「国立代々木競技場」とは?

関連ニュース

ロシア・メドベージェワ選手のセーラームーン姿に「似合いすぎ」の声! - 04月23日(日)23:04 

 23日に国立代々木競技場で行われ、同日フジテレビで放送された世界国別対抗戦エキシビションで、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手がセーラームーンのコスプレで登場。熱のこもった演技を披露した。
in English
カテゴリー:

村上が現役引退=ソチ五輪代表-フィギュアスケート - 04月23日(日)18:31 

 フィギュアスケート女子で2014年ソチ五輪代表の村上佳菜子(22)が23日、東京・国立代々木競技場で世界国別対抗戦のエキシビションにゲスト出演した後、現役引退を表明した。「限界にきたと感じた。浮き沈みの激しいスケート人生だった」と振り返った。今後はプロスケーターとして活動し、将来的に指導者を目指す。 エキシビションでは3回転サルコーからの3連続ジャンプなどを跳び、涙をこらえて笑顔でリンクを後にした。高難度のジャンプが主流となった近年は苦しんだが、「ここからがスタート。得意な芸術の部分を磨いて、プロとして心に残る演技をしていきたい」と話し、今後に思いをはせた。 10年にスケートアメリカでグランプリ(GP)シリーズ初優勝を遂げ、GPファイナルで3位に入った。全日本選手権は12、13年の2位、世界選手権は13年の4位が最高。14年ソチ五輪は12位。その後は低迷し、今季は全日本選手権で8位と振るわなかった。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

羽生、果敢に4回転5本 フリーでケタ違いの実力示す - 04月23日(日)10:00 

どちらの羽生が本当の羽生なのか。フィギュアスケートの世界国別対抗戦第2日(21日=東京・国立代々木競技場)は男子フリーで羽生結弦(22)=ANA=が200・49…
in English
カテゴリー:

【格闘技】K―1 武尊、金的アクシデントで中断も復活KO「これがK―1です」復帰戦飾る 【動画】 - 04月23日(日)05:29 

◆K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~  ▽スーパーファイト ○武尊(3回 KO)ビクトー・サラビア●(22日・国立代々木競技場第二体育館) “K―1WORLD GPフェザー級初代王者”の武尊(25)=Krest=が、“ストリートファイト無敗の男”ビクトー・サラビア(23)=米国=を3回KOで下し、 2016年11月のK―1WORLD GPフェザー級戦で右の拳を負傷して以来、5か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。 1回から前に出る武尊。2回には...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本、3大会ぶり優勝 - 04月22日(土)19:29 

フィギュアスケートの第5回世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本は109点で3大会ぶり2度目の優勝を果たした。写真は優勝を喜ぶ羽生結弦(後列左から2人目)ら。
in English
カテゴリー:

織田信成、村上佳菜子最後の演技中に号泣!? バックヤードでハグ - 04月23日(日)21:10 

 現役からの引退を表明したフィギュアスケートの村上佳菜子選手。23日に国立代々木競技場で行われ、同日フジテレビで放送された世界国別対抗戦エキシビションに出演し最後の演技を披露。織田信成と泣きながら抱擁しあう場面が合った。
in English
カテゴリー:

フィギュアスケート:村上佳菜子引退 14年ソチ五輪代表 - 04月23日(日)15:43 

 フィギュアスケート女子で、2014年ソチ五輪代表の村上佳菜子(22)が23日、現役引退の意向を示した。この日、東京・国立代々木競技場であった世界国別対抗戦のエキシビションにゲスト出演し、明らかになった。
in English
カテゴリー:

フィギュア=世界国別対抗戦、日本が通算2回目の優勝 - 04月23日(日)09:25 

[22日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・国立代々木競技場で競技を行い、日本がチーム得点を109点として、2012年以来で通算2回目の優勝を果たした。
in English
カテゴリー:

日本優勝 フィギュア世界国別対抗 3大会ぶり2度目 - 04月22日(土)20:56 

フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日が22日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本は3大会ぶり2度目の優勝を果たした。ロシアが2位、3連覇を狙った米国は3位。
in English
カテゴリー:

日本、3大会ぶり優勝=三原がフリー2位-国別対抗フィギュア - 04月22日(土)19:21 

 フィギュアスケートの第5回世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本は109点で3大会ぶり2度目の優勝を果たした。ロシアが105点で2位、3連覇を狙った米国は97点で3位だった。 女子フリーは三原舞依(神戸ポートアイランドク)が世界歴代4位の146.17点をマークして2位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は世界歴代5位の145.30点で3位となった。エフゲニア・メドベジェワ(ロシア)が自身の持つ世界歴代最高を更新する160.46点で1位。 ペアのフリーは須藤澄玲(神奈川ク)フランシス・ブードロオデ(カナダ)組が97.57点で最下位の6位だった。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

もっと見る

「国立代々木競技場」の画像

もっと見る

「国立代々木競技場」の動画

Wikipedia

国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)は東京都渋谷区にあるスポーツ施設。第一体育館第二体育館の他、インドアプールなどからなる。通称として「代々木○○(第一・第二)体育館」も用いられる。

概要

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設された国立代々木競技場は、同大会のサブ会場として使用されたもので、メインアリーナとなる第一体育館(本館、または「代々木オリンピックプール」ともいう)では競泳競技が、第二体育館(別館)ではバスケットボール競技が開かれた。

建築構造

体育館の設計は、丹下健三の手によるもので、丹下の代表的作品でもある。第一体育館・第二体育館とも、吊り橋と同様の吊り構造の技術を用いており、第一体育館は2本、第二体育館は1本の主柱から、屋根全体が吊り下げられている。観客を競技に集中させるために考案された、内部に柱を持たない珍しい構造の建物である。また吊り構造の天井を安定させ、台風等の災害時にも問題が生じないように、油圧ダンパー(制震ダンパー)で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる