「営業利益」とは?

関連ニュース

【車】フェラーリ、変革に媚びず 1台当たり利益1200万円 (トヨタは21万円) - 02月20日(火)06:27  newsplus

 イタリアの高級車メーカー、フェラーリが19日、新型スポーツカー「ポルトフィーノ」を日本で公開した。高額消費が盛り上がる日本だけでなく、世界中で販売好調なフェラーリ。特筆すべきは自動車業界で群を抜く株価のパフォーマンスだ。年間販売9千台以下の小規模メーカーに世界の投資家が熱狂している。  19日都内で開いた発表会。新型車が姿を現すと会場に拍手がわき起こった。極東・中東エリア統括CEO(最高経営責任者)のディーター・クネヒテル氏は「今後も比類なき存在として君臨していく」と力を込めた。  ポルトフィ...
»続きを読む
カテゴリー:

好業績の源は食事にあり!? ソフトバンクの社員食堂に行ってみた - 02月19日(月)11:00 

近年、企業の福利厚生で存在感を増しているのが社員食堂だ。単に従業員に安価な食事を提供するだけでなく、健康増進やコミュニケーションの場としての効果にも注目が集まっている。今回、ソフトバンクの社員食堂を取材する機会を得た。営業利益1兆円を叩き出す企業の社員食堂では、どのような運営が行われているのだろうか。
カテゴリー:

アウトソーシング 17/12期は営業利益104.2%増と増収増益、製造・技術分野で業績伸長し増配 - 02月19日(月)08:08 

アウトソーシング<2427>は14日、2017年12月期(17年1-12月)連結決算(IFRSベース) を発表。
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★7 - 02月19日(月)06:55  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

花王が決算絶好調でも「化粧品は独り負け」の理由 - inside Enterprise - 02月19日(月)05:00 

「中身はともかく、数字上は良い形で1年を過ごせた」。2017年12月期決算に対し花王の澤田道隆社長は満面の笑みだったが歯切れは悪かった。売上高1兆4894億円(前期比2.2%増)。営業利益2048億円(同10.4%増)で「日用品、化粧品会社で2000億円超えは初」の点は胸を張った。
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★8 - 02月19日(月)22:30  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

【半導体】NAND一本足の東芝メモリに暗雲 - 02月19日(月)09:08  bizplus

活況の半導体メモリーに変調の兆しが出てきた。NAND型フラッシュメモリーの市況は調整局面に入り、NAND専業の東芝メモリにとって収益の先細り懸念が浮上。一方でDRAM価格は上昇が続き、これら両方のメモリーで世界首位の韓国サムスン電子は投資の軸足をDRAMに移す。売却手続きまっただ中の東芝メモリに暗雲が漂い始めている。 NAND価格は標準品(TLCの64ギガビット品)の大口価格で3.5ドル前後で推移している。ただ需給に敏感な「スポット(随時取引)価格」は3カ月前に比べて1割低下した。スマートフォン(...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業業績】花王が決算絶好調でも「化粧品は独り負け」の理由…外国人が欲するブランド力が不足 - 02月19日(月)07:24  newsplus

化粧品がアキレスけん セグメント別の営業利益率 「中身はともかく、数字上は良い形で1年を過ごせた」。2017年12月期決算に対し花王の澤田道隆社長は満面の笑みだったが歯切れは悪かった。売上高1兆4894億円(前期比2.2%増)。営業利益2048億円(同10.4%増)で「日用品、化粧品会社で2000億円超えは初」の点は胸を張った。  だが、個別事業を見ると明暗がはっきりしている(表参照)。主要3事業のうち、紙おむつを展開する部門など2事業が好調なのに対し、ビューティケア事業が伸び悩んだ。原因は化粧品。全社の営業利益率が13...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニが客数低迷。ドラッグストアと競争激化で3年ぶり売上減 - 02月19日(月)05:00 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「バレンタインデー商戦」に続いて、今回取り上げるのは「コンビニ業界の売上不振」について。2017年は3年ぶりのマイナスとなったコンビニ業界の既存店売上高ですが、その原因とは一体何なのか。また、どんな対応策が考えられるのかを日比谷さんがズバリ解説しています。 既存店売上高の不振が続くコンビニ業界 2017年のコンビニエンスストア業界の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比0.3%減の9兆4738億円と、3年ぶりのマイナスとなった。 店内調理品や総菜などの売れ行きは好調で、平均客単価は同1.5%増の611.5円と4年連続でプラスに。その一方で来店客数は同1.8%減の154億9208万人と、2年連続のマイナスとなっている。 ※出典:日本フランチャイズチェーン協会 こちらは、コンビニ業界における月別の既存店売上前年比をグラフ化したもの。5月をピークとして6月と7月はギリギリの水平飛行だったが、その後はジリジリと数字を落とし続けている。カウンター周辺商品の強化により「プラス1品」の購入が促進され、客単価に関しては上昇基調(+1.5%)だったが、それ以上に客数の減少が止まらないのだ。 客数が下がっている原因には、人口減などの大きな外部環境変化も考えられるが、とはいえ今年の後半から急激に人口が減...more
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★6 - 02月19日(月)01:38  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

Wikipedia

  • redirect利益...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる