「周南市」とは?

関連ニュース

宝石箱に変身?見惚れる工場夜景 - 08月17日(木)17:00 

昨今「工場夜景」として特集されることも多い工場の夜景。 ライトアップされるわけではなく、あくまで実用性のため照らされるその地は 一体どんな魅力があるのか。工場地帯へ向かった。 人間は、広い世界のほんの一部で生きている。全てを知ることはできない。世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。そんな人が集まると、小さなブームになる。誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。それが「うさこの覗いた世界」なのだ……! 観光のためにライトアップされた夜景よりも、輝く夜景がある。 ―――「工場夜景」だ。 石油化学コンビナート、製鉄工場、セメント工場……。 わたしたちの生活を見えないところで支える化学工場は、夜になっても動き続ける。 昼間は無骨なその姿も、暗い作業場を照らすためのライトによって何とも美しく映えるのだ。 「廃墟」や「ダム」、そして「工場」。無機質な機能美にときめく人が増え、写真集なども多く発行されている。 見た目ではなく、テクノロジーを追求するための究極の形。 媚びないからこそ、美しいものがある。 わたしも「橋」や「高速道路」など複雑で絡み合う構造にうっかり萌えてしまうタイプだ。 しかしそれを抜きにしても、美しいのが「工場夜景」。 以前夜の高速道路を走るバスの中で「何...more
カテゴリー:

動物たちの「うんこ展」ができるまで…触ったり嗅いだり!担当者に話を聞いてみた - 08月14日(月)18:00 

小学生向けの「うんこ漢字ドリル」が話題になり、ヒットの理由などを記事で紹介した。「うんこ」に熱い視線が注がれる中、山口県周南市の徳山動物園で「きて!みて!さわって!?うんこ展」が開催中だ。ポスターを見ると「わたしのうんこ、かいでみる?」「ぼくのうんこ持ってみる?」などと動物たちにユニークなふきだしが付いている。いったいどんな展覧会なのだろうか。俄然興味が湧いてきたので、担当者に話を聞いてみた。 ■食べ物→「うんこ」を疑似体験 「うんこ展」は園内にある展示館で開催。来場者を食べ物に見立てて、カバの口から入ってお尻から出てくる「うんこができるまで」と、12種類の動物の「うんこ」標本を鑑賞できる展示コーナーの二本立てという。 「できるまで」は、「口」に当たるフロアに動物の歯を見てもらうためトラなどの頭骨標本を展示したり、たくさんの細長いピンクの風船で「腸」部分を再現したりと、噛まれて消化され「うんこ」として排泄される気分を味わうことができる。 展示コーナーでは、企画展のタイトルにある通り見るだけでなく、「うんこ」の標本に触ることが可能。もちろん匂いを嗅ぐこともだ。 以前リリースした「児童心理の専門家を直撃!子供が『うんこ』という言葉を大好きな理由」という記事にあるように「うんこ」が大好きな子供の心をとらえた大変キャッチーな企画ではあるが、「うんこ」をここまで前面に出すと...more
カテゴリー:

enra×金子ノブアキ、ツアー2017開催決定! - 08月13日(日)17:00 

これまで世界中からの熱烈なオファーを受け、パフォーマンスを披露し続けてきているenra(エンラ)。代表作「pleiades」はYouTubeの再生回数が800万回を超えるほどの人気で、そのクオリティの高さや美しさに魅了された人も少なくはない。そんな「pleiades」と並ぶ代表作に2016年制作の「Firebird」がある。この作品では今にも羽ばたきそうな鳥の羽が生命力に満ち溢れ、美しくもあり、とても力強い作品だ。この「Firebird」は俳優でミュージシャンの金子ノブアキとのコラボレーションによって生まれた作品であり、その縁もあって9月から始まる新作ツアー『VOYAGER』には音楽監督として金子ノブアキの参加が発表されている。しかも世田谷パブリックシアターで行なわれる東京公演の全てに金子ノブアキ自身が参加し、生演奏でのコラボレーションが実現する。 『VOYAGER』はこれまでのオムニバス的な作品を集めた公演ではなく、enraにとって初挑戦となる、すべての作品が1つのストーリーでつながったコンセプチュアルな公演となるという。このテーマを花房はじめ、enra、そして金子ノブアキが作り上げ、9月から『VOYAGER』旋風を巻き起こす! ■金子ノブアキ コメント動画 https://vimeo.com/229424749■【構成・演出 花房伸行 × 音楽監督・東京公演出演 金子ノブ...more
カテゴリー:

【終戦の日】特攻兵器「回天」基地の島で平和の鐘鳴らす - 08月15日(火)23:23  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170815/k10011100901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012 太平洋戦争の末期に特攻兵器「回天」の訓練基地があった山口県周南市の大津島で、終戦の日の15日、平和を願い鐘を鳴らす式典が開かれました。 魚雷に人が乗り込んで操縦し、敵の軍艦に体当たりした特攻兵器「回天」の訓練基地があった大津島では、毎年、終戦の日に合わせて戦争のない世界を願う式典が開かれています。 15日は、島の回天記念館に地元の人などおよそ70人が集まりました。 式典では、中学生6人が「...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口】人間魚雷「回天」発射場跡で水死 飲酒して海に 周南市 - 08月14日(月)01:32  newsplus

13日午後4時15分ごろ、山口県周南市の大津島にある 人間魚雷「回天」発射場跡の海岸で、男性が岸に浮かんでいるのを通行人が発見。 病院に運ばれたが死亡が確認された。 徳山海上保安部によると、同県防府市上右田の男性会社員(30)。 男性はグループで大津島に遊びに来ており、 飲酒した後、午後4時ごろからシュノーケルをつけて遊泳していた。 以下ソース:産経west 2017.8.13 23:19 http://www.sankei.com/west/news/170813/wst1708130075-n1.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

「周南市」の画像

もっと見る

「周南市」の動画

Wikipedia

周南市(しゅうなんし)は、山口県の東南部に位置する

地理

南部は瀬戸内海に面し、国際拠点港湾である徳山下松港とともに、主要産業である重化学工業企業が多数立地しており、これに接する形で市街地が形成されている。また、港は複数の島に囲まれており、一部は定期航路が設定されている。一方北部は中国山地の一部にあたり、農村地域が点々と存在している。

隣接する下松市光市とは、産業・経済・交流面での結びつきが強く、3市は「周南地区」と呼称される(3市の市名から「周南・下松・光地区」と呼称されることもある)。山口県は、都市計画基本方針山口県都市計画基本方針において、3市を人口約25万人の「周南広域都市圏」と定義している。

面積は約656.29km2で、県内19市町中、萩市に次ぐ第5位。

気候

北部は、錦川の上流にあたる鹿野...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる