「国立代々木競技場」とは?

関連ニュース

2017年の大晦日、プロジェクションマッピングでデジタルアートの“金魚”が夜空を泳ぐ「空飛ぶ金魚 at 代々木体育館」に宝塚大学東京メディア芸術学部が携りました - 01月18日(木)10:00 

2017年12月31日21時~25時、国立代々木競技場第一体育館にて開催された文化庁主催委託事業『空飛ぶ金魚 at 代々木体育館』の設営・実施に、宝塚大学東京メディア芸術学部の渡邉哲意准教授とデザイン表現研究室の学生が携わりました。日本を代表する建築物である代々木第一体育館に、デジタルアートの“金魚”をプロジェクションマッピングで投影。横笛や能も披露され、大晦日の夜空を幻想的に演出いたしました。
カテゴリー:

渋谷の2.5次元ミュージカル専門劇場で舞台「けもフレ」再演 新曲含む18曲披露 - 01月12日(金)21:32 

国立代々木競技場の敷地内の2.5次元ミュージカル専用劇場「AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア2.5シアタートーキョー)」(渋谷区神南2)で1月13日から、舞台「けものフレンズ(通称・けもフレ)」が上演される。
カテゴリー:

「国立代々木競技場」の画像

もっと見る

「国立代々木競技場」の動画

Wikipedia

国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)は、東京都渋谷区にあるスポーツ施設である。第一体育館第二体育館の他、インドアプールなどからなる。通称として「代々木○○(第一・第二)体育館」も用いられる。

概要

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設された国立代々木競技場は、同大会のサブ会場として使用されたもので、メインアリーナとなる第一体育館(本館、または「代々木オリンピックプール」ともいう)では競泳競技が、第二体育館(別館)ではバスケットボール競技が開かれた。

建築構造

体育館の設計は丹下健三の手によるもので、丹下の代表的作品でもある。第一体育館・第二体育館とも、吊り橋と同様の吊り構造の技術を用いており、第一体育館は2本、第二体育館は1本の主柱から、屋根全体が吊り下げられている。観客を競技に集中させるために考案された、内部に柱を持たない珍しい構造の建物である。また吊り構造の天井を安定させ、台風等の災害時にも問題が生じないように、油圧ダンパー(制震ダンパ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる