「名門企業」とは?

関連ニュース

神鋼ブランド失墜 海外訴訟に影響も - 04月26日(木)06:10 

神戸製鋼所によるアルミニウム製品などのデータ改竄(かいざん)問題が刑事事件に発展すれば、名門企業のブランドイメージ失墜は避けられない。4月に発足した新経営体制は…
カテゴリー:

子どもに科学を伝えて94年。伝統と最先端が共存する雑誌『子供の科学』に迫る - 04月25日(水)18:00 

1924年(大正13年)創刊という古い歴史を持つ子ども向け専門雑誌があるのをご存知だろうか。『子供の科学』(誠文堂新光社刊)だ。子どもに最先端の科学を分かりやすく面白く伝えてきた本誌は、科学・技術界の著名人・研究者にも読者の「OB・OG」が多い。今年4月には2020年度より小学生の科目で必修となる「プログラミング」をはじめとしたテーマを分かりやすく説明する単行本シリーズ「子供の科学★ミライサイエンス」を創刊。すでに店頭に並んでいる第1弾『コンピューターってどんなしくみ?』(村井純、佐藤雅明監修)を含め、6月までに4冊が刊行される。(ラインナップはこちらから)「伝統」と「最先端」が共存する、ある意味でカオスなこの『子供の科学』、そして新シリーズ「子供の科学★ミライサイエンス」について、編集長の土舘建太郎さんにお話をうかがった。(取材・文:金井元貴)■コアな読者は「クラスに一人か二人がいる突出した趣味を持った子」――『子供の科学』は今年でなんと創刊94年を迎える老舗の専門雑誌です。どんな人が読者なんですか?土舘:想定している年齢層は小学生高学年から中学生。クラスに一人か二人はいる突出した趣味を持っている子、工作や実験が好き、テクノロジーに詳しい、生物や宇宙の本をよく読んでいるというような子どもたちがコアな読者層です。さらに、その周辺でテーマごとに興味のある子どもたちも読んでいますね。―...more
カテゴリー:

デキる人が実践している仕事の効率をあげるための時間の使い方 - 04月21日(土)19:00 

輝かしい成功の裏には、地道に積み上げてきた地味な行動や努力があるもの。では、一流のビジネスパーソンは、他人には見えないところで、どんな仕事のやり方をしているのか。『誰でもできるのに、1%の人しか実行していない仕事のコツ48』(西谷信広著、フォレスト出版刊)は、一流のビジネスパーソンが派手な実績や成功の裏で、20代、30代の若手だった頃に当たり前のように実践していた仕事のコツを紹介している。例をあげよう。仕事をする上で時間の使い方は重要だ。自分の時間を管理し、効率よく仕事を進めるにはどうしたらいいのだろうか。まずは、「To Do List」(やることリスト/TDL)を作ることだが、著者はTO DOの作り方・活用の仕方には、3つのポイントがあると指摘する。1つ目は、極力シンプルにすること。2つ目は、仕事を依頼でき、助けてもらえる人を決めること。3つ目は、コミュニケーション。部下や同僚に仕事を振る際に、快く仕事を引き受けてもらえるように、日頃から十分にコミュニケーションをはかって良好な関係を作っておく必要がある。また、やるべき仕事をTDLに書き出す利点は2つあると述べる。1つは、案件に関して大切だと考えていることを記載するため、忘れることや漏れがなくなる。もう1つは、書き出しの際に仕事の軽重の判断や取捨選択ができるため、無駄な仕事が減る。会議など、確実に奪われる時間を著者は「かくうば」時...more
カテゴリー:

「30歳までに出産しないのはありえない」焦った女子の行く末が驚きの形に - 04月25日(水)19:00 

「自分らしく生きる」「私は私」こんなフレーズが溢れ変える世の中。もちろん、こんな風に自由に生きられたら最高ですが、その一方で「こうあるべき」のような思い込みや、「○歳でこれくらい稼いでいないとヤバい」のような世の中の基準に捉われて、苦しい思いをすることは多いもの。■望めば望むほど結婚は遠のいた…『嫌なこと全部やめたらすごかった』(WAVE出版刊)の著者、小田桐あさぎさんもかつては、「30歳までに第一子を出産しないなんて、女としてありえない!」という思い込みに捉われていた一人。そのせいで、やりたくないことを我慢してやってストレスを溜めた挙句、「結婚」にも「出産」にも近づけないという、負のスパイラルに陥っていたといいます。私にとって結婚や出産というのは憧れでも甘い夢でもなんでもなく、人に負けないための防衛手段、正しい女として生きるための登竜門の一つに過ぎなかったのです。(P15)本人がこう振り返るように、当時の小田桐さんは「本当にやりたいこと」としてではなく、「負け犬」になる恐怖から結婚と出産を熱望していたそう。これでは、うまく行かなくてあたりまえかもしれません。■「もう何をしても無理だ」と諦めたら人生が好転したひたすら婚活に励むもまったくモテなかったという小田桐さんでしたが、ひょんなことから人生が好転しはじめます。もうどうせ何をやってもダメだ、ということで、「やりたいけど、結婚から遠...more
カテゴリー:

これをすると失敗する? 人間関係を悪くする「要注意ポイント」3つ - 04月22日(日)18:00 

職場の同僚や友人、家族、恋人…私たちにとって、「人間関係」は生きていくうえで気を使わないといけない大事な部分。良い人と出会い、良い関係が築ければ、より良い人生をおくれるはずですし、悪い人間関係を築いてしまうと、人生は悪い方向に進んでしまいます。では、良い人間関係を築くためにはどうすればいいのでしょうか。『働く女子の人間関係術 社会人として人に接する42の常識』(福島哲史著、CCCメディアハウス刊)は働く女性向けに向けに書かれた一冊で、「人にとって、人こそが面白い教科書」という考えのもと、苦手な人とも良い関係を築くためのノウハウが紹介されています。ここでは本書から、人間関係を悪いほうに向かわせる「要注意ポイント」を3つ、ピックアップしましょう。■しゃべり過ぎるなんでもしゃべる人はウケがいいので、一時的には人が寄ってきます。確かに自分から話さない限り、相手からいい話を引き出すのは難しいですから、どんどん話していくことは時には大切です。しかし、知っていることをベラベラとしゃべっていいわけではありません。情報を区別し、伝えることを分別する。話してはいけないことは話さない。信用の厚い人ほど口が堅いものです。話したいことがたくさんあるときでも、厳しく自分を律することができる人こそが信用されます。何でもSNSに書いたり、飲み会で言ってしまうと、信頼されなくなるかもしれませんよ。■必要な対立を避け...more
カテゴリー:

「ひとり」だから上手くいく? 名門企業を辞めて起業した成功者の人生戦略 - 04月20日(金)19:00 

集団の中で生きづらさを感じる。仕事に勤しんでいたり学生生活を送ったりする中で、日々そう思っている人は少なくないだろう。職場でも学校でも、良くも悪くも協調性や足並みを揃えることが美徳とされがちだ。しかし、そんな枠にとらわれず、集団から抜け出し「ひとり」になれる人は大きな成果を手にする。『ひとりでも、君は生きていける。』(学研プラス刊)の著者、金川顕教氏もその一人だ。金川氏は、偏差値35から大学に合格。大学在学中には、合格率10%と言われる公認会計士試験に現役合格し、世界的会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループの有限責任監査法人トーマツに勤める。しかし、将来を約束された同社をわずか3年で退社。その後、起業し、たったの5期で年商10億円を売り上げる事業を手掛けている。同書は、「ひとり」になって起業や独立を勧めるものではない。集団の中でも「自立した個人」としているための方法や、その大切さが、数々の経験談を基に語られている。そこには「ひとりでも大丈夫」「ひとりでいることに不安を感じることはない」というメッセージも込められている。インタビュー後編では、金川氏の「ひとり戦略」の支えになったもの、「ひとり」でも不安を抱えずに何かを始めるために大切なこととは何かを伺った。(取材・文:大村佑介)■コミュニケーションより「没頭」 自分のやりたいことができる人になる条件とは?(金川顕教さんインタビ...more
カテゴリー:

「名門企業」の画像

もっと見る

「名門企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる