「同問題」とは?

関連ニュース

見て見ぬふりは無知より罪 日本は臓器濫用問題に真摯に取り組みを=ノーベル平和賞候補者 - 06月22日(木)20:44 

神奈川県逗子市で6月、中国の臓器濫用問題の調査の第一人者でノーベル平和賞候補者の人権弁護士デービッド・マタス氏が来日し、市内で同問題について解説した。
カテゴリー:

韓国企画財政相、北朝鮮への対応で米国との連携表明 - 06月22日(木)09:33 

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)企画財政相は22日、北朝鮮の核兵器開発を認めない韓国の方針をあらためて確認し、同問題への対応で米国と連携すると表明した。
カテゴリー:

中国臓器濫用問題の調査第一人者「日本は早急な法整備を」 - 06月20日(火)07:00 

神奈川県逗子市で6月14日、中国の臓器濫用問題を題材にした受賞ドキュメンタリー映画の上映会が行われた。来日した同問題の調査の第一人者である人権弁護士デービッド・マタス氏は、最新調査の内容を踏まえて解説した。マタス氏は、日本が移植技術を中国人医師に指導したことや、移植用製薬が日本が輸出していることなどを挙げ、大量殺人が背景にあるとされる中国の臓器移植ビジネスに「日本の関与が強く疑われている」と指摘。中国への臓器移植ツアーを防げない現行の法律のままでは「日本は共犯になりかねない、とても問題があ
カテゴリー:

舛添要一「小池都知事よ、都民を騙すのはやめろ!そして都民よ、いい加減目を覚ませ!」 - 06月04日(日)23:53 

舛添氏 「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」  政治資金の公私混同問題などをめぐって昨年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判やその後の 小池百合子都知事旋風に何を思うのか。新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、本誌に独占手記を寄せた。自身の辞任劇を 「最高のサーカスだった」と述懐する同氏は東京五輪の大会組織委員長であり、小池氏との確執が報じられる森喜朗氏を “政治の師”とし「森オヤジ」と呼ぶ。そんな同氏が小池氏とその意を汲むメディアによって悪者にされている現実に異議を...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】国連事務総長、記者会見で困惑「安倍首相は何故私の発言を捏造したのか」 - 06月04日(日)08:16 

合意巡り水掛け論 日本と国連、真相は不明 国連のグテレス事務総長と安倍晋三首相が5月27日にイタリアで懇談した際の従軍慰安婦問題に関するやりとりで、国連はグテレス氏が同問題を巡る日韓合意の内容に一切触れていないと主張し、合意に賛意を示したとする日本政府と水掛け論が続いている。 会談は録音しない慣例のため真相は結局分からない。 「グテレス氏は、いかなる合意の内容についても言及してはいない。 日韓両国がこの問題に対する解決の性質や内容を決めるという原則に賛同した」。 ドゥジャリク国連事務総長報道...
»続きを読む
カテゴリー:

見て見ぬふりは無知より罪 日本は臓器濫用問題に真摯に取り組みを=ノーベル平和賞候補者 - 06月22日(木)20:00 

神奈川県逗子市で6月、中国の臓器濫用問題の調査の第一人者でノーベル平和賞候補者の人権弁護士デービッド・マタス氏が来日し、市内で同問題について解説した。マタス氏は、第二次世界大戦時にナチス・ドイツの迫害から逃れてきた難民を救うために尽力した外交官・杉原千畝氏を挙げて、「世界から称えられる最良の例」と称えた。同じく大量虐殺が疑われる中国「臓器狩り」について、日本が法整備や問題認知を高めるなど、問題に真摯に取り組むようにと語った。
カテゴリー:

【合意自体を謝罪せよ】韓国大統領「慰安婦問題、日本は謝罪すべき」と断言へ - 06月21日(水)11:59 

ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日付の米ワシントン・ポスト紙のインタビューで、旧日本軍慰安婦問題を巡る2015年末の日本との合意について、「前政権で行われた日本との慰安婦合意は韓国人、とりわけ被害者に受け入れられていない」と述べた。  また、問題を解決するポイントは「日本政府がその行為について法的な責任を負い、公式に謝罪すること」と話した。ただ、この一つの問題で韓日関係の進展が妨げられてはならないと強調した。  文大統領の発言は慰安婦合意の再交渉に乗り出す考えを...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】舛添氏「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」 - 06月06日(火)10:58 

2017.6.5 06:40  政治資金の公私混同問題などをめぐって昨年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判やその後の小池百合子都知事旋風に何を思うのか。新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、本誌に独占手記を寄せた。自身の辞任劇を「最高のサーカスだった」と述懐する同氏は東京五輪の大会組織委員長であり、小池氏との確執が報じられる森喜朗氏を“政治の師”とし「森オヤジ」と呼ぶ。そんな同氏が小池氏とその意を汲むメディアによって悪者にされている現実に異議を唱える。 * * *  森オヤジと同じく、小池知...
»続きを読む
カテゴリー:

舛添氏 「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」 - 06月04日(日)13:35 

2017.06.04 07:00 舛添氏が私心を捨てて語った言葉とは? http://www.news-postseven.com/archives/20170604_559607.html?PAGE=1#container  政治資金の公私混同問題などをめぐって昨年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判やその後の小池百合子都知事旋風に何を思うのか。新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、本誌に独占手記を寄せた。 自身の辞任劇を「最高のサーカスだった」と述懐する同氏は東京五輪の大会組織委員長であり、小池氏との確執が報じられる森喜朗氏を“政治の師”とし「森オヤジ」と呼ぶ。そんな...
»続きを読む
カテゴリー:

舛添要一さん、自分へのバッシングを「最高のサーカスだった」と述懐 - 06月02日(金)20:10 

 政治資金の公私混同問題などをめぐって2016年6月に辞任してから1年、舛添要一・前都知事は当時の批判に何を思うのか。 新刊『都知事失格』が話題の舛添氏が、当時の状況を綴った。  * * *  6月14日、公明党、共産党、民進党など6会派が知事不信任案を提出した。ここで辞任したら、後任知事が任期をまっとうした場合、 次の都知事選が開かれるのは4年後。東京五輪の最中だ。辞任するにしても、リオ五輪が終わる9月まで待ってほしい、と。 だが、マスコミからはこう浴びせられた。 「そこまでして、リオに行きたいのか...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「同問題」の画像

もっと見る

「同問題」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる