「国立感染症研究所」とは?

関連ニュース

インフル流行のピーク過ぎたか ようやく2週連続で患者数が減少 - 02月17日(金)18:36 

国立感染症研究所は2017年2月17日、第6週(2月6日~2月12日)のインフルエンザの流行状況を発表した。定点当たり患者報告数は警報レベルの30人を下回る28.57人となり、前週の報告数38.14人よりも減少した。前週の報告数よりも増加がみられたのは1県だけで、46都道府県で軒並み減少した。これで1月下旬の週をピークに2週連続で減少傾向となり、流行が落ち着いてきたとみられる。 高知、福岡、鹿児島の南国で依然として猛威 都道府県別では高知県(41.63人)がトップで、続いて福岡県(39.77人)、大分県(38.55人)、鹿児島県(38.31人)、愛知県(38.03人)、宮崎県(36.64人)、山口県(36.15人)、長野県(35.47人)、埼玉県(35.14人)、福井県(35.06人)、石川県(35.02人)、長崎県(31.94人)、千葉県(31.85人)、佐賀県(31.79人)、青森県(30.18人)、山梨県(28.71人)、静岡県(28.66人)などの順となっている。 この1週間に受診した患者数を推計すると約151万人となり、前週の約199万人よりも減少した。年齢別では、5~9歳が約26万人、10~14歳が約20万人人、0~4歳が約17万人と子どもが多い。40代が約16万人、30代が約15万人、70歳以上が約14万人、50代が約12万人、20代が約11万人、15~19歳、60代...more
in English
カテゴリー:

インフルエンザ患者 2週間で減少 引き続き注意を - 02月17日(金)17:20 

今月12日までの1週間に、全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者は推計で151万人と、2週連続で減少したことが国立感染症研究所の調査でわかりました。専門家は「流行のピークは過ぎたと見られるが、依然、患者は多い。受験生や高齢者は特に対策を徹底してほしい」と注意を呼びかけています。
in English
カテゴリー:

インフルエンザで解熱剤は危ない? 子どもの死亡率3割の怖い病気に - 02月15日(水)11:30 

インフルエンザの流行が続いている。国立感染症研究所の発表によると、2017年2月10日現在の患者報告数は約199万人に上り、45都道府県で警報レベルだ。高熱で体がだるい、炎症で関節が痛むといったインフルエンザの症状に悩まされているときは解熱鎮痛剤を飲みたくなるが、注意が必要だ。一部の解熱鎮痛剤が、「インフルエンザ脳症」のリスク要因となる。 厚労省のガイドラインに明記されている インフルエンザ脳症とは、インフルエンザによって引き起こされる合併症のひとつで、中枢神経に何らかの異常を起こす病気だ。 日本小児神経学会のウェブサイトの解説では、症状が出るまで発熱から数時間~1日と短く、けいれんや意味不明な言動、急速に進行する意識障害などが表れる。 厚生労働省が発表している「成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン」によると、インフルエンザ脳症と報告されている患者は1~6歳以下の乳幼児が多く、毎年100~300人程度が発症している。成人でも毎年約10~20人は患者が確認されているようだ。 子どもの患者に限ると、適切な治療をしなかった場合の死亡率は約30%、後遺症も約25%と、重篤な病気であることがわかる。 根本的な原因は不明で現在も研究が続いているが、厚労省インフルエンザ脳症研究班による患者調査から「アスピリン(バファリンなど)」「ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)」「メフェナム酸(ポ...more
in English
カテゴリー:

あなたは札幌テレビ塔にいます。ゾンビが大量発生したようです。どうするコマンド? - 02月14日(火)08:42 

全国的に拡大している梅毒の患者が新潟県内でも増えている。昨年1年間は前年のほぼ2倍に当たる45人に上り、 中でも女性は6倍に急増した。今年に入ってからも今月5日現在で既に4人と、勢いは衰えていない。 県は「いつもと違う発疹や傷などが陰部に現れたら、できるだけ早く医療機関で受診してほしい」と呼び掛けている。 新潟県のまとめでは、平成28に届け出があった県内の患者の内訳は男性26人、女性19人。 27年は3人だった女性の増加が目立つ。 梅毒は性行為などで感染し、梅毒トレポネーマという細菌が体...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

インフル患者数、やや減少=警報レベル続く-感染研 - 02月10日(金)15:35 

 国立感染症研究所は10日、全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者数は5日までの1週間で約199万人と推定されると発表した。前週の約201万人からほぼ横ばいだが、今シーズンの流行入り後、初めて減少に転じた。 定点報告を受けている全国約5000の医療機関の平均患者数は38.14人で、前週(39.41人)に続き警報レベルの30人を超えた。厚生労働省の担当者は「まだ高い数字で、引き続き注意が必要だ」と、手洗いやマスクの着用を呼び掛けている。 都道府県別では28都府県で前週より減少したが、19道府県では増加した。平均患者数が最も多かったのは福岡(55.03人)で、次いで宮崎(54.02人)、愛知(51.44人)、高知(50.60人)、大分(49.62人)だった。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

インフルエンザ、ピーク越えか=警報レベル下回る-感染研 - 02月17日(金)17:56 

 国立感染症研究所は17日、定点報告を受けている全国約5000の医療機関を、12日までの1週間に受診したインフルエンザ患者数は平均28.57人(前週は38.14人)だったと発表した。2週連続の減少で、警報レベルの30人を下回った。流行はピークを越えたとみられる。 全国の推計患者数は約151万人(前週は約199万人)。秋田を除く46都道府県で前週より減少した。厚生労働省の担当者は「まだ患者数は多いので、引き続き手洗いやマスクの着用を心掛けてほしい」と話している。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

インフルエンザ脳症で意識障害などの症状、数日で死ぬことも - 02月16日(木)07:00 

 女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー・松野莉奈さん(享年18)が今月8日に急死した。死因がすぐに発表されなかったことから、当初、こんな情報が拡散した。 〈インフルエンザにかかって、解熱剤をのんだために急性脳症になった〉  後に所属事務所が「致死性不整脈」で亡くなった可能性が高いと公表し、当初の情報がデマであることが判明。しかし、その後もこんな不安の声が消えなかった。 「今回の情報は違っていたけど、インフルエンザの時に解熱剤をのむと死んじゃうことがあるって本当? だとしたらすごく怖い」(42才主婦) 「中学生の娘が体調が悪そうだったから、“早めに風邪薬をのんでおきな”と言ってのませることがある。もしインフルエンザだったら、取り返しがつかないことになったかも…」(45才パート)  インフルエンザで死に至る可能性があるというのは、まぎれもない事実。意外に知られていないインフルエンザの“本当の怖さ”とは──。 ◆インフルエンザ脳症でけいれん、異常行動も  インフルエンザの流行が収まらない。厚生労働省の発表では、全国5000か所の医療機関から1月30日~2月5日の1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり38.14人。前の週より1.27人減少したものの、まだまだ高い水準だ。国立感染症研究所が発表した、同じ週に全国の医療機関を受診した患者数は、約199万人にも...more
in English
カテゴリー:

日本脳炎の原因ウイルスを排除できないわけとは? - 02月14日(火)11:50 

日本脳炎の原因は日本脳炎ウイルスへの感染です。日本脳炎ウイルスは、ブタの体内で増殖したウイルスを蚊が吸血し、ヒトを刺すことで広がります。原因となるウイルスを自然界から完全に排除することは難しく、予防が鍵となります。 日本脳炎の原因ウイルスとは 日本脳炎は、原因ウイルスとなる日本脳炎ウイルスへの感染により発症します。日本脳炎ウイルスは、ヒト以外のサルや豚などの哺乳動物や鳥がウイルスを保有しています。ウイルスは動物の体内で増え、それらの動物の血を吸血した蚊やダニが媒介となって感染を起こします。 日本脳炎の感染経路 日本脳炎ウイルスは、日本では田んぼなどにいるコガタアカイエカが媒介となります。まず、ブタ-蚊-ブタの間で日本脳炎が流行します。そして、日本脳炎ウイルスに感染したブタの血液を蚊が吸血し、その蚊がヒトを刺すことで感染します。その感染経路から、ブタの飼育が盛んな地域の近くで日本脳炎の発症が多くみられます。 蚊に刺されて感染しても、刺された人全員が日本脳炎を発症するわけではなく、ほとんどは無症状のまま経過し、100~1000人に1人が発症します。1~2週間の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、筋硬直、麻痺などの症状が現れ、20~40%が死に至ります。(参考:国立感染症研究所 日本脳炎とはhttp://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi...more
in English
カテゴリー:

【デッドライジング】 もしゾンビが大量発生したらどこに逃げるのが正解? - 02月13日(月)07:59 

全国的に拡大している梅毒の患者が新潟県内でも増えている。昨年1年間は前年のほぼ2倍に当たる45人に上り、 中でも女性は6倍に急増した。今年に入ってからも今月5日現在で既に4人と、勢いは衰えていない。 県は「いつもと違う発疹や傷などが陰部に現れたら、できるだけ早く医療機関で受診してほしい」と呼び掛けている。 新潟県のまとめでは、平成28に届け出があった県内の患者の内訳は男性26人、女性19人。 27年は3人だった女性の増加が目立つ。 梅毒は性行為などで感染し、梅毒トレポネーマという細菌が体に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

バイオハザード3の話しようぜ - 02月10日(金)10:16 

全国的に拡大している梅毒の患者が県内でも増えている。 昨年1年間は前年のほぼ2倍に当たる45人に上り、中でも女性は6倍に急増した。 今年に入ってからも今月5日現在で既に4人と、勢いは衰えていない。 県は「いつもと違う発疹や傷などが陰部に現れたら、できるだけ早く医療機関で受診してほしい」と呼び掛けている。 県のまとめでは、平成28に届け出があった県内の患者の内訳は男性26人、女性19人。 27年は3人だった女性の増加が目立つ。 梅毒は性行為などで感染し、梅毒トレポネーマという細菌が体に入り引...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「国立感染症研究所」の画像

もっと見る

「国立感染症研究所」の動画

Wikipedia

。2015年8月7日、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行に伴い感染が疑われる患者の詳細な検査や治療薬の開発のため、BSL-4施設に日本国内で初指定された。

概要 所掌事務
  • 病原及び病因の検索並びに予防及び治療の方法の研究及び講習を行うこと。
  • 予防、治療及び診断に関する生物学的製剤抗菌性物質及びその製剤消毒剤殺虫剤並びに殺そ剤の生物学的検査、検定及び試験的製造並びにこれらの医薬品及び医薬部外品の生物学的検査及び検定に必要な標準品の製造を行うこと。
  • ペストワクチンその他使用されることがまれである生物学的製剤又はその製造が技術上困難な生物学的製剤の製造を行うこと。
  • 食品衛生に関し、細菌学的及び生物学的試験及び検査を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる