「吉田鋼太郎」とは?

関連ニュース

【視聴率】東山紀之主演「刑事7人」最終回は12・6% - 09月14日(木)10:54  mnewsplus

  13日に放送された俳優・東山紀之(50)主演のテレビ朝日系ドラマ 「刑事7人」(水曜・後9時)の最終回の平均視聴率が12・6%だったことが 14日、分かった。  同作は東山主演の人気刑事ドラマ・シリーズの第3弾。臨海エリアを専従捜査する 「第11方面本部準備室」が発足。集められた7人のスペシャリストたちが 大活躍する物語だ。  瞬間最高は午後10時、天樹(東山)、片桐(吉田鋼太郎)ら、 山下(片岡愛之助)らが準備室のメンバーがそろった場面で、驚がくの真相が 明かされるシーンで15・1%を...
»続きを読む
カテゴリー:

『刑事7人』最終回“驚愕の結末”に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」 - 09月14日(木)10:36 

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある...more
カテゴリー:

【試写室】「刑事7人」硬派な刑事たちがたどり着いた真相…そうきたか - 09月13日(水)05:05 

これは驚いた。純粋に驚いた。ただただ、驚いた。隠す必要もないくらい驚いた。人は本当に驚いたとき、陳腐な表現しか出てこないんだなということを自ら体感してしまったが、たまげた…。 【写真を見る】頬に傷が! 倉科カナ演じる水田が銃口を向ける先には誰が?/(C)テレビ朝日 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は9月13日(水)夜9時から放送の「刑事7人」(テレビ朝日系)最終話を取り上げる。 最終話なんだから多少の驚きをもって終わるもの、というのは当然映像を見る前に想定に入れていたのだが、それを覆す驚きがここにはあった。 一体このドラマの何に驚いたのかは、一旦置いといて。最終話のあらすじは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)の狙撃を次々と試み、天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」の面々に阻止された男2人が自殺した。 その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことが判明。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑う。 その直後、馬久根が天樹らを呼び出し、ある交渉を切り出す。天樹らが証拠をつかんでいる脱税の罪を認める代わりに、自分を殺そうとした首謀者を捕ま...more
カテゴリー:

「いつか自分に『100点』をあげたい」―『三度目の殺人』吉田鋼太郎&是枝裕和監督インタビュー - 09月08日(金)09:01 

吉田鋼太郎&是枝裕和監督 合理主義の弁護士(福山雅治)が、ある殺人事件の容疑者(役所広司)の弁護を担当したことから、真実探求にはまり込んでいく。是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』は、そんな展開で映画の醍醐味を見せつける。緊張感を持続する作品の中で、観客がふっと日常の感覚に戻れる存在。それ...
カテゴリー:

長澤まさみ&高橋一生の恋人ショット公開 映画『嘘を愛する女』新カット - 09月07日(木)11:08 

 女優の長澤まさみ、俳優の高橋一生が共演する映画『嘘を愛する女』(中江和仁監督 2018公開)の新カットが7日、解禁された。恋人役を演じた2人が、寄り添いながら微笑み合う姿を写している。 【動画】『嘘を愛する女』特報映像  同作は、新たな才能の発掘を目指し2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015』で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映像化。食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤)は、ある日、同せい5年目を迎える恋人・小出桔平(高橋)の素性が全て嘘だったと知る。  CMでの共演が記憶に新しい長澤と高橋だが、映画での共演は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来。そのほかDAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎らが出演。新カットは、9日より劇場に配布されるチラシ裏面で使用されている。 【関連記事】 【写真】DAIGOがロン毛メガネ、川栄がゴスロリ “人生初”の姿で映画出演 【全身ショット】ガーターベルトで色気際立つ長澤まさみ 【直虎】壮絶、“政次の一生”に「神回」の声 (17年08月20日) 【直虎】にゃんけいさんと遊ぶ高橋一生 公式インスタで公開 (17年08月25日) 【写真】長澤まさみ、“大胆肩出し”ウエディングドレス姿を公開
カテゴリー:

『刑事7人』最終回驚愕の結末に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」 - 09月14日(木)10:40 

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある...more
カテゴリー:

「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから - 09月13日(水)06:00 

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載がスタート。第1弾は、'95年にCMで鮮烈なデビューを果たし、以来、22年で60本以上のドラマ作品に出演した広末涼子。'97年4月には「MajiでKoiする5秒前」でCDデビューし、同年7月には、反町隆史&竹野内豊がW主演し、大ブームを起こした人気ドラマ「ビーチボーイズ」(フジ系)にも出演。“ヒロスエ”の名は全国に知れ渡った。今でも、女優として活躍し続けている彼女の原点は、デビュー前に見ていた'80~'90年代のドラマだという。 【写真を見る】“ヒロスエ”の人気ぶりは社会現象にも!/撮影=西村康 ■ ドラマ好きが高じて女優を目指した幼少期 「故郷の高知で過ごした小学生のころはすごいテレビっ子で、毎週月曜に何が放送されて、火曜には何がというのを全て把握していました。でも、まだ高知の民放局は2つしかなく、TBSとフジテレビの番組を一つの局がやっていたりして、編成がバラバラだったんですよね。『笑っていいとも!』(フジ系)を夕方に放送していたくらいですから(笑)。だから、放送されないドラマもあり、それをわざわざ首都圏にいる親戚にビデオに録画して送ってもらっていました。それほどドラマが好きだったんです。中山美穂さん主演の『ママはアイドル!』とか、田村正和さんの『パパはニュースキャス...more
カテゴリー:

「撤退」を描くこれまでにない戦争映画『ダンケルク』初登場1位 - 09月12日(火)21:37 

 9月9日・10日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』が動員22万149人、興行収入3億2398万1600円をあげ、初登場1位を獲得した。2位は是枝裕和監督、福山雅治主演による『三度目の殺人』が初登場でランクインした。 【写真】初登場2位の『三度目の殺人』メインカット  1位の『ダンケルク』は、『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』など、作品ごとに圧倒的な映像表現と斬新な世界観で観る者を驚愕させてきたノーラン監督が、初めて実話をもとに作り上げた意欲作。第二次世界大戦中、フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士たちの「戦い」ではなく生き残りをかけた「撤退」を描いた、これまでにない戦争映画となっている。今作が映画デビュー作となるフィオン・ホワイトヘッドのほか、トム・ハーディ、キリアン・マーフィーらが出演。ノーラン作品ということでIMAX版での鑑賞意欲が非常に高く、土日2日間の動員比で『キングコング:髑髏島の巨神』が9.2%だったのに対し、17.6%の高稼働となっている。  『三度目の殺人』は、『第74回ベネチア国際映画祭』コンペティション部門に日本から唯一出品された作品として注目を集め、受賞は逃したものの、土日2日間で動員17万9300人、興収2億3300万円をあげた。是枝監督がオリジナル脚本...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(9月7日付) クリストファー・ノーラン監督の最新作も登場 - 09月07日(木)16:00 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 9月7日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。  ■【9月7日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:9月4日(月)~9月10日(日)劇場公開作品   『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』が第1位! 福山雅治主演の法廷サスペンス『三度目の殺人』、長澤まさみ、松田龍平ら豪華キャスト陣が出演する『散歩する侵略者』にも注目。   1位 『ダンケルク』(https://yahoo.jp/WnHcA4) ■公開日 :2017年9月9日(土) ■監督  :クリストファー・ノーラン ■キャスト:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ 他 ■作品概要:第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監...more
カテゴリー:

片岡愛之助『刑事7人』久々の登場にファン歓喜「ラブリン、生きてた~」 - 09月07日(木)11:06 

“ラブリン”の愛称でも親しまれている片岡愛之助が、東山紀之主演のドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)の第9話で久々に登場し、インターネット上でも注目を集め、平均視聴率は、10.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、そのタイトル通り、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、この7月から第3シーズンに突入している。この第3シリーズでは、東山演じる主人公の天樹悠の悲しい過去“妻子の死”についてが、第6話で深掘りされて大きな山場を迎えたが、後半は、もう1つの柱である臨海エリアの“闇の存在”に迫っていく中、第2話で拉致事件でその存在が不明になっていた片岡演じる山下功の事件についてもクロスして展開し、この第9話で久々に姿を見せた。「第11方面本部準備室」のメンバー・山下が拉致され、行方不明となって数週間が経過していた。室長・片桐正敏(吉田鋼太郎)の独断による指揮のもと、天樹ら「第11方面本部」の面々は、管轄する臨海エリアの薬物カルテルを摘発。臨海エリアを裏で牛耳り、山下の拉致にも関与していると思われる大地主・馬久根恒義(山本學)を倒すべく、大きく動き出した。しかし、この動きを察知した警視庁内部監察官・島村唄子(久世星佳)は、以前こっそり偵察を命じておいた刑事・水田環(倉科カナ)に再び接触。片...more
カテゴリー:

もっと見る

「吉田鋼太郎」の画像

もっと見る

「吉田鋼太郎」の動画

Wikipedia

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優演出家東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

来歴

高校生の時、劇団雲のシェイクスピア喜劇十二夜を見て役者を志す。上智大学文学部ドイツ文学科在学中シェイクスピア研究会公演十二夜で初舞台を踏む。同大学中退。

劇団四季(在団期間6か月)、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て、1997年(平成9年)に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。舞台を中心に活躍。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要求される演技をこなせる貴重な俳優であ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる