「商業施設」とは?

関連ニュース

食中毒か:観劇中の中学生ら16人搬送 福岡の商業施設 - 05月23日(水)23:39 

 23日午後9時10分ごろ、福岡市博多区住吉の大型商業施設「キャナルシティ博多」で、観劇中だった鹿児島市内の中学生らが手足のしびれや吐き気などを訴え、生徒14人と教師2人の計16人が病院に搬送された。福岡県警博多署によると、全員意識はあり、重症者はいないという。
カテゴリー:

修学旅行の学生ら集団食中毒か キャナルシティ博多で - 05月23日(水)22:33 

 23日午後9時10分ごろ、福岡市博多区住吉1丁目の商業施設「キャナルシティ博多」の劇場内で「修学旅行中の中学生が吐いている」と119番通報があった。消防隊が駆けつけたところ、生徒14人と教師2人が症…
カテゴリー:

「イオンがあるから転居も」、そのイオンが閉鎖へ - 05月23日(水)13:57 

 佐賀県上峰町にある大規模商業施設「イオン上峰店」が来年2月28日に閉店することになった。運営母体のイオン九州が22日、発表した。 店舗面積は2万2765平方メートル。イオン直営店の従業員は148人(…
カテゴリー:

<岩手・陸前高田>W杯サッカー日本初戦でPV 商業施設「アバッセたかた」駐車場で開催 - 05月23日(水)11:19 

岩手県陸前高田市の商業施設「アバッセたかた」駐車場で6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表の初戦となる対コロンビア戦のパブリックビューイング(PV)がある。 日本代表を応援し
カテゴリー:

渋谷駅前に「ボンベイ・サファイア」限定バー スクランブル交差点一望 - 05月22日(火)22:01 

渋谷駅前の商業施設「MAGNET by SHIBUYA109」(以下マグネット、渋谷区神南1)の屋上展望スペース「CROSSING VIEW」に5月23日、ジン「ボンベイ・サファイア」の期間限定バー「PRIME MOMENT Bar」がオープンする。
カテゴリー:

中学生ら16人、劇場で嘔吐 福岡、鹿児島から修学旅行 - 05月23日(水)23:35 

23日夜、福岡市博多区の大型商業施設「キャナルシティ博多」内の劇場で、鹿児島市から修学旅行で訪れていた市立中2年生...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【佐賀】「イオンがあるから転居も」そのイオンが閉鎖へ イオン上峰店19年2月撤退 売上高減、老朽化要因 - 05月23日(水)15:28  newsplus

閉店が決まったイオン上峰店=2018年5月22日、佐賀県上峰町  佐賀県上峰町にある大規模商業施設「イオン上峰店」が来年2月28日に閉店することになった。運営母体のイオン九州が22日、発表した。  店舗面積は2万2765平方メートル。イオン直営店の従業員は148人(うち34人が上峰町在住)で、ほかに27の専門店がテナントとして入っている。  1995年、九州ニチイ(当時)が運営する「上峰サティ」として開店。県東部一帯や福岡県久留米市などを商圏に集客を図った。だが、九州ニチイが名称変更したマ...
»続きを読む
カテゴリー:

原宿・竹下通り沿いにレモネード専門店 下北沢に続き都内2号店 - 05月23日(水)13:45 

原宿・竹下通り沿いの商業施設「SoLaDo(ソラド)原宿」(渋谷区神宮前1)2階に4月25日、レモネード専門店「LEMONADE by Lemonica(レモネード by レモニカ)ソラド竹下通り店」(TEL 03-6812-9443)がオープンした。
カテゴリー:

森ビル18年3月期、減収増益 - 05月23日(水)05:35 

 森ビルが22日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比3.4%減の2497億円、本業のもうけを示す営業利益が7.2%増の631億円、最終利益が46.3%増の402億円で減収増益だった。オフィスビルなどの賃貸事業が好調だったほか、訪日外国人旅行者の増加などでホテル稼働率が上昇した。事業別の売上高は、賃貸事業が1.5%増の1552億円で大型商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」開業が寄与したほかオフィスビルの賃料値上げが進んだ。ホテル事業を含む施設営業は3.9%増の293億円で、住宅などの分譲事業と海外事業は減収。
カテゴリー:

駐車場シェアを超えたモビリティプラットフォーム目指す「akippa」、住商らから8.1億円を調達 - 05月22日(火)15:00 

駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営するakippaは5月22日、既存株主の住友商事など7社を引受先とした第三者割当増資により、総額で8.1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回の調達は既存事業の拡大とともに、同社が今後見据えるMaaS(Mobility-as-a-Service)を軸としたモビリティプラットフォームの構築に向けたもの。調達先7社および各社との業務連携の内容は以下の通りだ。 住友商事 : 2016年9月に業務提携、2017年にakippaへ出資。モビリティ部門と連携しカーシェアの駐車スペースやEVの充電スポットなど、中長期的にakippaの駐車場を活用。海外展開のサポートも 日本郵政キャピタル : 郵便局等の駐車場や遊休地の貸し出しを検討 JR東日本スタートアップ : 2018年3月より保有する駐車場をakippaで貸し出し開始。今後もJR東日本沿線の駐車場をakippaを通じて提供、鉄道と2次交通とのシームレスな連携へ ニッポンレンタカーサービス : 2018年内を目標にID連携を進めレンタカーと駐車場をセットで予約できる仕組みを目指すほか、カーシェアステーションとしてakippaの駐車場を活用 FFGベンチャービジネスパートナーズ : 九州エリアでのakippaの展開支援 中部日本放送 : 東海エリアでのakippaの展開支援とグループ...more
カテゴリー:

もっと見る

「商業施設」の画像

もっと見る

「商業施設」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる