「同人誌」とは?

関連ニュース

ダルビッシュ有さん「頭大丈夫なのでしょうか?」 小室哲哉さん引退を「本意でない結果」との文春記者発言に苦言 - 01月22日(月)05:45 

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、1月19日に記者会見を開き音楽活動について引退を表明した。きっかけとなった週刊文春(@shukan_bunshun)、文春砲(文春くん公式) (@bunshunho2386)の記事告知ツイートには批判が殺到し炎上状態になるなどして波紋が広がっている。 参考記事:「週刊文春を許さない」 小室哲哉さん引退表明で週刊文春と文春くんの『Twitter』に批判が殺到 http://getnews.jp/archives/2008696[リンク] 多くの方々が今回の件で週刊文春について意見を述べているが、メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有さん(@faridyu)は1月22日『Twitter』にて 他人のプライベートほじくりまわして「本意ではない結果」って本当に頭大丈夫なのでしょうか?週刊誌がやっていることの8割は「人のアラを探してみんなに伝える」ことだと思います。 と、 『Yahoo!』に配信されたスポーツ報知の 文春記者、小室の引退表明は「本意ではない結果になった」…サンジャポで明かす http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180121-OHT1T50074.html[リンク] という記事にリンクを貼りツイートを行った。記事では、  「文春」の記者は、小室の引退について「やはり率直には引退は残念」と切り出し...more
カテゴリー:

オタク女子必見!!話題の同人誌『悪友』新刊取扱い開始!! - 01月18日(木)22:05 

[株式会社Village Vanguard Webbed] オタクな女の子なら誰しもが気になる他人のオタク事情。 全国には自分よりはるか上を行ってるオタクの事情がこの同人誌で分かります。 今回新刊『東京編』が出たので是非読んでもらいたいです。 ▼販売ページ▼ ht...
カテゴリー:

Amazon監修、KDPで「薄い本」を電子出版するためのハウツー漫画が無料公開中【やじうまWatch】 - INTERNET Watch - 01月17日(水)06:10 

Amazon監修、KDPで「薄い本」を電子出版するためのハウツー漫画が無料公開中【やじうまWatch】 - INTERNET WatchやじうまWatch Amazon監修、KDPで「薄い本」を電子出版するためのハウツー漫画が無料公開中 tks24 2018年1月17日 06:00  Amazonが、Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)で薄い本こと同人誌を電子出版するためのハウツー漫画を無料公開している。  これは昨年末のコミケで配布されたもので、漫画の作者は「限界集落(ギリギリ)温泉」をKDPで出版して大きな売上をあ...
カテゴリー:

スルガ銀行のオタクローン - 01月16日(火)19:49  news

スルガ銀行が提供する「サブカルローン」なる金融商品が「すごいところを狙い撃ちしてきた」と話題になっています。サブカルにローンだなんて、なんだか不思議な組み合わせですね。 【画像】アニメ風キャラが前面に出た公式サイト  公式サイトによれば、正式な商品名は「リザーブドプラン」と言い、内容は「サブカル関連専用のカードローン」。例えば同人誌の出版購入や、各種ライブイベントへの遠征費、コスプレ衣装の制作費、フィギュアや ゲームグッズの購入費用、その他プラモデル改造や自主芸術作品制作にコレクション管理...
»続きを読む
カテゴリー:

技術系同人誌を書こう #ssmjp - 01月15日(月)22:23 

技術系同人誌を書こう #ssmjp技術系同人誌を書こう #ssmjp 1. 【#ssmjp 2018/01 LT祭り】 技術系同人誌を書こう Aki @nekoruri 2. アウトプット、できてますか? • 昔はブログとかウェブ日記とかそこそこ書いてたのに、 • 「Twitterで垂れ流したしブログ起こさなくてもいいや……」 • 「Slackで流したら議論に繋がったしまあいいか……」 ⇒ 深刻な便秘症状であり、すぐに改善が必要 ...
カテゴリー:

『夫のちんぽが入らない』のこだまと盟友・爪切男のトークイベント『全員病気』開催 - 01月19日(金)10:00 

デビュー作『夫のちんぽが入らない』が大きな話題を呼んだ主婦・こだまと、彼女とともに同人誌即売会・文学フリマに参加していた盟友の爪切男(つめ・きりお)のトークイベント『全員病気』が、2月17日(土)に東京・阿佐ヶ谷の「阿佐ヶ谷ロフトA」で開催される。 『夫のちんぽが入らない』は、交際期間を含めると20年、愛し合いながらも身体では繋がれない夫婦の姿を妻の目線から描いた私小説。圧倒的なインパクトを持つタイトルの同書は、発売直後から大きな話題となり、実写映像化とマンガ化が決定している。 そんなこだまの待望の第2作が、1月25日に発売される『ここは、おしまいの地』(太田出版)だ。同作は、彼女が家族や職場、これまで経験してきたことなど、自らの半生を描いたもの。実家が空き巣に何度も入られ、訪問販売の餌食だったこと、中学の卒業文集で「早死しそうな人」「秘密の多そうな人」ランキングで1位を獲得したこと、引越し業者でさえ「これは最強っすね」と袖口で鼻を押さえながら言ってくる「臭すぎる新居」での夫との生活……見事なまでに災難に巻き込まれる彼女の半生が描かれている。 今回のトークイベントは、『ここは、おしまいの地』の発売日の1月25日に、こだまの盟友である爪切男のデビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)も発売されることを記念して行われるものだ。こだまは『日刊SPA!』で、爪切男について、 「ブログで呼...more
カテゴリー:

女オタクって話浅くね?あと男に未練たらたらなのが嫌だ - 01月17日(水)12:33  news

オタク女子は、浪費する。 あるK-POPアイドルのファンは、ライブに行くための旅費として、1年間で130万円使った。別の人は、無名の若手俳優に 恋をして、マフラーやコートなど2年間で30万円分のプレゼントを贈った。好きなアニメの同人誌を買いあさるため、家族から借金をした強者もいる。 叶姉妹、初めてのコミケ出展で即完売 手際の良さに賞賛「かなり神対応」 通帳の残高が減り続けても、悲しみはない。愛するものにお金を使える幸福感があるから。 さまざまなジャンルに浪費する「オタク女子」12人の生態を描いた『浪費...
»続きを読む
カテゴリー:

【コスプレ20選】そに子、ボカロ、「ラブライブ!」レイヤーが集結!コスプレ美女の競演で沸いたコミケ93総まとめ - 01月17日(水)06:00 

3日間で55万人が来場し、例年同様の盛り上がりを見せた「コミックマーケット93」(2017年12月29日~31日、東京ビッグサイトにて開催)。世界最大規模の同人誌即売会であり、大型コスプレイベントとしても知られるコミケ93を取材し、撮影させてもらったコスプレ美女たちの写真を、テーマ別に全5回に分けて紹介します。 すーぱーそに子に扮する佐藤碧泉さん 第5弾となるこちらの記事では、アイドルがテーマのアニメ&ゲームや、ボーカロイドに扮したコスプレイヤーを特集。他のコスプレイベント同様、コミケでもこれらの作品は人気で、「ラブライブ!」および「ラブライブ!サンシャイン!!」「アイドルマスター シンデレラガールズ」のヒロインたちが大集結! またボーカロイドでは、初音ミクや巡音ルカといったお馴染みのキャラクターに加え、中国語版のボーカロイド・洛天依(ルオ・ティエンイ)に扮するコスプレイヤーも参加。すーぱーそに子や「Re:ゼロから始める異世界生活」「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」も人気で、これらの美女たちを撮影するため、各所に囲みや長蛇の列ができていたのが印象的でした。 大盛況のうちに終了したコミケ93に続き、2018年も「闘会議2018」(2月10日・11日、幕張メッセにて開催)や、「AnimeJapan2018」(3月22日~25日、東京ビッグサイトにて開催)など、コスプレが楽しめ...more
カテゴリー:

人気イラストレーターねこ助・待望の初画集!!『Soiree ねこ助作品集 ソワレ』発売 - 01月16日(火)09:52 

[株式会社パイ インターナショナル] [画像1: https://prtimes.jp/i/12505/348/resize/d12505-348-408144-0.jpg ] 装画やCDジャケットのイラスト等で活躍しているイラストレーター・ねこ助の商業初となる作品集が登場! 人気同人誌『Exotica』『Exo...
カテゴリー:

集めすぎる人たちの「ネ申ーKAMI-収納術」vol.4 「夫にバレないよう韓流グッズをめでたいバンビ茶さん」の場合 - 01月15日(月)20:00 

【写真を見る】扉をあけるだけでいつでも密会できるように! マンガ、コスメにキャラグッズ…。ものであふれたあなたの部屋が、整理収納アドバイザー・中山真由美さんの簡単テクでステキ部屋へと大変身! 伝説の呼び声高い“神”収納術、今回の“集め人”は、東方神起と夫との間で揺れ動くバンビ茶さん(32)。ヲタ必見の収納テクとは???   ■ 夫にバレないように韓流アイドルグッズをめでたい ●愛する人との密会の場はクローゼットの中!? 「夫に見つからないよう、彼と毎日会いたいんです、この家の中で!!」。おっとこれはレタスクラブ案件なのか!? 文春さんにお願いしたほうがいいのでは!? 読者から届いた一通のメールにざわめく取材班に、中山先生から刺激的な提案が。 「クローゼットの中で会えばいいんじゃないかしら?」。メールをよく読めば、メールの主、バンビ茶さんの彼とは東方神起のこと。夫にはファンだとカミングアウトしてはいるものの、彼らのグッズを夫の目の前でめでることには抵抗があるといいます。 そこで密会の場、もとい癒しの場をつくろうというのが今回の狙い。ターゲットであるクローゼットに向けて、中山砲、発射準備OKです!   ■ これでスッキリ!の3ポイント 【その1】ヲタグッズと生活用品の棲(す)み分けをしっかりする 「バンビ茶さん、テトリスは得意?」「はい。でもなぜそれを!?」。中山先生がバンビ茶...more
カテゴリー:

もっと見る

「同人誌」の画像

もっと見る

「同人誌」の動画

Wikipedia

同人誌(どうじんし)とは、同人(同好の士)が、資金を出し作成する同人雑誌(どうじんざっし)の略語。非営利色の強い少部数の商業誌を含めて、「リトルマガジン」と呼ぶこともあり、同人誌に用いる場合は文学・評論系に限られる。「ミニコミが熱かった時代「平凡パンチ」1975年2月5日号 「ミニコミ第三世代に注目」(1/3) - 日刊サイゾー」も参照。

漫画同人誌の場合、概して小冊子相当の少ないページ数のものが多い商業漫画単行本に比べて(ほとんどが高価な割に)ページ数が少ないことから、漫画同人誌を指す「薄い本」という俗語がある。。 )]

概要

現在では漫画・アニメ・ゲームなどの二次創作市場の拡大により、「同人誌」=「漫画・アニメ・ゲームの二次創作同人誌」で「卑猥なものしかない」といったイメージも一部にあるが、その歴史は古く文学などによる創作(オリジナル)の著述分野で始まっている。

日本における同人誌の始まりは明治時代の硯友社我楽多文庫など文学、小説、俳句、短歌の同好の士が発表の場を求めて自費で雑誌を刊行したに始まる。これらの同人誌は文学界新思潮白樺...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる