「国際バルク戦略港湾」とは?

関連ニュース

志布志港、国際バルク戦略対応へ ふ頭再編改良事業着工式 - 01月14日(日)13:00 

 国際バルク戦略港湾に対応した岸壁などを整備する、志布志港(志布志市)のふ頭再編改良事業の着工式が13日、同市のホテルであった。国土交通省、鹿児島県をはじめ、地元自治体、企業、県関係国会議員ら約100人が出席し、整備の本格化を祝った。
カテゴリー:

「国際バルク戦略港湾」の画像

もっと見る

「国際バルク戦略港湾」の動画

Wikipedia

国際バルク戦略港湾(こくさいバルクせんりゃくこうわん)とは、日本におけるばら積み貨物輸入拠点として、安定的かつ安価な輸入の実現に資する大型船に対応した港湾機能の整備等を実施する港湾として国土交通大臣が指定するもの港湾:資源・エネルギー・食糧等の安定的かつ安価な輸入の実現に向けた効率的な海上輸送網の形成 - 国土交通省。

国際バルク戦略港湾は品目ごとに指定が行われ、穀物パナマックス級以上、鉄鉱石はVLOC級、石炭(一般炭)はケープサイズ級の船舶が入港できるよう、岸壁泊地航路等の港湾機能の整備を行う。また、民間の視点を活かした効率的な運営体制の確立や船舶の運航制限緩和、港湾・企業間の連携に取り組み、物流効率化を目指す...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる