「同世代」とは?

関連ニュース

『西郷どん』の女給タマ役で存在感発揮の9頭身美女・田中道子は競馬にバイクにお酒好き! 「そのうちハーレーにも乗りたいですね」 - 04月23日(月)19:00 

『ドクターX~外科医、大門未知子』第4シリーズで女優デビューし注目され、先頃は大河ドラマ『西郷どん』で旅籠の女給タマ役を演じ、話題を呼んだ田中道子が『週刊プレイボーイ』18号のグラビアに登場。 今回は「和」をテーマに昔ながらの日本家屋を舞台に艶のある衣装を着て、障子や板間の部屋などで撮影。ハーフと見間違えそうな整った顔立ちとスラリとした9頭身の見事なスタイルを大胆に披露している。 そんなグラビアの撮影秘話から『西郷どん』の出演エピソードなどを聞いた! ―今回は随分と「和」を感じさせるグラビアですね。 田中 私、洋館とかホテルの一室ではよく撮影しますけど、こうした昔ながらの日本家屋は初めてで新鮮でした。畳の上に座ったり、障子から差し込む光を浴びたり…日本人の血が騒ぎましたね。 ―中でも印象的なカットは? 田中 お風呂場で寝そべってるカットです。昔の日本のお風呂なんで、床に石が敷き詰められてるんです。だから身体中、とにかく冷たくて(笑)。だけど、その石がいい具合に体を照らしてくれて、とてもキレイな1枚になりました。 ―それにしても、さすが元ミスワールド日本代表。見事な9頭身ボディで、特に脚、長すぎ! ジーパ...more
カテゴリー:

九州初の女性弁護士 新人時代は大黒柱・家事・育児をワンオペで - 04月23日(月)16:00 

弁護士・湯川久子さん(90)は'57年、29歳のときに福岡市で開業。九州で第一号の女性弁護士だった。それから60年余り。離婚問題や相続問題を中心に、扱った事件は優に1万件以上。卒寿を迎えたいまも現役で仕事を続けている。 湯川さんは'27年、熊本県に生まれた。8人きょうだいの次女で、父はやり手の弁護士、母は専業主婦だった。両親にかわいがられ、無邪気に少女時代を過ごしてきた。ところが10歳になるころ、その天真爛漫な表情に影がさす。母が急逝したのだ。 「前年の末に妹を出産したのですが、産後の肥立ちが悪く、そのまま亡くなってしまった。私はまだ4年生でした」 家の中は、たちまち火が消えたようになった。時を同じくして、日本も暗い時代に突入する。同年、日中戦争が勃発したのだ。 「大人も子どもも皆、日本が絶対勝つと信じてましたよ」 湯川さんが女学校に進学して間もなく、一家は中国・上海に移住。大都会の上海は、戦争景気に沸いていた。しかし、日本の戦況悪化とともにバブル景気は衰退。日本は負け、湯川さんは家族とともに故郷・熊本に引き揚げた。 「戦争に負けたのはショックでしたが、アメリカさんのおかげで日本も男女共学が始まって。私は父に『東京の大学に行きたい』と宣言しました。父は『法学部に行って弁護士か裁判官になるなら大学に行ってよし』と」 湯川さんは中央大学法学部に進学。女子学生は、わずかに4...more
カテゴリー:

年収600万・46歳独身男の部屋にみる結婚できるわけない生態 - 04月23日(月)08:55 

50歳の時点で一度も結婚をしていない「生涯未婚者」は上昇の一途を辿っている。自由恋愛市場において40歳で結婚歴なしはかなり敬遠されるが、一口に独身男といっても、結婚願望のある/なし、楽観的か悲観的かでタイプは分かれる。今回は“負け組”要素をはらむ独身男たちの生態と主張を、詳しく検証していく。 ◆根拠のない特権意識で女性を下に見てしまう …黒田勘吉さん(仮名・46歳)宅配業・年収600万円  扉を開けた瞬間、昭和にタイムスリップしたかのような光景が広がった。床には空き缶や灰皿が散乱し、洗濯物は干しっぱなし。部屋中にヤニの臭いが充満して、女っ気のかけらもない、絵に描いたような独身中年の城だ。 「若い頃から家業が倒産したり、事故に遭って仕事ができない時期があったりとトラブル続きでさ。いつもカネに困っていたから結婚したくてもできなかったんだよ。これでも高校生のときに付き合ってた彼女と結婚を考えたこともあったんだけどね。そいつと別れてからは、結婚を考えるような女との出会いは一切なし。12年ぐらい彼女もいないよ」  べらんめえ口調で一気にまくしたてる黒田さん。一方的な語り口は空気が読めないタイプの典型だが、不思議と愛嬌があって憎めないキャラクターだ。決してモテない感じではないが、彼女ができない理由を聞くと……。 「職場にも独身で同世代のババアがいるんだけどさ、話してもバラエティ番組...more
カテゴリー:

Sexy Zone中島健人が脱・王子宣言!中条あやみと王道ラブコメ『ニセコイ』でW主演 - 04月23日(月)05:00 

「週刊少年ジャンプ」では珍しい王道ラブコメ漫画として熱狂的なファンを獲得し、シリーズ累計1200万部を突破した古味直志の「ニセコイ」。2014年には新房昭之が総監督を務めテレビアニメ化もされた同作が、先日発売されたジャンプ本誌にて実写映画化されることを発表。ネット上では誰が演じるのかと様々な憶測が活発に飛び交っていた。 【写真を見る】2人のポージングと比較!原作の世界観がどこまで再現されるのか注目だ このたび、冴えない“もやし男”一条楽役をSexy Zoneの中島健人が、短気で口が悪く暴力的な“ゴリラ女”桐崎千棘役をファッションモデルや女優として活動する中条あやみが演じることが明らかになった。 本作は、極道のひとり息子でありながら勉強一筋&ケンカ嫌いの楽と、アメリカのギャング組織のひとり娘で金髪&ハーフのケンカっ早いキョーレツ女子・千棘が、親同士の組織の抗争を鎮めるために偽物の恋人(=ニセコイ)を演じることになってしまうコミカルでぶっ飛んだラブコメディ。 ジャニーズの次世代を牽引するグループとして注目されているSexy Zoneのメンバー、中島。俳優としても『銀の匙 Silver Spoon』(13)でその高い素質が認められ、今や『心が叫びたがってるんだ。』(17)や『未成年だけどコドモじゃない』(17)など出演作が相次ぐ彼が、代名詞とも言える“王子様キャラ”を封印してコメディ演技...more
カテゴリー:

現役女子大生の松本花奈監督、20歳の叫びに『情熱大陸』が密着 - 04月22日(日)06:00 

 第一線で活躍する人たちの“情熱”を伝える、MBS・TBS系人物ドキュメンタリー番組『情熱大陸』。1998年4月5日のスタートから20年を迎えた節目にあたり、番組が産声を上げた当時に生まれた、才能あふれる若者たちのひたむきな姿を追う“ハタチの情熱”シリーズを4週わたって放送中。22日(後11:25~11:55)の第3夜は現役女子大生映画監督、松本花奈(はな)。ドラマやHKT48のMV制作の舞台裏で見せた“オトナを魅了するクリエーター魂”とは? 【場面写真】HKT48の新曲MVの現場に密着  17歳で撮影した映画が新人監督の登竜門と言われる『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』で審査員特別賞と観客賞をダブル受賞。岩井俊二監督をして「この作品は既に事件だ」と絶賛させたことで“天才女子高生映画監督”と話題をさらった。  現在は慶應義塾大学に在籍しながら、昨夏、アイドルグループ・HKT48の「キスは待つしかないのでしょうか?」のミュージックビデオ監督に抜てきされ、同世代である10代の女性監督だからこそ引き出せたメンバーの自然な笑顔が評判を呼んだ。自身も可憐な容貌を持ち、女優としての活動経験もある松本だが「タイプ的にドロドロになって這いつくばるのが好きで、裏方が性分に合ってるな」と言う。  番組ではこの春、再びHKT48の新曲MVの監督を依頼されるなど、多忙を極める彼女に密着。テー...more
カテゴリー:

90歳の現役弁護士 元気のヒミツはお能の「謡」と大好きなお肉 - 04月23日(月)16:00 

「あなたも、もっと早う、来とったらよかったのにねぇ」 取材の夜。九州最大の繁華街・天神のステーキ店で、カウンター席に並んで座る記者に向かって、彼女はこう言って笑った。 「90歳を過ぎたら、おしまいね(笑)。もうね、どんどん、忘れちゃうの。だから、私を取材するなら、せめてあと5年、早く来とかな、だめよ」 目の前の鉄板で、200グラムの肉の塊がジュージューと音を立てはじめた。シェフから焼き方を問われると、にっこり笑って、「中くらいで!」。 弁護士・湯川久子さん(90)は'57年、29歳のときに福岡市で開業。九州で第一号の女性弁護士だった。それから60年余り。離婚問題や相続問題を中心に、扱った事件は優に1万件以上。卒寿を迎えたいまも現役で仕事を続けている。 湯川さんの声は、喧騒に包まれる店の中でも、よく通った。湯川さんの趣味は能楽。弁護士になってすぐ宝生流の先生について、「仕舞(踊り)」や「謡(歌)」の稽古を始めた。高じて自宅に能楽の稽古場まで作り、能舞台にも何度も立ってきたほどの熱の入れようなのだ。 張りのある声に、ピンと伸びた背筋……とても90歳には見えない。きれいにそろった白い歯は、すべて自前。少しグレーがかった黒髪も地毛のままで、染めてすらいないという。 湯川さんが弁護士になったのは昭和30年代のこと。男尊女卑が当たり前の時代、なかでもそ...more
カテゴリー:

資産0円は幸運なこと――「お金0.0」ビットコイン盗まレーター日記〈第10回〉 - 04月23日(月)15:51 

 約1000万円近い仮想通貨を盗まれた出野達也(23歳)は、50万円を出資してくれた親友に、盗まれた事実をついに打ち明ける。連載始まって以来のシリアスな展開に緊張感が走るも、楽しんでるようにしか見えない謎のオトナA、Bとのグループチャットは今日も続く。「ヒマなオッサンのオモチャにされてたまるか」とイラ立つ出野であったが……。「お金0.0」、連載10回目。A、Bの正体がおぼろげながら見えてきます。 第10回 カールビンソン級 ——-先週からのつづき たくさん食べていっぱい飲んだ。沈黙が怖くてたくさん飲んだ。どんなことばを伝えたところで何のなぐさめにもならないし、この人からお金を借りて盗まれたのは僕なんだ。その事実の前ではどんな言葉も安っぽくて、気の利いたことを言おうとすればするほどつらくなる。 親友「あのね出野くん」 僕「は、はい」 親友「俺な、嬉しいんだよ」 僕「え?」 親友「出野くんが、色んなところに連れて行ってくれたり新しいこと教えてくれたりしてうれしいんだ」 僕「…」 親友「だからさ、きにすんな。若いうちは失敗することも多いだろ。でもな、それは若さの特権だ。もっと失敗してこい。脇が甘くて失敗するのはよくないけどな!はは!」 僕「ほんとに…すいません。」 親友「じゃ、お会計」 店「ハ~イ」 ——...more
カテゴリー:

【BJ】今の10~20代は、30代以上が想像もつかない遊び&生活をしている - 04月23日(月)07:25  bizplus

Business Journal 2018.04.22 http://biz-journal.jp/2018/04/post_23086.html 「若者の●●離れ」という表現をよく目にする。筆者が目にしただけでも「テレビ」「バイク」「政治」と、 ライフスタイルから社会参加の形式まで若者が離れていったとされるものには枚挙に暇がない。 一部サイトではジョークとして「若者が離れていったもの一覧」が作成されるほどである。 若者は「おっさん・おばさん」が知らないもので遊んでいる  では、若者は何をして生きているのだろうか? 私はマーケターとして消費者リサーチの現場に携わ...
»続きを読む
カテゴリー:

『save your dream』第3譜 金井恒太六段―高見泰地六段:第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局 観戦記 - 04月22日(日)17:00 

 今期から新たにタイトル戦へと昇格し、34年ぶりの新棋戦となった「叡王戦」の決勝七番勝負が2018年4月14日より開幕。 本戦トーナメントを勝ち抜き、決勝七番勝負へ駒を進めたのは金井恒太六段と高見泰地六段。タイトル戦初挑戦となる棋士同士の対局ということでも注目を集めています。  ニコニコでは、金井恒太六段と高見泰地六段による決勝七番勝負の様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。 (画像は叡王戦 公式サイトより) ■前回までの観戦記・第1局観戦記 『save your dream』第1譜 ・第1局観戦記 『save your dream』第2譜 第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局観戦記『save your dream』第3譜 白鳥士郎  対局の朝。 前日に訪れたはずの茶席は、明らかに異なる場所となっていた。 入り口の扉は固く閉じられ、必要がある時にしか開けられることはない。関係者は会話どころか微かな物音を立てることすら躊躇している。 茶室の入り口から盤までは、おそらく4メートルくらい。 だがそのたった4メートルが、遠い。「あそこに座るのか……」 台本を見て、記録机の端に自分が座ると知った時、膝が震えた。  棋士で最初に対局室に入ったのは、山崎だった。 記録係の柵木三段の緊張をほぐそうと、笑顔で話しかけていたが、自分のすぐ後ろの部屋に金井がいるとわかると途端に口を...more
カテゴリー:

HKT48のMV監督で話題!20歳の美人映画監督・松本花奈の魅力とは - 04月22日(日)05:00 

現役女子大生にして映画監督の松本花奈(20歳)が、4月22日(日)23時25分から放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット) に出演する。 14歳で映像制作を始め、17歳の時に撮影した映画が新人監督の登竜門と言われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で審査員特別賞と観客賞をダブル受賞、岩井俊二監督をして「この作品は既に事件だ」と絶賛させたことで“天才女子高生映画監督”と話題をさらった松本。現在、慶應義塾大学に在籍する彼女は、昨夏、HKT48の「キスは待つしかないのでしょうか?」のミュージックビデオ監督に抜擢。メンバーと同世代である当時10代の女性監督だからこそ引き出せた自然な笑顔が評判を呼んだ。自身も可憐な容貌を持ち、女優としての活動経験もある松本だが、「タイプ的にドロドロになって這いつくばるのが好きで、裏方が性分に合ってるな」と自身を分析する。番組では、この春、再びHKT48の新曲MVの監督を依頼されるなど、多忙を極める彼女に密着。無論、テーマも映像の世界観も全て“ハタチの監督”松本が主導する現場だ。年上ばかりのスタッフを一体どうやって引っ張っていくのか? 礼儀をわきまえながらも、土足で相手の懐に入り込むかのような単刀直入さを持つ不思議な魅力をカメラが追った。さらに、とかく“若い感性”を求められる松本が、今、本当に表現したいことを知るべく、番組からも映像作りを依頼。監督も...more
カテゴリー:

もっと見る

「同世代」の画像

もっと見る

「同世代」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 世代...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる