「国際社会」とは?

関連ニュース

【日米電話会談】安倍首相、全ての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価 - 04月24日(月)12:54 

安倍晋三首相は24日午前、トランプ米大統領と電話で会談した。会談後、首相は首相官邸で記者団の質問に答えた。その際のやりとり全文は次の通り。  --日米電話会談の意義について  「先ほど、電話で日米首脳会談を行い、トランプ大統領と北朝鮮情勢について突っ込んだ意見交換を行いました。  私からは全ての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価しました。 その上で、いまだに危険な挑発行動を繰り返す北朝鮮に、強く自制を求めていくことで完全に一致を致しました。  北...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【悲報】 日本人によるマグロの乱獲が止まらない。 「豊漁だから仕方ない」 - 04月23日(日)18:53 

クロマグロ 漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず  すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。 西日本の近海を中心に豊漁のためだ。 漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。 https://mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/020/089000c ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本でナチス思想復活 歴史修正主義を盛んにし、侵略の罪を否認 再び戦争の道へ =中国メディア - 04月22日(土)18:08 

日本でのナチス思想復活に警戒 日本政府は先日の閣議で民進党議員の質問に対して、教育機関は教育基本法に従っていることを踏まえたうえで、 ヒトラーの自伝『我が闘争』の「有益適切」な部分を判断、使用できるとする答弁書を決定した。『我が闘争』の性質を、 すでに世界はよく分かっている。だが日本政府がこのような本の一部を青少年生徒の教材として選ぶことにあくまでも 同意するのはなぜか。新華社が伝えた。 軌を一にするのは、今月早く日本政府が「教育勅語」に関する答弁書で「憲法や教育基本法に反しないような形」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

G20 米、強硬姿勢崩さず各国警戒 「自由貿易」支持する中国への期待も - 04月22日(土)06:07 

 G20財務相・中央銀行総裁会議が開かれた米首都ワシントンで、トランプ政権が再び通商問題で強硬姿勢を打ち出し始めた。20日も不正な相手国からの輸入品への高課税を辞さない立場を強調。中国の為替操作国指定見送りで現実路線をみせたものの、今回の措置で、各国は改めて米国の「保護主義」を警戒。一方、国際社会では「自由貿易」を支持する中国への期待も高まり始めた。
in English
カテゴリー:

クロマグロ:漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず - 04月21日(金)21:29 

 すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。西日本の近海を中心に豊漁のためだ。漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。
in English
カテゴリー:

【拉致被害者・国民大集会】安倍首相、拉致解決へ米政権と連携 - 04月23日(日)19:11 

安倍晋三首相は23日、北朝鮮による拉致被害者家族会などが東京都内で開いた「国民大集会」に出席し、「米トランプ政権に対し、日本にとって拉致問題は極めて重要だと伝えている。 米国や国際社会と連携し、北朝鮮に早期解決に向けた決断を迫っていく」と述べ、米国の協力を得て解決を目指す考えを示した。 首相はこの中で、「北朝鮮は拉致問題に真摯(しんし)に取り組まない一方、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返しており、断じて容認できない」と北朝鮮を非難した。  配信 (2017/04/23-16:24) 時事ドットコム ニュ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日韓国交断絶によって生じる日本側のメリットとは - 04月23日(日)07:00 

 毎度、国家間の約束事を反故にする韓国は、いま慰安婦に関する日韓合意すらもなかったことにしようとしている。経済評論家の三橋貴明氏は、大使の一時帰国(4月上旬、韓国に戻った)は外交上の措置として、戦争一歩手前、相手との国交断絶も辞さない強い怒りの表明だと語る。それでは「一時帰国」よりも進んだ状況である「国交を断絶」した場合の影響はどうなるのか。これについて、三橋氏が語る。  * * *  日韓国交断絶が視野に入る中、5月に予定される韓国大統領選の候補者たちは、最有力といわれる最大野党「共に民主党」の文在寅・前代表を筆頭に、日韓合意の破棄や見直しを掲げている。  元来、政権が変わったら前政権が行った政策は覆しても構わない、という発想が韓国政治の特徴である。だが国際社会では、前政権の外交上の約束事は次の政権も引き継がなくてはいけないのが鉄則だ。日本も民主党政権時の政策の尻拭いを現政権がしている。それが国際社会における当然の姿勢だ。つまり日韓合意の破棄は外交的にはありえない、恥ずべき行為の極みである。そのことを韓国は知るべきなのだ。  韓国が日韓合意すら守れないのであれば、米韓におけるTHAAD(高高度防衛ミサイル)の韓国国内配備決定を覆すことも現実味を帯びる。THAADが覆れば、韓国はアメリカにも見捨てられ、より世界で孤立するのは間違いない。  もし日韓合意が破棄される事態を迎えるような...more
in English
カテゴリー:

核や化学兵器より「生物兵器」が恐ろしいワケ 21世紀の「超兵器」になる可能性も | テロリズム | 東洋経済オンライン - 04月22日(土)09:00 

シリアの化学兵器や北朝鮮の核武装の脅威によって、生物兵器の危険性が国際社会では語られなくなっている…
in English
カテゴリー:

万景峰号 定期便就航、岸田外相 ロシアに「責任ある行動を」 - 04月21日(金)23:09 

 軍事挑発の懸念が高まる北朝鮮に対し国際社会が圧力を強める中、北朝鮮の貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」の定期便としての就航がロシアで認められたことをめぐり、岸田外務大臣はロシアに対し「責任ある行動を求めたい」と述べました。
in English
カテゴリー:

韓国政府 「世界は知っている。数千年の歴史の中で韓国が中国の一部だったことなど一度もないことを」 - 04月21日(金)19:27 

2017年4月19日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が、先に行われたトランプ米大統領との初めての米中首脳会談で「韓国は歴史的に中国の一部だ」との趣旨の発言をしていたことが分かり、聯合ニュースなど韓国メディアが大きく報じた。 報道によると、トランプ大統領は12日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで「習主席が(首脳会談の席で)中国と朝鮮半島(Korea)の歴史について話した。 数千年の歴史とあまたの戦争について。韓国は実は中国の一部だった」と発言していた。今月6~7日の米中首脳会談は2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「国際社会」の画像

もっと見る

「国際社会」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 国際関係...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる