「国連児童基金」とは?

関連ニュース

11/20は「世界子どもの日」心配な世界の問題、1位は自然災害 - 11月20日(月)19:45 

 11月20日は「世界子どもの日」。日本ユニセフ協会は2017年11月20日、ユニセフ(国連児童基金)が行った世界14か国調査をもとに、日本の子ども1,000人の回答を公表した。もっとも心配な世界の問題を聞くと、日本は「自然災害」をあげた子どもが多いことがわかった。 ユニセフ(国連児童基金)は「世界子どもの日」に合わせ、日本を含めた世界14か国の子ども9歳~18歳を対象に「子どもの声を聞く意識調査」を実施した。実施期間は2017年10月9日から20日まで。世界が抱える問題や国のリーダーに期待することなどについて、選択式および自由回答式で質問した。 自然災害や行為、貧困や子どもに対する暴力など11テーマを列挙し、それぞれの問題に対して子どもはどのくらい心配しているか聞いたところ、日本の子どもは「自然災害」と答えた割合が最多だった。「非常に心配である」と「時々心配になる」を合わせると、93%が心配だと回答。日本の子どもはこのほか、「自然に対する脅威」88%、「紛争や戦争」86%などが心配だとしている。 同11テーマについて、子ども自身に影響が及ぶことが不安だと回答した割合が高かったテーマは「自然災害」が74%。ついで、「自然に対する脅威」65%、「戦争や紛争」62%と続く。同じく、世界のリーダーにもっとも対策してほしいテーマを聞くと、36%と約3人に1人が「紛争や戦争」と回答した。 自...more
カテゴリー:

「最も心配する世界の問題は?」~日本の子どもたち1000人が答えました【プレスリリース】 - 11月20日(月)00:00 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] [画像: https://prtimes.jp/i/5176/1057/resize/d5176-1057-403056-0.jpg ] 【2017年11月20日 日本発】 ユニセフ(国連児童基金)は、11月20日の「世界子どもの日」に合わせ、日本を含めた世界14カ国の子ども...
カテゴリー:

【ロヒンギャ】難民の子、深い心の傷 銃殺や拷問の絵を描く ユニセフ - 11月12日(日)12:38  newsplus

 ミャンマーから少数派のイスラム教徒ロヒンギャの人たち約60万人が隣国バングラデシュに逃れ、難民になっている問題で、難民の子どもたちが描いた絵がミャンマーでの迫害の様子を浮き彫りにしている。木につるされた人や燃やされる家々を描く子どももいる。  国連児童基金(ユニセフ)がバングラデシュの難民キャンプに、子どもたちが遊べる場所を約120カ所設置。自由に絵を描いてもらったところ、自分が体験した情景を描く子どもがいたという。  11歳の少年は、兵士に銃で撃たれて血が噴き出る人や、住民が木につるされ...
»続きを読む
カテゴリー:

【94カ国】世界で3億人の乳幼児が家庭で虐待 ユニセフが実態報告書…来年1月に日本語版発行の予定 - 11月03日(金)13:08  newsplus

世界で3億人の乳幼児が家庭で虐待 ユニセフが実態報告書 2017年11月1日 https://www.kyobun.co.jp/news/20171101_06/  ユニセフ(国連児童基金)は11月1日、子供への暴力に関する新たな報告書「A FAMILIAR FACE : Violence in the lives of children and adolescents(すぐそこにある暴力)」を発表した。 世界各国の統計データを基に、家庭や学校、地域社会など、身近な場所で起こっている子供への暴力の実態を明らかにした。 同報告書は現在、英語などで公開されているが、日本ユニセフ協会によれば、来年1月には日本語版が発...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の子どもが最も意識している問題は何? ユニセフの調査で1,000人が回答 - 11月20日(月)13:27 

 ユニセフ(国連児童基金)は、11月20日の「世界子どもの日」に合わせ、日本を含めた世界14カ国の子ども(9歳~18歳)を対象に行った意識調査結果を発表した。オンラインで行われたこの調査では、紛争や災害など世界で今起きている問題に関すること、自国や世界のリーダーに変えてほしいことなどを、選択式・自由回答式で質問し、日本では1,000人の子どもたちが回答している。【写真】関連情報を含む記事はこちら  調査によると、日本の子どもたちにとって、「自然災害」、「紛争や戦争」、「テロ行為」、公害や気候変動などの「自然に対する脅威」が、最も心配な世界の問題であることが明らかに。特に「自然災害」に関しては、「自身に影響が及ぶと心配をしている」に「はい」と答えた子どもは約4人に3人(74%)にのぼった。毎年のように台風により大きな被害がもたらされているほか、東日本大震災、熊本地震など地震や津波の記憶も新しく、これらから日本の子どもたちが自然災害を身近な問題として捉えている様子がうかがえる。 また、「あなたと同世代の生活を改善するために、あなたの国のリーダーに、変えてほしいことは?」の設問に対して、最も多く寄せられた意見は、「教育の無償化」など「教育」に関する回答。ほかでは、「世界を平和にする」、「戦争しないで」など「平和」に関する回答や、「税金の無駄遣いをなくして」など「税」に関する回答、「ゆとり...more
カテゴリー:

イエメン 空域と港が閉鎖:100万人の1歳未満児が感染症のリスクに - 11月13日(月)18:15 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] 【2017年11月10日 ジュネーブ 発】 本日、国連ジュネーブ事務所における定例プレスブリーフィングで、ユニセフ(国連児童基金)イエメン事務所代表 メリチェル・レラノは、イエメンの空域および海・陸の港の閉...
カテゴリー:

11月12日は世界肺炎デー:肺炎で亡くなる5歳未満児、年間90万人【プレスリリース】 - 11月10日(金)13:35 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] [画像1: https://prtimes.jp/i/5176/1053/resize/d5176-1053-471996-0.jpg ] 【2017年11月3日 ニューヨーク 発】 ユニセフ(国連児童基金)、ラカイシャ財団(“la Caixa” Foundation)およびビル&...
カテゴリー:

「国連児童基金」の画像

もっと見る

「国連児童基金」の動画

Wikipedia

ダルシム(; )は、カプコンが開発・販売している対戦型格闘ゲームストリートファイターシリーズに登場する架空の人物。

キャラクターの設定

インド出身の僧侶で、ヨーガ(ヨガ)の達人。首には、貧困のために死んだ子供たち(自分の子ではない)の髑髏をぶら下げている。寡黙で心優しい聖者で、自身の技を戦いの道具として使うことに迷いを感じながらも、自分を必要とする家族や村人たちのために戦う。ストリートファイターII(以降ストIIと表記)に登場したプレイヤーキャラクターの中では、年齢不詳とされるベガや豪鬼を除くと最年長(ストIIの世界格闘大会開催当時、約40歳)。ストリートファイターV(以後ストVと表記)ではターバンを巻き、白髭を生やした姿になっている。

厳しい修行と信仰心によって火神アグニの力を借りた炎を操るほか、両肘や両膝の関節を自由に外して手足を伸ばすことが可能。これにより戦いでは遠距離からの攻撃を得意とし、非戦闘時...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる