「周辺住民」とは?

関連ニュース

オスプレイ飛来に周辺住民は - 08月18日(金)12:54 

道などがオスプレイの飛行自粛を求める中の訓練参加に、周辺の住民からは不安や容認など賛否両論の声があがっています。HBC昼ニュースで放送2017年08月18日(金) 11時58分 更新
カテゴリー:

【岐阜】クマに襲われ足蹴りで反撃…69歳男性、腕に軽傷 恵那 - 08月16日(水)20:24  newsplus

http://www.sankei.com/west/news/170816/wst1708160084-n1.html  16日午後2時20分ごろ、岐阜県恵那市明智町杉野の林道で、同市の男性(69)がクマに襲われた。男性は足で蹴るなどして反撃、クマは現場から立ち去った。男性は右腕に軽傷。  岐阜県警恵那署によると、男性は蜂の子を採るために、1人で山の中に入っていた。クマは体長約1・5メートル、ツキノワグマとみられる。同署が周辺住民に警戒するよう呼び掛けている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

親子で伝統の鋳物作り体験=埼玉県川口市〔地域〕 - 08月16日(水)10:09 

 埼玉県川口市の夏の風物詩「たたら祭り」が開かれた。約600人の親子連れらが同市伝統の鋳物作りを体験し、イルカやカブトムシ、アニメの人気キャラクターなどをデザインした鉛の文鎮を製作した。 鋳物作りは、地場産業への理解を深めてもらおうと、川口鋳物工業協同組合に所属する50歳未満のメンバーでつくる研究会が指導。同組合の伊藤光男理事長(66)は「鋳物作りで出る臭いや粉じんで、工場の周辺住民には迷惑も掛けている。鋳物ができる過程を実感してもらい、伝統産業への理解が深まり、後継者の確保にもつながれば」と話す。 会場では、子どもらが好きな文鎮のデザインを目を輝かせながら選び、木製の型枠に目いっぱいの砂を詰め込み、鋳型を製作。約500℃の溶けた鉛を鋳型に流し込むと、15分ほどで直径5センチ程度の銀色の文鎮が完成した。 親子で訪れた同市在住の山本楓さん(5)は、できたてのイルカの文鎮を手に取り、「重くてきれい。持ち帰って部屋に飾りたい」と笑みを浮かべた。母親の靖江さん(39)は「鋳物作りを目の前で体験する機会はなかなかない。住んでいるまちのことを知り、形に残るものができて、良い思い出になるのでは」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

爆音と煙、飛び散る部品=間近の事故に住民騒然-奈良・小型機墜落 - 08月14日(月)15:56 

 「ごう音がして、真っ黒な煙が立ち上った」。奈良県山添村で14日に起きた小型機墜落事故の様子を、周辺住民は動揺した様子で振り返った。消防車が続々と駆け付け、救助隊員が歩いて現場を目指すなど、静かな集落は騒然とした雰囲気に包まれた。 現場近くの集落に住む女性(80)は、墓参りをした後、屋外にいた時に事故を目撃した。「(飛行機の)部品のようなものが飛び散った。普段は静かな集落なのでびっくりした」と驚きを隠せない様子だった。 同県生駒市から帰省していた前川麻衣子さん(31)は昼食中、至近距離で聞こえるエンジン音に続き家が大きく揺れたため、外に飛び出した。「近くの木が屋根に倒れてきた」と思いながら見回すと、すぐそばの山から黒煙が。「家に落ちてきてもおかしくなかった」と不安そうに話した。 近くの主婦(60)は、「『ビュー』という音に続いて、地響きが聞こえた」と証言。約1キロ離れた場所で働く男性も「大きなオートバイが走るような音の後、ドーンと音がした」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

普天間、墜落の恐怖は今も キャンパスの墜落事故から13年 - 08月13日(日)07:30 

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大に米軍ヘリが墜落してから13日で13年となった。日米で合意している同飛行場の返還はまだ実現していない。オスプレイ墜落など所属機の事故が繰り返され、周辺住民の負担は物理的にも精神的にも増している。13日、大学や市民団体は事故の経験を継承して普天...
カテゴリー:

ジジイ、クマにストンピングで反撃 - 08月16日(水)20:33  news

16日午後2時20分ごろ、岐阜県恵那市明智町杉野の林道で、同市の男性(69)がクマに襲われた。 男性は足で蹴るなどして反撃、クマは現場から立ち去った。男性は右腕に軽傷。  岐阜県警恵那署によると、男性は蜂の子を採るために、1人で山の中に入っていた。 クマは体長約1・5メートル、ツキノワグマとみられる。同署が周辺住民に警戒するよう呼び掛けている。 http://www.sankei.com/west/news/170816/wst1708160084-n1.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【大阪】大阪・交野の無許可ペット火葬場問題、法規制なくトラブル相次ぐ 霊園も異臭問題や突然閉園で遺骨・墓石散乱のトラブル続出 - 08月16日(水)14:52  newsplus

産経WEST2017.8.16 14:03更新 http://www.sankei.com/west/news/170816/wst1708160041-n1.html  ペットの火葬場や霊園をめぐるトラブルが後を絶たない。いずれも設置に関し法律で規制されていないためだ。周辺住民が反対するケースがあるほか、ずさんな経営者による問題も顕在化しており、一定の法規制を求める声もある。  調査会社「矢野経済研究所」によると、ペット関連産業は年々拡大しており、平成27年度の総市場は前年度比1・5%増の約1兆4720億円(推計)。業界団体によると、火葬業者は全国で千社以上が乱立...
»続きを読む
カテゴリー:

古賀茂明「日本を危険にさらす安倍政権」「グアムへの北朝鮮ミサイル迎撃すれば、戦争状態 日米安保に殺される日本」 - 08月14日(月)18:07  seijinewsplus

https://dot.asahi.com/dot/2017081300009.html 前略 ●グアムの米軍を守るため、日本を危険にさらす安倍政権  しかし、逆に言えば、日米間で事前に協議し、また、NSCでも事前に審議して、どのような場合に米軍がミサイル迎撃をするのか、そして、日本がどのような場合にそれに加わって集団的自衛権の行使として、迎撃行為に参加するのかを決めておけば、その想定の範囲内のことが起きた時には、半ば自動的に日本が迎撃命令を出すことは可能だ。  私は、すでにそういう準備がかなり進んでいるのではないかとみている。だからこ...
»続きを読む
カテゴリー:

普天間閉鎖求める 沖国大ヘリ墜落13年で集い - 08月13日(日)14:14 

 【宜野湾】沖縄国際大米軍ヘリ墜落から13年となった13日、大学主催の「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」が午後2時から墜落現場モニュメント前で始まった。昨年末のオスプレイ墜落からわずか8カ月で再び普天間所属オスプレイの墜落事故が発生したばかりで、周辺住民の危機感は高まっている。 ...
カテゴリー:

【公務員】検察職員、サッカー大会の大騒ぎ 東京高検部長が陳謝「国家公務員として遺憾、指導する」 - 08月08日(火)21:11  newsplus

検察職員騒音処分 東京高検部長が陳謝「遺憾、指導する」 東京大学検見川総合運動場(千葉市花見川区)で昨秋、サッカー大会に参加した検察庁職員が、深夜の騒音などで周辺住民に迷惑をかけたとして同大から利用禁止処分を受けた問題で、 東京高検総務部の吉田久部長は8日、「誠に遺憾。国家公務員として節度ある行動を取るよう指導したい」と陳謝するコメントを出した。 高検によると、昨年10月29~30日に開催された大会に参加したのは、検察官や検察事務官の有志約160人。 このうち事務官約80人が同運動場の宿泊施設...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「周辺住民」の画像

もっと見る

「周辺住民」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる