「国際基準」とは?

関連ニュース

【琉球新報】高江の通行制止判決 違法な過剰警備を改めよ - 01月18日(木)07:58  seijinewsplus

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-648443.html  取り締まる側の恣意(しい)的な判断で、何でもまかり通るという事態に歯止めをかける司法判断が下された。  米軍北部訓練場ヘリコプター発着場(ヘリパッド)建設を巡り、反対住民を支援する弁護士が東村高江の抗議現場近くで警察官に違法に約2時間通行を制止され精神的苦痛を受けたとして、県に損害賠償を求めた訴訟で、那覇地裁は県警の制止行為やビデオ撮影について違法と判断、県に慰謝料の支払いを命じた。  憲法21条は一切の言論表現の自由を、前提条件なしに保...
»続きを読む
カテゴリー:

野球:投げずに敬遠、プロは今季にも 合同規則委が決定 - 01月11日(木)20:38 

 野球のプロとアマチュアの合同規則委員会が11日、東京都内で開かれた。2018年の公認野球規則を改定し、守備側の監督が敬遠する意思を球審に伝えれば投球せずに四球になる「申告敬遠」のルールの採用を決めた。20年東京五輪での野球競技復活などに向け、国際基準との統一性を図ることが狙い。米大リーグでは昨季から導入されている。
カテゴリー:

【日韓合意】韓国外相発表の今後の基本方針要旨 - 01月09日(火)17:51  newsplus

1/9(火) 17:34配信  【ソウル時事】韓国の康京和外相が9日に表明した、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に関する今後の基本方針の要旨は次の通り。    一、慰安婦被害者の名誉・尊厳の回復や心の傷の癒やしのために、韓国政府はすべきことに全ての努力を尽くしていく。  一、被害者、関連団体、国民の意見を幅広く受け入れつつ、被害者中心の措置を模索していく。日本政府が拠出した「和解・癒やし財団」の基金10億円は韓国政府予算で充当し、基金の今後については、日本政府と協議する。財団運営については、被害者、関連団...
»続きを読む
カテゴリー:

【がん】「がんで死亡」本当? 日本が国際基準づくりに取り残される恐れ - 01月02日(火)10:44  newsplus

15年前に乳がんになった女性が別のがんになって死亡したら、死因は乳がんか別のがんか。そんな「がんによる死亡」の統計で、日本が“世界標準”から取り残される恐れが出ている。その国のがんの治療水準や罹患(りかん)の傾向などを比較するにはルールやシステムの国際標準化が不可避。専門家は「日本もルール作りに積極的に加わるべきだ」と話す。(社会部 道丸摩耶) ■新システムの導入めど立たず  現在、日本のがん統計は平成28年から始まった「全国がん登録」が中心だ。全国の医療機関でがんと診断された全患者が国のデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

野球規則改正:東京五輪へ「国際化」 申告敬遠の導入など - 01月11日(木)21:41 

 キーワードは「国際基準」だった。11日に東京都内で行われた野球のプロ・アマ合同規則委員会では、申告敬遠の導入や「反則投球」の解釈変更などを、今年の公認野球規則に反映させることを決めた。
カテゴリー:

従軍慰安婦巡る日韓合意、追加措置は「受け入れられず」=河野外相 - 01月09日(火)19:14 

[東京 9日 ロイター] - 河野太郎外相は9日午後、韓国政府が従軍慰安婦問題を巡る日韓合意について新たな姿勢を発表したことを受け、日本の追加措置は受け入れられないと非難した。その上で、韓国側に抗議する考えを明らかにした。 韓国の康京和外相はこの日、2015年の日韓合意に対する新たな姿勢を発表。康外相は日本に再交渉を求めないとする一方で、「日本が国際基準に基づいて真実を認め、元慰安婦らが名誉と
カテゴリー:

韓国外相発表要旨 - 01月09日(火)17:31 

 【ソウル時事】韓国の康京和外相が9日に表明した、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に関する今後の基本方針の要旨は次の通り。 一、慰安婦被害者の名誉・尊厳の回復や心の傷の癒やしのために、韓国政府はすべきことに全ての努力を尽くしていく。 一、被害者、関連団体、国民の意見を幅広く受け入れつつ、被害者中心の措置を模索していく。日本政府が拠出した「和解・癒やし財団」の基金10億円は韓国政府予算で充当し、基金の今後については、日本政府と協議する。財団運営については、被害者、関連団体、国民の意見を幅広く反映し、後続措置を用意する。 一、被害当事者の意思をきちんと反映していない2015年の合意は、慰安婦問題の真の問題解決にはならない。 一、合意が両国間の公式合意だったという事実は否定できない。韓国政府は日本政府に対し、再交渉は求めない。ただし、日本が自ら国際基準によって、真実をありのままに認め、被害者らの名誉・尊厳の回復と心の傷の癒やしに向けた努力を継続することを期待する。被害者の望みは自発的な真の謝罪だ。 一、政府は真実と原則に立脚し、歴史問題を扱っていく。政府は歴史問題を賢明に解決するために努力し、同時に日韓両国間の未来志向での協力のために引き続き努力していく。 【時事通信社】
カテゴリー:

「国際基準」の画像

もっと見る

「国際基準」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる