「同映画祭」とは?

関連ニュース

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見まねで初めた映画祭ですが、少しずつ成長していると思います」と感慨深げに語った。 ・【フォトギャラリー】沖縄国際映画祭概要発表会見の様子はこちら  4月20~23日に行われる第9回は、過去最大規模となる12市町村での開催を予定している。那覇、北谷、宣野湾のほか、世界遺産に登録されている中城村・中城城跡、宮古島にある日本最南端の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」、石垣の石垣市民会館など本島以外も会場に加わった。  上映ラインナップ(21日現在)で大きな話題となったのは、明石家さんまが芸歴42年目でドラマのプロデュースに初挑戦した「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)。特別上映作品の目玉と位置づけられ、芸人・ジミー大西の半生を、さんまとの出会いを軸に描く。この日は、ジミー役の中尾明慶、さんま役の小出恵介、そしてジミー本人が出席。中尾は、「1話を撮る前に、最初に僕と小出くん、さんまさんとジミーさんの4人だけでリハーサルをした。おふたりが最初から最後まで1話を演じるんです。僕らが見ている前で、『俺らがこのドラマをやったら、こんな感じやから』と。『もう絶対越え...more
in English
カテゴリー:

ジミー大西、自身演じた中尾明慶に謎発言「僕よりうまい」 - 03月21日(火)12:24 

 タレントで画家のジミー大西(53)が21日、東京・吉本興業で行われた『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』概要発表会見に出席。自身の半生を明石家さんま(61)の企画で映像化した特別上映作品『Jimmy~アホみたいなホンマな話~』で、自身を演じた中尾明慶(28)と対面したジミーは「僕よりうまい。ジミーは中尾さんの方がうまい」と天然発言を連発した。  同作品はNetflixで今夏配信予定で、ジミーを中尾、さんまを小出恵介(33)が演じている。司会を務めたガレッジセールのゴリから「自分が100%だとしたら、中尾さんは何%でしたか?」と聞かれると「1000%」と即答。 その後、同作の見どころを聞かれるも「見どころがわからないんです」と告白。さんまから台本や作品を見ないように言われているといい、「きのう、きょう会見があるからおいでって電話があった。本社に来たら何かしら誘導してくれるからって…」と裏側を暴露。ゴリは「これがジミーさん。この会見だけでもドラマが楽しみになりました」とまとめていた。  今年で9回目を迎える同映画祭は、那覇市、北谷町、宜野湾市などで4月20~23日まで開催。宮古島市、石垣市と離島も開催場所となり、「ラフ&ピース」のコンセプトに沿った28作品(3月21日時点)を上映する。  会見には、特別上映作品『ワレワレハワラワレタイ』より木村祐一、TV DIREC...more
in English
カテゴリー:

滝沢秀明×清水崇監督「こどもつかい」ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭へ! - 03月15日(水)12:00 

 滝沢秀明が映画初主演を果たし、「呪怨」シリーズで知られるホラー映画の旗手・清水崇監督がメガホンをとった「こどもつかい」が、第35回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(4月4~16日開催)のインターナショナルコンペティション部門に出品されることがわかった。  同作は、滝沢扮する子どもの霊を操り大人に呪いをかける謎の男「こどもつかい」の暗躍を描く清水監督のオリジナル作品。子どもの前に突然現れ、巧みに心に取り入り、連れ去ってしまう「こどもつかい」。やがて帰ってきた子どもに遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げる。滝沢のほか、「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴、女優の門脇麦が主要キャストとして参加している。  同映画祭は、シッチェス映画祭、ポルト国際映画祭と並び、世界3大ファンタスティック映画祭のひとつとして知られるジャンル映画祭。1983年にベルギー・ブリュッセルで始まり、ファンタジー、スリラー、SF、ホラー映画などを紹介してきた。「こどもつかい」が上映されるインターナショナルコンペティション部門は、2016年に佐藤信介監督作「アイアムアヒーロー」がグランプリを受賞している。  映画祭招待の一報を受けた清水監督は「本作の世界最初のお披露目がベルギー、ブリュッセルの地で・・・光栄です!」と大感激。2005年に「稀人」で同部門グランプリを受賞するなど、縁のある映画祭での...more
in English
カテゴリー:

【映画】生田斗真、初のベルリン映画祭 上映後に8分間のスタンディングオベーション - 02月17日(金)05:07 

 俳優の生田斗真が現地時間15日、ドイツ・ベルリンで開催中の『第67回ベルリン国際映画祭』(2月9日~19日)のパノラマ部門、ジェネレーション部門に招待された主演映画『彼らが本気で編むときは、』(25日公開)の舞台あいさつに出席。上映後には、約800人の観客から8分間にわたるスタンディングオベーションを受けた。  『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手がける同作は、母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。トランスジェンダーを演じる生田の熱演が話題を呼んでいる。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【映画】のん:「この世界の片隅に」声の演技で特別賞 ヨコハマ映画祭で「感動しています」 - 02月05日(日)17:56 

 女優ののん(能年玲奈を改名)さんが5日、横浜市内で開かれた「第38回ヨコハマ映画祭」の授賞式に出席。劇場版アニメに声優として初主演した「この世界の片隅に」(片渕須直監督)での「声音の魅力」が評価され、審査員特別賞を受賞した、のんさんは緊張で声をうわずらせながら喜びを語った。  清楚な純白のレースがついたワンピース姿で登壇したのんさんは「すごくうれしく思っています。声だけの演技で評価していただけることを夢にも思っていなかったので、特別な感情を受けていて感動しています」とあいさつ。「なかなか信じら...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見ま...
in English
カテゴリー:

藤原竜也がクズ演じる『22年目の告白』劇中の殺人告白本と同じ装丁の本出版 - 03月17日(金)20:10 

藤原竜也と伊藤英明の初共演も話題の『22年目の告白─私が殺人犯です─』。この映画のポスタービジュアルが解禁となり、また、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭に出品されることと、劇中で主人公が出版する告白本「私が殺人犯です」と同じ装丁の小説「22年目の告白─私が殺人犯です─」が発売されることが発表された。 『藁の楯』では6歳少女を殺害した残忍な殺人犯、『MONSTERZ モンスターズ』では眼差しで人間を自由に操れる男と、これまで様々な難役を演じてきた藤原が本作で挑むのは、5人もの人を殺した連続殺人犯役。 後ろから縄で締め上げること、殺害する瞬間を被害者のもっとも親しい人間に見せること、あえて目撃者を殺さずにメディアに自分の犯行を証言させること。こうした独自の美学による3つのルールにならって、罪のない人々を次々と手に掛けたクズ野郎だ。そして、伊藤扮する牧村刑事に逮捕寸前のところまで追い詰められて姿をくらますが、未解決事件のまま時効を迎え、事件から22年を経たある日、誰にも捕まらない殺人犯となって、今まで犯した殺人の告白本を出版する──。 ポスターのキャッチコピー「すべての国民がこの男に狂わされる」という通り、突如現れた殺人犯は、注目を浴びる中で、世論を挑発! 文字通り「日本中を狂わせる」時の人になっていく。ビジュアルには、“絶対に捕まえられない最悪の殺人犯”曾根崎を演じる藤原...more
in English
カテゴリー:

【芸能】松井玲奈:新川優愛とのダブル主演映画をファンに生報告 「第2回とよはし映画祭」を早くも期待 - 03月04日(土)23:30 

 女優の松井玲奈さんが4日、愛知県豊橋市で開催中の映画祭「ええじゃないかとよはし映画祭」(同実行委員会主催)で上映された主演映画「gift」(宮岡太郎監督、2014年)のアフタートークにゲストとして登場した。松井さんは「きょう発表になったんですが、6月10日に公開される映画『めがみさま』で新川優愛ちゃんとダブル主演することが決まりまして、もう撮影は全部終わっています」と笑顔で報告。集まったファンから大きな拍手を浴びていた。  この日は同映画祭のプロデューサーを務める、同市出身の森谷雄監督が司会を務め、「女...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【サッカー】6人のSMAPが出演する映画『シュート!』、「ヨコハマ・フットボール映画祭」のOP作品に決定 - 02月07日(火)16:53 

2017年2月11日(土)~2月17日(金)に横浜ブリリアショートショートシアターで「ヨコハマ・フットボール映画祭2017」が開催される。 これは、毎年100本近く製作される世界のサッカー映画から、日本のサッカーファン、映画ファンに見てもらいたい作品をピックアップして上映する映画祭となる。 同映画祭のオープニングは、1994年の作品『シュート!』が上映される。同映画はSMAP「6人」が全員で出演している唯一の作品で、サッカーに打ち込む高校生たちの青春を爽やかに描いた作品。さらにV6・井ノ原快彦や長野博、KinKi Kidsも出演して...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【映画】のん 白のドレスで登壇 「感動しています」 ヨコハマ映画祭で審査員特別賞を受賞 - 02月05日(日)15:56 

[2017年2月5日15時24分]  能年玲奈から改名したのん(23)が5日、横浜市内で行われた、第38回ヨコハマ映画祭授賞式で審査員特別賞を受賞した。  同映画祭でアニメ作品として初の作品賞を受賞した、アニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)で、主人公すずの声を演じたことが評価された。  のんは「このような賞をいただいて、とてもうれしく思います。声だけの演技で、こうやって評価していただけると夢にも思っていなかったので、名前の通り特別な感じを受けて感動しています」と目を潤ませた。 http://www.n...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「同映画祭」の画像

もっと見る

「同映画祭」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる