「国際自然保護連合」とは?

関連ニュース

【クマ】秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も ★2 - 01月07日(日)23:20  newsplus

秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。住民からの要請で捕殺が増えたといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。  ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類され、国内では九州で絶滅、四国で絶滅寸前とされている。「日本熊森(くまもり)協会」(本部・兵庫県、会員・約1万7千人)は昨年10月、「根絶殺害...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】秋田のクマ、推定生息数の6割が殺されてしまう 自然保護団体が駆除の中止を求める - 01月07日(日)19:45  news

秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。 住民からの要請で捕殺が増えたといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。  ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類され、国内では九州で絶滅、四国で絶滅寸前とされている。「日本熊森(くまもり)協会」(本部・兵庫県、会員・約1万7千人)は昨年10月、 「...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】辺野古のアオサンゴ、別種か 遺伝的に独立、調査で判明 - 01月06日(土)14:39  newsplus

1/6(土) 10:59配信 朝日新聞デジタル  沖縄県名護市辺野古の大浦湾に生育するアオサンゴが他地域から遺伝的に独立した系統であることが、日本自然保護協会などの調査でわかった。同湾のアオサンゴは遺伝的に同一なクローンなので、病気などで壊滅するリスクが高く特に保護が必要という。  アオサンゴは国際自然保護連合のレッドリストで絶滅危惧2類とされる。大浦湾のアオサンゴは2008年の遺伝子解析で石垣島のものとは異なる系統と分かっていたが、宮崎大学によるDNA解析で大浦湾から南約30キロにある勝連半島の個体群...
»続きを読む
カテゴリー:

【準絶滅危惧種】24年ぶりジャグワァの赤ちゃん・高知 - 01月05日(金)07:47  newsplus

24年ぶりジャガーの赤ちゃん http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20180105/8010001011.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 生息数が減少し、IUCN=国際自然保護連合が準絶滅危惧種に指定しているジャガーの赤ちゃんが、 高知市の動物園で24年ぶりに誕生しました。 高知市の動物園、「わんぱーくこうちアニマルランド」では先月、 オスのジャガーの赤ちゃんが誕生しました。 この動物園では10歳のオスの「ルモ」と3歳のメスの「葉月ココ」を飼育していて、 動物園によりますと去年8月...
»続きを読む
カテゴリー:

秋田県ツキノワグマの推定生息数の6割を捕殺 熊森協会「ほとんど根絶殺害」 - 01月07日(日)23:07  news

秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も 秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、 クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。住民の要請を受けて捕殺が増えているといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。 ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種に分類される。環境省によると、国内では九州で絶滅と考えられ、四国では絶滅の恐れがあるとさ...
»続きを読む
カテゴリー:

【クマ】秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も - 01月07日(日)19:24  newsplus

秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。住民からの要請で捕殺が増えたといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。  ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類され、国内では九州で絶滅、四国で絶滅寸前とされている。「日本熊森(くまもり)協会」(本部・兵庫県、会員・約1万7千人)は昨年10月、「根絶殺害...
»続きを読む
カテゴリー:

ジャギュアの赤ちゃん生まれる 一般公開いつ? ぜんぜんわからん(´・ω・`) - 01月05日(金)18:28  news

生息数が減少し、IUCN=国際自然保護連合が準絶滅危惧種に指定しているジャガーの赤ちゃんが、高知市の動物園で24年ぶりに誕生しました。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20180105/8010001011.html 一般公開の日付は未定ですが、飼育員の吉川貴臣さんは「元気に育ってもらって、これからの公開を楽しみにしてほしいです」と話しています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「国際自然保護連合」の画像

もっと見る

「国際自然保護連合」の動画

Wikipedia

国際自然保護連合(こくさいしぜんほごれんごう、英:International Union for Conservation of Nature and Natural Resources、IUCN)は、1948年に創設された、国際的な自然保護団体である。国家、政府機関、NGOなどを会員とする。本部はスイスのグランにある。日本は1978年に環境庁が日本の政府機関として初めて加盟、1995年に国家会員として加盟した。また、日本国内の18団体(NGOなど)が加盟している。1993年には、旭硝子財団よりブループラネット賞が贈られた。

IUCNによる自然保護地域カテゴリー

国際自然保護連合は、世界各国の政府・法人・個人が保護している地域に対して、以下のようなカテゴリー化を行っている。これらのカテゴリーは、保護された自然区域の管理の度合いを示すものである。

  • 厳正保護地域(Ia)

特出したもしくは代表的な生態系や、地理的なもしくは生理学的な特徴あるいは種を有し、原則として科学的研究あるいは環境観察のために開かれている土地あるいは海域。

  • 原生自然地域(Ib)

手つかずもしくはそれに近い状態で保たれていて、その自然の性格と作用を保ち、恒久的あるいは重要な棲息を持たず、その自然状態を保つために保護され運営されている広大な土地あるいは海域。

  • 国立公園(I...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる