「周年企画」とは?

関連ニュース

「真・女神転生」シリーズ25周年企画――アトラスサウンドチームの4名に“メガテンサウンド”への思いや制作エピソードを聞いた - 10月21日(土)00:00 

 2017年10月30日に25周年を迎える,アトラスの「真・女神転生」シリーズを記念した対談企画をお届けする。サウンドチームの目黒将司氏,小塚良太氏,小西利樹氏,土屋憲一氏の4名に“メガテンサウンド”への思いや,最新作「真・女神転生DEEPSTRANGEJOURNEY」のアレンジCDなどの話を聞いてきた。
カテゴリー:

「創刊35周年企画」スターたちのあこがれのTVスターを大公開 【ザテレビジョン35周年】 - 10月13日(金)21:44 

週刊ザテレビジョン創刊35周年特別企画!テレビや映画で活躍するスターたちに「あこがれているスター」について直撃!子供のころの思い出や共演した際の話など、貴重なエピソードの数々をピックアップして公開!! 【写真を見る】小泉今日子&菅野美穂があこがれのスターについて語る! ■ 大先輩の西田敏行さんはとにかく、すごい役者!!(沢村一樹) 西田さんは、「西遊記」('78~'80年日本テレビ系)の猪八戒のイメージもありましたが、お会いして、すごい人だと思いました。まるで違う扉が開くかのように「何でそんなことができるんだろう」と思う瞬間が。「セリフは役者のものだから」と西田さんが昔おっしゃっていたのが胸に残っていて、忘れられないです。 ■ キラキラした'70年代のアイドルたちが大好き(小泉今日子) 音楽番組やドラマが好きで、'70年代のアイドルが出ている番組を見ていました。みんなキラキラしていて、子供ながらにワクワクしていましたね。中でも好きだったのはずうとるび。初めてレコードを買ってもらったのも彼らのアルバムで、3枚目のシングル「みかん色の恋」は、カバーして歌ったくらい好きです。 ■ 共演の小泉今日子さんはずっと私の憧れの人(菅野美穂) 小泉今日子さんです。歌番組やドラマなどずーっとテレビで見ていて…。いまだに共演できるなんて夢のようです。いつの時代もかわいらしくて憧れの的なんですが、自分が...more
カテゴリー:

『あしたのジョー』連載開始50周年!オリジナルアニメ『メガロボクス』2018年春TV放送決定! - 10月13日(金)12:00 

日本のエンタテインメント作品史に輝くボクシング漫画『あしたのジョー』(原作:高森朝雄(梶原一騎)、ちばてつや)。『あしたのジョー』連載開始より50周年となる2018年、新たなプロジェクトが始動! オリジナルアニメーションの放送が決定しました! 週刊少年マガジン1968年1月1日号より連載が開始され、単行本の累計発行部数は2000万部を突破。アニメーションや実写映画化もされ、世界中に影響を与えた日本マンガの金字塔。 身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹とともに、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語は、当時の日本人に大きな共感を巻き起こし、寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則ら時代を牽引した知識人たちをも熱狂させました。 八百長試合に身を沈めるボクサー『メガロボクス』 そんな名作『あしたのジョー』連載開始50周年企画として、オリジナルアニメーション『メガロボクス』が誕生! 八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に抗うために、自分の全てを駆けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。2018年春、TVアニメが放送スタートとなります。 今回、ティザービジュアルが解禁。舞台となる地下のリングに佇む主人公の姿は、これから始まる熱い物語を感じさせます。 また、本作を力強く描く実力派メインスタッフを解禁! 監督・コンセプトデザインに森山 洋氏(...more
カテゴリー:

【鉄道】JR7社、日本大縦断「激レア」共同ツアーの中身 発足30年記念企画、走る列車も連携も珍しい - 10月17日(火)22:19  newsplus

寝台列車「カシオペア」。JR30周年のスペシャルツアーでは、JR貨物のEH500形電気機関車が牽引する JR旅客・貨物7社は10月17日、発足30周年を記念した7社共同企画の「スペシャルツアー」を発売すると発表した。 1987年の国鉄分割民営化に伴うJRの発足から今年で30年を迎え、JR各社はそれぞれに30周年記念行事として乗り放題切符の発売や各種のイベントなどを実施しているが、7社共同での企画は珍しい。 ツアーは寝台列車「カシオペア」をはじめとする各社の観光列車などを乗り継ぎ、9泊10日で日本列島をめぐる「観光列車コース」...
»続きを読む
カテゴリー:

『あしたのジョー』連載開始50周年、新作TVアニメ『メガロボクス』来春放送 - 10月13日(金)12:00 

 世界中を熱狂させたボクシング漫画の名作『あしたのジョー』。誕生から来年で50周年を迎える。連載開始50周年プロジェクトとして、『あしたのジョー』を原案としたオリジナルアニメーション『メガロボクス』の制作が決定。来春テレビにて放送開始となる。 【写真】ちばてつや氏がその場で描いた矢吹丈  故・高森朝雄(梶原一騎)さんの原作、ちばてつや氏の作画による『あしたのジョー』は、講談社の『週刊少年マガジン』1968年1月1日号より連載開始。アニメーションや実写映画化もされ、さまざまな社会現象を巻き起こした。  身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹とともに、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語は、当時の日本人に大きな共感を巻き起こし、寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則ら時代を牽引した知識人たちをも熱狂させたと言われる。  『あしたのジョー』連載開始50周年企画として制作される『メガロボクス』は、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に抗うために、自分の全てを駆けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。監督・コンセプトデザインは、アニメ『進撃の巨人』のビジュアルコンセプトを手掛けた森山洋氏。シリーズ構成・脚本は、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』や『続・深夜食堂』の真辺克彦氏と小嶋健作氏を起用。音楽は、国内外で活躍するア...more
カテゴリー:

「新鮮さを失わないように」中谷美紀の作品への向き合い方 - 10月11日(水)10:00 

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載。第5弾は、1993年の大ヒット作「ひとつ屋根の下」(フジ系)でドラマデビューして以来、数々の話題作で存在感を発揮してきた中谷美紀が登場。 【写真を見る】「ハルモニア―」では週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞!/©浅井佳代子 ■ デビュー時は緊張で震えた 見る者を魅了する美麗なルックスは今も変わらないが、本人はデビュー当時の本誌グラビアを見て「まるまるしている」と苦笑。「ひとつ屋根の下」では、舞台女優の役だった。「セリフは2つか3つぐらいでしたけれど、それまでお芝居の経験はゼロだったので、現場では緊張のあまり震えていました」と振り返る。それから「長男の嫁2~実家天国」(1995年TBS系)、「Days」(1998年フジ系)などを経て、「ハルモニア・この愛の涯て」(1998年日本テレビ系)で堂本光一と共演し、連ドラ初主演。言葉を理解できない少女・由希を好演し、週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞も獲得した。 「由希は、セリフが一つもない役。実験的な手術を受けたことによって脳に損傷を受けてしまい、チェロを教えに来た秀行(堂本)に対しても全くリアクションしないという設定でした。人間の感情を除外しなければいけないので、時々無性に声を出したくなりました。...more
カテゴリー:

「周年企画」の画像

もっと見る

「周年企画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる