「噴火活動」とは?

関連ニュース

バリ空港閉鎖、さらに延長=混乱拡大へ-インドネシア - 11月29日(水)06:54 

 【ジャカルタ時事】インドネシアの観光地バリ島のバリ国際空港は29日、噴火活動が続く同島アグン山の火山灰の影響で、空港の閉鎖期間を30日朝まで再度延長すると発表した。閉鎖は27日から始まっており、観光客を中心に混乱はさらに拡大しそうだ。 バリ国際空港は27日朝、「空路を火山灰が覆っている」として24時間閉鎖することを決め、28日に再び閉鎖期間を延長していた。この2日間で国際線、国内線合わせて約490便が欠航し、約12万人が影響を受けた。 空港のロビーには27日以降、途方に暮れる多くの観光客が床に座り込むなどして再開を待っていた。当局はバスやフェリーを使い、観光客を他島の空港へ移送しているが、輸送能力には限界があり、多くがバリ島にとどまらざるを得ない状況が続いている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【小笠原諸島】「噴火は止まったけれど…」 西之島は元気です 海上保安庁 - 11月21日(火)16:58  newsplus

今年4月に再噴火した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁が先週14日に上空から観測したところ、噴火は起きていなかったが、火口の内壁から白い噴気が立ち上るのを確認した。島周辺の海面は海水の色が変わっており、「今後も噴火活動が再開する」可能性があるという。 西之島は今年4月20日、約1年半の休止期間を破って、噴火活動を再開。国土地理院は昨年10月の休止期間中に上陸して測量を行い、噴火前の9倍以上に拡大した島の新しい地図を25年ぶりに更新した。 しかし、活動が再開して3カ月余りすぎた8月2日の観測を最後に新たな...
»続きを読む
カテゴリー:

空港閉鎖、29日朝まで延長=火山灰の影響-インドネシア・バリ島 - 11月28日(火)05:36 

 【ジャカルタ時事】インドネシアの観光地バリ島にあるバリ国際空港は28日、空港の閉鎖期間を29日朝まで延長すると発表した。噴火活動が続く同島アグン山からの火山灰の影響のため。 空港当局は「火山灰は依然3000メートルの高さまで舞っている。空港に向かって風は吹いており、(空路の)空域も灰で覆われている」と説明した。 バリ国際空港は27日、火山灰のため28日朝までの24時間閉鎖を決め、国際線、国内線合わせて445便が欠航。閉鎖期間の延長により、観光客はさらに影響を受けることになる。 【時事通信社】
カテゴリー:

「噴火活動」の画像

もっと見る

「噴火活動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる