「喫茶店」とは?

関連ニュース

「創業以来50年赤字なし、経常利益3%」を実現する企業が示す「経営の本質」 - 08月23日(水)19:00 

どのような状況でも売上と利益を伸ばし続け、数十年という長いスパンで成長し続ける企業を創ること。それはあらゆる経営者に課された運命ともいえる。しかし、どうすればそのような企業を創れるのだろうか?これはかなりの難問だ。「消費者のニーズを満たすサービスを創出し続ける」「社会のためという理念を忘れない」という回答もあれば、「運が味方をしてくれることが大事だ」と言う経営者もいるだろう。企業が成長を続けるため必要なことは何か――その答えが、実際に成長を続けてきた企業の歴史の中に存在している。業務用食料品卸売業の先駆者として知られる、大阪の「エンド商事株式会社」は、1965年に食料品卸売業として創業以来、50年間赤字なし、経常利益率3%を実現し続けているのだ。エンド商事株式会社・代表取締役会長兼社長の遠藤勉氏が自社の歴史を綴った『エブリデイ・ロープライス 不況知らずのフランチャイズ』(遠藤勉著、ダイヤモンド社刊)は、成長を続けるための「答え」を与えてくれる一冊である。■好機を逃さず動く株式会社エンド商事は、食料品卸売業として創業後、ほどなくして業務用食品卸売業に転換。さらに日本初の業務用食品のC&C(キャッシュ・アンド・キャリー)型店舗立ち上げや、一般客に重点を置いた新型店のオープンとそのフランチャイズ化など、顧客のニーズや時代を先取りして業態を革新させていった歴史を持つ。同社の成長は、この的確...more
カテゴリー:

都民ファの公約「受動喫煙規制」 居酒屋やパチンコ店は、どう受け止めているのか? - 08月23日(水)17:00 

小池百合子東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」(都民ファ)は、タバコ規制を進めようとしているが、影響を受ける業界内では、異論なども出ている。むしろ分煙や喫煙者と非喫煙者の共存を進めるべきではというのだ。そこで、Jタウンネットは、「スモークフリー社会」を掲げる都民ファと、喫煙客が多数訪れる居酒屋やパチンコ店の双方に、話を聞いてみた。都民ファ都議「分煙については、可としない」 「分煙することで、受動喫煙を防止しようとは考えていません。分煙については、可としないということです」都民ファの政調会長代理で受動喫煙防止条例プロジェクトチームメンバーの伊藤悠都議(41)は2017年8月14日、Jタウンネットの取材に対し、規制の考え方をこう説明した。都民ファでは、7月の都議選の公約として、「スモークフリー社会」を挙げた。そこでは、罰則付きの受動喫煙防止条例を作るとし、職場や公共の場所で屋内禁煙を徹底するとしている。 伊藤都議によると、9月定例会には、努力義務規定を盛り込んだ子供を受動喫煙から守る条例案を提案する予定。これも公約していたものだ。しかし、受動喫煙防止条例は、罰則規定があるため専門家や業界などの意見を聞いて議論を深める必要があるとして、9月定例会には提出せず、2020年の東京五輪までの施行を目指す考えを示した。分煙を認めない理由については、飲食物を運ぶときなどに従業員がタバコ...more
カテゴリー:

なぜ昭和の文化「歌声喫茶」が再び人気なのか - 08月23日(水)08:00 

「歌声喫茶」が最近、連日満員になるほど人気だという。歌声喫茶とは戦後から1980年代に大ブームになった歌う喫茶店のこと。人気の秘密を歌声喫茶「ともしび」新宿店の斉藤店長に伺った。ひとつの歌をみんなで歌うことで生まれる連帯感――歌声喫茶の特徴はなんでしょう。歌声喫茶はカラオケとは楽しみ方が違います。カラオケはひとりで歌って楽しむもの。歌声喫茶はひとつの歌をみんなで歌います。皆で一緒に歌うことで、歌う楽しみを皆で共有できます。そして共有することで心地よい連帯感が生まれます。それが歌声喫茶の大きな特徴ですね。司会はお客様のリクエストを見つつ、店全体がそんな連帯感に包まれるように選曲して進めます。――いま都内で歌声喫茶はどれくらいあるんでしょうか?歌声喫茶は新宿にもう一軒、そして船橋や八王子にもありますが、70人も入れる大きい店はここだけ。ともしびは新宿店だけで営業しています。公民館や喫茶店など様々な場所で開催している歌声喫茶は全国各地にたくさんあるんですが、毎日歌声喫茶として営業している店は少ないです。――ずっと新宿で営業されているんですか?戦後に西武新宿の駅前にあった食堂がはじまりです。63年前、そこでたまたまBGMにかけていたロシア民謡のレコードにあわせて歌いだした若者たちがいて、それがとても好評だった。そこから歌う喫茶店というコンセプトで歌声喫茶をはじめ、爆発的に流行しました。ロシ...more
カテゴリー:

販売開始約15分で完売!“ごちそうクッキー”とは!? - 08月23日(水)02:26 

「CAFÉ TANAKA 本店」は1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業。名古屋の喫茶店らしい伝統的なカフェの営業を続けている。創業当時は客のほとんどが男性だ...
カテゴリー:

“名古屋”の名を冠した絶品フィナンシェ - 08月23日(水)02:04 

1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業した「CAFÉ TANAKA 本店」。名古屋の喫茶店らしい伝統的なカフェの営業を続けつつ、女性シェフパティシエによるフラ...
カテゴリー:

スマートフォンの一番安全なロック方法は「PINコード」です - 08月23日(水)19:00 

Image: Samsung 現在、スマートフォンの持ち主には様々なロックの方法があります: 顔認証、指紋認証、PINコード、位置情報などなど。では、その中で最もセキュアなのはどれで、私たちはどれを使うべきなのでしょうか? まず、現在使えるものを確認してみましょう。iPhoneユーザーはTouch IDによる指紋認証と、最近は6桁必要なPINコードがあります。最新のiPhoneは高機能な顔認証システムをTouch IDと共に、あるいは代わりに導入しているとの噂ですが、9月まではおあずけです。 一方Android側は、メーカーやモデルによって様々です。指紋認証やPINコードは今やほぼスタンダードとなりましたが、SamsungのGalaxy S8は虹彩認証をオプションとして導入したスマホの一つになりました。また、ほとんどのAndroid携帯はPINコードより若干便利なパターンロックが使え、Galaxy S8も含めたいくつかは独自の顔認証システムも備えています。 さらに、GoogleはSmart Lockによっていくつか携帯のロックを解除する方法を提供しています。例えば、家など特定の場所で自動的に解除する「信頼できる場所」、特定のデバイスとBluetoothで繋がっている間は解除する「信頼できる端末」に、「認識済みの顔」、「信頼できる音声」、そして携帯を持って移動中なのを検知し...more
カテゴリー:

香港式カフェレストラン「茶餐廳(チャーチャーテン)」が大阪に登場! - 08月23日(水)08:00 

「香港華記茶餐廳」は、香港の庶民派グルメを日本にと現地出身のオーナーが3月に東京にオープンさせた同店の関西1号店。ベテランシェフによる料理は、定番の粥や麺に1プレートメニューまで現地同様、多彩な品ぞろえ! 【写真を見る】東京の店では、1日平均400個は包むというエビワンタン/香港華記茶餐廳 【茶餐廳(チャーチャーテン)とは?】日本で言う食堂と喫茶店を兼ね、朝食から昼食にお茶、晩ごはんまで香港の日常に欠かせない存在。メニューは中華料理の粥や麺料理のほか、西洋文化の影響を受けた香港式ミルクティーまで、幅広いのも特徴だとか。<※情報は関西ウォーカー(2017年8月8日発売号)より> ■ 麺からお粥にスイーツまで!現地らしいメニューが充実 「香港雲呑麺」(昼918円、夜1026円)は、毎日店で職人が手作りするプリップリのエビワンタンが好評。細めのビーフンもツルツルと喉越しよし!(限定数あり) 東京の店では、1日平均400個は包むというエビワンタン。香りのよい黄ニラも味のポイントになっているそう。 「香港風炒めきしめん」(昼1058円、夜1166円)は、きしめんのような平たい麺と牛肉を、旨味濃厚な本場の醤油で炒めて香ばしく。 「シンガポール風カレー焼きビーフン」(昼950円、夜1058円)。スパイシーなカレー風味が食欲をそそる人気メニュー。 「香港風鶏の土鍋炊き込み」(2570円)。噛み応え...more
カテゴリー:

販売開始約15分で完売!ごちそうクッキーとは!? - 08月23日(水)02:26 

「CAFÉ TANAKA 本店」は1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業。名古屋の喫茶店らしい伝統的なカフェの営業を続けている。創業当時は客のほとんどが男性だったそうだが、ケーキの販売を始めたところ、女性ファンが急増した。現在は女性シェフパティシエによるフランス仕込みのマカロンやケーキなどのスイーツを求め、多くの人が足を運ぶ、名古屋を代表する名店だ。 【写真を見る】本をイメージしたパッケージもかわいい ■ 即完する前にゲットしたい特別な逸品 数量限定で、販売はインターネットのみの「REGAL DE CHIHIRO」(4,104円)は、7種類のクッキーの詰め合わせ。REGALとはフランス語でごちそうを意味し、丁寧に仕込んだシェフこだわりのクッキーは一枚一枚手作りして丹念に焼き上げている。インターネットで販売を開始すると10~15分程度で完売するほど競争率は高い。職人がひとつずつ手作りする本をイメージしたクッキー缶も特別感を盛り上げてくれる。老舗カフェが作り上げる貴重なひと品は特別な人への贈りものとしてピッタリ!【東海ウォーカー/町田拓郎】 【関連記事】 ・女性に大人気!カラフルなハイブリッドスイーツ ・“名古屋”の名を冠した絶品フィナンシェ ・かわいい!が過ぎる、名古屋駅の名物みやげ ・名古屋の老舗カフェで見つけた!絶品手みやげ
カテゴリー:

名古屋の名を冠した絶品フィナンシェ - 08月23日(水)02:04 

1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業した「CAFÉ TANAKA 本店」。名古屋の喫茶店らしい伝統的なカフェの営業を続けつつ、女性シェフパティシエによるフランス仕込みのマカロンやケーキなどのスイーツを販売している。創業当時は客のほとんどが男性だったが、ケーキの販売を始めたことにより、多くの女性ファンが足を運ぶようになった。 女性ファンも多い「名古屋フィナンシェ」(5個入り/1,242円) ■ 女性シェフパティシエが生み出す名古屋銘菓 名古屋銘菓としても人気の「名古屋フィナンシェ」(5個入り/1,242円)はシェフ独自のオリジナルレシピで焼き上げたフランスの焼き菓子。生地にバターとアーモンドパウダーをふんだんに使用し、しっとりした食感が特徴だ。愛知ならではの西尾産抹茶&岡崎産八丁味噌テイストの2種類があり、店頭では1個から販売。コーヒーや紅茶もシェフ自らがこだわってセレクトしているので、時間がある際は店内でゆっくり味わうのもオススメ!【東海ウォーカー/町田拓郎】 【関連記事】 ・販売開始約15分で完売!“ごちそうクッキー”とは!? ・夏の旅行で買いたい! 全国ウォーカー編集部オススメの人気みやげ5選 ・かわいい!が過ぎる、名古屋駅の名物みやげ ・美人な生菓子!老舗の季節限定“夏みやげ”
カテゴリー:

ラム酒が香る大人の味わい、秋の味覚栗を贅沢に使用した秋季限定パイが登場! - 08月22日(火)19:00 

ルミネ新宿とGINZA SIXに店舗を構えるロサンゼルスNO.1のオリジナルパイ専門店「The Pie Hole Los Angeles」は、秋の新メニューとして日本オリジナルパイ「Chestnuts Mont Blanc(渋皮栗のモンブラン) 」(税抜480円/Slice)を、9月1日(金)から10月31日(火)までの秋季限定で販売する。 【写真をみる】トリップアドバイザーで「ロサンゼルスのカフェ・喫茶店」口コミランキング第1位 「The Pie Hole L.A.」 「Chestnuts Mont Blanc(渋皮栗のモンブラン) 」は、今が旬の“栗”をふんだんに使用したマロンムースと、ラム酒香る大人な味わいのガナッシュチョコレートの2層仕立てのパイ。甘く煮詰めた栗を、マロンムースやパイの縁に敷き詰めるだけでなく、ガナッシュチョコレートの層にも入れることで、旬の栗を存分に味わえる商品だ。 ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで作られた、秋の味覚を包み込んだ風味豊かなパイをお試しいかが?【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】 【関連記事】 ・平日3時間限定!「UMAMI BURGER」からお得な“カフェタイムセット”が登場 ・あらいぐまラスカルが可愛いパンに!“ラスカルベーカリー”が吉祥寺にオープン ・コージーコーナーより、大人の塩キャラメルロール登場 ・ムーミン×Afternoon ...more
カテゴリー:

もっと見る

「喫茶店」の画像

もっと見る

「喫茶店」の動画

Wikipedia

喫茶店(きっさてん)とは、コーヒー紅茶などの飲み物、菓子・果物・軽食を客に供する飲食店のこと広辞苑「喫茶店」。

日本では、フランスのカフェを意識した店舗などを中心に「カフェ」と呼ばれることも多い。和風の茶房(さぼう)や茶寮(さりょう)という呼び方もある。もともと日本で茶を出す店は「茶店(ちゃみせ)」「茶屋(ちゃや)」などと呼んでいた。

概要

喫茶店とは、コーヒー紅茶などの飲み物、菓子果物軽食を客に供する飲食店のことである コーヒー紅茶などの飲み物を提供したり、菓子(ケーキ茶菓 等)や、フルーツを用いた甘味や、サンドイッチ等の軽食を提供する飲食店である。

;呼称

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる