「回日本アカデミー」とは?

関連ニュース

【芸能】シシャモ、ワニマ、ピストル…何人知ってる?『紅白歌合戦』初出場組はあのCMの人 - 11月18日(土)20:51  mnewsplus

11月16日、今年の年末に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。そうそうたるアーティスト名が並ぶなか、今回初出場を果たしたのは10組だ。活動の節目に悲願の初出場となったアーティストもいれば、これまであまり馴染みのない名前もあるだろう。とはいえ、CMやドラマで彼らの楽曲が使用されることも多く、実は「聴いたこと、見たことある!」アーティストも多いはず。今年の年末を彩るフレッシュかつ話題性抜群の初登場組に迫りたい。 ◆『ドコモの学割』でCM出演も果たしたSHISHAMO  昨年から2019年までの4ヵ年...
»続きを読む
カテゴリー:

生田斗真&瑛太共演「友罪」に佐藤浩市、夏帆ら実力派キャスト集結! - 11月17日(金)07:00 

2018年5月に全国ロードショーされる、生田斗真・瑛太共演の映画「友罪」より、追加キャストが発表された。 生田斗真の“生徒”広瀬すずのかわい過ぎる純白ウエディングドレス姿 本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した同名小説を、瀬々敬久監督によって映画化された作品。友人がかつて日本を震撼させた連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑心や後悔と向き合い、葛藤する男の姿を描く。 今回発表されたキャストは、息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に、「64-ロクヨン―前編/後編」(2016年)以来、4作品目の瀬々敬久監督作品出演となる佐藤浩市。 逃れられない十字架を背負いながら、物語の中でどのように交わっていくのか、そして息の合った瀬々監督作品で再び魅せる重厚な演技に期待が高まる。 あるきっかけで鈴木(瑛太)に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役に若手実力派として数多くの作品に出演し、「海街diary」(2015年)では、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞した夏帆。過去にAV出演を強いられた過去を持つ女性、という難役に挑んだ。 そして益田(生田)の元恋人であり、彼のジャーナリストとしての再起を願う杉本清美役に、モデルとしてだけでなく「ピーチガール」(2...more
カテゴリー:

【紅白】竹原ピストル、初出場「歌うたいとして、経験してみたかったステージ」 - 11月16日(木)11:20 

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45)の出場歌手が16日、発表され、歌手の竹原ピストル(40)の初出場が決まった。多い年は年間250本のライブを行ってきた竹原は「出場できるなんて、思ってもみなかったけど、歌うたいとして経験してみたかったステージ。精一杯やらせていただこうと思っています」と意気込みを語った。 【紅白特集】出場者一覧 昨年のフォトギャラリーも  竹原は、千葉県出身。1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し、2003年にメジャーデビューした。09年4月に野狐禅を解散し、一人での表現活動を開始。15年リリースのアルバム『youth』収録曲「よー、そこの若いの」がCMソングに起用され、大きな反響を呼んでいる。俳優としても評価され、16年には映画『永い言い訳』で第40回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞。  今年は、『2020年東京五輪・パラリンピック』に向けて、1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」を、加山雄三、石川さゆりとともに歌ったり、缶コーヒーのCMに出演したりと話題も抱負だった。  そんな一年を、竹原は「多くの人に知ってもらうチャンスをたくさんいただいた年。恩返しできるようにがんばっていかねぇとなぁ、って強く思った年だった」と振り返っていた。フォトセッションでは、照れまくっ...more
カテゴリー:

【テレビ】「シン・ゴジラ」視聴率15・2%!地上波初放送で大反響★7 - 11月14日(火)13:04  mnewsplus

テレビ朝日で12日に地上波初放送した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(日曜後9・00)の 平均視聴率が15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。 放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど 高い注目を集めた。  昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。 東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる 庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】「シン・ゴジラ」視聴率15・2%!地上波初放送で大反響★5 - 11月13日(月)18:13  mnewsplus

テレビ朝日で12日に地上波初放送した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(日曜後9・00)の 平均視聴率が15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。 放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど 高い注目を集めた。  昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。 東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる 庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を...
»続きを読む
カテゴリー:

シシャモ、ワニマ、ピストル…何人知ってる?『紅白歌合戦』初出場組はあのCMの人 - 11月18日(土)08:40 

 11月16日、今年の年末に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。そうそうたるアーティスト名が並ぶなか、今回初出場を果たしたのは10組だ。活動の節目に悲願の初出場となったアーティストもいれば、これまであまり馴染みのない名前もあるだろう。とはいえ、CMやドラマで彼らの楽曲が使用されることも多く、実は「聴いたこと、見たことある!」アーティストも多いはず。今年の年末を彩るフレッシュかつ話題性抜群の初登場組に迫りたい。 一目でわかる!『第68回NHK紅白歌合戦』出場歌手一覧 ◆『ドコモの学割』でCM出演も果たしたSHISHAMO  昨年から2019年までの4ヵ年は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、「夢を歌おう」を共通テーマに掲げている『NHK紅白歌合戦』。特に今年は「視聴者の皆様の夢を応援し、明るい気持ちで新年を迎えられるように」(番組制作陣)という思いのもと、出場者が決定。紅組4組、白組6組の初出場組も、エネルギッシュで瑞々しいアーティストや歌手たちがそろった。  まずは神奈川県川崎市出身の平均年齢22歳の3人組ガールズバンド、SHISHAMO(シシャモ)。ギター&ボーカルの宮崎朝子、ベースの松岡彩、ドラムの吉川美冴貴というメンバー構成だ。2010年、高校の軽音楽部でバンドを結成し、13年11月にデビュー。今年1月、堤真一と綾野剛が出演するN...more
カテゴリー:

佐藤浩市&夏帆&山本美月&富田靖子!生田斗真×瑛太「友罪」に豪華キャスト結集 - 11月17日(金)07:00 

 生田斗真と瑛太が共演する瀬々敬久監督作「友罪」に佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子らが出演していることがわかった。日本映画界を支える豪華な面々が、それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔が渦巻く人間模様を体現していく。  犯罪被害者と加害者の間に横たわる途方もない溝や、少年犯罪など重厚なテーマを扱う作家・薬丸岳氏が、実際の事件に着想を得て執筆し、かつて世間を震撼させた少年犯の“その後”を描いた渾身の一作。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田(生田)は、同じタイミングで入社した鈴木(瑛太)という男と出会う。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語らない影のある人物だが、同い年の2人は次第に打ち解け心を通わせていく。しかしある行動をきっかけに、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないか」と疑いを持ち始める。  第40回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞した佐藤が、息子が過去に犯した事件をきっかけに一家離散し、日々罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役。瀬々監督作への参加は「感染列島」「ヘヴンズストーリー」「64 ロクヨン 前編」「64 ロクヨン 後編」に続く4度目となる。逃れられない十字架を背負う修司が物語とどう絡むのか、そして佐藤と瀬々監督のコンビネーションにも期待が高まる。  そして「海街diary」「22年目の告白 私が殺人犯です」などの夏帆は、...more
カテゴリー:

宮沢りえがムーミン役に「ドキドキしました」 - 11月14日(火)20:10 

ムーミンのパペットアニメ『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)のジャパンプレミアイベントが、11月14日に銀座・丸の内TOEI1で開催。主人公・ムーミントロールの声を務めた宮沢りえはアフレコを振り返り「ドキドキしました」と感想を述べた。 【写真を見る】素敵!宮沢りえは北欧テキスタイルのロングドレスで登壇 宮沢は「性別に関しては考えすぎると作りすぎた声になってしまうので、ピュアな心、冒険心に満ち溢れているところ、とても穏やかな生活をしているムーミンのことを考えて演じようと思いました」と語った。 舞台挨拶には声優の森川智之、朴璐美、主題歌「ウィンターワンダーランド」を担当したサラ・オレインも登壇。ムーミンパパなど5役の声優を務めた森川は「実は僕、TVシリーズのオーディションを受けて見事に落ちまして。この時のために神様が取っておいてくれてたのかなと思いました。スナフキンもパパもできて感無量でした」と喜びを口にした。 ムーミンママやリトルミイなど計13役を務めた朴は「13役は一体誰が考えたんですかね。こんなにおったまげたことはなかったです。台本を渡されたら“朴璐美”の嵐! みなさんどう思いますか?」と言って笑いを取った。 『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は、フィンランド発のキャラクター、ムーミンのパペットアニメを、原作者トーベ・ヤンソン監修によりデジタルリマスタ...more
カテゴリー:

【テレビ】「シン・ゴジラ」視聴率15・2%!地上波初放送で大反響★6 - 11月13日(月)22:41  mnewsplus

テレビ朝日で12日に地上波初放送した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(日曜後9・00)の 平均視聴率が15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。 放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど 高い注目を集めた。  昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。 東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる 庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】「シン・ゴジラ」視聴率15・2%!地上波初放送で大反響★4 - 11月13日(月)15:27  mnewsplus

テレビ朝日で12日に地上波初放送した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(日曜後9・00)の 平均視聴率が15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。 放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど 高い注目を集めた。  昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。 東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる 庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「回日本アカデミー」の画像

もっと見る

「回日本アカデミー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる