「同人誌」とは?

関連ニュース

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る – 無能ブログ - 08月19日(土)23:32 

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る – 無能ブログ「フリーブックス」の騒動以降、私はこのサイトを運営していたグループが他にも運営していると思われる違法サイトについて現在も継続的に調査を行っています。その中で最も悪名高いサイトが、海賊版の同人誌や成年コミックを掲載している「 dropbooks(ドロップブックス) 」です。 2014年の2月に現れたこのサイトは、かつては取り扱うコンテンツが成人向け漫画と一般漫画で分かれていました。 2014年2月頃...
カテゴリー:

夏の水難事故防止に有効!? 服を着たまま泳げる「日本古式泳法」がサバイバルに最適だった - 08月19日(土)08:43 

 いまや水泳強豪国として、クロール・平泳ぎ・バラフライ・背泳ぎの西洋近代4泳法をもって世界としのぎを削っている日本であるが、伝統の日本古式泳法にはあまりスポットがあたっていない。  日本古式泳法とは戦国時代の武技を発祥とし、甲冑を着たまま水場を泳ぎ渡り、奇襲攻撃や偵察・破壊工作、時には格闘を行うことを目的に考案されたもの。つまり、非常時のサバイバル泳法として優れているのだという。  その概要と長所を、日本で唯一のYouTube解説動画を制作している音藤雅実氏が解説してくれた。 「今、学校で教えられている西洋近代4泳法は、人工的に管理された条件下でスピードを競う点では、ほぼ極限まで発達しているといえます。しかしその一方で、高校の屈強な水泳部員達がたった5分間の立ち泳ぎに耐えきれず、次々と沈んでいったり、足のつかない場所でパニックを起こして溺れたりする姿を目の当たりにし、もしかして非常時には役立たないのでは?と思うようになりました」  そこで音藤氏は、今は普及していない日本古式泳法に可能性を求めることにしたという。ネット上にもあまり情報はなく、詳しい教本も売られていない中で、日本赤十字社が主催する水上安全講習に参加し、内容を細かくメモしながらおぼえた。  日本古式泳法の利点としては、スピードは西洋近代泳法に及ばないものの、「服を着たままでも泳げる」「顔を水に浸けないので、常に...more
カテゴリー:

【また自民党】灘中校長「教科書採用で圧力」 議員「政府筋からの…」 - 08月18日(金)18:19  newsplus

2017年8月18日17時44分:朝日新聞デジタル 「学び舎」の教科書を採択した中学校に届いたはがき  難関進学校とされる私立灘中学校(神戸市)の和田孫博校長が約1年前に書いた文章が、いまネット上で広がっている。 灘中が新規参入の出版社「学び舎(しゃ)」の歴史教科書を採用したことに対して、自民党議員から問い合わせを受けたり、抗議のはがきが数百枚届いたりし、和田校長が「政治的な圧力だと感じざるをえない」などと記したものだ。文章の背景には何があったのか。  灘中が教科書を採択した学び舎は、2016年度か...
»続きを読む
カテゴリー:

コミケからじわり「オタク文化」の海外波及 - 08月18日(金)08:10 

 日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット』(以下、コミケ)夏の陣が、8月11日~13日にわたり東京ビッグサイトで開催された。92回目を数える今回は、3日間でのべ50万人が来場。昨夏の53万人は下回ったものの、依然として驚異的な集客を記録している。Webニュース等では、コスプレやタレントによる出店などの話題が目立ったが、会場には海外からの漫画ファンの姿も多く、ブースではクールジャパンの1つである「オタク文化」の海外波及も窺い知ることができた。 【写真】可愛い!“コミケ92”美人レイヤーがズラリ ◆海外では同人誌即売会が「金の卵」発掘の場に  「国際交流コーナー」は、毎回さまざまな国の同人誌即売会の模様を紹介するブースで、今年は7月6日~9日にフランス・パリで開催された第18回『Japan Expo』のイベント写真や現地で買い付けてきた同人誌が展示されていた。  前出の素材を仕入れてきたのは、出版社・ユーロマンガ代表のフレデリック・トゥルモンド氏。彼は12年前から日本に定住し、フランス語圏の漫画(総称:バンド・デシネ)の翻訳、販売を行っている。  フレデリック氏によると、「(フランスでは)同人誌を書いているのは女性が大多数。日本で多い人気漫画やアニメのキャラを“2次利用”したものより、オリジナルストーリーの作品が目立ちます。そのため、来場していた出版社の人間の目に留まり...more
カテゴリー:

コミケ降臨で好感度上昇 叶姉妹とオタク分化が共鳴したワケ - 08月16日(水)08:40 

 8月11~13日に開催された『コミックマーケット92』(通称、夏コミ)に、昨年末の冬コミに続き叶姉妹が“降臨”し大きな話題となった。しかも、冬コミ参加時はただの“一般客”だったのに対し、今回は何とサークル参加=“出展”するという力の入れようだ。そもそも叶姉妹いえば、その独特な立ち居地と妖しい魅力から「職業はなに?」と揶揄され、批判の対象になったことも。だが、ここ数年の“オタク文化”との共鳴ぶりはすこぶる相性がよく、ブースに訪れたファンも一様に興奮した面持ち。“一般大衆”や“日常”といった言葉と対極に位置する叶姉妹と、オタクの聖地・コミケとがなぜ、これほどにも親和性が高いのだろうか? 【画像】叶姉妹、ファビュラスなお召しものでご降臨 ◆コミケに夢中の叶姉妹、今まで見せなかった可愛らしい“お姿”が好評  コミケとは、同人誌などを販売する出展側とそれを購入したいお客さんが集まる即売会のイベントで、アニメやゲームなどの人気キャラの恰好をマネするコスプレイヤーなども多数出没する。昨年の夏コミでは出店数も3万を超え、3日間で53万人を動員するなど、今や凄まじい経済効果をもたらす大イベントとなっている。また、マンガ家たちも商業誌で描くよりコミケで売った方が利益が上がるので、コミケを優先する…といった“逆転現象”も起こっているぐらいなのだ。  もちろん、サークル参加の申し込み=出展決定と...more
カテゴリー:

[コミケ92]厳選コスプレ写真を一挙公開 「Fate」「けもフレ」が人気 夏らしく水着も - 08月19日(土)21:00 

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で11~13日に開催された日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)92」。コスプレエリアでは、人気マンガやアニメのキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーが自慢の衣装を披露していたが、中でも人気……
カテゴリー:

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る – 無能ブログ - 08月18日(金)19:05 

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る – 無能ブログ「フリーブックス」の騒動以降、私はこのサイトを運営していたグループが他にも運営していると思われる違法サイトについて現在も継続的に調査を行っています。その中で最も悪名高いサイトが、海賊版の同人誌や成年コミックを掲載している「 dropbooks(ドロップブックス) 」です。 2014年に2月に現れたこのサイトは、かつては取り扱うコンテンツが成人向け漫画と一般漫画で分かれていました。 2014年2月頃...
カテゴリー:

【朝日】灘中校長「教科書採用で圧力」…学び舎の歴史教科書採用で自民党議員から問い合わせ 抗議のはがきも数百枚 - 08月18日(金)17:55  newsplus

灘中校長「教科書採用で圧力」 議員「政府筋からの…」  難関進学校とされる私立灘中学校(神戸市)の和田孫博校長が約1年前に書いた文章が、いまネット上で広がっている。  灘中が新規参入の出版社「学び舎(しゃ)」の歴史教科書を採用したことに対して、自民党議員から問い合わせを受けたり、抗議のはがきが数百枚届いたりし、和田校長が「政治的な圧力だと感じざるをえない」などと記したものだ。  文章の背景には何があったのか。  灘中が教科書を採択した学び舎は、2016年度から中学歴史教科書に新規参入した。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

『俺ガイル』2年3ヶ月ぶりに新刊 物語は最終章へ - 08月18日(金)04:00 

 小学館「ガガガ文庫」の人気ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(著者:渡航、イラスト:ぽんかん(8))の最新12巻が、9月20日に発売されることが発表された。2年3ヶ月ぶりの新刊となる。 【画像】『俺ガイル』8巻の書影  『俺ガイル』の愛称で広く知られる同作は、ぼっち高校生の主人公・比企谷八幡が、とあるきっかけで完璧美少女・雪ノ下雪乃が部長を務める「奉仕部」に入部し、生徒の悩みを解決するボランティアを始めてからの高校生活を描いたラブコメディ。最新12巻で、物語は最終章へ向かい、八幡、雪乃、由比ヶ浜結衣、それぞれがお互いのために、そして自分のために選ぶ答えとは…。 『このライトノベルがすごい!2014-2016』(宝島社)で作品部門第1位に選ばれ3連覇し、史上初の殿堂入りを果たした本作。『第1回SUGOI JAPANAward2015』ラノベ部門第1位、2度のテレビアニメ化・ゲーム化もされた名実ともにライトノベル青春群像劇の決定版。既刊11巻、短編3巻。 ■ガガガ文庫公式サイト http://gagagabunko.jp/ 【関連記事】 『俺ガイル』、「このライトノベルがすごい!」史上初の連覇&三冠達成 (14年11月21日) 【オリコン】『俺ガイル』シリーズ最新巻が初TOP3入り (13年11月28日) 冬コミで即完売した同人誌がメジャーデビュー、...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】十年目を迎え、ますます好調な年刊傑作選。 - 08月15日(火)18:24 

 創元SF文庫の《年刊日本SF傑作選》の十冊目。プロパーSFから文芸誌に掲載された奇想小説、ときに同人誌やネットで発表された秀作をピックアップする視野の広さが嬉しい。2015年に日本唯一のSF専門誌〈SFマガジン〉が隔月刊化されるなど、SF短篇を積極的に掲載する媒体が少なくなっているものの、意欲ある書き手はさまざまなかたちで発表の場を見つけ、ときに自らつくりだす。またいっぽうで、SFはもはや----むしろ「もとより」----専門作家だけの特権ではなく、わざわざ「SF」をうたわなくとも、あるいは「SF」を意識せずとも、スペキュレーション(SFセンスや超虚構性といいかえてもかまわないが)を湛えた作品を送りだすクリエイターはいくらでもいる。旧来のジャンルSFという枠組みにこだわらなければ、作品の質と広がりにおいて現代ほど豊穣な時代はないだろう。  このアンソロジー・シリーズは、選ばれた作品はもちろんのこと、巻末に収められた当該年度の日本SF状況の概観、同じく日本SF短篇推薦作リスト(さまざまな事情でアンソロジーに収録しきれなかったものも多々ある)を含めて、豊穣な時代の息吹をまざまざと伝えてくれる。  こんかいの注目は、同人誌から四篇もの作品が採られていることだ。北野勇作「鰻」と小林泰三「玩具」は、牧野修・田中啓文両氏が企画した書き下ろし官能小説アンソロジー『こんなのはじめて』に発表さ...more
カテゴリー:

もっと見る

「同人誌」の画像

もっと見る

「同人誌」の動画

Wikipedia

同人誌(どうじんし)とは、同人(同好の士)が、資金を出し作成する同人雑誌(どうじんざっし)の略語。非営利色の強い少部数の商業誌を含めて、「リトルマガジン」と呼ぶこともあり、同人誌に用いる場合は文学・評論系に限られる。「ミニコミが熱かった時代「平凡パンチ」1975年2月5日号 「ミニコミ第三世代に注目」(1/3) - 日刊サイゾー」も参照。

漫画同人誌の場合、概して小冊子相当の少ないページ数のものが多い商業漫画単行本に比べて(ほとんどが高価な割に)ページ数が少ないことから、漫画同人誌を指す「薄い本」という俗語がある。。 )]

概要

現在では漫画・アニメ・ゲームなどの二次創作市場の拡大により、「同人誌」=「漫画・アニメ・ゲームの二次創作同人誌」で「卑猥なものしかない」といったイメージも一部にあるが、その歴史は古く文学などによる創作(オリジナル)の著述分野で始まっている。

日本における同人誌の始まりは明治時代の硯友社我楽多文庫など文学、小説、俳句、短歌の同好の士が発表の場を求めて自費で雑誌を刊行したに始まる。これらの同人誌は文学界新思潮白樺...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる