「商品コンセプト」とは?

関連ニュース

キーワードは「ユニーク性」。まだ誰も知らない新時代の働き方 - 09月20日(水)17:00 

今まで複数回にわたり「地産地消経済」の有益性について説いてきたメルマガ『国際戦略コラム有料版』。今回は著者の津田慶治さんが「地産地消経済の働き方」と、必要とされる能力について詳しく記しています。キーワードである「ユニーク性」という言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか。 地産地消経済の働き方 地産地消経済は植生文明であり、普通の生活ではそれほどお金が必要ないが、それでは働き方はどうなるのであろうか。それを検討しよう。  地産地消経済とは 復習になるが、今後、エネルギーは再生可能エネルギーになり、どこでも低価格で手に入り、食糧も地場で必要なものができて、安くなり、材料も地場で調達できることになり、生活に必要なものが手近で手に入ることで、生活を送る費用は軽減されることになる。 日本では、太陽光発電の単価が徐々に下がり、蓄電池価格も徐々に下がってきている。水力発電も水が豊富で落差も大きい。樹木も多く間伐材もたくさん出てくる。バイオ発電もよい。エネルギーの需給が中東の石油から日本国内に移ることになる。 食糧生産においては、農村人口の急減で、大規模農家が可能になってきたことで、農産品は安いが、農家は高所得が期待できるようになってきた。日本ではできない農産品や漢方薬原料の植物は、植物工場という手が見えてきている。それに加えて、人口の急減少で食料の輸入が必要なくなる可能性もある。あ...more
カテゴリー:

「商品コンセプト」の画像

もっと見る

「商品コンセプト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる