「同一労働同一賃」とは?

関連ニュース

イチからわかる「2018年問題」…かしこい大学は始めている、2019年とその先の準備 - 01月17日(水)18:15 

 2017年から2018年初旬にかけて、多数のメディアで取り上げられた「2018年問題」。複数の顔を持つこの課題について、大阪府立大学経済学研究科教授・同副研究科長の水鳥能伸氏に話を聞いた。大学関係者を悩ます経営上の問題をイチから読み解き、水鳥教授が予言する「2019年問題」に迫る。--- 大学関係者にとって「2018年問題」といえば、まず頭をよぎるのは、この年から大学に進学する18歳人口が大幅に減少に転じ、それによって大学間の学生獲得競争が激化して、倒産に追い込まれる大学も出てくることが予想される問題のことでしょう。この問題は、読売新聞が2017年12月31日の朝刊でも報じたように、日本の大学教育が抱える問題として多くのメディアが報じている教育課題のひとつです。 今日取り上げるのは、こちらの2018年問題ではなく、もうひとつの2018年問題です。それは、大学教職員の雇用に関わるものです。 ふたつの2018年問題は、深いところで関わりを持っているのですが、18歳人口の減少に関わる2018年問題は、これまでにも多く議論されてきたところですので、ここでは大学教職員の雇用に関する2018年問題に的を絞ることにしましょう。◆2018年問題って何?1、問題の背景・労働契約法って何?・なぜ改正したの?・改正の内容は?2、労働契約法の改正は大学にどう影響するの?・5年ルールが適用されたら・話題の...more
カテゴリー:

働き方改革の「成功事例」に潜む矛盾と副作用 サイボウズ謝罪広告の是非を考えてみよう | 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書 | 東洋経済オンライン - 01月12日(金)08:15 

安部首相は、今年の通常国会を「働き方改革国会」と呼んだ。いよいよ、長時間労働是正や、同一労働同一賃…
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは?★6 - 01月05日(金)10:16  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは?★4 - 01月04日(木)17:35  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは?★2 - 01月04日(木)09:58  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドイツ】独で新法施行、同僚の給与を知る権利 男女の賃金格差是正を目指す - 01月14日(日)23:19  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3158471 2018年1月14日 21:43 発信地:ベルリン/ドイツ 【1月14日 AFP】同僚にいくら稼いでいるかを尋ねることは現代でもタブー視されている事柄の一つだが、男女の賃金格差是正を目的とした新法が施行されたドイツではこれが可能となりそうだ。  欧州最大の経済大国ドイツで今月6日に施行された法律は、同様の内容の業務をしている異性の同僚の賃金を知る権利を従業員に与える内容。  この法律の制定に向けて尽力してきた社会民主党のカタリナ・バーリー(Katarina Barley)女性相代理は「ド...
»続きを読む
カテゴリー:

6割弱の企業が働き方改革着手 民間調査 - 01月11日(木)10:06 

 ㈱あしぎん総合研究所(伊沢正吉代表取締役社長)は、働き方改革に関する意識調査を行った。 北関東を中心とした894社に取組み状況を尋ねたところ、8.7%が「積極的に取り組んでいる」、48.6%が「徐々に取り組んでいる」と答えた。具体的な施策については(複数回答)、「長時間労働の是正」75.1%が最多である。「非正規労働者の処遇改善」や「同一労働同一賃金の実現」はそれぞれ12.6%、4.7%に留まる……[続きを読む]
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは?★5 - 01月04日(木)23:45  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは?★3 - 01月04日(木)15:16  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

【左翼と呼ばれたくない人達の自称】2017年によく耳にした「リベラル」とは? - 01月04日(木)07:31  newsplus

2017年によく耳にした“リベラル”という言葉。 日本には、戦前からリベラルの太い流れがある。戦争と軍部独裁に反対したジャーナリストの石橋湛山(のちの首相)や、衆議院で反軍演説をした斎藤隆夫らだ。その伝統は憲法9条に受け継がれ、戦後民主主義の大きな柱となった。 もうひとつリベラルの大きな特徴は、20世紀のアメリカの民主党進歩派のように、あらゆる人が差別なく人間らしく生きる権利を保障することだ。 そして公平な分配のために政府は積極的な施策をとること。国家主義ではなく個人の尊厳や社会の多様性を大事にすると...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「同一労働同一賃」の画像

もっと見る

「同一労働同一賃」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる