「国際社会」とは?

関連ニュース

韓国政府「北核問題の解決意志を再確認」 米の追加制裁に - 11月22日(水)11:31 

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は22日、米国が北朝鮮への追加制裁を発表したことについて、「強力な制裁と圧力を通じて北を非核化の道に引き出すという国際社会の共同努力の一環とみている。核問題の解決に向けた米国の意志を再確認した」と評価した。また「韓米両国は北の核問題の平和的解決という共同目標を達成するため、各レベルで緊密な協力と協議を続けていく」と述べた。
カテゴリー:

テロ支援国家再指定は「北核問題の解決に役立つ」 韓国大統領府 - 11月21日(火)15:12 

【ソウル聯合ニュース】米トランプ政権が20日(米東部時間)、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を約9年ぶりに「テロ支援国家」に再指定したことについて、韓国青瓦台(大統領府)の関係者は21日、「最大限の制裁と圧力によって北の核問題を解決しようとする国際社会の連携の一環と理解している。核問題の平和的解決に役立つだろう」と述べた。また「こうした状況で韓米が連携して(北朝鮮に関する)問題を議論している」と伝えた。 tnak51@yna.co.kr
カテゴリー:

テロ支援国家再指定 「北核問題の平和的解決に寄与」=韓国政府 - 11月21日(火)10:36 

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は21日、米国による北朝鮮の「テロ支援国家」再指定について「強力な制裁と圧力によって北を非核化の道に導くという国際社会の努力の一環」と評価した上で、「北の核問題の平和的解決に寄与するものと期待する」と述べた。また「核問題を平和的に解決するため、北を対話のテーブルに着かせる努力を続けるという韓米の立場には変わりがない」とも強調した。
カテゴリー:

習近平は鄧小平を否定し毛沢東に走っている 「中国の夢」に国際社会はどう向き合うのか | 国内政治 | 東洋経済オンライン - 11月21日(火)05:00 

中国では今、10月に開かれた共産党大会で習近平総書記が読み上げた「報告」の内容についての勉強会が全国…
カテゴリー:

朝日社説「ちょっと待ってほしい」→大阪市長「こっちのセリフだ」 米の慰安婦像めぐる場外戦 - 11月20日(月)21:35  liveplus

米サンフランシスコ市内に慰安婦像と碑文が設置された問題で、大阪市の吉村洋文市長と朝日新聞の間で応酬が展開されている。 吉村氏はサンフランシスコ市側が対応を見直さなければ、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だが、これを朝日新聞が社説で「ちょっと待ってほしい」と批判。吉村氏は、過去の朝日新聞の慰安婦をめぐる報道を引き合いに「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ」とツイッターでやり返している。 拒否権発動期限までに返事なければ提携解消の手続き サンフランシスコ市の慰安婦像は、元々は私有地に設置され...
»続きを読む
カテゴリー:

ジンバブエ大統領辞任:英首相「全面的に支援する」 - 11月22日(水)09:38 

 【ロンドン矢野純一】ジンバブエの旧宗主国・英国のメイ首相は21日、ムガベ大統領の辞任を受け「最も古くからの友人として、明るい未来の達成に向け、国際社会や地域のパートナーと共に全面的に支援する」との声明を出した。
カテゴリー:

安倍首相:「歓迎し、支持する」米国の北朝鮮再指定で - 11月21日(火)11:07 

 安倍晋三首相は21日朝、米国による北朝鮮のテロ支援国家指定について「圧力を強化するものとして歓迎し、支持する」と述べた。首相官邸で記者団に語った。河野太郎外相も21日の記者会見で「国際社会が北朝鮮に圧力を強めることに資するもので歓迎したい。さまざまな効果があるだろう」と期待感を示した。
カテゴリー:

中国様「韓国をしつけるのは犬と同じ。先に虐め、後から少しだけ良くすれば良い。」 - 11月21日(火)08:25  news

【朝鮮日報社説】「中国は銃を一発も撃たずに韓国に勝った」 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは18日、「中国は銃を一発も撃たずに韓国とのTHAAD戦争に勝った」と題する記事を掲載した。 同紙は韓国がTHAAD追加配備、米国のミサイル防衛(MD)参加、韓米日軍事同盟を推進しないという「3つのノー」政策を表明し、中国と結んだTHAAD合意を「大きな犠牲だ」と評した。 「3つのノー政策は経済を政治・安全保障問題とリンクさせる(誤った)前例をつくった」とする専門家の分析も紹介した。 同紙は合意がなされた背景として、「...
»続きを読む
カテゴリー:

金委員長との会談情報なし=訪朝の中国特使、帰国 - 11月20日(月)21:41 

 【北京時事】中国共産党の習近平総書記(国家主席)の特使として北朝鮮・平壌を訪れた党中央対外連絡部(中連部)の宋濤部長が20日、帰国した。北朝鮮の朝鮮中央通信が伝えた。金正恩朝鮮労働党委員長と会談したかどうかに国際社会の注目が集まる中、そうした発表や報道は中朝双方から依然伝えられていない。 中国国営新華社通信は20日夕、宋氏が同日まで訪朝し、「朝鮮労働党中央指導者と会談した」と伝えた。宋氏は17日に金委員長の側近の崔竜海党副委員長と、18日に外交統括役の李洙※(※土ヘンに庸)党副委員長とそれぞれ会談しているが、「中央指導者」が2人を指すのか、金委員長のことなのか明らかになっていない。 朝鮮中央通信は20日、宋氏が幹部養成校の万景台革命学院などを参観したことを伝えたが、金委員長との会談には言及していない。 宋氏は訪朝中、冷え込んだ中朝関係の改善に向けた糸口を模索したとみられる。新華社電は「朝鮮半島問題について意見交換した」と伝えており、北朝鮮の核・ミサイル開発停止を求める中国側の立場や、先の米中首脳会談の内容を説明した可能性がある。一方、金委員長が拒否するなどして会談が実現していなかったとすれば、中朝関係の悪化は決定的となる。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮核、ロヒンギャを討議=ASEM外相会合開幕 - 11月20日(月)13:29 

 【ネピドー時事】アジアと欧州の51カ国が参加するアジア欧州会議(ASEM)外相会合が20日、ミャンマーの首都ネピドーで2日間の日程で始まった。核・ミサイルによる挑発を続ける北朝鮮への対応や、議長国ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題をめぐり意見を交わす。 中根一幸外務副大臣は初日の会合で、北朝鮮の核・ミサイル開発に関し、「アジアと欧州を含む国際社会にとって重大かつ差し迫った脅威」と強調。北朝鮮の核武装は決して受け入れられないというメッセージをASEMから発信すべきだと訴える。 議長声明案は、北朝鮮による9月の核実験や7月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験に触れ、「朝鮮半島の緊張の高まりに重大な懸念」を表明。北朝鮮に国連安保理決議を順守し、挑発行為を繰り返さないよう求めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「国際社会」の画像

もっと見る

「国際社会」の動画

Wikipedia

国際社会(こくさいしゃかい、)は、世界政府および人々のおおまかなグループのことであり、 国際関係について使われるフレーズである。 概して、特定の人権問題などについての共通の視点の存在を、暗に意味するために、使われる。 活動家、政治家、コメンテーターはしばしば、この言葉を使って、必要なアクションを求める。 例えば、対象国での政治的抑圧であるとされている事に対して使われる。

この言葉は一般に、論争点についての一致した視点(コンセンサス)を暗示するために使われる。 例えば、国際連合総会での多数票の信用性を高めるために使われる。

解釈の例

ノーム・チョムスキー はこの言葉の用途について、アメリカ合衆国とその従属国と同盟国を意味すると、記した 。 学者であるMartin Jacquesは、「我々は皆国際社会という言葉が意味するものを知っているはずだ。それは当然、西洋のことで、それ以上でも、それ以下でもない。国際社...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる