「問題意識」とは?

関連ニュース

東京人口集中を是正するため都内の大学の定員数の規制を検討 東京の大学卒ってだけでエリートになる - 05月24日(水)12:43 

地方大学救済の一手になるのか?!東京23区の大学定員増を規制へ ・「東京23区にある大学の定員増加を認めない」という有識者会議による報告書 ・東京一極集中が地方大学の経営悪化を招くとして、法規制も含め大学の新増設抑制を求める ・就職先を地方に増やさない限りは、東京の大学の人気は変わらず偏差値は上がる一方 学生の東京集中が地方大学の経営悪化を招くとして、政府の有識者会議は22日、 東京23区にある大学の定員増加を認めないという報告書を提出した。 津田塾大学・萱野稔人教授に聞いた。 22日、政府の有識者...
»続きを読む
カテゴリー:

日本政府が語らぬ「ミサイル飛来なら逃げ場なし」の現状 - 05月22日(月)20:00 

先日公開した「軍事アナリストが分析、政府の「在韓邦人避難」が非現実的すぎる」という記事で、政府が提示する「在韓邦人避難」の方法があまりに現実離れしている現状を明かした、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さん。しかし、それは日本国内のミサイルからの避難においても同様のようです。小川さんが指摘する、「弾道ミサイルにお手上げ状態」の日本の現状とは? ミサイル警報──セーフは数分で避難完了 北朝鮮は5月14日早朝、北朝鮮北西部の亀城(クソン)付近から弾道ミサイルを東北東方向に発射、ミサイルは30分で800キロ飛んだあと、朝鮮半島の東約400キロの日本海上に落下したと推定されています。到達高度は初めて2000キロを超えたとのことです。 亀城付近の飛行場では1日前から移動式発射装置を使い、ミサイルを起立させる動きが観測されており、米国、韓国などの目にとまることを意図していたと思われます。 この飛行場付近からは2016年10月に中距離弾道ミサイル・ムスダンが発射されています。 そこで、まずはミサイルについてですが、発射地点の履歴、飛翔距離、飛翔高度、飛翔時間などから、中距離弾道ミサイル・ムスダンあるいは新型の弾道ミサイルを、それも高度2000キロ以上のロフテッド軌道で発射したと考えることができます。 これが、北朝鮮の言う「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」である可能性も否...more
カテゴリー:

Web/APサーバー、DBMS、開発支援ソフトウェアのOSS鳥瞰図【第4回】 | IT Leaders - 05月19日(金)14:00 

IT Leadersは2012年5月に「OSS鳥瞰図」を作成・公開した。様々あり多岐にわたるOSSを鳥の目で俯瞰的に理解できるように、という意図で作成したものだ。しかしOSSの進化は急ピッチである。そこに問題意識を持った日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会が完全リニューアルし、「OSS鳥瞰図2017年α版」を作成した。今回は「Web/AP サーバー、データベース」および「開発支援」のカテゴリを解説する。
カテゴリー:

正義のハッカー? Miraiに乗っ取られる前に脆弱なIoT機器を潰すBrickerBot、塞ぐHajime - 05月11日(木)21:09 

そのハッカーの名は「Janit0r」。 …と言われてもピンとこないと思いますけど、「BrickerBot」の制作者だって言えば、「あーあのIoT端末を永久ブリック化するマルウェアね」とわかる人もいるのではないでしょうか。 「BrickerBot」は脆弱性のある端末を不正侵入から守る目的でブリック化する、ちょっと毛色の変わったマルウェアです。マル(悪玉)はマルでもマルウェアから守るマルウェアということで、それなりに支持を集めています。「BrickerBot」ではデフォルトのパスワードを使っているIoT端末をネットで検出すると、そのストレージを破壊し、ネットから完全シャットアウトします。その攻撃対象はカメラ、電球、TVをはじめ数千種のIoT端末にもおよびます。 亜種ごとにPDoS(Permanent Denial of Service)攻撃はパワフルになっています。3月20日に出現したBrickerBot.1が、登場から4日で端末1,895台を攻撃したのに対し、ちょうど1カ月後の4月20日に登場したBrickerBot.3はデビュー15時間で1,295台、その直後に出たBrickerBot.4はBrickerBot.3とともに24時間で1,400台近くを攻撃しました。 今最も恐れられているIoT端末のマルウェアといえば、昨年、史上3大DDos攻撃を記録した「Mirai」です。昨...more
カテゴリー:

【今週の視点】働き方改革実現~強い問題意識が前提~ - 05月11日(木)05:00 

事業の維持・成長狙う 顧客による協力も重要 政府が働き方改革実行計画を取りまとめるなか、長時間労働が顕著な業界でも取組み計画・方針の策定が進んでいる。背景には、働き方改革を人材確保や新技術・サービスの開発などにつなげることで業界の維持や成長をめざすといった強い問題意識がある。時間外労働削減の取組みに対し、取引先や顧客企業の理解と協力が得られるかどうかも成否の鍵を握る。……[続きを読む]
カテゴリー:

いま70〜80年代の少女マンガが密かなブームに!? 代表作家のひとり、萩尾望都について専門家に聞いてみた - 05月23日(火)14:00 

今、70〜80年代の少女マンガが密かなブームになっているのをご存知ですか? 近年、この時代の少女マンガ家の特集本が相次いで発行されたり、展示が行われたりして、当時の読者はもちろん、若い世代の読者も増えてきているんです。 特に、最近立東舎より発行された書籍『少女マンガの宇宙 SF&ファンタジー1970-80年代』という本は大注目! 当時のSFとファンタジーマンガに注目して、たくさんのイラストとともに紹介した本です。 この本のカバーイラストは、当時はもちろん現在も精力的に作品を発表し続けている萩尾望都さん。『11人いる!』『ポーの一族』『トーマの心臓』などでおなじみの、日本を代表するマンガ家です。『少女マンガの宇宙』には、彼女の短編「ユニコーンの夢」が掲載されていることも話題になっています。 そんな萩尾さんと、当時のSF・ファンタジー少女マンガの魅力について、『少女マンガの宇宙』を編集した「図書の家」の小西優里さんにお話を伺いました。 ーーー 70~80年代の少女マンガを読んでいた人にとって、萩尾望都さんはどんな人なのでしょうか? 小西さん:70~80年代は、現在「少女マンガ」という言葉でイメージするような「少女マンガ」がその形を整えていった時期だと思います。今ではあまり想像がつかないかもしれませんが、70年代初め頃までの「少女マンガ」は読み応えのある作品は少ないとされていて、その...more
カテゴリー:

北朝鮮への制裁「より効果的な対応、検討中」 岸田外相 - 05月21日(日)13:16 

 岸田文雄外相は21日のNHK番組で、軍事的挑発を繰り返す北朝鮮への独自制裁強化を含む対応について「政府としても、より効果的な対応を検討していかなければならないとの問題意識は持っており、事実、検討して…
カテゴリー:

民進党・小西ひろゆき「稲田防衛相は存在自体が憲法違反」 - 05月11日(木)21:39 

http://www.buzznews.jp/?p=2108364 「安倍首相の存在自体が違憲無効」などTwitter上での発言が物議を醸している(関連記事参照)民進党の小西ひろゆき参議院議員が、5月11日にとうとう国会でも稲田防衛相に対し「存在自体が憲法違反」と語っていました(画像は参議院より)。 「稲田防衛相は存在自体が憲法違反」 小西議員は5月11日の参議院外交防衛委員会において、稲田防衛相が過去に政調会長だった際に「9条2項、もう既に現実には全く合わなくなっている9条2項をこのままにしておくことこそが、私は立憲主義を空洞化するもので...
»続きを読む
カテゴリー:

巨大新聞社が外資へ身売り……ドラマ『社長室の冬』三上博史インタビュー「情報の送り手側だけでなく受け手側のモラルが問われる」 - 05月11日(木)09:00 

経営不振に陥る日本の大手新聞社、身売り交渉相手に選んだのは外資ECサイトだった……。この明日にでも実際のニュースとして私たちの目に飛び込んできそうなお話を描いたのが、『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』。 ドラマは騙し合い、旧メディアと新メディアの戦い、フェイクニュース、など現代の時代を切り取るエッセンスが散りばめられ、スリリングなストーリーで展開。三上博史さんが買収を試みる外資を率いる主人公・青井を演じ“カリスマ性のある暴君”という難しいキャラクターを見事に作り上げています。 ご自身は「情報ダイエット」をしていて、必要最低限の情報しか得ないという三上さん。ドラマ出演を通して感じた現代のメディアを取り巻く環境など、お話を伺いました。 【ストーリー】 日本を代表する新聞社・日本新報は、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りは不可避と判断。 外資を率いる日本人・青井と交渉を開始する。 しかしその要求は過激で、まるで暴君のような青井に日本新報は翻弄されることになる。 果たして、戦後日本の論壇を支え、政局にも深く関与してきた「新聞社」という“既成制度”は崩壊していくのか!? そして、青井の日本の新聞社吸収の真意とは? ―本作は、元読売新聞勤務という経歴を持つ作家・堂場瞬一先生によるリアルな描写が非常に魅力的だと思いました。脚本を読んだ時の感想を教えてください。 三上:報道も...more
カテゴリー:

日本の生産性、先進国で最下位…  残業によって成り立つ日本社会の現状 - 05月09日(火)22:46 

日本人の生産性は先進国で最下位! 僕たちの残業がなくならない理由 ■日本の残業は国際問題!? 「給料全然上がらないし、会社はいつ潰れちゃうかわからないし、副業でも始めようかな。最近うちの会社も 副業解禁になったし。うん、それがいい!――ってこんな残業ばかりじゃできるわけないじゃなか~~!!」 なあんて一人でノリツッコミしている人もいるかも知れませんが、日本人の長時間労働は経済協力開発機構(OECD)も 問題視するいわば国際問題! 日本人の労働生産性は先進国の中で20年以上最下位であることを受け、政府も...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「問題意識」の画像

もっと見る

「問題意識」の動画

Wikipedia

問題意識(もんだいいしき)とは、社会において存在している問題に対して、人々がそれの性質を見抜くなどといった形で、その問題に対して主体的に関わり合おうとする意識の持ちようのことを言う。

概要

問題意識というのは企業経営においても重要とされている事柄である。企業においての従業員というのは問題意識を持った上で正解を出していくことが望ましいわけであるが、この場合に単に個人によって導き出された答えを社内で共有するにとどまらず、その答えに至るまでの過程である問題意識をも社内で共有することによって、社内において相手のことを仲間と思う気持ちが生まれ、一体感も高まるということである【講師のホンネ】櫻田毅 部下との問題意識共有が一体感生む (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)。

脚注 外部リンク
  • 問題意識 とは - コトバンク
  • なぜ部下は会議で発言しないのか?|「稼げるチーム」をつくる!営業マネジャーの教科書|ダイヤモンド・オンライン
  • 問題意識を育てる【コラム】 |社...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる