「告白本」とは?

関連ニュース

窪塚洋介、降谷建志との映画共演で「初対面なのに昔からのツレみたい」 - 06月24日(土)06:25 

7月15日(土)より公開される窪塚洋介主演の映画「アリーキャット」のプレミア上映会がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、キャストの窪塚、降谷建志(Dragon Ash)、市川由衣、品川祐、榊英雄監督が登壇した。 【写真を見る】窪塚洋介は「建志くんとは初対面からヤーマン!て感じ。昔からのツレみたい」と告白 本作は、野良猫のように街の片隅でひっそり生きる男、通称マルこと朝秀晃(窪塚洋介)が、ひょんなことからバディーとなった男、通称リリイこと梅津郁巳(降谷建志)と出会い、一緒に一人の女・冴子(市川由衣)を守るために奮闘し、アツイ思いを取り戻していく物語。闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生につまずいた人間の再生が描かれる。 舞台あいさつでは、主演の窪塚が開口一番に「こんばんわ、ジャッキー・チェンです(笑)」という悪ノリを始めたことから、初めての舞台あいさつとなった降谷も「どうもみなさん、サモハン・キンポーです」とボケながらも「今日を迎えられてよかったです」とコメント。 続く市川は「マイケル・フォイです」、品川は「いやマイケル・フォイ以上ないでしょ(笑)。どうも、ユン・ピョウです」と続き、独特の空気感でスタートを切った。 窪塚は降谷との共演に当たり、「共通の知人の結婚式で出会って。最初からヤーマン!て感じで、初対面なのに昔からのツレみたいな感じがした」と明...more
カテゴリー:

藤原竜也×伊藤英明『22年目の告白』は名作サスペンスの良いトコ取り - 06月16日(金)07:00 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。鑑賞者からは「殺人犯だけどこんな藤原竜也見たことない」「ハラハラする展開の連続」など絶賛の声が相次いでおり、一瞬たりとも目が離せないスリリングな展開に魅了される観客が続出している。そんな本作が、いかに名作サスペンスの“良いトコ取り”をしているのか、日本アカデミー賞受賞作の『告白』『悪の教典』を例に比べてみた。入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。数々の作品に触れてきた日本アカデミー賞の審査員が一定の評価をしていることからも、良作が多いことが伺えるサスペンス作品。これらに共通するのは、“最初から犯人がわかっていること”だ。最後に犯...more
カテゴリー:

野村周平「やっと両想いに」恋人役・石橋杏奈との関係性が明らかに - 06月14日(水)06:00 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。このほど、伊藤演じる刑事・牧村航の妹・里香(石橋杏奈)と、その恋人・拓巳(野村周平)の関係が明らかになる本編シーンが解禁された。入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。1995年、里香は神戸で看護師として働いていたが、阪神淡路大震災で家を失ったため、恋人の拓巳とともに兄がいる東京に引っ越してくる。牧村刑事は曾根崎による5件の連続殺人事件の捜査中であり、曾根崎を捕まえるべく忙しい日々を送っていた。里香は震災で精神が不安定になっていたが、拓巳はそんな里香をずっと側で支えていくと決意してプロポーズ。“一生里香を守っていく”と心に誓い2人...more
カテゴリー:

野村周平「やっと両想いに」恋人役・石橋杏奈との関係性が明らかに - 06月13日(火)11:27 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。このほど、伊藤演じる刑事・牧村航の妹・里香(石橋杏奈)と、その恋人・拓巳(野村周平)の関係が明らかになる本編シーンが解禁された。入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。1995年、里香は神戸で看護師として働いていたが、阪神淡路大震災で家を失ったため、恋人の拓巳とともに兄がいる東京に引っ越してくる。牧村刑事は曾根崎による5件の連続殺人事件の捜査中であり、曾根崎を捕まえるべく忙しい日々を送っていた。里香は震災で精神が不安定になっていたが、拓巳はそんな里香をずっと側で支えていくと決意してプロポーズ。“一生里香を守っていく”と心に誓い2人...more
カテゴリー:

千眼美子(清水富美加)が夜の駐車場で奇行? お酒を飲まずにすることとは - 06月21日(水)12:00 

(写真は公式ブログのスクリーンショット)所属事務所からの移籍トラブルや、清水富美加からの改名、幸福の科学への出家で話題を振りまいた女優の千眼美子(旧芸名:清水富美加)。公式ブログを更新し、その「不思議ちゃん発言」で注目を浴びている。■夜の駐車場で奇行?千眼が公式ブログを更新したのは19日の夜。「るるるーん。」というタイトルに「いぇい、いぇーい。」ハイテンションな言葉が続く記事には、夜の駐車場を徘徊しているように見える写真が添えられている(冒頭の画像)。キャップを深く被って、行進するように手脚を振り上げる姿は、良く言えば「無邪気」、悪く言えば「奇行」とも思えるシュールなもの。■眠れない夜は吉田松陰…続く文章では、夜の駐車場についてのコメントはなく…「ふぅ。眠れない夜は、前までもっぱらお酒でしたが何も飲まずに「坂本龍馬 名言」「吉田松陰 名言」と、ぐぐったりしてるあたりちょっと変わったな、と思います。笑 てなわけで、というわけでもありませんが 松陰神社に参拝しに行きました」と、唐突感のあるもの。あいかわらずの不思議ちゃんぶりだが、顔が隠れていても色白でスタイルの良い「かわいい子」オーラは健在で、記事には170を超えるハートマークがついている。(2017年6月現在)■むしろお酒を飲んだほうが健康的?ツイッター上では「酒飲んでたほうがよかったのでは」という趣旨の発言...more
カテゴリー:

千眼美子(清水富美加)が「禁煙成功」をツイート その秘訣は意外にも… - 06月15日(木)05:00 

(画像は公式ツイッターのスクリーンショット)幸福の科学に出家し、芸名を本名でもある清水富美加から改めた女優の千眼美子。Amebaブログを開設したまま更新がないものの、出家後につくられたツイッターアカウント「@sengen777」は34万人を超えるフォロワーを集め、時おり更新されている。■「出家のメリット」をツイート14日夜、千眼は画像つきのツイートを投稿。窓際で足を組み、唇に指を当てた写真とともに、「出家して変わったこと、けっこう聞かれますが禁煙成功したこともその1つです」と記されている。サンダルの裏に書かれた「吸いません」の文字も印象的だ。出家して変わったこと、けっこう聞かれますが禁煙成功したこともその1つです。 pic.twitter.com/mqvlLSzLF4— 千眼美子 (@sengen777) June 14, 2017千眼が喫煙者だったことについては、友人でお笑い芸人のガリガリガリクソンがテレビに出演した際、「お酒をガバガバ飲み、タバコもスパスパ吸う」と証言。「清水富美加」時代の爽やかな印象とのギャップも話題となっていた。■賞賛と批判、驚きの声もこのツイートには、13日深夜の段階で1万以上の「いいね!」を集めている。コメントも多数寄せられ、「出家しなくてもタバコぐらいはやめれますよ」「宗教よりタバコ吸ってたほうが幸せかもしれませんよ」「タバコ吸ってたんかい...more
カテゴリー:

藤原竜也×伊藤英明『22年目の告白』は名作サスペンスの“良いトコ取り” - 06月13日(火)11:37 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。鑑賞者からは「殺人犯だけどこんな藤原竜也見たことない」「ハラハラする展開の連続」など絶賛の声が相次いでおり、一瞬たりとも目が離せないスリリングな展開に魅了される観客が続出している。そんな本作が、いかに名作サスペンスの“良いトコ取り”をしているのか、日本アカデミー賞受賞作の『告白』『悪の教典』を例に比べてみた。入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。数々の作品に触れてきた日本アカデミー賞の審査員が一定の評価をしていることからも、良作が多いことが伺えるサスペンス作品。これらに共通するのは、“最初から犯人がわかっていること”だ。最後に犯...more
カテゴリー:

【映画】藤原竜也、舞台挨拶で“NG発言” 司会者が制止 - 06月11日(日)05:19 

2017.06.10 12:23 俳優の藤原竜也が10日、都内で行なわれた映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」の初日舞台挨拶に野村周平、仲村トオルらと登壇した。 同作は、絶対に捕まえられない美しき殺人犯と、殺人犯を追う刑事の対決を描いたストーリー。 かつて、5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件は未解決のまま時効を迎えたが、22年後にその犯人と名乗り出る曾根崎雅人(藤原)が現れた。 肉声で殺人を告白する姿にメディアやネットが騒然とする中、彼が書いた事件の告白本は賛否両論を巻き起こしながらベストセラーに。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「告白本」の画像

もっと見る

「告白本」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる