「国立感染症研究所」とは?

関連ニュース

鼻風邪?実は…大人も注意「RSウイルス」 9/18 14:34更新 - 09月18日(月)14:34 

先週、国立感染症研究所は乳幼児に肺炎などを引き起こす「RSウイルス」の患者数が3日までの1週間で急増し、調査以来最多になったと発表した。このRSウイルス、2歳になるまでにほぼ100%発症するといわれているが、実は大人や高齢者も注意が必要だ。
カテゴリー:

【社会】死亡女児のO157、11都県で同じ遺伝子型の菌検出……今月3日までで2568人 - 09月14日(木)05:43  newsplus

 O157などの腸管出血性大腸菌は気温が上がると増えやすく、食中毒の発生は夏に集中している。国立感染症研究所によると、感染者は毎年3千~4千人台。今年に入り、今月3日までの報告数は2568人という。 厚生労働省によるとこの夏、11都県のO157の感染者から同じ遺伝子型の菌が検出された。厚労省は今月1日、同じタイプの菌の感染者が判明した際は、外食の状況や家族の健康状態などを調べ、感染研に報告するよう、都道府県などに通知した。亡くなった女児から検出された菌も同じ遺伝子型だったという。女児は腎臓の機...
»続きを読む
カテゴリー:

【群馬】前橋市の総菜食べた3歳女児が死亡 O157検出★4 - 09月13日(水)17:34  newsplus

群馬県と埼玉県にある総菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いでO157が検出された問題で、前橋市にある同じ系列の店舗で購入した総菜を食べた東京都内の3歳の女の子が死亡していたことがわかりました。女の子からもO157が検出され、遺伝子の型は一連の問題で感染した人たちから検出された型と一致したということです。この問題で死者が出たのは初めてです。 先月、群馬県と埼玉県にある総菜店「でりしゃす」の4つの店舗で加工販売されたポテトサラダやコールスローサラダなどを食べた23人が腹痛などを訴え...
»続きを読む
カテゴリー:

RSウイルス患者1万人突破 最新の1週間、過去最多に - 09月12日(火)18:29 

 赤ちゃんが感染すると、重い肺炎になることがある「RSウイルス」について、国立感染症研究所は12日、最新の1週間(8月28日~9月3日)に全国の定点医療機関から報告された患者数が1万189人に上ったと…
カテゴリー:

【インフルエンザ速報 2017-2018】感染状況と流行するウイルスの型とは? - 09月07日(木)19:00 

2017年9月5日、都内の小学校で今シーズン初となる、インフルエンザによる学級閉鎖のニュースがありました。 毎年猛威を振るうインフルエンザですが、2017-2018年の冬は、何型のインフルエンザウイルスの流行が予想されているのでしょうか? 最新のインフルエンザ情報や、予防接種を受ける時期などについて、医師に詳しく解説をしていただきました。 2017-2018年 最新インフルエンザ情報 東京都の小学校で学級閉鎖 2017年9月5日、大田区の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖の報告がありました。 閉鎖期間は9月6日~7日の2日間で、9月5日時点で、3年生の1クラス23人中8人が欠席し、中にはインフルエンザと診断された生徒もいたとのことです。 インフルエンザでの学級閉鎖は今年初で、教育庁も注意を呼びかけております。(参考) 秋のインフルエンザにも要注意 インフルエンザは感染力が強く、集団生活の小児では流行しやすい病気です。一人でも患者がいればそこから感染が拡大することになります。 学級閉鎖するかどうかは医師ではなく学校校長が決め、何人以上で閉鎖するなど基準があるわけではありません。 今回の学級閉鎖で具体的に何人のインフルエンザ確定患者がいたかは不明で、どの程度の流行があるのかは分かり...more
カテゴリー:

O157、家庭内二次感染は「食中毒予防3原則」で防いで - 09月15日(金)18:15 

 厚生労働省は9月13日付で、各自治体に向けて腸管出血性大腸菌感染症・食中毒の予防対策などの啓発を徹底するよう、通知を行った。厚生労働省のWebサイトでも、腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意するよう呼びかけており、食中毒予防の3原則などの情報を提供している。 厚生労働省は9月1日付の通知において、平成29年8月の感染症発生動向調査における腸管出血性大腸菌O157の患者数は例年より多く、特に関東地方を中心にO157VT2が、直近5年間でもっとも流行した年のピーク時を超える水準となっていることを報告。また、国立感染症研究所における検査の結果、同一遺伝子型のO157が多くの患者から広域・散発的に検出されていることが判明している。 9月13日付の通知は、5月より関東を中心に発生している同一遺伝子型のO157食中毒事案に関連して、前橋市事例の1名(3歳女児)が死亡したことを受けて行われたもの。各自治体の衛生主管部(局)長に対して、医療機関に対する情報提供および食品等事業者に対する注意喚起など、特段の対応を要請した。 腸管出血性大腸菌による食中毒は、無症状病原体保菌者が調理中に食品を汚染する場合や汚染された食品の殺菌不足などにより発生しており、家庭内の二次感染の報告もあるという。家庭で発生した場合、発症する人が1人や2人のことが多く、症状が軽いことなどから風邪や寝冷えなどと思われること...more
カテゴリー:

死亡女児のO157、11都県で同じ遺伝子型の菌検出 - 09月14日(木)05:08 

 O157などの腸管出血性大腸菌は気温が上がると増えやすく、食中毒の発生は夏に集中している。国立感染症研究所によると、感染者は毎年3千~4千人台。今年に入り、今月3日までの報告数は2568人という。 …
カテゴリー:

【群馬】前橋市の総菜食べた3歳女児が死亡 O157検出★3 - 09月13日(水)16:00  newsplus

群馬県と埼玉県にある総菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いでO157が検出された問題で、前橋市にある同じ系列の店舗で購入した総菜を食べた東京都内の3歳の女の子が死亡していたことがわかりました。女の子からもO157が検出され、遺伝子の型は一連の問題で感染した人たちから検出された型と一致したということです。この問題で死者が出たのは初めてです。 先月、群馬県と埼玉県にある総菜店「でりしゃす」の4つの店舗で加工販売されたポテトサラダやコールスローサラダなどを食べた23人が腹痛などを訴え...
»続きを読む
カテゴリー:

RSウイルス、東京で感染過去最多に 異例の大流行で1番荒川区、次に八王子市 - 09月10日(日)16:00 

 乳幼児に肺炎などを引き起こす「RSウイルス感染症」の東京都内の週ごとの定点医療機関あたりの患者報告数が過去最多の3・18人に到達したことが10日、東京都の集計で分かった。すでに流行期に入っているとみられ、国立感染症研究所なども注意を呼びかけている。
カテゴリー:

【O-157】“ポテサラ同型”、全国に拡大 患者144人で過去5年間最多 - 09月02日(土)16:27  newsplus

O-157感染“ポテサラ同型”全国に拡大(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170902-00000035-nnn-soci 9/2(土) 16:05配信  総菜店のポテトサラダを食べた客が相次いでO-157に感染した問題で、同じ遺伝子型のO-157への感染が全国に拡大していることが分かった。  厚生労働省によると、埼玉県と群馬県の患者から検出されたO-157を国立感染症研究所で検査をした結果、菌の遺伝子の型が一致したという。また、先月14日からの1週間でO-157に感染した患...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「国立感染症研究所」の画像

もっと見る

「国立感染症研究所」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる