「和製英語」とは?

関連ニュース

外国人が感じた「日本の就活っておかしくね?」ランキング 3:新卒一括採用、2:就活時期、1… - 04月26日(水)10:27 

新卒市場では学生優位の売り手市場が続いていますが、ほとんどの学生にとっては初めての就活で、戸惑いや不安もあると思います。外国人留学生も例外ではありません。 むしろ日本の就活システムに不慣れな留学生の方が戸惑いは大きいかもしれません。  当社では外国人留学生の就職活動調査を毎年行っています。 その中で、日本の就活で違和感をもった制度や習慣を聞いてみたところ、最も多かったのが「リクルートスーツ」でした。 「なぜ皆が同じような格好で就職活動するのか」「黒スーツ、白ワイシャツでないとダメという雰囲気...
»続きを読む
カテゴリー:

「和製英語」の画像

もっと見る

「和製英語」の動画

Wikipedia

和製英語(わせいえいご)とは、日本で作られた英語風の日本語語彙のことである広辞苑第6版。英語圏では別の言い方をするため、全く意味が通じない、もしくは別の意味でとらえられてしまう場合がある。

定義

定義・外延は人によって異なる。狭い解釈では外来語を使った造語を指し、「フォアボール」「ベースアップ」「レベルダウン」「ファンタジック」のようなものを指す。これらは英語ではそれぞれ「」「」「」「」という小島義郎・竹林滋・中尾啓介(編)カレッジライトハウス和英辞典研究社、初版1995年。。次に既存の語形を省略して作ったものを含めることもある。「ワープロ ()」「パソコン ()」「エンゲージリング ()」のようなものである。広い解釈では、形はほぼ同じものが英語にあっても、意味が英語と明らかに異なるものを含めることがある。これは和製であってたまたま同語形が英語にある場合もあるが、日本で意味変化しただけであって語形そのものは和製ではないものも含まれる。例えば「デッドヒート」()の英語の意味は「同着、単独の勝者のいないこと」をいうが、日本語における外来語としては「激しい競り合い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる