「周防正行」とは?

関連ニュース

バイプレイヤー育成の土壌を作ったVシネの功績 - 02月21日(水)08:40 

 多くのキャリアを重ねて確かな存在感を提示する名脇役たち。そんな実力派が集う連ドラ『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』も好評を博している。昨今の脇役人気のムーブメントの火付け役となった同番組の出演俳優たちの経歴を振り返ると、いわゆる“Vシネマ”での活躍は外せない要素であるようだ。現在の芸能界を支える、名脇役たちを多数輩出してきた“Vシネマ”とは? その功績を改めて振り返ってみよう。 【写真】まさに“顔面凶器”! コワモテおじさま俳優出演の名作Vシネ一覧 ■渋滞が起きるほどの脇役ブーム…おじさま俳優の下積み時代にVシネあり  『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』の1stシーズンは2017年1月に放送され、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という日本の映画・ドラマ界に欠かせない“名脇役”たちが“主役”となり、共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題を集めた。昨今の芸能界では、スター脇役と呼ばれる役者の名を挙げると枚挙に暇がない。実力派の脇役が供給過多となり、ある意味バイプレイヤーズ渋滞ともいえる状況にもなりつつある。そんなおじさん俳優人気が過熱しているが、彼らの経歴を振り返ってみると、いわゆる“Vシネマ”での下積みが欠かせないようだ。  大杉蓮は22歳で舞台デビュー後、下積み時代に日...more
カテゴリー:

【小説】赤川次郎の新シリーズ『キネマの天使』は映画業界が舞台のミステリー小説「映画を撮る人たちは、こうであってほしい」 - 01月24日(水)21:06  mnewsplus

1976年『幽霊列車』でデビューして以来、40年以上も第一線を走り続けている人気作家・赤川次郎。70歳を目前にして、映画業界を舞台にした『キネマの天使 レンズの奥の殺人者』で新シリーズをスタートさせた。 ヒロインとなるのは、映画の撮影現場でスクリプター(記録係)を務める女性・亜矢子。あれよあれよという間に殺人事件に巻き込まれながらも、目の前の出来事に立ち向かっていくハツラツとした亜矢子がなんとも魅力的。映画愛あふれる人々が働く撮影現場に迷い込んだような気分を味わえるのも楽しいが、赤川さん自身、幼少の...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】周防正行監督、5年ぶり新作は無声映画時代の青春映画 アクション、恋、笑いを織り交ぜたエンターテインメント - 02月01日(木)17:28  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0098102 2018年2月1日 『Shall we ダンス?』(1996)、『それでもボクはやってない』(2007)などの周防正行監督が、『舞妓はレディ』以来、約5年ぶりとなる新作で大正時代黎明期を舞台にした青春映画に着手することが明らかになった。 映画がまだ無声で「活動写真」と呼ばれていた時代を舞台に、若者たち7、8人の青春群像を描くという。 本作ではアクション、恋、笑いを織り交ぜたエンターテインメントを目指すといい、キャストはオーディションで決定し、9月クランクイン、2019年夏以降の公開...
»続きを読む
カテゴリー:

「周防正行」の画像

もっと見る

「周防正行」の動画

Wikipedia

周防 正行(すお まさゆき、1956年10月29日 - )は、日本映画監督脚本家太田出版監査役会社概要 - 太田出版。

来歴

幼少時は野球好きで、野球をするために中学はわざわざ越境入学してまで武蔵工業大学附属中学校・高等学校に進学。しかし中学2年の時に肘を痛めて野球の道は断念した渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「周防正行監督・Shall we ダンス?」 - NHK BSコラム・2011年11月14日。高校卒業後に2年間浪人生活を送る。

1981年、立教大学文学部仏文科在学中に非常勤講師として来ていた蓮實重彦の講義「映画表現論」に出会い、卒業後映画監督を目ざす立教大学。その後イメージフォーラム映像研究所に進みながら、高橋伴明若松孝二井筒和...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる