「同調査」とは?

関連ニュース

【奴隷凄惨教育】親が子どもの教育に取り入れてほしい教育手法、1位は「プログラミング教育」 - 02月19日(月)22:12  newsplus

ソニー生命保険は2018年1月25日に、「子どもの教育資金に関する調査2018」を発表した。 本調査は、大学生以下の子どもがいる親に対し、2017年11月にインターネット上で実施し、有効サンプル1000名の集計結果を公表した。 早期の知育や英才教育は重要と考える親が7割近く 調査によると、「子どもの学力や学歴は教育費にいくらかけるかによって決まると感じる」という項目は「非常にあてはまる」が17.7%、「ややあてはまる」が47.9%、合計は65.6%となり、3人に2人が教育費の多寡が子どもの学力・学歴を左右すると考えていることが...
»続きを読む
カテゴリー:

【厚労省】質問違う調査を比較 裁量労働、厚労省「不適切」と謝罪 - 02月19日(月)11:35  newsplus

裁量労働制に関する厚生労働省の調査を巡り、同省は19日午前の衆院予算委員会理事会で精査結果を報告した。一般労働者には「最長の残業時間」を尋ねていた一方、裁量労働制で働く人に対しては単なる労働時間を聞いていた。質問方法の違う調査を比較し、一般労働者の労働時間の方が長くなるとの結果を出していたことになる。  厚労省幹部は同日午前の野党会合で「一般労働者と裁量制を異なる手法で調査した数字を集計し、比較したのは不適切だった。おわび申し上げる」と陳謝した。問題となっているのは厚労省の「2013年度労働時間等総...
»続きを読む
カテゴリー:

エンディングノート、実際に用意している人は何割? - 02月18日(日)10:24 

楽天リサーチはこのほど、「終活に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は1月19日~20日、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。「終活」という言葉を知っているか聞くと78.7%が「知っている」と答えた。
カテゴリー:

【協力】中朝の妨害電波を東南アジア3カ国と日本が共同監視へ 日本製の監視装置を各国に配備 - 02月16日(金)19:07  newsplus

 政府が、中国や北朝鮮からの妨害電波の監視システムをベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国と構築する方針を固めたことが15日、分かった。世界最高水準の性能を持つ日本製の短波監視装置を各国に配置することで、妨害電波のより正確な発射位置を特定できるようになるという。政府は平成32年度から共同でシステムを運用する方針だ。  ベトナム、フィリピン、インドネシアは南シナ海で中国と領有権を争っているため、南シナ海を航行する船舶や航空機に対して、中国からとみられる妨害電波がたびたび発射されており、船舶や...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニコーヒーの購入店舗、セブンが最多 - ローソンは4年連続増加 - 02月16日(金)17:07 

マイボイスコムは2月16日、第5回「コンビニコーヒー」に関するインターネット調査の結果を発表した。同調査では、コンビニコーヒーの購入頻度や購入店舗などを尋ねた。
カテゴリー:

【就活】「新・バブル世代」誕生。「就活は余裕。早慶は頑張らなくても絶対に内定出る」 採用緩く高額初任給も 「究極の売り手市場」到来 - 02月19日(月)19:25  newsplus

https://m.newspicks.com/news/2824453/body/?ref=index 【新】「新・バブル世代」誕生。究極の売り手市場がやって来た 2018/2/19 頑張らなくても大丈夫 「大丈夫、大丈夫。就活は余裕。早慶は、頑張らなくても、絶対に内定が出るから安心して!」 新卒採用支援を手がけるリンクアンドモチベーションのカンパニー長、高嶋大生氏は、早稲田大学で行われたOBとの交流イベントに出席し、2018年卒が2019年卒の後輩にそう言い聞かせている姿を目撃したという。 東大や早慶の学生の間では、「とりあえずコンサル」という言葉が、よく聞...
»続きを読む
カテゴリー:

ミレニアル世代は「結婚」にこだわらない? - 02月18日(日)15:00 

昨今では、どうやら結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、既婚率に目を向けるだけでなんとなくわかりますよね。この状況はアメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさんが記す「ミレニアルが結婚にこだわらない理由」の記事は自然と気になってしまいます。出会い系のせいで恋愛へのアプローチがそもそも軽くなってきていたり、より多くのフェミニストが声を大にして主張するようになったことも関連要素だけど、彼女がフォーカスするのは、ミレニアル世代の「考え方の変化」。結婚は数ある選択肢のひとつ?9時5時の仕事を見つける。結婚する。家を買う。子供を作る。数世代前までは、こんな生活が万国共通で「ごく普通」と提唱されていました。ところがこの基準に大きなハテナマークを掲げるのが、ミレニアル世代。この世代は、いつに増して結婚へのこだわりが薄れてきているのです。ピュー研究所の調べによると、1960年には18歳〜29歳の男女のうち59%が既婚者だったという結果に対して、2011年はその数が20%までガタ落ちしています。その理由として、ロマンスの社会価値を下げる近年の"お遊びカルチャー"が関係しているという見解も。それに加えて挙げられるもうひとつの理由は、フェミニズム。ミレニアル世代は、祖母たちが私たちぐ...more
カテゴリー:

禁煙にくじけそうになるときは? - 4位は「いらいらしたとき」 - 02月17日(土)10:04 

アイスタットはこのほど、「喫煙に関する実態調査」の結果を明らかにした。同調査は2月1日、20歳以上の男女300名を対象にインターネットで実施したもの。現在、タバコを吸っているか尋ねたところ、25.0%が「吸っている」と答えた。
カテゴリー:

入社1年目の勤務先企業への満足度は69.2% - 02月16日(金)17:55 

[DISCO] *調査詳細は同調査レポートをご覧ください。 元「キャリタス就活2017学生モニター」 入社1年目のキャリア満足度調査(2018年2月) http://www.disc.co.jp/uploads/2018/02/NewGraduate_201802.pdf 選考解禁が前...
カテゴリー:

仮想通貨への興味関心、CC流出後も4人に1人が購入意向あり - 02月16日(金)16:25 

カルチュア・コンビニエンス・クラブは2月15日、「仮想通貨に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査では、仮想通貨に対する関心や購入意向などを尋ねた。
カテゴリー:

もっと見る

「同調査」の画像

もっと見る

「同調査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる