「吉田鋼太郎」とは?

関連ニュース

蒼井優『ゆとりですがなにか』SP出演 松坂桃李に新たな恋? - 05月30日(火)04:11 

 女優の蒼井優が7月2日と9日に放送される日本テレビ系スペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』(後10:30)に出演することがわかった。人気脚本家・宮藤官九郎が手がけ、岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥ら演じるゆとり世代の若者が理不尽な社会で悪戦苦闘する姿を描いた昨年の連ドラ版から1年後を舞台にした同作。蒼井は、松坂演じる小学校の先生・山路一豊の地元、郡山の中学同級生・笠木久美を演じる。 【写真】レギュラーメンバー・岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥らも出演  連ドラ版では最後の最後まで女性経験0で終わってしまった山路だったが、今回はあることがきっかけで、地元の福島県郡山に帰郷。そこで立ち寄ったホームセンターで笠木久美と再会し、いったんはその場で別れるものの、夜、山路は久美がママとして働くスナック『ビーマイベイビー』を訪ね、2人は急接近していく…。  蒼井は「このドラマが好きで、ずっと見ていたので、参加させていただくことが決まった時、とてもうれしかったです。『ゆとりですがなにか』ファンとしても、たまらないスペシャルドラマになっていると思います! ぜひ、楽しみにしていて下さい」と期待をあおる。  宮藤氏いわく「連ドラで構築された空気感を再現する“なつかしい”だけの続編にはしたくない。『ゆとり』という言葉でくくられ、いつしか芽生えた仲間意識みたいなものを一瞬にして破壊する、そ...more
カテゴリー:

福士蒼汰と工藤阿須加が、監督のねぎらいの言葉に男泣き 福士「僕を役者として育ててくれた…」 - 05月27日(土)15:12 

 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督が登場した。 本作は「長時間労働」「パワハラ」「自殺」をテーマとし、“働く人”の共感と涙を誘った同名小説を映画化したもの。 本作の撮影の一部はバヌアツ共和国で行われ、仏語と英語が混ざったビスラマ語に挑戦したという福士。「撮影は大変だった?」と聞かれると、「大変でしたけど、言語はすごく好きなので、何回も聞いて楽しく勉強しました。バヌアツは海とか空もきれいなのですが、人の心もきれいで、(現地の人が)僕たちを見掛けると、なぜか笑顔で手を振ってくれるんですよ。心がすごく豊かなんだなと感じました」と話した。 タイトルにちなみ、「『ちょっと今から俳優やめてくる』という状態になったらどうする?」と振られた福士は「仕事を辞めたら仕事しないです。海外を回るのが好きなので、辞めたら世界一周をするんじゃないかなと思います。東南アジアの方から中国に渡って、プランを決めずに行きたいです」と答えた。 吉田や小池から「もう貯金あるんだね」「自家用ジェット、もう買えるんじゃない?」などと突っ込まれると、「(貯金は)ある程度です…」と答えて会場の笑いを誘った。 また、成島監督がサプライズで、福士と工藤にねぎらいの言葉を送った。「5カ月間僕にしごかれながら、つぶされそうにな...more
カテゴリー:

福士蒼汰が男泣き「今の気持ちは一生忘れない」 - 05月27日(土)14:40 

北川恵海の人気小説を映画化した『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台挨拶が、5月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。福士蒼汰、工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督が登壇した。最後に成島監督から福士と工藤にねぎらいの言葉が...続きを読む
カテゴリー:

福士蒼汰&工藤阿須加、成島出監督のねぎらいに涙「役者として育ててくれた」 - 05月27日(土)14:25 

俳優の福士蒼汰が主演の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」が5月27日に全国285スクリーンで封切られた。福士は、共演の工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督とともに東京・TOHOシネマズ...
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(5月25日付) - 05月25日(木)20:00 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて、5月25日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです  【5月25日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:5月22日(月)~5月28日(日)劇場公開作品 福士蒼汰主演の『ちょっと今から仕事やめてくる』が第1位! リリー・フランキー主演『美しい星』や河瀬直美監督『光』など、今週末は注目の邦画が続々公開。 1位 『ちょっと今から仕事やめてくる』(https://yahoo.jp/vKv0pq) ■公開日 :2017年5月27 日(土) ■監督  :成島出 ■キャスト:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、森口瑤子、池田成志、小池栄子、吉田鋼太郎 他 ■作品概要:第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の小説を、『イン・ザ・ヒーロー』などの福士蒼汰を主演に迎えて映画化。ノルマが厳しい企業に勤め心身共に疲弊した青年が、幼なじみを名乗る人物との交流を通じ生き方を模索するさまを描く。メガホンを取るのは、『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証』シリーズなどの成島出。福士演じる謎の男に救われる青年に、『夏美のホタル』などの...more
カテゴリー:

福士蒼汰&工藤阿須加、監督からの言葉に男泣き「僕の大きな財産になった」 - 05月27日(土)19:28 

 俳優の福士蒼汰が27日、都内で行われた主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台あいさつに、共演の工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督とともに登壇。成島監督からサプライズで贈られたねぎらいの言葉に、福士と工藤の二人は感極まり大粒の涙を流した。 【写真】福士蒼汰&工藤阿須加の男泣き  北川恵海の人気小説を原作に、『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』の成島出がメガホンをとる本作。ノルマが厳しい“ブラック企業”に勤め、心身ともに疲弊した青山隆(工藤)が、幼なじみを名乗る謎めいた男・ヤマモト(福士)との交流を通じて、生き方を模索する様子を描く。  舞台挨拶の終盤、成島監督は福士と工藤に対して「正直、最初はきついなと思ったので、二人を相当追い詰めました。僕にしごかれながら、つぶれそうになったときもあったと思うけど、本当に頑張ってくれました」と語り、「これから日本映画界を背負っていく俳優がここに誕生したと思います。本当にありがとうございました」と称え、二人と熱い抱擁を交わす。  真剣な面持ちで監督の話を聞いていた福士は「ありがとうと言うのは僕のほうだと思います」と言葉を詰まらせ、「僕を役者として育ててくれたのは、成島監督だなと思います。これからも役者人生を歩んでいきますが、今の気持ちはたぶん一生忘れないです。今回の作品、そして成島監督に出会えたことは、僕の大きな財産になっ...more
カテゴリー:

福士蒼汰が男泣き「今の気持ちは一生忘れない」 - 05月27日(土)14:40 

北川恵海の人気小説を映画化した『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台挨拶が、5月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。福士蒼汰、工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督が登壇した。最後に成島監督から福士と工藤にねぎらいの言葉がかけられ、福士は「成島監督に出会えたことは僕の大きな財産になったと思います」と男泣きした。 【写真を見る】涙をぬぐう福士蒼汰 成島監督は2人について「正直、最初はきついかなと思ったので、僕は2人を相当追い詰めました。でもそこから5か月間、本当に頑張ってくれました。これから日本映画界を背負っていく俳優がここに誕生したと思います。本当にありがとうございました」と称えた。 福士は感無量の様子で「ありがとうと言うのは僕の方だと思います」と声を詰まらせる。「僕を役者として育ててくれたのは成島監督だなと。これからも役者人生を歩んでいきますが、今の気持ちはたぶん一生忘れない。ありがとうございました」と大粒の涙を流して監督に感謝した。 工藤も「このお話をいただいた時、不安しかなくて。でも、役者として生きていくためにはどうしたらいいかということを監督が愛をもって教えてくれました。次に成島さんの監督作に出させていただく時は、僕らが監督を助けられる役者になって、いつか必ず成島さんに恩返ししたいです」と感涙した。 『ちょっと今から仕事やめてくる』は、幼なじみだと名乗る男...more
カテゴリー:

福士蒼汰&工藤阿須加、成島出監督のねぎらいに涙「役者として育ててくれた」 - 05月27日(土)14:25 

 俳優の福士蒼汰が主演の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」が5月27日に全国285スクリーンで封切られた。福士は、共演の工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督とともに東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶を行い、成島監督からのねぎらいの言葉に感激の涙を流した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  舞台挨拶の終盤、写真撮影も終わり福士が締めの挨拶をする流れだったが、司会者が「成島監督から2人にお言葉があります」と台本上はなかった進行が告げられると、福士と工藤は照れ笑い。マイクを渡された成島監督は、「最初に2人に会った時はちょっときついかなと思い、これ以上ないくらい追い詰めた。つぶれそうになったこともあったと思うが、日々成長し役者としてひと皮むけた。この映画は2人の努力があったからこそで、日本映画を背負って立つ俳優の誕生です。皆さんがその証人になってください。これまでお礼を言えなかったので、ありがとう」と感謝を述べ、2人はひと言ひと言を神妙な面持ちで聞き入った。  成島監督の求めでハグを交わした福士だったが、「やっぱり…ありがとうと言うのは僕の方です」と発しただけで、こみ上げてくるものを抑えきれない様子。ファンからの「頑張れ」「ファイト」「大丈夫だよ」の声援を受け、「厳しく指導していただき大変だとは思ったけれど、やりがいもあって楽しか...more
カテゴリー:

癒やし笑顔の謎の男を演じた福士蒼汰「僕自身は明るくないです(笑)」 - 05月26日(金)20:30 

“ブラック企業”“長時間労働”“パワハラ”など現代の社会問題をテーマにしつつ、軽妙な語り口で人気を博した小説「ちょっと今から仕事やめてくる」を映画化。主演を務めた福士蒼汰は関西弁を話す謎の男・ヤマモトを、工藤阿須加はブラック企業に勤めるサラリーマンの青山を演じた。 【写真を見る】福士蒼汰&工藤阿須加がブラック企業に勤めたら…?/撮影=大石隼土 ――この映画の企画が立ち上がった当初から、福士さんと工藤さんのキャスティングが想定されていたそうですが、お二人はこの作品のどこにひかれて出演を決めましたか? 福士:最初にそのお話を聞いたときは、自分でいいんですか?と思いました(笑)。というのも、脚本を読んでみると、普段の自分とは違ってて、ヤマモトは関西弁をしゃべり、明るくて、常に笑顔のキャラクター。自分とは真逆と言っていいくらいに全然違う要素がいっぱいあるなと思いました。 ――福士さん自身は明るくないんですか? 福士:明るくないです(笑)。この人のテンションはいつ上がるんだろうと思われるタイプだと思います。なので、ヤマモトとして、どういう明るさを出していくか、そのエネルギーを探しながら脚本を読んでいました。 ――工藤さんはいかがですか? 工藤:僕も福士君と同じで、なぜ僕をイメージしてくださったのかは全然分からないですけど、そうやって言っていただけるのは、とてもありがたいことだと思います。でも...more
カテゴリー:

新垣結衣の卓球姿公開 瑛太とW主演・映画『ミックス。』特報 - 05月25日(木)10:00 

 女優の新垣結衣と俳優の瑛太がW主演する映画『ミックス。』(10月21日公開)の特報映像&ポスタービジュアルが25日、解禁された。失恋して職も失った新垣演じる多満子が、瑛太演じる落ちぶれた元ボクサーと男女混合ダブルスペア=「ミックス」を結成し、卓球を通して人生に向き合う様が描かれる。 【動画】ガッキーのかわいさ炸裂 映画『ミックス。』特報  同作の脚本を手がけるのは、フジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』、『デート~恋とはどんなものかしら~』の古沢良太氏。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルスを通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語だ。監督は、同じく『リーガルハイ』や、『デート~』の石川淳一氏が務め、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世らが共演する。  解禁されたポスタービジュアルは、卓球ラケットを挟んで微笑む新垣と瑛太の姿が。特報映像では、卓球のユニフォーム姿で真剣にラケットを振る姿や、ラストにはコミカルな演技で“コメディエンヌ”としての新境地を垣間見せている。 【関連記事】 【写真】美しすぎる…白のひざ上ワンピのガッキー 【写真】『逃げ恥』で大好評だった新垣結衣キュートすぎるセーラー服姿 【動画】新垣結衣、キュートな“ゆるりん”ダンス披露 新垣結衣&...more
カテゴリー:

もっと見る

「吉田鋼太郎」の画像

もっと見る

「吉田鋼太郎」の動画

Wikipedia

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優演出家東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

来歴

高校生の時、劇団雲シェイクスピア喜劇「十二夜」を見て役者を志す。上智大学文学部ドイツ文学科在学中シェイクスピア研究会公演「十二夜」で初舞台を踏む。同大学中退。

劇団四季(在団期間6か月)、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て、1997年(平成9年)に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。舞台を中心に活躍。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる