「国土安全保障省」とは?

関連ニュース

不法移民救済措置の撤廃、連邦地裁が差し止め命令 - 01月10日(水)17:21 

幼少時に親に連れられて米国へ不法入国した若者の強制送還を免除する措置「DACA(ダカ)」の撤廃をめぐる裁判で、サンフランシスコ連邦地裁は9日夜、全米で撤廃を一時的に差し止める命令を出した。 トランプ政権が昨年9月、DACAを撤廃すると発表したことに抗議し、カリフォルニア大学などが国土安全保障省を相手取って裁判を起こしている。 DACAはオバマ政権下の2012年に導入された。2年ごとに更新が可能...
カテゴリー:

米政府、エルサルバドル人の在留許可打ち切りへ 25万人対象 - 01月09日(火)19:34 

米国土安全保障省は8日、中米エルサルバドルで2001年に発生した大地震以降、同国から米国へ避難した人々に在留資格を与えてきた措置を打ち切ると発表した。 対象となっているエルサルバドル人約25万人は19年9月までに退去するか、新たに合法的な滞在資格を取る必要がある。さらに米国で生まれたその子どもたちも20万人近くいるとされ、親だけが送還されて家族が離ればなれになるケースも続出しそうだ。 エルサル...
カテゴリー:

米、保護資格打ち切りへ エルサルバドル移民20万人 - 01月09日(火)05:08 

【ワシントン共同】米国土安全保障省は8日、中米エルサルバドルで2001年に起きた大地震後に米国に避難し滞在を続ける...
カテゴリー:

【IT】アメリカではVRを使って教員が銃撃事件対応のトレーニングを受けられるように・・・教員、銃撃犯、警官役が可能 - 01月07日(日)09:00  newsplus

現実世界では体験できないことを仮想空間で体験できることがVRの魅力です。空飛ぶヒーローになったり、襲いかかるゾンビを撃退したり...VRゲームはますます盛り上がりを見せています。その一方で、VRは実地での経験を積むのが難しいスキルを習得するためのトレーニング・マシーンとしても利用されています。 アメリカでは毎年のように学校での銃乱射事件が起き、教職員や生徒たちが大勢犠牲になっているという悲しい現実があります。そんな事態の被害を最小限に抑えるためのトレーニングにVRが使われているようです。 使用されている...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】メキシコ国境の壁、10年間で2兆円 第1工期の試算提示-米紙 - 01月06日(土)18:47  newsplus

米・メキシコ国境の壁=2017年10月23日(AFP=時事) 【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などによると、米政府は5日、トランプ大統領が不法移民対策として選挙公約に掲げたメキシコ国境での壁建設について、今後10年間の第1工期の費用が180億ドル(約2兆円)に上るとする試算を議会に提示した。試算が正式に示されたのは初とみられる。   上院議員らの要請を受け国土安全保障省が作成した試算では、国境の500キロ強で新たに壁を建設し、650キロ強で既存の壁などを強化す...
»続きを読む
カテゴリー:

米国:エルサルバドル人への一時保護打ち切りへ - 01月09日(火)20:34 

 【サンパウロ山本太一】米国土安全保障省は8日、国内に滞在する中米エルサルバドル人に与えている一時保護資格(TPS)を2019年9月で打ち切ると発表した。米メディアによると、TPSが認められている約10カ国の中ではエルサルバドル出身者が最も多く、約20万人が対象になる見込み。
カテゴリー:

エルサルバドル出身20万人、在留打ち切りへ 米政権 - 01月09日(火)15:17 

 米国土安全保障省は8日、エルサルバドルでの2001年の大地震以降、米国で暮らす同国出身者約20万人に与えている一時的な在留資格(TPS)を、19年9月に打ち切ると発表した。トランプ政権の移民規制策の…
カテゴリー:

米、エルサルバドル人在留打ち切り=地震被災者20万人対象 - 01月09日(火)04:51 

 【ワシントン時事】米国土安全保障省は8日、災害被災者たちを対象にした「一時保護資格」制度を使って米国に滞在するエルサルバドル人について、在留資格更新を打ち切ると発表した。米メディアによると、約20万人が帰国か別の在留資格取得を余儀なくされる。 国土安保省は、資格付与の理由となった2001年の地震後、エルサルバドルが国際社会から多額の復興支援を受けており「(制度適用の)要件が解消した」と指摘した。帰国などの準備のため、現在の資格に基づく在留期限を1年6カ月延長し、19年9月まで滞在を認めることも明らかにした。 【時事通信社】
カテゴリー:

アメリカではVRを使って教員が銃撃事件対応のトレーニングを受けられるように - 01月07日(日)07:30 

Image: Gizmodo US 現実世界では体験できないことを仮想空間で体験できることがVRの魅力です。空飛ぶヒーローになったり、襲いかかるゾンビを撃退したり...VRゲームはますます盛り上がりを見せています。その一方で、VRは実地での経験を積むのが難しいスキルを習得するためのトレーニング・マシーンとしても利用されています。アメリカでは毎年のように学校での銃乱射事件が起き、教職員や生徒たちが大勢犠牲になっているという悲しい現実があります。そんな事態の被害を最小限に抑えるためのトレーニングにVRが使われているようです。使用されているのは米国陸軍と国土安全保障省によって5600万ドルをかけて開発されたVRプログラム「EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)」です。EDGEはこれまでも消防隊員や警察官が学校における銃撃事件に対応するためのトレーニング・シミュレーションとして利用されてきました。そして今春には教職員のトレーニングにも活用できるようにアップデートが行なわれるとのことです。 Image: Gizmodo US ...more
カテゴリー:

米国:メキシコ国境の壁建設、10年で2兆円と試算 - 01月06日(土)18:34 

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領が2016年の大統領選で公約したメキシコ国境沿いの壁建設について、米国土安全保障省は5日、今後10年間で180億ドル(約2兆円)の費用が必要になるとの試算を連邦議会に示した。ウォール・ストリート・ジャーナル紙などが伝えた。27年までに国境全長の半分に当たる1000マイル(約1600キロ)超を壁やフェンスなどで覆う計画だが、巨額費用を議会が承認するのかは不透明だ。
カテゴリー:

もっと見る

「国土安全保障省」の画像

もっと見る

「国土安全保障省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる