「国土交通省」とは?

関連ニュース

宅配便:過去最高の39億個 ネット通販増加で 16年度 - 05月30日(火)14:30 

 2016年度に取り扱われた宅配便が前年度比7.3%増の39億5689万個に上り、過去最高となった。国土交通省への取材で30日、分かった。インターネット通販の普及で日用品などを買い求める消費者が増え、小型の荷物が増加した。
カテゴリー:

踏切の検知装置、落とし穴 高齢者ら転倒・逃げ遅れ… - 05月30日(火)14:30 

 東京都墨田区の京成押上線押上駅近くの踏切で今月、転倒した男性(91)が逃げ遅れ、電車にはねられて亡くなった。通行人はおらず、非常ボタンは押されなかった。踏切内の検知装置も作動しなかった。国土交通省に…
カテゴリー:

軽自動車「白ナンバー」人気 「ラグビーW杯」特別仕様で - 05月30日(火)13:43 

軽自動車も「白地に緑文字」ナンバープレート 自家用軽自動車のナンバープレートは通常、黄色地に黒文字のものですが、現在、白地に緑文字のものも交付されています。 これは2019年に日本で開催される「ラグビーワールドカップ」を記念し、その支援の一環として作られたものです。 この軽自動車用「ラグビーワールドカップ」特別仕様のナンバープレートですが、普通・小型自動車用の特別仕様と同じデザインで、しかも、 通常の自家用普通・小型自動車用ナンバープレートとほぼ同デザインのものも存在します。そこに問題はないの...
»続きを読む
カテゴリー:

ご当地イラストを募集 - 05月30日(火)11:41 

国土交通省は30日、風景など地域限定のイラストを描いた自動車用ナンバープレートについて、発行を希望する自治体の募集を始めた。自治体がイラストを提案し、審査で決定する。写真は説明を行う石井啓一国土交通相
カテゴリー:

【国交省】外国人宿泊者、16年8%増 客室稼働率は大阪84%が最高 - 05月30日(火)09:24 

国土交通省は30日、2017年版の観光白書を公表した。2016年の外国人宿泊者数は延べ人数で7088万人と前年に比べ8%増えた。 16年の都道府県別の客室稼働率は大阪府が84%と最も高く、全国平均の60%を大きく上回った。 外国人宿泊者を都市別にみると、三大都市圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県)が4243万人と5%増。 それ以外の地方圏が2845万人と13%増だった。そのうち四国の伸び率が46%と最も高く、台湾や香港からの訪日客が増えた。 客室稼働率は大阪府に続き、東京都が79%と高い水準...
»続きを読む
カテゴリー:

「ご当地ナンバー」デザイン募集 - 05月30日(火)14:30 

「ご当地ナンバー」デザイン募集:地域の魅力を発信するため、国土交通省は、各地域の風景などが描かれた車のナンバープレートのデザイン案を募集すると発表した。...
カテゴリー:

車のご当地ナンバー、イラスト図柄募集 来秋から交付 - 05月30日(火)14:30 

 国土交通省は30日、地域にちなんだイラスト入りの車のナンバーの図柄を、全国の自治体から募集すると発表した。同省で見えやすさなどを審査し、来年10月から交付する。ご当地イラスト入りプレートは125cc…
カテゴリー:

図柄入りナンバープレート、国交省が募集開始 - 05月30日(火)13:25 

 地域の景勝地や名産品などの図柄が入ったナンバープレートの募集を国土交通省が始めました。
カテゴリー:

【国交省】貨物事業者4年連続減 トラック運転手、平均年齢47.5歳 - 05月30日(火)10:19 

国土交通省は30日、2017年版の交通政策白書を公表した。貨物運送事業者数は2015年度に約6万2000社と4年連続で減っている。 担い手のトラック運転手の平均年齢は16年度に47.5歳と、3年続けて上昇した。 白書は「宅配の2割で再配達が発生し、年間9万人分にあたる労働時間の発生など社会的損失が出ている」と強調した。 運転手の平均年齢は、タクシーが58.7歳、バスが49.9歳にそれぞれ上昇。各業界の女性比率は約2%にとどまり、中高年の男性に依存した就業構造が強まっている。 航空業界では、格安航空会社(LCC)の旅客シ...
»続きを読む
カテゴリー:

スバル2車種、衝突安全性能で最高得点を獲得 - 05月30日(火)08:41 

 自動車事故対策機構(NASVA)と国土交通省が29日、東京国際フォーラム(東京・千代田区)で、自動車等の安全性能の評価・公表を行う「平成28年度自動車アセスメント」の評価結果を発表。208点中199.7点の最高得点を獲得したスバル『インプレッサ』と『スバル XV』が衝突安全性能評価の大賞として評価された。さらに、この2車種は、自動車アセスメント初の「歩行者保護エアバッグ」を搭載した車種として、衝突安全性能評価特別賞の評価を獲得した。 【画像】 歩行者保護エアバッグが作動すると…  スバル『インプレッサ』『スバル XV』は、フロントガラス周辺にエアバッグを搭載して、歩行者保護機能を強化。バンパーの中に入ったセンサーが人に当たったことを察知すると、フードとワイパーの間に設置したエアバッグが、0.1秒以下という速さで開く。会場では、スバル『インプレッサ』の歩行者保護エアバッグの展開デモンストレーションを披露した。  最高ランクである“ファイブスター”の評価を得た車種は、上記2種のほか、スズキの『ランディ』、ダイハツの『ブーン』、トヨタの『ヴェルファイア』、『アルファード』、『パッソ』、『プリウス』、『プリウスPHV』、日産の『セレナ』。  自動車アセスメントとは、車に乗る人が安全な車選びができて、安全な自動車が普及するためのサイクルを形成するということをテーマに、「予防安全性能...more
カテゴリー:

もっと見る

「国土交通省」の画像

もっと見る

「国土交通省」の動画

Wikipedia

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、、略称:)は、日本の行政機関の一つである。

国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする(国土交通省設置法第3条)。

概要

上記の国土交通省設置法第3条に示された任務を達成するため、国土計画都市道路建築物住宅河川港湾、官庁営繕、国土の測量交通観光政策、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる