「国立感染症研究所」とは?

関連ニュース

【インフルエンザ17-18】全47都府県で注意報レベル、推計患者数累計554万人 - 01月19日(金)19:16 

 厚生労働省は平成30年1月19日、平成30年第2週(1月8日~14日)のインフルエンザ発生状況を発表した。定点あたり報告数は26.44で、前週の16.31から増加した。全47都道府県が注意報レベルを超え、今シーズンの推計受診者数は約554万人となった。 第2週のインフルエンザ定点あたり報告数は26.44、患者報告数は13万682人。第1週(1月1日~7日)の定点あたり報告数16.31、患者報告数7万9,930人からいずれも増加した。 都道府県別では、宮崎県(52.83)がもっとも多く、福岡県(41.58)、大分県(41.21)、鹿児島県(40.58)、沖縄県(40.23)、静岡県(39.76)、長崎県(37.97)など、全47都道府県で前週より報告数が増加。全47都道府県で、国立感染症研究所が定める流行発生注意報の指標「10」を超えた。 全国の保健所地域では、1都1道2府34県の187か所で警報レベル、全47都道府県の308か所で注意報レベルを超えている。 全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数は、推計約171万人で、前週の約124万人から増加。年齢別にみると、40代が約23万人、5~9歳が約21万人、20代と30代と50代がそれぞれ約18万人、0~4歳が約17万人、70歳以上が約16万人、10~14歳と60代が約14万人、15~19歳が約12万人。今シーズンの累積の推計受診...more
カテゴリー:

【インフルエンザ17-18】41都府県で注意報レベル超え、1/1-7最多は宮崎県 - 01月16日(火)11:21 

 厚生労働省は、2018年1月1日から1月7日までのインフルエンザ発生状況を発表した。定点あたり報告数は16.31で、20府県で前週の報告数よりも増加。流行発生注意報の指標である10を超えた都道府県は41都府県にのぼる。 インフルエンザの定点あたり報告数は、2018年第1週(1月1日~1月7日)に16.31となり、前週の17.88よりも減少した。ただし、第1週は年始の休日3日間が含まれる。 都道府県別にみると、宮崎県(34.17)がもっとも多く、沖縄県(31.76)、大分県(28.93)、福岡県(28.14)、長崎県(26.04)、滋賀県(25.38)、岐阜県(25.28)、熊本県(24.63)、茨城県(23.69)、鳥取県(23.31)、香川県(23.26)などが続いた。国立感染症研究所が定める流行発生注意報の指標である「10」を超えた都道府県は41都府県にのぼる。 全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数は推計約124万人で、前週の推計値(約101万人)よりも増加した。年齢別にみると、40代が約20万人、20代と30代がそれぞれ約16万人、50代が約14万人、5~9歳が約11万人、70歳以上が約11万人、0~4歳と60代がそれぞれ約10万人、10~14歳と15~19歳がそれぞれ約8万人の順に多かった。 厚生労働省はWebサイト内に「インフルエンザ(総合ページ)」を開設し、問合...more
カテゴリー:

猫に餌やりで感染か 人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 - 01月15日(月)07:29  news

人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 福岡の60代女性、ジフテリアに似た菌  犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。  厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、情報提供を行った。  コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染することで起きる。  のどの痛みや...
»続きを読む
カテゴリー:

インフルエンザが全国的に注意報・警報レベルに…STOP感染拡大! - 01月12日(金)20:00 

インフルエンザの注意報・警報とは  全国の医療機関のうち、約5,000施設の内科・小児科では、インフルエンザ患者が何人来院・入院したかを記録し、毎週厚生労働省に報告することになっています。この調査により、日本全国でのインフルエンザの流行状況の推測ができます。 報告された患者数に基づいて、大きな流行が発生していると思われる場合は警報レベルとなり、今後大きな流行が起こりそうな場合や、流行がまだおさまっていないと考えられるときは注意報レベルとなります。 警報・注意報の発令状況は、厚生労働省や国立感染症研究所のWebページで閲覧することができます。また、お住まいの地域ごとに、さらに詳しい情報を知りたい場合は、都道府県ごとの感染症情報センターなどを利用しましょう。 インフルエンザの注意報・警報レベルの流行 一週間の調査機関のうち、報告されたインフルエンザ患者数が、一医療施設あたり10人を超えると注意報レベルとなり、30人を超えると警報レベルとなります。 <定点当たりの基準> 流行開始 注意報 警報 1.00人 10.00人 30.00人 (参照:厚生労働省)   ...more
カテゴリー:

ズババババーーン! +5000G キュインキュインキュイン! - 01月10日(水)10:20  news

性行為などで感染する梅毒が若い女性らに広がり、国立感染症研究所の集計によると2017年の患者数は、 現行の集計方式となった1999年以降で初めて全国で5000人を超えたことが分かった。 うち3割を占め、患者数が最多の東京都は感染拡大に歯止めをかけるため、18年度から検査態勢拡充などの対策に本腰を入れる方針だ。 https://mainichi.jp/articles/20180105/k00/00e/040/175000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

【からだ】人獣共通感染症死亡例で「動物との過剰なふれ合い控えて」加藤勝信厚労相が呼びかけ - 01月17日(水)17:53  newsplus

人獣共通感染症死亡例で「動物との過剰なふれ合い控えて」加藤勝信厚労相が呼びかけ 2018.1.16 22:42 http://www.sankei.com/life/news/180116/lif1801160023-n1.html  犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例が発覚し、ペットの飼い主らに動揺が広がっている。亡くなった福岡県の60代女性は猫の餌やりからの感染が疑われた。ペットや野良猫から人間にうつる病気は多く、専門家は「動物とは適度な距離を保って」と呼びかける。  「近所の野良猫は大丈夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【インフル流行拡大】 全国で推計124万人 受験生や高齢者注意 - 01月15日(月)19:05  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289611000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022 1月15日 15時50分 全国のインフルエンザの患者数は今月7日までの1週間におよそ124万人と推計されるなど流行が拡大していて、専門家は受験を控えた生徒や高齢者などに手洗いやマスクの着用の徹底などを呼びかけています。 国立感染症研究所によりますと、今月7日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり16.31人となり、この数値を元に推計した全...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】猫に餌やりで感染か 人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 福岡の60代女性 - 01月15日(月)07:25  newsplus

人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 福岡の60代女性、ジフテリアに似た菌  犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。  厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、情報提供を行った。  コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染することで起きる。  のどの痛みやせ...
»続きを読む
カテゴリー:

【インフルエンザ17-18】全47都道府県で患者増、最多は宮崎県 - 01月10日(水)18:45 

 厚生労働省は平成30年1月10日、第52週(平成29年12月25日~31日)のインフルエンザ発生状況を発表した。定点あたり報告数は17.88で、前週の12.87からさらに上昇した。都道府県別では、宮崎県の45.14がもっとも多く、全47都道府県で前週より増えている。 第52週のインフルエンザ定点あたり報告数は17.88、患者報告数は8万5,976人。第51週(平成29年12月18日~24日)の定点あたり報告数12.87、患者報告数6万3,774人からさらに増加した。 都道府県別では、宮崎県(45.14)が最多。大分県(35.12)、長崎県(30.51)、長野県(27.25)、岡山県(27.21)、福岡県(27.17)、沖縄県(26.91)など、全47都道府県で前週より増加している。 全国の保健所地域では、1道2府23県の70か所で警報レベル、1都1道2府41県の314か所で注意報レベルを超えている。国立感染症研究所の「インフルエンザ流行レベルマップ」を見ると、山形県と富山県を除く全都道府県が、警報レベルの赤色や注意報レベルの黄色で表示されている。 全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数は、推計約101万人で、前週の約66万人から増加。年齢別では、5~9歳が約20万人、10~14歳と40代が約13万人、0~4歳と30代が約10万人、20代と50代が約8万人、15~19歳などが約...more
カテゴリー:

【感染症】梅毒の患者数、5千人を初突破 最多は東京、都は対策本腰へ - 01月09日(火)23:13  scienceplus

性行為などで感染する梅毒が若い女性らに広がり、国立感染症研究所の集計によると2017年の患者数は、 現行の集計方式となった1999年以降で初めて全国で5千人を超えたことが分かった。 うち3割を占め、患者数が最多の東京都は感染拡大に歯止めをかけるため、 18年度から検査態勢拡充などの対策に本腰を入れる方針だ。  同研究所によると、17年12月17日までに報告された患者数は5534人。 都道府県別で見ると東京都が1705人と最多で、 大阪府(788人)愛知県(325人)神奈川県(312人)など都市...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「国立感染症研究所」の画像

もっと見る

「国立感染症研究所」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる