2017年、外国株をアンダーパフォームしており、ドルも下落した。現在のところ、「偉大さ」は米国以外のところにあるようだ。
カテゴリー:

IMF:「10年後には本部北京に移転かも」専務理事 - 07月25日(火)10:05 

 「10年後の2027年には本部をワシントンから北京に移転している可能性がある」-。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、米首都ワシントンで開かれた討論会で、中国経済の高成長が続くことを前提に大胆な予測を披露した。
カテゴリー:

【国際】IMF本部、今後10年で北京に所在地変更も - 07月25日(火)09:20 

https://jp.reuters.com/article/imf-china-lagarde-idJPKBN1A9293 [ワシントン 24日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、中国をはじめ新興国の成長トレンドが今後も継続し、IMFの議決権構造に反映されれば、今後10年で北京がIMF本部となる可能性があるとの考えを示した。世界開発センターでのイベントで述べた。 経済規模や影響力の拡大に伴い、IMFは新興国の議決権比率を引き上げる必要があり、こうした動きは「あり得る」とし、「10年後にはワシントンではなく、北京本部でこうし...
»続きを読む
カテゴリー:

IMF本部「10年後には北京移転も」 ラガルド氏示唆 - 07月25日(火)22:01 

 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、ワシントンでの対談で、「10年後には、ワシントンではなく北京の本部でこの議論をしているかもしれない」と話し、戦後の国際金融体制の主導役を果たした国際…
カテゴリー:

IMF 中国経済の成長率予測を再び上方修正 - 07月25日(火)14:48 

国際通貨基金(IMF)は24日にマレーシアの首都クアラルンプールで「世界経済見通し」の修正内容を発表し、中国の今年と来年の成長率予測を上方修正し、今年は0.1ポイント引き上げて6.7%、来年は0.2ポイント引き上げて6.4%とした。 ...
カテゴリー:

【国際】IMF本部が北京に本部移転!? ラガルド専務理事が10年後を予測 - 07月25日(火)11:31 

「10年後の2027年には本部をワシントンから北京に移転している可能性がある」-。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、米首都ワシントンで開かれた討論会で、中国経済の高成長が続くことを前提に大胆な予測を披露した。  IMFの本部は出資比率が最も高い加盟国に置くとの規定がある。出資比率はほぼ経済規模に応じて決まり、現在は米国が17・46%で首位だ。ただ、2位は経済規模が中国を下回る日本で6・48%。中国は3位で6・41%にとどまっている。  ラガルド氏は「今後10年間で経済規模が出...
»続きを読む
カテゴリー:

IMF本部、ワシントンから北京に本部移転!? ラガルド専務理事が10年後を予測 - 07月25日(火)09:50 

 「10年後の2027年には本部をワシントンから北京に移転している可能性がある」-。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日、米首都ワシントンで開かれた討論会で、中国経済の高成長が続くことを前提に大胆な予測を披露した。
カテゴリー:

世界経済回復、米頼み低下 IMF見通し 日中、ユーロ圏依存 - 07月25日(火)05:00 

 世界経済の回復は経済規模で世界一の米国に依存しなくなりつつある。国際通貨基金(IMF)が24日、クアラルンプールで発表した世界経済見通し(WEO)によれば、今年の世界の成長率は3.5%となり、2016年の3.2%から加速すると見込んでいる。18年は3.6%成長を見通した。
カテゴリー:

もっと見る

「国際通貨基金」の画像

もっと見る

「国際通貨基金」の動画

Wikipedia

国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2016年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、188か国であるhttps://www.imf.org/external/japanese/np/exr/facts/glancej.htm 「ファクトシート-IMFの概要」国際通貨基金 2016年3月 2017年2月8日閲覧。

加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる