「国土交通省」とは?

関連ニュース

防災ヘリ用カメラ転売容疑=ネットで入手、中国留学生送検-警視庁 - 11月24日(金)15:19 

 国土交通省の防災ヘリ用赤外線カメラをネットオークションで落札し、香港の会社に販売したとして、警視庁は24日、外為法違反容疑で、中国人留学生の男を書類送検した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【交通】国内初「フルフラットバス」、東京で来秋導入へ 床の段差解消、バリアフリー加速 - 11月24日(金)14:54  newsplus

東京都は2018年秋にも、床に段差のない都営バス「フルフラットバス」の運行を始める。 公募で決まった欧州大手メーカーが新たに製造する29台を導入する。 都交通局によると、路線バスに「フルフラット」を導入するのは国内で初めて。 20年東京五輪・パラリンピック開催を見据えて公共交通のバリアフリー化を加速し、車内での事故防止や混雑緩和につなげる。 都営バスは現在、1464台の全車両で乗降口に段差のない「ノンステップバス」を採用しているが、 変速機などが車体後部の床下にあり、後方に移動するには通路の...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱マテリアル、改竄問題を国交省に報告へ 午後に緊急会見 - 11月24日(金)11:21 

 三菱マテリアルは24日午後、子会社による検査データ改竄(ざん)について国土交通省に報告する。その後、東京都内で記者会見する予定だ。24日午前の東京株式市場では三菱マテリアルの株価が一時、休日前22日終値の4090円から11%超急落した。24日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、航空機大手の米ボーイングと欧州エアバスが自社製品への影響を調査していると報じた。
カテゴリー:

【国交省】国交省出先、セクハラやわいせつ行為で懲戒相次ぐ…公表せず - 11月24日(金)08:49  newsplus

 国土交通省の出先機関の関東地方整備局(さいたま市)や北海道開発局(札幌市)などで、セクハラやわいせつ行為などにより管理職を含む男性職員が相次いで減給や戒告の懲戒処分を受けていることが分かった。 処分を受けた職員は今年に入って8月末までに少なくとも6人に上る。同省は、人事院の指針に従い処分を公表していない。  読売新聞が情報公開請求を通じて入手した内部資料などから判明した。  同省によると、関東地方整備局の管理職男性は、昨年から部下の女性に対し、性行為に関する発言など、卑わいな言動を繰り返す...
»続きを読む
カテゴリー:

自動運転の思わぬ“死角” 天候不良で止まるバス……実証実験から見えた課題 - 11月24日(金)07:07 

国土交通省が9月から自動車の自動運転の実証実験を始めている。実験を通じて、さまざまな課題も見えてきた。
カテゴリー:

赤外線カメラを不正輸出か、中国籍の留学生を書類送検 - 11月24日(金)15:19 

 国土交通省の災害用ヘリコプターに使われていた高性能の赤外線カメラを香港に不正に輸出したとして、警視庁公安部は中国籍の留学生を書類送検しました。
カテゴリー:

スズキ21万台リコール=軽8車種、走行不能恐れ - 11月24日(金)14:20 

 スズキは24日、「ワゴンR」など軽乗用・貨物の8車種を計21万876台リコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。車体前部と緩衝装置を結合する部品のさび防止が不十分だったため、腐食して外れる可能性がある。降雪地や沿岸部で「走行不能になった」「異音がする」といったトラブルが30件起きている。 対象車は2007年2~7月製造のワゴンR、MRワゴン、アルト、セルボ、日産自動車から受託生産したピノ、モコ、マツダブランドのAZ-ワゴン、キャロル。 【時事通信社】
カテゴリー:

【調査】20代男性、休日の外出が30年間で半減 スマホやネット普及で 非正規がより外出控える 国交省★6 - 11月24日(金)09:01  newsplus

2015年の20代男性の1日の平均移動回数は平日で1.91回、休日で1.24回と、1987年の2.98回、2.31回と比べ大幅に減っていることが21日、国土交通省が発表した全国都市交通特性調査結果で分かった。20代男性の「外出離れ」が浮き彫りとなった形だ。   背景には、インターネットやスマートフォンの普及、宅配便の取扱数の増加などで、外出しない若者が増えていることがあるとみられる。   移動回数は、自宅などから一度も外出しなければ0回、自宅と目的地などを往復すれば2回、途中に立ち寄った場所が...
»続きを読む
カテゴリー:

地下施設:商業店舗や駅 浸水防止計画3割が未作成 - 11月24日(金)08:30 

国交省調査 所有者の認識不足や自治体の人手不足が背景  想定される最大の降雨などで浸水の恐れがある全国1114の地下施設のうち、約3割の324施設(3月末現在)で、民間を含む所有者らに義務づけられている避難確保と浸水防止の両計画が未作成であることが国土交通省のまとめで分かった。所有者の認識不足や自治体の人手不足が背景にあるとされ、国交省は作成の支援方法を検討する。
カテゴリー:

【アッキード/森友】「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院◆3★1022 - 11月24日(金)00:39  seijinewsplus

森友「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院 11月23日 01時24分 https://mainichi.jp/articles/20171123/k00/00m/040/075000c 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、会計検査院は22日、約8億円の値引きの根拠となったごみ撤去費について「十分な根拠が確認できない」とする報告書を国会に提出した。検査結果は、財務省と国土交通省が学園に行った異例の取り扱いを複数指摘しており、「適正な処理だった」としてきた政府側の説明に批判が高まりそうだ。 ごみ撤去費は国交省が積算した地中のごみ推計量を基に算出さ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「国土交通省」の画像

もっと見る

「国土交通省」の動画

Wikipedia

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、、略称:)は、日本の行政機関の一つである。

国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする(国土交通省設置法第3条)。

概要

上記の国土交通省設置法第3条に示された任務を達成するため、国土計画都市道路建築物住宅河川港湾、官庁営繕、国土の測量交通観光政策、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる