「国立代々木競技場」とは?

関連ニュース

B.LEAGUEファイナルついに開戦!初代チャンピオンを直前予想 - 05月26日(金)22:00 

5月27日(土)、昨年9月に開幕したB.LEAGUEの初代王者がついに決定する。今シーズン、ファイナルの舞台で激突するのは、川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックス。川崎は49勝11敗、栃木は46勝14敗という成績でレギュラーシーズンを終え、過酷なプレーオフのトーナメントを勝ち上がってきた。初代チャンピオンを決める記念すべき一戦の前に、B.LEAGUEチャンピオンシップ・ナビゲーターを務めるバスケットボール解説者/NBAアナリストの佐々木クリスに、決戦の見どころや注目プレーヤー、勝敗予想を語ってもらった。 【写真を見る】シュート力1位の川崎と、攻撃権争いに秀でた栃木、両チームの注目プレーヤーは!? ――川崎と栃木、両チームのここまでの戦いぶりを振り返ってみていかがですか? 今回のベスト4である川崎ブレイブサンダース、栃木ブレックス、シーホース三河、アルバルク東京と、千葉ジェッツを加えて「トップ5」という表現を自分の記事ではしているんですけど、川崎と東京、栃木と三河のセミファイナルはどちらも第3戦までもつれましたし、実力は本当に拮抗していると思います。その中でも、最後は長く一緒にやっているチームの差、そして選手層の厚さが出ましたね。川崎は東京よりもベンチメンバーの貢献があり、得点だけじゃなく、ディアンテ・ギャレットや田中大貴に対するディフェンスでも、結局は選手層の厚さが後押しした。 栃...more
カテゴリー:

川崎と栃木、初代王者へ抱負=27日に決勝-Bリーグ - 05月26日(金)19:50 

 バスケットボール男子Bリーグの初代王者を決めるチャンピオンシップ決勝で27日に対戦する川崎(中地区1位)と栃木(東地区1位)が26日、会場の東京・国立代々木競技場で記者会見し、川崎の篠山主将は「栃木とは今季1勝1敗。盛り上がる試合になると思うので楽しみ」と心境を語った。 川崎はレギュラーシーズンでリーグ最高勝率をマーク。篠山主将もチャンピオンシップの5試合で84得点と好調だ。栃木の司令塔、田臥主将は「川崎は経験のあるチーム。挑戦者の気持ちを持って一丸で挑む」と意気込みを示した。 [時事通信社]
カテゴリー:

May'n、WUG、Aqours、アリプロにゲストも登場「あにゅパ!!」代々木で大団円 - 05月19日(金)18:46 

5月13日に東京・国立代々木競技場第一体育館でライブイベント「アニュータライブ2017『あにゅパ!!』」が開催された。
カテゴリー:

川崎×A東京&栃木×三河、BリーグCS決勝へいざ - 05月18日(木)16:50 

『B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17』4強の顔ぶれは、奇しくも『NBL プレーオフ 2015-16』セミファイナルと同じクラブとなった。川崎ブレイブサンダースがサンロッカーズ渋谷を初戦89-75、第2戦98-82と一蹴すれば、アルバルク東京も三遠ネオフェニックスに初戦90-75と完勝し、第2戦第3Q途中までリードを許すも終わってみれば83-74で切って落とした。シーホース三河は琉球ゴールデンキングスとの初戦を76-72の接戦で制すと、第2戦も81-75と競り勝った。最ももつれると思われた栃木ブレックス×千葉ジェッツだが、80-73で栃木が先勝すると、第2戦は一時22点差をつけられるも諦めず、77-70で栃木が大逆転。準々決勝はいずれもレギュラーシーズン上位のホームチームが連勝した。【チケット情報はこちら】(PC)『B.LEAGUE SEMIFINALS 2016-17』のカードはご存知の通り、川崎×A東京、栃木×三河となった。レギュラーシーズンの対決は、両カードとも1勝1敗の五分。高さで上回る川崎と機動力を生かしたいA東京。ポストプレー中心にスローテンポの展開に持ち込みたい三河と鉄壁のディフェンスから速攻で勝負したい栃木。実力差があった準々決勝と異なり、準決勝の2カードはどちらに勝利が転がり込むかわからない。決勝のキップの行方は1勝1敗となった後行われる5分...more
カテゴリー:

ランキング1位のAqoursも舞った!アニソン聴き放題・アニュータ初ライブのオフィシャルレポートが到着 - 05月16日(火)18:25 

アニソン聴き放題サービス「ANiUTa(アニュータ)」のサービス開始を記念した、“アニソンまみれ”のスペシャルイベント「アニュータライブ2017『あにゅパ!!』」が5月13日(土)に東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催され、オフィシャルレポートが到着。コラボ楽曲制作、プレミアムコンテンツ配信の詳細も公開されました。 「アニュータライブ2017『あにゅパ!!』」のオープニングを飾ったMay'n 「ANiUTa(アニュータ)」は、アニソン・ゲーム音楽・ボーカロイド音楽など5万曲以上のアニソン楽曲が、専用アプリによって月額利用料600円の聴き放題となる新サービス。ライブやイベントが開催される他、会員限定チケット先行応募、会員限定プレゼント企画などが行なわれる予定です。 ANiUTaの初主催イベントとなる今回のステージには、ALI PROJECT、Aqours、May'n、Wake Up, Girls!(50音順)といった人気アーティストが結集。会場にはおよそ9000人の観客が集まり、"アニソンまみれ"のイベントに大きな歓声を送りました。 オープニングを飾ったのはMay'n。「キミシニタモウコトナカレ」で口火を切ると立て続けに「ViViD」を披露。2人のダンサーを従えての激しいビートに、観客のテンションもいきなりのMAX状態。「ノーザンクロス」「Belief」と続け...more
カテゴリー:

田臥「挑戦者の気持ち」 栃木と川崎、Bリーグ頂上決戦 - 05月26日(金)21:27 

 Bリーグの初代王者を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝が27日、東京・国立代々木競技場で行われる。昨年のNBLを制し、今季のレギュラーシーズン勝率トップの川崎(中地区1位)と、日本人で唯一NBA(…
カテゴリー:

川崎が決勝進出=バスケットBリーグ - 05月20日(土)20:02 

 バスケットボール男子のBリーグは20日、川崎市とどろきアリーナなどで初代王者を争う準決勝(2戦先勝方式)が行われ、川崎(レギュラーシーズン中地区1位)が決勝進出を決めた。川崎は同日の第2戦でA東京(東地区2位)に77-78で敗れて1勝1敗となり、引き続き行われた前後半各5分の第3戦では26-18で勝った。第1戦に臨んだ栃木(東地区1位)は83-68で三河(西地区1位)に先勝した。 決勝は1試合で、27日に東京・国立代々木競技場で行われる。 [時事通信社]
カテゴリー:

「スッキリ!!」主催音楽イベントにGENERATIONS、miwa出演決定 - 05月19日(金)14:00 

日本テレビ系「スッキリ!!」の音楽イベント『スッキリ!! SUPER LIVEッス!!2017』出演者発表第1弾として、GENERATIONS from EXILE TRIBE、miwaの2組の出演が発表された。【その他の画像】miwa「スッキリ!!」といえば、生放送のスタジオから人気アーティストたちが生ライブを行なう「音楽」にこだわりを持つ番組。2016年に放送10周年を記念して国立代々木競技場第一体育館で初めて音楽イベントを開催し、番組にゆかりのあるアーティスト4組が出演。広い会場の最上段までオーディエンスが埋まり、初開催ながら大成功を収めた。 2年目となる2017年は、会場を東京体育館に移し7月16日(日)に開催。チケットの先行抽選受付も近日スタート予定となっている。詳細はイベント公式サイトにて。■『スッキリ!! SUPER LIVEッス!! 2017』7月16日(日) 東京体育館 ※チケット先行抽選受付ほか、詳細は近日発表。 出演アーティスト(50音順): GENERATIONS from EXILE TRIBE、miwa and more…【関連リンク】『スッキリ!! SUPER LIVEッス!! 2017』オフィシャルHPmiwa、『爽健美茶』CMソング「シャイニー」を先行配信音楽番組発信イベント『LIVE MONSTER LIVE』が大阪・東京にて2年ぶりの復活...more
カテゴリー:

歌舞伎とフィギュアスケートをデジタルアートで表現、「氷艶 hyoen 2017 -破沙羅-」 - 05月17日(水)12:30 

【5月17日 MODE PRESS WATCH】歌舞伎とフィギュアスケートが世界初のコラボレーションを果たす「氷艶 hyoen 2017 -破沙羅-」が、5月20日から22日の3日間、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催される。≫続きを読む
カテゴリー:

あのフィギュアスケート選手も出演!世界初の『氷上歌舞伎』に黄色い声援 - 05月16日(火)14:34 

歌舞伎とフィギュアスケートがコラボレーションした『氷艶 hyoen2017 –破沙羅-』が、2017年5月20日から国立代々木競技場第一体育館にて開催されます。 『氷艶 hyoen2017 –破沙羅-』は、日本文化を代表 […]
カテゴリー:

もっと見る

「国立代々木競技場」の画像

もっと見る

「国立代々木競技場」の動画

Wikipedia

国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)は東京都渋谷区にあるスポーツ施設。第一体育館第二体育館の他、インドアプールなどからなる。通称として「代々木○○(第一・第二)体育館」も用いられる。

概要

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設された国立代々木競技場は、同大会のサブ会場として使用されたもので、メインアリーナとなる第一体育館(本館、または「代々木オリンピックプール」ともいう)では競泳競技が、第二体育館(別館)ではバスケットボール競技が開かれた。

建築構造

体育館の設計は、丹下健三の手によるもので、丹下の代表的作品でもある。第一体育館・第二体育館とも、吊り橋と同様の吊り構造の技術を用いており、第一体育館は2本、第二体育館は1本の主柱から、屋根全体が吊り下げられている。観客を競技に集中させるために考案された、内部に柱を持たない珍しい構造の建物である。また吊り構造の天井を安定させ、台風等の災害時にも問題が生じないように、油圧ダンパー(制震ダンパー)で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる