「吹き替え」とは?

関連ニュース

画家ゴーギャンのタヒチ時代、バンサン・カッセル主演で映画化 1月公開 - 10月24日(火)07:00 

 ポール・ゴーギャン生誕170周年を記念し、19世紀を代表する画家のタヒチ時代の知られざる創作の秘密と愛の悲劇を、バンサン・カッセル主演で描いた映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」が2018年1月27日に公開する。  ゴッホ、セザンヌらと並ぶ後期印象派の一人であり、特にゴッホとは1888年の一時期、共同生活をしながら創作に励んだことで知られるゴーギャン。映画では、1891年にフランス領ポリネシアのタヒチ島へと出帆し、異国情緒たっぷりな作品スタイルをも決定づけた画家のタヒチ滞在の日々を描く。エドゥアルド・デルック監督がメガホンをとり、家族を捨てるようにして南の島に渡ったゴーギャンが現地で出会った“原始のイヴ”をモデルとして、数々の作品を生み出していく愛と苦悩の日々をつづる。  パリで株式仲買人としての仕事を始めたゴーギャンは、趣味で絵を描くようになった。しかし1882年、パリの株式市場が大暴落。それを契機に絵画を本業とすることを考えるようになったゴーギャンだが、生活は困窮し、最愛の妻と子供たちと別れることに。その後、わずかな資金を手にタヒチを訪れた彼は、その土地に魅了され、現地の美しい娘で、のちに絵のモデルとなったテフラという娘と結婚するが、すぐに生活資金が底をつき、楽園のような生活も貧窮を極めることになる。  「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」は2018年1月27日から、B...more
カテゴリー:

サンドウィッチマン・富澤 大成功、ロンドン単独公演の舞台裏を明かす - 10月23日(月)12:49 

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしが自身のアメブロで、19日に開催した初のロンドン公演についてつづった。 サンドウィッチマンは19日、ロンドンのレスタースクエアシアターで結成20年記念ライブを行った。一夜限りの公演で、現地在住の日本人を対象にしたもので、チケットは完売。渡航前、ニュースダイジェストのインタビューでは、「今後もロンドンで公演するかどうかは、今回の特別公演次第だと思います。」「今はYouTubeに公式サイトがあるので、そこに載っているネタに、字幕か吹き替えを付けることができたら面白いですね。」と海外進出への思いを語っていた。 富澤は22日、自身のアメブロでロンドンライブ開催前後の舞台裏を報告。開演前、現地のヤンキーに絡まれたり、「何ヵ月も打ち合わせをしても、やはり当日に現場のスタッフさんと意思疏通がなかなかスムーズにいかない。音出しがうまくいかなかったり、急遽ピンマイクをヘッドセットにしたりでリハーサルがほぼできない状態で開場時間に。」と現地スタッフとの連携にとまどったりと、不安材料を抱えたまま開演時間を迎えたと振り返る。 しかし、幕が開いてからは「どこにこんなにいたのだろう!?というくらいあたたかい日本人のお客さんでうめつくされた会場!」「始まってしまえば不安だった音や照明も比較的スムーズに。さすがプロ!」と、ライブは大成功したようだ。ブログの最後は、...more
カテゴリー:

高木渉、声優と俳優の「垣根はなくなってきている」 奥深さを知るからこその挑戦 - 10月22日(日)07:20 

 声優・俳優として活躍する高木渉が、『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』に参戦。スーパーヒーローズのひとり、サイボーグ役として渋い存在感を発揮している。豪華声優が顔を揃えたことでも話題の本作。俳優を本業とする山田孝之や安田顕、知英。そして高木を始め鈴村健一、松本梨香ら声優陣が一緒になって爆笑必至の映画を盛り上げている。高木にインタビューし、俳優と声優の“垣根問題”について思いを明かしてもらった。【関連】高木渉、『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』インタビューフォトギャラリー スーパーマンやバットマンらが属する“ジャスティス・リーグ”が東京に出現。日本の低予算Flashアニメ『秘密結社 鷹の爪』とまさかのコラボを果たした。高木はもともと『秘密結社 鷹の爪』が好きだったそうで、今回のオファーに大喜び。本シリーズでは、制作者のFROGMANが一人で複数のキャラクターを演じているが、高木は「声優としても刺激を受けます」と告白。「総統と吉田くんなんて、まったく別人。FROGMANさんは語尾やしゃべるスピード、強さなどキャラクターの演じ分けがブレない」と驚くことしきり。 高木も『名探偵コナン』で高木刑事と元太役の2役を演じている。「僕の場合、高木刑事から元太になるときは子供っぽくちょっと崩すようにやるんですが、それは比較的やりやすくて。でも元太から高木刑事になるときは、二枚目になる...more
カテゴリー:

桜井ユキ「ほれ込んだ役」初主演映画公開! 高橋一生は「幸せで経験に」と喜び - 10月21日(土)20:19 

映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」の初日舞台あいさつが10月21日に都内で行われ、主演の桜井ユキの他、高橋一生、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、ジャスミン、円谷優希、二宮健監督が登壇した。 【写真を見る】満島真之介はバニーガールを引き連れて登壇 同作品は、過去と現在、現実と妄想、見る者を縦横無尽の世界に引き込み、その視線を外させない力強い映像で綴る、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。自主映画界で注目を浴びてきた二宮健監督が脚本も担当し、かつて誰も見たことがないほど挑発的で衝撃的な世界を描いている。 初主演を務めた桜井は「主演ということでここに立たせていただいていますが、本当に本が素晴らしくて、最初に本をいただいた時に、このオリアアキという役にほれ込みました。演じていく中で、皆さんにオリアアキとして、いさせていただいたと思っています」と共演者、スタッフに感謝。 高橋は「僕らもキャストもスタッフも、二宮健監督の頭の中が大好きです。この役で、このキャストの皆さんとお仕事ができたことを皆さんに見せられるのが、こんなにうれしいと、今まで思ったことがなかったかもしれません。こういう劇場のサイズで、皆さんと近い形で映画を見ていただけることは幸せで、僕の経験になっていくと思います」と喜びをかみしめた。 また、初の商業作...more
カテゴリー:

尾上松也が明かす憧れの声優とは?―「映画プリキュア」インタビュー - 10月21日(土)12:00 

10月28日(土)に公開となる「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」に、歌舞伎俳優の尾上松也がゲスト声優として出演する。本作の中心である6人目のプリキュア・キュアパルフェ(キラ星シエル)の師匠で、天才パティシエのジャン=ピエール・ジルベルスタイン役を演じる松也が合同インタビューに応じ、役作りやスイーツへの思い、声優の仕事などについて語った。 【写真を見る】自身の演じる役どころや、声優の仕事に興味を持ったきっかけについて語る松也 ――まず、今作への出演が決まってのご感想をお聞かせ下さい。 「プリキュア」についてはよく耳にしていましたし、特に小さな女の子たちから人気を集めている作品ということももちろん知っていました。こういった人気のある作品に出演させていただけることは本当に光栄です。自身も子どもの頃にアニメーションを見て育ったので、子どもたちが僕の演じるキャラクターを見て楽しんでくれるというのは非常に夢がありますしやりがいを感じています。 ――出演について周りからの反響はいかがでしたか? 僕も32歳になりましたので、家庭を持つ友人が増えてきました。中でも子どもがいる方は子どもを通じて一緒に「プリキュア」を見るので、作品について結構詳しいんです。ですから僕の出演が発表された時には、そのニュース記事が何人かの友人からLINEで送られてきました(笑)。 ――...more
カテゴリー:

吉岡里帆、画家ゴッホの生き様に感銘「人間性にひかれている」 - 10月23日(月)17:30 

 10月24日に開幕する、日本初となるオランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクト「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に先駆け23日、上野の東京都美術館で報道向け内覧会が行われ、NHKで放送予定の特集番組「ゴッホは日本の夢を見た」に出演する吉岡里帆が、画家と作品について語った。 ・【フォトギャラリー】その他の写真はこちら  番組のロケで、ファン・ゴッホゆかりの地であるパリ、アルル、オランダ各地などを訪問した吉岡。同展の絵画に対面し「日本に帰ってきて、待っていてくれたような懐かしい感じがした」としみじみ。「美しさや造形だけでなく、人間性にひかれている。心のあり方を教えてくれる存在」と生前不遇だった画家の生き様に感銘を受けていると話した。  同展は、浮世絵をはじめとする日本美術から大きな影響を受けたファン・ゴッホの軌跡をたどりながら、ファン・ゴッホと日本との相互関係にスポットをあてた展覧会で、「第一部:ファン・ゴッホのジャポニスム」と「第二部:日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部構成で、「タラスコンの乗合馬車」「雪景色」など4つの日本初公開作品を含むファン・ゴッホ作品約40点と、ファン・ゴッホが影響を受けた浮世絵など約50点を同時に展示する。  また、ファン・ゴッホゆかりの地オーヴェールを訪れた約240人の日本人が記した3冊の「芳名録」を日本初公開。佐伯祐三ら日本近代絵画の名...more
カテゴリー:

トーマスのヒロの人気が見逃せない! 親子でハマるヒミツって? - 10月22日(日)07:36 

子どもが大好きな、蒸気機関車が活躍する「きかんしゃトーマス」。きかんしゃトーマスの劇場版に登場する「蒸気機関車ヒロ」を知ってますか? 実は日本からやってきた蒸気機関車で、大人気のキャラクターなんです。今回は、そんな日本生まれの機関車、ヒロについてご紹介いたしましょう。 きかんしゃトーマス伝説の英雄とは トーマスといえば舞台はイギリス。「きかんしゃトーマス」には数々の魅力的なキャラクターが存在します。でもその中に、日本からやってきた蒸気機関車が存在することをご存知でしょうか?今回はトーマスの中でも人気の高いキャラクターの、蒸気機関車ヒロについてご紹介します! 伝説の英雄のあらすじ ヒロが初登場したのがトーマスの劇場版2作目となる「伝説の英雄ヒロ」です。 ある日スペンサーとの競争中にブレーキが壊れてしまったトーマスは、見知らぬ森の中に迷い込んでしまいます。そこで出会ったのがボロボロになった蒸気機関車のヒロ。遠い昔に日本で活躍し、その後ソドー島にやってきた大型テンダー機関車のヒロですが、故障した部品が届くのを待っている間に忘れ去られ、長い間森に放置されていたところをトーマスに発見されました。 かつては「鉄道の英雄」と呼ばれていたヒロも、このままの姿では精錬所に送られてスクラップにされてしまうと、トーマスはトップハム・ハット卿に秘密でヒロの修理を始めます。その後、事情を知ったほかの仲...more
カテゴリー:

高橋一生はあざとい!? 満島真之介のチャーリー劇場で爆笑の渦に - 10月21日(土)20:52 

桜井ユキが初主演した映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」の初日舞台あいさつが10月21日に都内で行われ、桜井、高橋一生、佐々木一平、阿部純子、二宮健監督らが登壇した。 【写真を見る】フォトセッションでいつの間にか桜井ユキと高橋一生の間に移動したチャーリー。すぐに元の位置に戻された さらに、満島真之介が劇中で演じた“ときめきチャーリー”となり、バニーガール役のジャスミン、円谷優希を引き連れて登場。コーナー司会を担当し、番組MCを務めた劇中のシーンを再現すると、陽気でハイテンションなチャーリーに、桜井、高橋らは思わず爆笑した。 「チャーリーをやるの1年ぶりだからね。なかなか緊張している」という満島だったが、「高橋さんは人気者ですけど、(僕は)全米で一番人気者・チャーリーです。よろしく~!」とチャーリーに成り切って進行。 「今一番忙しいと言っても過言ではない高橋一生さん、あなたを僕がデートに誘えるのはいつ?」と、劇中で主人公・オリアアキに向けた質問を、高橋にもぶつけた。高橋の「OK、チャーリー。アキは『3年先までスケジュールが埋まっている』って言っていたけど、僕は今日でも行くよ」という返答で、チャーリーは“胸キュン”な表情に。「タピオカジュースとか飲んじゃう? ストローを2本さして。すごく楽しみ! 妄想しすぎて、僕のあ...more
カテゴリー:

山田孝之&知英&安田顕「鷹の爪」アフレコ環境めぐり関係崩壊!? - 10月21日(土)15:30 

 DCエンタテイメントのキャラクターと、日本の人気Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」がコラボレーションしたアニメ映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」が10月21日、全国42スクリーンで封切られ、声優を務めた山田孝之、知英、安田顕、FROGMAN監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  バットマンやジョーカーらDCキャラと鷹の爪団が入り乱れる今作。登壇陣は背中に「予算崩壊」と書かれたTシャツを着ており、FROGMAN監督は、映像やプロモーションに費用を投じ過ぎたとしたうえで、「いろいろあり、プロデューサーから『今日の舞台挨拶の予算が残っていない』とガチで言われた」とぶっちゃけた。  さらにバットマン役の山田は、前日が誕生日だったこともあり、客席から祝福の拍手。1畳ほどのスペースで行われたというアフレコについては「すぐ壁で、機械がある。動けないし、しばらくしたら『ごめんなさい、暑い!』となった」と振り返る。ハーレイ・クイン役の知英も「1回目は結構広いところでしたが、2回目は狭かった」と同調したが、ジョーカー役の安田は怪訝な顔で「私はすごく快適なところでやらせてもらった」と語った。  これに山田は「さっき、それを聞いちゃったんですよね。話が違う」といい、「僕が与えられたスペースは60センチくらい...more
カテゴリー:

山田孝之、声の仕事は「勉強になるし面白い」大好きなバットマン役で鷹の爪団に入団 - 10月21日(土)06:50 

 アメコミの2大巨頭の一つであるDCコミックスのヒーローたちと、日本の低予算Flashアニメ『秘密結社 鷹の爪』がコラボするというニュースは各方面で大きな話題を呼んだ。そんな奇跡のアニメ映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』がいよいよベールを脱ぐ。本作でバットマンの声を担当した山田孝之が、そのハチャメチャな作品の魅力を語った。【関連】山田孝之、『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』インタビューフォトギャラリー 世界に誇るDCエンターテインメントと、鷹の爪団がコラボするだけでも驚きのなか、本作は映画公開前に一般のファンに向けてシナリオが公開になるなど、話題性には事欠かない。そんな作品への参加に山田は「普通にうれしかったし、バットマン役へのオファーというのも自分のなかではすんなり入ってきました。僕もこれまでパロディ作品には携わってきたので、鷹の爪団のなかで、大真面目にバットマンをやることで笑いに繋がるという狙いは理解できました」と満足そうな表情を浮かべる。 山田の言葉通り、劇中では、どのキャラクターも、壮大なる“おふざけ”を大真面目に演じることにより、シニカルさと脱力感が混ざった独特の笑いを作り出している。なかでも山田演じるバットマンのキャラクターは秀逸だ。「僕はもともとバットマンというキャラクターが大好きなんです。本家でもいじられていますが、一生懸命人助けをしているのに、...more
カテゴリー:

もっと見る

「吹き替え」の画像

もっと見る

「吹き替え」の動画

Wikipedia

吹き替え(ふきかえ、吹替)とは、歌舞伎映画テレビ番組などで、役者の演技の一部、一場面を他の俳優殺陣師が代わりに演じること。替え玉俳優。代役、スタントダブルのこと。

または、外国で制作された映画、ドラマアニメなどを他の言語版で公開・放送する時、台詞の音声を声優がその言語に差し替えること(アフレコ)。「声の吹替え」とも呼ばれる。

映画における「吹き替え」の歴史

草分け時代の無声時代の映画では、危険な場面も俳優自らが代役なしで演じることが活動写真の面白さと考えられた。ハリウッドの三大喜劇俳優チャップリン、ロイド、キートンは「替え玉」を使わず、すべて本人がアクションを演じたことで人気を博した。映画が企業として健全な歩みを踏み出した頃から、商品価値のある俳優を大事に扱うという意味と、映画スターが芸術家の仲間入りをしたという二つの理由から「替え玉」、「吹替え」という新しい職業が生まれた。

こうして「俳優の代わりを別の俳優が演じる」という、映画における「吹替え」は、トーキー時代に入ったハ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる