「国民栄誉賞」とは?

関連ニュース

羽生二冠祝い記念碑 親族ら建立 西之表 - 04月16日(月)23:00 

 将棋の羽生善治二冠(47)=竜王、棋聖=ゆかりの地である西之表市で12日、親族が羽生さんの永世七冠と国民栄誉賞を祝う記念碑を建てた。この日あった第76期名人戦第1局で、100期目のタイトル獲得を目指す羽生さんは幸先良く先勝。親族は「自分たちには想像もつかない世界で戦い続けている人だが、健康を保ち、長く第一線で頑張ってもらいたい」と願う。
カテゴリー:

【将棋】羽生二冠に最優秀棋士賞 「これを機にさらに前進」 - 04月16日(月)16:05  mnewsplus

昨年度最も活躍した棋士に贈られる将棋大賞の最優秀棋士賞に選ばれた羽生善治二冠が16日、授賞式に出席し、「1年の成果をこうした形で評価されることは大きな励みで、これを機にさらに前進したい」と語りました。 羽生善治二冠(47)は、去年12月に竜王戦の七番勝負を制して前人未到の「永世七冠」を達成したあと、ことし2月には国民栄誉賞を受賞し、昨年度最も活躍した棋士に贈られる将棋大賞の最優秀棋士賞に選ばれました。 羽生二冠は16日、東京の将棋会館で授賞式に出席し、日本将棋連盟の佐藤康光会長から賞状を贈ら...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】「羽生善治竜王が史上2人目の通算1400勝達成! 名人戦七番勝負第1局で佐藤天彦名人に勝利 ★2 - 04月12日(木)23:58  mnewsplus

羽生善治竜王が史上2人目の通算1400勝達成!名人戦七番勝負第1局で佐藤天彦名人に勝利 2018.04.12 20:30 AbemaTIMES https://abematimes.com/posts/4021627 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010015-abema-soci 通算1400勝を達成した羽生善治竜王 将棋の第76期名人戦七番勝負の第1局が4月11、12日の2日間に渡り行われ、羽生善治竜王(47)が佐藤天彦名人(30)に97手で勝利した。羽生竜王は2期ぶりの名人戦勝利で、プロ通算の勝利数で史上2人目となる1400勝を達成した。 羽生竜王は1985年12月18日に四段昇段し...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】「羽生善治竜王が史上2人目の通算1400勝達成!名人戦七番勝負第1局で佐藤天彦名人に勝利 - 04月12日(木)20:31  mnewsplus

羽生善治竜王が史上2人目の通算1400勝達成!名人戦七番勝負第1局で佐藤天彦名人に勝利 4/12(木) 20:21配信 AbemaTIMES https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010015-abema-soci 通算1400勝を達成した羽生善治竜王  将棋の第76期名人戦七番勝負の第1局が4月11、12日の2日間に渡り行われ、羽生善治竜王(47)が佐藤天彦名人(30)に勝利した。羽生竜王は2期ぶりの名人戦勝利で、プロ通算の勝利数で史上2人目となる1400勝を達成した。  羽生竜王は1985年12月18日に四段昇段し、史上3人目の中学生棋士としてプロデビュ...
»続きを読む
カテゴリー:

羽生竜王“100期目タイトル”獲得へ対局 - 04月11日(水)13:04 

 国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治竜王(47)が前人未到となる通算100期目のタイトル獲得に挑んでいます。
カテゴリー:

谷亮子、大谷翔平への恋のアドバイスは「余計なおせっかい」と酷評 - 04月16日(月)21:00 

15日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」に前参議院議員の谷亮子(42)が生出演し、米野球チームエンゼルス・大谷翔平投手(23)にエールを送った。 谷の夫は元野球選手であり、自らも元アスリートである。家庭やママ友とも野球の話題が頻繁に上るそうだ。 番組でも、異国の地で活躍するためには、食生活や恋愛が大切とコメント。中でも平昌五輪女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)が、大谷選手の恋人としておすすめと語った。 ◆おせっかいおばさん出たー! このコメントを受け、ネットの掲示板ガールズちゃんねるでは以下のような声が多く上がっている。 「余計なお世話すぎる」 「元トップアスリートとは思えないほどに無責任なアドバイス。」 「おーまーえーがーいーうーなー!!!!」 「余計なこと言うな。今が、これからが大事な時期なんだよ。恋愛をたくさんなんてしてる場合じゃないよ。しかも大谷くんなら選び放題だけど今じゃない。」 「いくら外国人とは言えザギトワちゃんまだ15歳なんですけど…仮にも元議員でしょ?大谷くんは23歳だよ?」 元アスリートとは言え、競技の種目も違えば世代も違う谷が、なぜ大谷選手にこのようなアドバイスをしたのかと耳を疑うという人も続出している。 恋愛はもとより、23歳の大谷選手の相手に15歳の未成年を推薦するとは無責任にもほどがあるという声も。...more
カテゴリー:

東国原英夫が優勝で喜びのコメント!夏井いつき先生による総評も【プレバト!!連載】 - 04月13日(金)08:00 

4月12日に「プレバト!!才能ランキング」(TBS系)が放送され、梅沢富美男、藤本敏史ら実力者が集結した「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」で、2017年の「俳桜戦」「金秋戦」を制した東国原英夫が優勝し、“3冠”に輝いた。 【写真を見る】梅沢富美男は惜しくも2位、東国原英夫の句に「恐れ入りました」/撮影:龍田浩之 名人・特待生だけが参加できる「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」では、最高位・名人9段ながらタイトル戦は無冠の梅沢、昨夏の「炎帝戦」覇者で梅沢を猛追する名人8段・藤本、「冬麗戦」で涙の初優勝を果たした千賀健永など実力者が顔をそろえたハイレベルな戦いを展開。 しかし、無冠の帝王として今回も優勝を期待された梅沢は「いつまでも“無冠の帝王”なんて言われたくないですからね。当然1位を狙ってますよ」と事前のインタビューで意気込んでいたが、惜しくも2位に。 最初は「なんで俺が2位なんだ。ババア、ふざけんなよ!」と夏井いつき先生にかみつき、残った東国原に対して「見せてもらおうじゃないの!」と威嚇(いかく)していたが、東国原の「花震ふ 富士山 火山性微動」という句を見てすっかり気が抜け、「恐れ入りました」と素直に負けを認め、「すごい」とぽつりつぶやいた。 夏井先生も「今日はこれが1位だよ。しょうがないよ」と絶賛し、東国原はディフェンディングチャンピオンの意地を見せた。 そんなタイトル戦で3回目の優勝...more
カテゴリー:

将棋・羽生竜王が通算1400勝、史上2人目 - 04月12日(木)20:57 

 国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治竜王(47)が史上2人目となる通算1400勝を達成しました。
カテゴリー:

入って楽しめる日本最大のレゴシティが4日間限定で二子玉川に出現! - 04月12日(木)19:10 

子どもも大人も入って楽しめる日本最大のレゴシティ「超巨大 入れるレゴシティ」が、4月19日〜22日の4日間限定で二子玉川ライズ ガレリアに出現する。 「超巨大 入れるレゴシティ」は、通常販売されているレゴシティシリーズの世界観を実際に体験できるよう、そのまま巨大化したもの。全長は18m×8m×1.4mで、市販されているレゴシティシリーズ(480x378x94mm)のパッケージの約1万1000倍を超える大きさに匹敵する、日本最大のレゴシティとなる。 この「超巨大 入れるレゴシティ」の街並みを構成しているのは総数150万ピース以上のレゴブロックで、レゴシティの2018年のテーマ「ヒーローはボクだ!」をもとに、「レゴ認定プロビルダー」の三井淳平氏が1100時間かけて制作した。 イベントエリア内は、今回のイベントで特別に配布する非売品のミニキットを組み立てる「くみたてエリア」や、自分でつくったマシンを使ってドロボウをつかまえて遊ぶ「スライダーエリア」など、全部で6つのコーナーを展開。まるで自分がレゴシティの世界でヒーローになったかのように楽しめる仕掛け満載となっている。 【関連記事】 楽天優勝も長嶋と松井の国民栄誉賞受賞も、スポーツ紙一面がみんなレゴになった レゴブロックの世界を描いたアドベンチャーアニメが全米初登場1位の大ヒット! [動画]映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』 ...more
カテゴリー:

将棋:横歩取りの最新形 名人戦・第1局 - 04月11日(水)12:11 

 第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)が11日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まった。  羽生が国民栄誉賞を受賞後の最初のタイトル戦で、タイトル獲得100期が懸かることもあり、対局室には約50人の報道陣が詰めかけた。
カテゴリー:

もっと見る

「国民栄誉賞」の画像

もっと見る

「国民栄誉賞」の動画

Wikipedia

国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本内閣総理大臣表彰のひとつ。賞の運用は1977年(昭和52年)に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設された。これまでに23人と1団体が受賞している。

なお、内閣総理大臣や政権による表彰としては、本賞成立以前の1966年(昭和41年)に当時の総理大臣・佐藤栄作が創設した「内閣総理大臣顕彰」がある。

概要

1977年(昭和52年)、当時の内閣総理大臣・福田赳夫が、本塁打世界記録を達成したプロ野球選手・王貞治を称えるために創設したのが始まりである。背景には、先に設置されていた顕彰、内閣総理大臣顕彰が「学術および文化の振興に貢献したもの」など6つの表彰対象を定めていた反面、プロ野球選手を顕彰した前例がなかったという事情があった。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる