「国際線」とは?

関連ニュース

ジェットスター、名古屋/中部〜鹿児島線を片道6円で販売 きょう午後6時から - 10月19日(木)14:05 

ジェットスター・ジャパンは、10月17日午後6時より開催している「スーパースターセール」で、きょう10月19日には名古屋/中部〜鹿児島線を片道6円で販売する。 名古屋/中部発着の国内・国際線全6路線を毎日1路線ずつ、片道6円で販売しており、10月17日は札幌/千歳線、18日には福岡線を6円で販売した。19日は鹿児島線、20日は沖縄/那覇線、21日はマニラ線、22日は台北/桃園線が対象となり、いずれもセール開始時刻は各日午後6時。販売座席数は札幌/千歳線は600席、それ以外は150席。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は11月7日から2018年2月1日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチが沖縄就航5周年--2014年7月に那覇空港拠点化、那覇から6路線を就航 - 10月18日(水)21:40 

LCCのPeach Aviationは10月18日、沖縄線開設から5年を迎えた。沖縄就航5周年を記念し、那覇空港において、沖縄(那覇)=大阪(関西)線のMM214便に搭乗者175人(幼児2人含む)へ、沖縄ベースの客室乗務員から記念品を配布した。 Peachは、日本初のLCCとして2012年3月に運航を開始し、2012年10月18日から沖縄(那覇)=大阪(関西)を結ぶ路線を就航した。現在、Peachの沖縄からの路線は国内線の大阪(関西)・福岡線の2路線と国際線の台北(桃園)・香港・ソウル(仁川)に加え、LCC初の東南アジア路線でもあるバンコク(スワンナプーム)線の4路線の計6路線が就航しており、累計で約330万人に利用されている。 現在、Peachにとって沖縄関西空港に次ぐ重要な拠点であり、2017年3月から客室乗務員のベースも設けている。2018年夏からは、沖縄(那覇)から台湾・高雄を結ぶ路線を新たに開設する計画となっている。またスポーツの分野では、2015年から卓球の「琉球アスティーダ」とオフィシャルスポンサー契約をしている。Peachでは、スポーツを目的に地域を訪れる方々の需要を喚起し、地域を活性化する取り組みを「アジアスポーツ経済圏構想」と名付け、今後、積極的に展開していく。 沖縄路線の累計搭乗者数は、2014年7月に50万人、2015年6月に100万人、2016年2月...more
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター、名古屋/中部〜福岡線を6円で販売 きょう午後6時から - 10月18日(水)17:48 

ジェットスター・ジャパンは、10月17日午後6時より開催している「スーパースターセール」で、きょう10月18日には名古屋/中部〜福岡線を片道6円で販売する。 名古屋/中部発着の国内・国際線全6路線を毎日1路線ずつ、片道6円で販売しており、10月17日は札幌/千歳線を6円で販売した。18日は福岡線、19日は鹿児島線、20日は沖縄/那覇線、21日はマニラ線、22日は台北/桃園線が対象となり、いずれもセール開始時刻は各日午後6時。販売座席数は札幌/千歳線は600席、それ以外は150席。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は11月7日から2018年2月1日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、2017年12月~2018年1月発券分の燃油サーチャージを引き上げ ハワイ2000円増、北米・欧州3500円増など - 10月18日(水)17:34 

 JAL(日本航空)は10月18日、2017年12月1日から2018年1月31日に発券する国際線航空券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を改訂すると発表した。
カテゴリー:

ジェットスター、名古屋/中部〜鹿児島線を片道6円で販売 きょう午後6時から - 10月19日(木)14:05 

ジェットスター・ジャパンは、10月17日午後6時より開催している「スーパースターセール」で、きょう10月19日には名古屋/中部〜鹿児島線を片道6円で販売する。 名古屋/中部発着の国内・国際線全6路線を毎日1路線ずつ、片道6円で販売しており、10月17日は札幌/千歳線、18日には福岡線を6円で販売した。19日は鹿児島線、20日は沖縄/那覇線、21日はマニラ線、22日は台北/桃園線が対象となり、いずれもセール開始時刻は各日午後6時。販売座席数は札幌/千歳線は600席、それ以外は150席。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は11月7日から2018年2月1日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

羽田空港に「顔認証」の入国ゲート導入 約10秒で終了 - 10月18日(水)18:29 

 羽田空港国際線ターミナルの帰国審査場に18日から、顔認証技術を活用した国内初となる「顔認証ゲート」が導入された。パスポートをかざすだけで入国審査ができるシステムで、利用にあたっての事前手続きは不要。当面は入国審査のみの先行導入になるが、本格運用されれば、出入国手続きの時間が短縮されることになりそうだ。
カテゴリー:

ジェットスター、名古屋/中部〜福岡線を6円で販売 きょう午後6時から - 10月18日(水)17:48 

ジェットスター・ジャパンは、10月17日午後6時より開催している「スーパースターセール」で、きょう10月18日には名古屋/中部〜福岡線を片道6円で販売する。 名古屋/中部発着の国内・国際線全6路線を毎日1路線ずつ、片道6円で販売しており、10月17日は札幌/千歳線を6円で販売した。18日は福岡線、19日は鹿児島線、20日は沖縄/那覇線、21日はマニラ線、22日は台北/桃園線が対象となり、いずれもセール開始時刻は各日午後6時。販売座席数は札幌/千歳線は600席、それ以外は150席。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は11月7日から2018年2月1日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、米カリフォルニア州山林火災で支援 3万ドル寄付や社員募金実施 - 10月18日(水)16:32 

日本航空(JAL)は、アメリカ・カリフォルニア州北部で発生した山林火災を受け、支援金の寄付や社員募金の実施などの支援を決めた。 支援金として30,000米ドルにJALグループ社員による募金で集まった額をあわせ、Napa Valley Community Foundationに寄付する。 JALは1954年2月に、初の国際線として東京/羽田からウェーキ、ホノルル経由でサンフランシスコに就航。現在、ロサンゼルス、サンディエゴをあわせた、カリフォルニア州の3都市へ1日4便を運航している。山林火災が発生したナパ郡には1971年から2010年まで、運航乗務員訓練所を設置していた。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「国際線」の画像

もっと見る

「国際線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる