「和久井映見」とは?

関連ニュース

神回「ひよっこ」116話。終戦の日、クイズに託された思い - 08月16日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第20週「さて、問題です」第116回 8月15日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:松木健祐116話はこんな話豊子(藤野涼子)が「勝ち抜きクイズ3Q」に出場し、そこでの活躍を、乙女寮のメンバーで視聴する。 逆転劇の楽しさドラマというより、クイズ番組を観ているようだった、手に汗握る15分。藤野涼子の、クイズに賭ける表情(所作や台詞の発し方。時々噛むとろこなども)が、迫真!司会が、60年代、実際に放送されていた早押しクイズ番組で司会をしていた押阪忍で、その語り口がリアルなのと、クイズ番組の中でかかる音と、ドラマの劇伴との二重攻撃も含めて、臨場感がハンパない。「いいことが明かされる」とあらかじめ言っちゃっているのだから、結果は予想がつくのだけれど、みんな、固唾を呑んで、テレビを観続ける。秋田にいる優子(八木優希)も、嫁ぎ先で応援している。文学、スポーツ、雑学等、幅広い設問を、どんどん答えていく豊子。最終決戦で苦戦するも、最後の問題で、驚愕のスローモーション。なんて鮮やかな展開だろう。乙女寮の思い出と友情の堆積が、渾身で込められていた。クライマックスのないドラマだった「ひよっこ」に、はじめて、クライマックスが訪れたと言ってもいい。それも最高に痛快でハッピーな逆転劇だ。ここまでよく出来て...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(20)】みね子、乙女寮メンバーと再会! クイズ番組にくぎ付け!? - 08月14日(月)07:15 

ついに実(沢村一樹)が奥茨城村に帰郷するという、歴史的瞬間を迎えた有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。前回の本通信で最高視聴率を更新したと伝えたばかりだが、早速その数字も超えて見せ、23.7%という数字をたたき出すなど、確実に日本列島は“ひよっこ熱”に包まれた感がある。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】沢村一樹から有村架純へのぎこちない“頬ムギュ”シーンも大反響!/(C)NHK 8月7日からの第19週では、みね子(有村)と父・実が田植えの季節に合わせて奥茨城村に帰るというシーンが描かれた。実が茨城に戻ってすぐ、久々に乗車したバスでの車掌・次郎(松尾諭)とのやりとりや、実の父・茂(古谷一行)ら谷田部家の家族との久々の一家団らん。 そして、田植えシーンでの弟・宗男(峯田和伸)とのハグに、柴田理恵扮(ふん)する角谷きよによる「初恋の相手ネタ」など、谷田部家を取り巻く全ての人々による温かなまなざしと気遣いが実を優しく包み込み、みね子はもちろん、美代子(木村佳乃)も、そしてひよっこ記者も感激しきりだったべ。 本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第20週『さて、問題です』の第115~119回までの1週間をまとめて予習する。 そんな中、ひよっこ記者が気になった人物は、みね子の妹&弟コンビ・ちよ子...more
カテゴリー:

「ひよっこ」110話「寝歌」「寝踊り」の巧さ - 08月09日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第110回 8月8日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博連109話はこんな話実(沢村一樹)が「奥茨城に帰ってみっかな」と言い出した。110回で特筆すべきは、愛子(和久井映見)の「寝歌」と、富(白石加代子)の「寝踊り」。……ではなくて、みね子が、「私が話せるのは父親としての谷田部実さんだよ」と言い、他にもたくさんあって、生まれてから大人になるまでは、父の茂(古谷一行)や弟の宗男(峯田和伸)しかわからず、男の人としての谷田部実は、妻の美代子(木村佳乃)にしかわからない、と深い考えを見せるところだ。「そう思ったんだよね。話しててさ」と。ドラマや映画や舞台を作った人や、観た人が、人間とは多面体である、ということを描きたかったと創作意図を語ったり、そういうことを感じたと観た感想を述べたりすることはままあるところを、ドラマの中で登場人物に語らせてしまった。その考え方でいくと、それまでの記憶を失って、女優・世津子(菅野美穂)と暮らしていた雨男の一面もあって、それは世津子しか知らないということにも行き着く。みね子は、そんなところまで思いを巡らせる聡明さをもっている。そして、それは、そういうふうに思うことで、彼女の知らない2年半の実がいることを正当化するし...more
カテゴリー:

「ひよっこ」106話。視聴率着実に上昇、高度成長期を描くドラマの決定版になる - 08月04日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第18週「大丈夫、きっと」第106回 8月3日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:田中 正連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」106話はこんな話美代子(木村佳乃)は、世津子(木村佳乃)に、なぜ2年半も、実(沢村一樹)をそのままにしていたのか、厳しく問い詰める。22.5%から23.5%へ、視聴率が着実にアップのわけ105回は22.5%、106回は、23.5%と、視聴率はさらに上昇。前作「べっぴんさん」(16年)でやや下がっていた朝ドラへの関心を、取り戻しはじめたように見える。実在する著名人の成功譚でなくとも、丁寧に人間の生活や個性を描いていけば、愛される。それが長いシリーズ朝ドラのいいところだと、改めて「ひよっこ」に教わった気がする。拙著「みんなの朝ドラ」のインタビューで、脚本家の岡田惠和は、「ひよっこ」を書くに当たって、「朝ドラはごく普通の人間の生活という、地味な素材が長く(半年間)書ける。僕はそれがすごく好きで、向いていると自分では思っています」と語っている。彼は「ひよっこ」でその得意な手法を存分に生かしたというわけだ。クリシェをうまく使う岡田惠和105回のレビューでも書いたが、人間の生活を地道にこつこつ書き連ねて来たからこそ、100回を過ぎたところで、主人公とその家族の心配の種...more
カテゴリー:

【ドラマ】NHK朝ドラ「ひよっこ」出た!自己最高22・2% - 07月27日(木)10:41  mnewsplus

 女優有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(午前8時)の26日の平均視聴率が22・2%だったことが27日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は4日放送第80話と20日放送第94話の21・4%。  同ドラマは東京五輪が開催された1964年から始まる物語。集団就職で茨城から上京するヒロインの青春を描く。有村の朝ドラ出演は、ヒロインの母の少女期を好演した13年度前期「あまちゃん」以来2度目。  26日は、嫁入りした高子(佐藤仁美)がすずふり亭を去ってから数...
»続きを読む
カテゴリー:

「ひよっこ」115話。乙女寮メンバーがピーチクパーチクピーチクパーチク - 08月15日(火)10:00 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第20週「さて、問題です」第115回 8月14日(月)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:松木健祐連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」115話はこんな話奥茨城村からみね子(有村架純)が帰って来てから1ヶ月、乙女寮のメンバーが、あかね荘に遊びに来た。手が止まる女たち 「6月11日の16時でお願いいたします」珍しく豊子(藤野涼子)が仕切りで、乙女寮のメンバーが集まることになった。当日は、うるさくなるだろうからと、あかね荘の人たちにも、料理をつくるみね子と時子(佐久間由衣)と愛子(和久井映見)。早苗が「ピーチクパーチク・・・」うるさいんだろうねと言っている時、SEも小鳥の声だった。みね子だけでなく、時子も愛子も、しゃべっている時は、作業の手が止まる。これはもう演出に違いないと確信した。ニヤニヤする豊子 前回は、すずふり亭で、元治(やついいちろう)とヒデ(磯村勇斗)による料理(84話)。今回は、中庭で、みね子たちの手作り料理。毎回、美味しそうな集まりだ。そういえば、みんなが集まった日に、川本世津子(菅野美穂)がすずふり亭にやって来て、そこから、深刻なお父ちゃんのターンがはじまったのだった。再びの再会では何が起こるのだろうか。どうやら、豊子(藤野凉子)が鍵を握っている様子。豊子はニヤニヤし続ける、...more
カテゴリー:

『ひよっこ』、あかね荘に乙女寮の仲間が集結  豊子の秘密に驚くみね子 - 08月13日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。父・実(沢村一樹)と二人暮らしを始めたみね子(有村架純)は、“記憶をなくす前の父”がどんな人だったのか、実にゆっくり時間をかけて伝える。話を聞いて実は奥茨城に帰ることを決意。二人で一緒に帰り、久しぶりに再会した家族を前に実は思いを告げる。翌朝雨の中、一家親戚総出で田植えが始まる。実は依然記憶は戻らないものの、身体が憶えているからかスムーズに田植えをこなす。そして一人東京に戻ったみね子は、忙しい店で自分が必要とされていたことを実感し嬉しくなる。【関連】『ひよっこ』フォトギャラリー みね子の乙女寮時代の仲間・豊子(藤野涼子)の呼びかけでみんなであかね荘に集まることになった。愛子(和久井映見)や時子(佐久間由衣)とごちそうを作り、「騒がしくなるので」と、富(白石加代子)や早苗(シシド・カフカ)におすそ分けをするみね子たち。そこへ幸子(小島藤子)と澄子(松本穂香)、豊子が訪ねてくる。 豊子は愛子に突然「テレビを借りてもいいですか」と尋ねる。テレビをつけると、そこには豊子が映っていて…。一方、早苗(シシド・カフカ)は乙女たちの黄色い声が気になり、何が起こっているのか、部屋へ探りに行こうとする。 あるとき由香(島崎遥香)は「話がある」と言って、みね子を月時計に連れ出す。その理由とは!? NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。...more
カテゴリー:

「ひよっこ」108話。佐々木蔵之介「大丈夫です、私が覚えてます」オトコマエ! - 08月07日(月)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第18週「大丈夫、きっと」第108回 8月5日(土)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:田中 正連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」108話はこんな話みね子(有村架純)と実(沢村一樹)が、あかね荘で一緒に暮らしはじめた。疑惑と忘却みね子に連れられて、すずふり亭を訊ねた実を、鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)は、多くを語らずあたたかく迎える。とりわけ、省吾が手を差し出して「大丈夫です、私が覚えてます」と言うところには、グッと来た。だが、すずふり亭母子が、実の前では口に出さないことがあった。あとで、ふたりきりになると、「少し垢抜けてたね」と言う省吾。鈴子は、「辛くて苦しいことがあってもうやんなっちゃって、自分を捨てるってこともある」・・・んじゃと思っていたと言う。でも「あの目は違った」と頷き合うふたり。記憶喪失だったことで単純に解決させず、現実から逃げて、女優と豊かな生活を選んだ疑惑も、やっぱり捨てられないところを残しているところが、作劇のうまさだ。108回では、この作劇のうまさが、もう2箇所、披露される。ひとつは、あかね荘で行われた、「舎監の血が騒いじゃった」愛子(和久井映見)の仕切りによる、実の歓迎会での、大家・富(白石加代子)の台詞にまつわるところだ。記憶を失った実を励ますために「...more
カテゴリー:

「ひよっこ」104話。辛いことは、時子、鈴子、愛子で受け止める=最強 - 08月02日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第18週「大丈夫、きっと」第104回 8月1日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:田中 正連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」104話はこんな話みね子(有村架純)は、父・実(沢村一樹)が見つかったことを、奥茨城の母・美代子(木村佳乃)に手紙で報告する。受け止めてくれる人 「参った・・・」というみね子の言葉が真に迫った。やっと会えた(ほぼ3年ぶり)お父さんが、自分たちのことを忘れてしまっているなんて、どうしていいかわからないのは無理もない。だが、救いは、傷心のみね子を受け止めてくれる人がたくさんいることだ。まず、時子(佐久間由衣)、鈴子(宮本信子)、愛子(和久井映見)が受け止める。この3人、最強である。2年半もの間、お父さんを家に住まわせていた世津子(菅野美穂)のことは、やっぱり「なんで? 許せない」と思ったと吐露するみね子。そうだよね、うんうん。助けてくれたのだと思い直すが、そんなに簡単に納得はできない。いろんな感情が渦巻くけれど、まずは「(お父さんが)生きて会えたということ。元気だったということ。そして、また会えるということ」と大事に噛みしめることだと鈴子が諭す。「辛いことは後からでいい」 そう、少女小説「少女パレアナ」(エレナ・ホグマン・ポーター作 村岡花子訳)の「喜びの遊び」...more
カテゴリー:

【芸能】高畑充希「過保護のカホコ」に視聴者がガッカリしたワケ - 07月27日(木)05:30  mnewsplus

 高畑充希主演ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)に、視聴者からのガッカリ感が止まらない。  というのも、番宣ポスターに写る高畑演じる主人公・根本加穂子は、純白のドレスにアップにした髪にはゴージャスなティアラが輝き、まるでプリンセスのよう。放送前にこのポスターを見た人たちは“深窓の令嬢の物語”をイメージした人が少なくなかった。  脚本は「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などを手掛けたヒットメーカー・遊川和彦氏によるオリジナル作品なだけに、放送が始まるまで加穂子のキャラクターは未知数だった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「和久井映見」の画像

もっと見る

「和久井映見」の動画

Wikipedia

和久井 映見(わくい えみ、1970年12月8日 - )は、日本の女優、元歌手。本名:和久井 良子神奈川県横浜市出身。藤賀事務所、オフステーション「オフステーション」はファンクラブ業務運営会社で、所属事務所とは異なる。を経て、アルファーエージェンシー所属。

来歴・人物

埼玉県立川口青陵高等学校在学中の16歳の時、東京ディズニーランドでスカウトされて芸能界入り。

1988年4月、ドラマ花のあすか組!で芸能界デビュー。また同年、JR東日本「青春18きっぷ」のキャンペーンガールに起用された。

1990年1月、ポリスターから「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」で歌手デビュー。1997年までCDリリースは続き、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる