「国際オリンピック委員会」とは?

関連ニュース

東京五輪聖火トーチのデザイン公募するよ!自信ある奴応募しろ! ※昭和東京五輪トーチデザインは柳宗理 - 10月23日(月)19:21  news

<東京五輪>聖火トーチ公募「ものづくりの粋に期待」 毎日新聞社 2017年10月23日 18時39分 (2017年10月23日 18時54分 更新) 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで用いられるトーチの製造委託業者の公募が今月から始まった。 トーチはデザインなど芸術的な要素に加えて、どんな天候でも燃え続ける技術的な要件も求められる。 大会組織委員会の布村幸彦副事務総長は「日本のものづくりの粋を集めたものになることを期待している」と多くの参加を呼び掛ける。 聖火リレーは1936年ベルリン五輪から始まった。64...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】東京五輪招致、票とりまとめか…仏紙が報道 - 10月22日(日)04:25  newsplus

東京五輪招致、票とりまとめか…仏紙が報道 2017年10月21日 21時59分 http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20171021-OYT1T50108.html  【パリ=作田総輝】2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑で、国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めていたラミン・ディアク氏が、東京開催に向けた票の取りまとめに関与した疑いを示すメールが見つかったと20日、仏紙ル・モンドが報じた。  東京開催が決まった13年9月のIOC総会開催中、ディアク氏は「(ライバルの)マドリードへの投票を促すアフリカ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京五輪招致、投票とりまとめ示すメールか 仏紙報道 - 10月21日(土)05:01 

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致をめぐる買収疑惑にからみ、当時、国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏が、東京への投票とりまとめに動いていた形跡を示すメールが見つかった…
カテゴリー:

IPC、ソチ大会の検体再検査へ=ロシアのドーピング問題で - 10月20日(金)20:44 

 国際パラリンピック委員会(IPC)のハビエル・ゴンザレス最高執行責任者は20日、東京都内で記者会見し、組織的なドーピングの疑惑で資格停止となっているロシア選手について、2014年ソチ冬季パラリンピックの際に採取した検体を再検査する方針を明らかにした。 ロシア選手については国際オリンピック委員会(IOC)が過去の五輪の検体をより高度な技術を使って再検査中。ゴンザレス氏は「IOCと同じことをやろうとしている」と歩調を合わせる考えを示した。 [時事通信社]
カテゴリー:

プーチン大統領、ロシアの平昌五輪参加禁止求める米がIOCへ圧力と主張 - 10月20日(金)09:27 

【10月20日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は19日、同国の平昌冬季五輪出場を阻止するために米国が国際オリンピック委員会に対して間接的に圧力をかけていると訴えると同時に、それが「屈辱」をもたらすと主張した。≫続きを読む
カテゴリー:

五輪開幕直前の実施検討=セーリングの公開種目 - 10月22日(日)20:28 

 セーリングの国際統括団体ワールド・セーリングが2020年東京五輪の公開種目として国際オリンピック委員会(IOC)に提案しているオフショアレースは、東京湾から伊豆諸島付近を航行し、五輪開会式の前日に神奈川県の江の島にゴールする日程で検討されていることが22日、関係者への取材で分かった。 男女1人ずつが大型艇に乗船して外洋を帆走するオフショアレースは、当初提案の3泊4日から1泊2日に変更された。 パラシュートに似たカイト(たこ)を使って進むカイトボードは、サーフィン会場の釣ケ崎海岸(千葉県一宮町)と江の島が開催候補地に挙がっている。 [時事通信社]
カテゴリー:

【五輪】東京五輪招致、票とりまとめか…仏紙が報道 - 10月21日(土)22:24  mnewsplus

 【パリ=作田総輝】2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑で、国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めていたラミン・ディアク氏が、東京開催に向けた票の取りまとめに関与した疑いを示すメールが見つかったと20日、仏紙ル・モンドが報じた。  東京開催が決まった13年9月のIOC総会開催中、ディアク氏は「(ライバルの)マドリードへの投票を促すアフリカ諸国への強い働きかけがある。休憩時間に阻止しなければ」と書かれたメールを受信した。ディアク氏は「(投票前の)セッションの後で話をしよ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア選手の調査、11月終了=平昌五輪控えIOC - 10月20日(金)21:18 

 【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、国ぐるみのドーピング問題により2014年ソチ五輪で採取した全ての検体を再検査しているロシア選手について、聞き取りを含む調査を11月中に終える見通しを明らかにした。平昌五輪が来年2月に迫っており、各国際競技団体(IF)が選手に処分を科す際の判断材料にするため。 規律委員会のオズワルド委員長は、五輪や各国際大会への選手の出場可否については、昨年のリオデジャネイロ五輪と同様に各IFに判断を委ねると強調した。IOCが公開した文書の中で、バッハ会長はロシアのドーピング問題について「平昌五輪に影を落としたくないし、今年中に理事会が決断を下すことを望んでいる」と述べた。 [時事通信社]
カテゴリー:

平昌冬季五輪いよいよ ギリシャで24日に聖火採火 - 10月20日(金)12:40 

【ソウル聯合ニュース】来年韓国で開かれる平昌冬季五輪を照らす聖火の採火式がギリシャのオリンピア遺跡で24日(現地時間)に行われる。  国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会
カテゴリー:

立候補は来年3月まで=札幌など招致活動は実質1年-26年冬季五輪 - 10月18日(水)11:44 

 【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は17日、札幌市が開催を目指す2026年冬季五輪の立候補に関わる手順の詳細を発表した。立候補手続きの締め切りは来年3月末。大会招致にはシオン(スイス)やカルガリー(カナダ)、ソルトレークシティー(米国)も意欲を示している。 新たな手順では9月から来年10月までの「対話」期間と、開催地が決まる19年9月までの「立候補」期間が設けられた。五輪招致熱の冷え込みを受け、IOCは立候補都市の負担軽減を目指しており、「対話」の段階で立候補を目指す都市をIOCが全面的にサポートする。各都市が実質的に招致活動を行う期間は、これまでの2年から1年に短縮された。 26年冬季五輪の開催地は、19年9月のIOC総会で決まる。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「国際オリンピック委員会」の画像

もっと見る

「国際オリンピック委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる