「名護市辺野古移設」とは?

関連ニュース

【沖縄・海兵隊ヘリ】政府・与党 小学校上空飛行否定の米海兵隊に反論 名護市長選控え神経とがらす - 01月20日(土)01:03  newsplus

http://www.sankei.com/smp/politics/news/180119/plt1801190043-s1.html  菅義偉官房長官は19日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊ヘリコプターが隣接する市立普天間第二小学校の上空を飛行したことについて「カメラの記録や監視員の目視により、小学校上空の飛行を確認したと報告を受けている」と述べ、飛行を否定する米側に反論した。政府・与党は猛反発しているが、背景には普天間飛行場の名護市辺野古移設が争点となる名護市長選(28日告示、2月4日投開票)への影響を避けたいとの思いがある...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄の翁長知事「ちょっとアメリカ行ってくる」 - 01月19日(金)18:30  news

沖縄知事、3月に訪米へ 辺野古移設反対を直接訴え 沖縄県の翁長雄志知事は19日の記者会見で、米首都ワシントンを3月に訪問する意向を示した。 日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを、米側に直接伝えるのが目的。 翁長氏は「米側の理解が得られる状況をつくりたい。普天間飛行場を撤収させ、新辺野古基地をつくらせないことにどのように近づけるかだ」と強調した。 2014年の知事就任後、ワシントン訪問は4度目となる。 県によると、翁長氏はワシントンで上下両院議員や...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古で相違、球場改修でも論戦 名護市長選、立候補予定2氏が紙上討論 - 01月18日(木)06:30 

 琉球新報社は1月28日告示、2月4日投開票の沖縄県名護市長選への出馬を表明している現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、新人で前市議の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=に対し、独自に紙上討論を実施した。最大の争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題をは...
カテゴリー:

稲嶺氏、辺野古反対を強調 名護市長選で政策発表 - 01月08日(月)14:22 

 【名護】1月28日告示、2月4日投開票の名護市長選に立候補を表明している現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=が8日、名護市内で公約を発表した。  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「市民の命と暮らし、県民の誇りと尊厳を守り抜くために新基地は造らせない」と強調し、新基...
カテゴリー:

【琉球新報】辺野古座り込み5000日達成!我々が正しいから続けて来られた - 12月27日(水)08:41  news

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で、辺野古海岸テント村での2004年4月19日の座り込み開始から、26日でちょうど5千日になった。 ヘリ基地反対協議会などは米軍キャンプ・シュワブのゲート前で節目の抗議集会を開いた。約500人(主催者発表)の参加者は「私たちの戦いが間違っていなかったから5千日も続いた。これからもあきらめず団結して戦っていこう」と、新基地反対の声を上げた。  集会は、座り込み5千日と、1997年12月21日の名護市の住民投票から20年に合わ...
»続きを読む
カテゴリー:

【省庁】外務省・秋葉剛男次官体制スタート 安倍晋三首相と対中国観共鳴 - 01月20日(土)01:01  newsplus

http://www.sankei.com/smp/politics/news/180119/plt1801190050-s1.html  外務省の秋葉剛男事務次官が19日就任し、新体制がスタートした。若くして将来の次官候補と目され、日米同盟重視と厳しい対中観で共鳴する安倍晋三首相の信任も厚い。日中関係改善の兆しが見える中で秋葉氏の手腕が問われている。  「今の中国を10年前、われわれは予測していただろうか。10年後、20年後の日本のために働かなければならない」  秋葉氏は19日に外務省で行われた次官交代式で軍事・経済両面で大国化した中国についてこう述べ、省...
»続きを読む
カテゴリー:

3日連続で海上搬入 辺野古、K4護岸造成続く - 01月19日(金)11:04 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で、沖縄防衛局は19日午前、砕石を海上から搬入する作業を行った。辺野古崎北側の「K9護岸」沖で、輸送船が別の台船に砕石を移し替えた。海上搬入は17日から3日連続。  辺野古崎南側では「N5護岸」に接続し、最長となる「K4護...
カテゴリー:

沖縄の名護市長選、安倍政権 VS 共産党の戦いに 住民「辺野古より市民生活を」 - 01月14日(日)22:51  news

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる2月4日投開票の名護市長選は、28日の告示まで2週間を切った。 3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、元市議で新人の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の一騎打ちとなる見通しで、両陣営は選挙戦本番さながらの活動を繰り広げている。 激戦の行方を追った。 10年ぶりに国政選挙がないとみられる平成30年。 人口約6万2千人の一地方都市が、中央の与野党が全面参戦する事実上の「国政選挙」の舞台と...
»続きを読む
カテゴリー:

「左翼の言論弾圧に屈しない」ヘイト認定され打ち切り寸前だった我那覇真子さんのラジオ番組、継続へ - 12月31日(日)20:00  news

沖縄県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」の偏向報道を糾弾している専門チャンネルキャスター、我那覇真子(がなはまさこ)さん(28)の発言を封じ込める動きが県内でエスカレートしてきた。 我那覇さんが県内のコミュニティーFM5局で制作、放送する番組「沖縄防衛情報局」について、5局のうちの1局が「内容が改善されない場合には年内に打ち切る」と文書で通告していたのだ。 背後には番組つぶしを画策する地元紙の圧力も見え隠れし、我那覇さんは「左翼勢力による言論弾圧には屈しない」と断固戦い続ける。 平成29年12月...
»続きを読む
カテゴリー:

「名護市辺野古移設」の画像

もっと見る

「名護市辺野古移設」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる