「国内総生産」とは?

関連ニュース

ベトナムの18年GDP成長率予想+6.6%、国際通貨基金 - 04月23日(月)05:58 

 国際通貨基金(IMF)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+6.6%で、<a href="https://www.viet-jo.com/news/economy/180415230727.html" target="_blank&quo...
カテゴリー:

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは...... - 04月19日(木)11:40 

はじめまして。ひろぴーです。株式や外国為替証拠金(FX)取引をはじめ、差金決済取引(CFD)や仮想通貨などのアクティブ運用を得意とする個人トレーダーです。しかも、「わたし、負けません」(笑)。 さて、今回のテーマは「仮想通貨」。いまや知らない人はいませんよね。でも、仮想通貨の流出や詐欺まがいの事件が起こり、「大丈夫かな」「どうせギャンブルでしょ」といった印象を抱いて二の足を踏んでいる。その半面、「安全・安心であれば、やってみたい」なんていう人も少なくないと思います。そこで...... まだ、間に合います! ただ、仮想通貨のこと、きちんと理解しておいてください。わたしが、伝授します!法定通貨とビットコインの送金・決済の違い 2017年は仮想通貨元年といわれ、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に注目が集まり、その価格が何十倍にも上昇しました。価格の上昇ばかりに目が向いてしまいがちですが、今回は仮想通貨、なかでもビットコインの技術が注目され、世界的に使われるようになりはじめたワケを、説明しましょう。 まず、米ドルや日本円などの法定通貨と、ビットコインとの送金・決済の違いを簡単にみていきましょう。 【決済】 法定通貨:現金や電子マネーで支払います。支払い時間は数秒で完結 ビットコイン:ウォレットから店舗側のQUコードでアドレスを読み込み、金額を確認し送金。30秒から1分ほどの時間を要...more
カテゴリー:

中国GDP横ばい6.8%増 1~3月期 堅調な消費寄与 - 04月18日(水)05:00 

中国国家統計局が17日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)は市場予想と同水準の前年同期比6.8%増となった。堅調な消費を背景に世界経済を下支えする…
カテゴリー:

中国の1~3月GDP、前年同期比6.8%の伸び - 04月17日(火)19:54 

中国政府が17日に発表した今年1~3月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.8%増と堅調だった。 中国と米国の間では年明けから関税措置の応酬が続き、貿易戦争の懸念が強まっているが、今のところ実際の経済活動には影響が出ていないようだ。 GDP成長率は昨年半ば以降、6.8%を維持している。ただし昨年は通年で6.9%の伸びを示していた。 今年は米国との摩擦に加え、政府が金融リスクの抑制策や工場閉鎖を...
カテゴリー:

中国GDP横ばい、米との貿易摩擦が不安定要素 - 04月17日(火)16:33 

 中国の今年1月から3月のGDP=国内総生産の成長率が6.8%となり、3期連続で同じ水準となりました。個人消費に支えられて安定成長を保つ一方で、アメリカとの貿易摩擦という不安定要素も抱えています。
カテゴリー:

印、旅行・観光は好調維持へ 17年の外国人訪問者5.6%増 - 04月23日(月)05:00 

インドの旅行・観光業界は、昨年に引き続き今後も安定成長する見通しだ。同業界は国内総生産(GDP)成長率への貢献度が高いうえ、今後10年間で約1000万人の雇用創…
カテゴリー:

変調の兆し?世界経済の拡大は続くのか 輸出減速、日本経済1-3月期はほぼゼロ成長へ | 国内経済 | 東洋経済オンライン - 04月19日(木)08:00 

2018年1-3月期の実質GDP(国内総生産)成長率はゼロに近くなる可能性が高まった。 4月18日発表の3月貿易…
カテゴリー:

中国GDP:堅調続くも、米の制裁がリスク 1~3月実質 - 04月17日(火)22:50 

 【北京・赤間清広】中国国家統計局は17日、今年1~3月期の国内総生産(GDP)の伸び率が物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.8%だったと発表した。2017年7~9月期から3四半期連続で成長率は横ばい(6.8%)で、中国政府が設定した今年の成長率目標(6.5%前後)を大きく上回る堅調さが続いて
カテゴリー:

コラム:中国経済に減速の兆し、不良債権削減に影響も - 04月17日(火)17:50 

[香港 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国政府による不良債権削減の取り組みが揺らぐ可能性がある。国家統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は6.8%増加し、伸び率は前期から横ばいとなった。しかし、鉱工業生産や消費者物価指数(CPI)などの統計には景気減速の兆しがみられる。
カテゴリー:

ベトナムの18年GDP成長率予想+6.5%、世銀 - 04月17日(火)16:03 

 世界銀行(WB)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+6.5%で、<a href="https://www.viet-jo.com/news/economy/180415230727.html" target="_blank">アジ...
カテゴリー:

もっと見る

「国内総生産」の画像

もっと見る

「国内総生産」の動画

Wikipedia

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。

概要

国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する(経済学用語のフロー、ストックはフローとストックを参照)。

原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない大和総研 最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる 日本実業出版社・第4版、2002年、24頁。。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる