「国土交通省」とは?

関連ニュース

【宅配】ヤマト運輸 再配達なし利用者に割引検討 9月値上げで★2 - 04月25日(火)23:44 

宅配便最大手のヤマト運輸がドライバーの負担となる再配達を減らすため、荷物を1回の配達で受け取れるよう協力した利用者に対する割引制度の新設を検討していることが25日、分かった。 基本運賃を9月に最大20%程度値上げする方向で最終調整しており、サービスの見直しや値上げが他社に波及する可能性がある。 国土交通省によると荷物が再配達となる割合は全体の2割に上り、ドライバーの長時間労働につながっている。 このため受取人に近いヤマトの店舗宛てに荷物を送ったり、駅などの宅配ロッカーを活用したりする利用者に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

空の安全を守る! 楽天が無人航空機管理システムを提供【国際ドローン展】 - 04月25日(火)20:10 

  無人航空機管理システムというのをご存じだろうか? これは、ドローンを安全に飛ばすためのシステムで、航空機の管制システムのドローン版ともいえるもの。 今年3月に、ECモールなどでおなじみの楽天が、このようなサービスを提供する「楽天Air Map」を開始することを発表。そのデモなどを、4月19日〜4月21日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された、「第3回 国際ドローン展2017」で行ったので紹介しよう。   空域管理者と操縦者へ情報提供 無人航空機管理システムは、英語でUTM(Unmanned Traffic Management)と呼ばれるもの。今回、楽天はアメリカでそのサービスを提供し実績があるAir Map社と合同会社を設立。Air Map社が持つソリューションを、日本向けにアップデートして展開する予定だ。 特徴は、まず空港や大学、公園などドローンが飛行を予定するエリアの空域管理者向けのツールを提供すること。 詳しい方はご存じだと思うが、ドローンの飛行には、航空法により人口密集地域などでは国土交通省の許可が必要だ。だが、あまり知られていないのは、それぞれの空域の管理者への許可も必要なこと。つまり、人口密集地域では国土交通省と空域管理者、それ以外エリアでも空域管理者の許可は必須だ。 そこで、このツールでは、空域管理者が飛行を予定するドローン操縦側からの申請...more
in English
カテゴリー:

バス運転手が覚醒剤、国交省が勤務先に緊急監査 - 04月25日(火)17:48 

 観光ツアーの宿泊先で覚醒剤を使ったとしてバスの運転手・藤間弘記容疑者(40)が逮捕された事件で、国土交通省が勤務先の千葉県のバス会社「三和交通」へ緊急の監査に入りました。
in English
カテゴリー:

【ECのミカタ 独自調査】再配達に対する消費者の声 - 04月25日(火)14:00 

 EC市場は、2009年から2013年の5年間で約1.8倍という規模に拡大しました。それに伴い、日本全体の宅配便の取扱い個数も増加。国土交通省の発表によると、2015年度の宅配便取扱個数は37億4,493万個で、前年度から3.6%増加しています。EC業界としても、商品をお客様の手元に届けるために欠かせない「配送」の実態を知り、どのように向き合っていくか考えるべきだとの思いのもと、「再配達の原因」や「消費者の意見や要望」など「再配達の実態に関する調査」を行いました。
in English
カテゴリー:

「サステナブル建築物先導事業」提案募集 - 04月25日(火)09:00 

 国土交通省は24日、「2017年度(第1回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2 先導型)」の募集提案を開始した。
in English
カテゴリー:

【宅配】ヤマト運輸 再配達なし利用者に割引検討 9月値上げで - 04月25日(火)20:17 

宅配便最大手のヤマト運輸がドライバーの負担となる再配達を減らすため、荷物を1回の配達で受け取れるよう協力した利用者に対する割引制度の新設を検討していることが25日、分かった。 基本運賃を9月に最大20%程度値上げする方向で最終調整しており、サービスの見直しや値上げが他社に波及する可能性がある。 国土交通省によると荷物が再配達となる割合は全体の2割に上り、ドライバーの長時間労働につながっている。 このため受取人に近いヤマトの店舗宛てに荷物を送ったり、駅などの宅配ロッカーを活用したりする利用者に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

全日空機が中部空港に緊急着陸 けが人なし - 04月25日(火)18:11 

 25日午前11時ごろ、松山発中部行きの全日空1822便(乗員乗客61人、ボンバルディアDHC8―Q400型機)が中部空港に緊急着陸した。乗員乗客にけがはなかった。 国土交通省中部空港事務所によると、…
in English
カテゴリー:

産業用ドローンの底力を見た!様々な分野で低コスト・短時間化が可能に――「第3回国際ドローン展」最前線レポート - 04月25日(火)15:52 

 一般的にドローンというと“空撮”やアマゾンなどの“ドローン配送”といったイメージも強いが、実は産業用ドローンの利用はそれよりもっと進んでいる。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1322978  4月19~21日の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「第3回国際ドローン展」の様子から、知られざる産業用ドローンのポテンシャルを紹介しよう。 ◆ドローンの計測技術が一番アツい理由  産業用ドローンの分野で最近一番アツいのは、地形計測技術だ。  従来の航空レーザー測量や写真測量では困難だった高密度な地形データを、レーザースキャナーを搭載したドローンで収集。高精度な3次元モデルを生成するサービスや解析を行うソフトウェアの開発など、ドローンは空間情報技術に関する分野の注目がもっとも高い。特に、建設・土木現場での活用や森林の効率的な維持管理、文化財の保存・修復などでの需要の高まりが期待できるだろう。  たとえば、土木工事現場の生産性向上を目指す国土交通省の取り組み「i-Construction (アイ・コンストラクション)」。ドローンによって3次元データを計測する取り組みは建設・土木工事の全工程で必須となっており、会場内でもドローンの運航方法と3次元データの計測方法を教習する実務者向けスクールのブースは存在感を放っ...more
in English
カテゴリー:

【国民保護】北ミサイル「民間防衛」 政府説明会の舞台裏 歯切れの悪さ目立つ結果に - 04月25日(火)10:52 

北朝鮮のミサイルに備え全国で避難訓練を――。 政府が21日に、都道府県の担当者を緊急に集めて呼びかけました。自分の身はまず自分で守る「民間防衛」を、海外からの敵の攻撃を想定して広げようとする戦後で初めての動きといえます。 説明会では「在日米軍基地を抱える街はどうする」という質問も出ましたが、政府側は明確に答えることはできませんでした。 政府や自治体の「備え」はできているのでしょうか。(朝日新聞政治部専門記者・藤田直央) ■国民保護サイト、1日で最多アクセス きっかけは今月15日のことでした。その日は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」を公募 - 04月25日(火)09:00 

 国土交通省は、平成29年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」事前在宅タイプの公募を5月10日から開始する。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「国土交通省」の画像

もっと見る

「国土交通省」の動画

Wikipedia

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、、略称:)は、日本の行政機関の一つである。

国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする(国土交通省設置法第3条)。

概要

上記の国土交通省設置法第3条に示された任務を達成するため、国土計画都市道路建築物住宅河川港湾、官庁営繕、国土の測量交通観光政策、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる