「吉田鋼太郎」とは?

関連ニュース

『NINAGAWA・マクベス』世界公演、蜷川幸雄さんの一周忌追悼 - 02月20日(月)04:00 

 昨年5月に亡くなった演出家の蜷川幸雄さん(享年80)が、「世界のニナガワ」と称されるきっかけとなった『NINAGAWA・マクベス』。その世界公演が、日本国内の公演と合わせ、一周忌追悼公演として上演されることが決定した。6月の香港初日から、日本(さいたま/佐賀)、イギリス(ロンドン/プリマス)、シンガポールで公演が予定されている。 『NINAGAWA・マクベス』出演者一覧  今回の世界公演は、蜷川さんの生前から決まっていたもの。しばらく上演されることがなかった同作が、2015年秋に17年ぶりに復活し、世界各地から上演オファーが相次いだ。蜷川さんも海外公演に行くことを心から楽しみにしていたという。  公演が決まっていた国や地域からも「(予定通り)公演をして欲しい。追悼公演という形にしたい」といった要望があり、15年版に引き続き、マクベス役を市村正親、マクベス夫人役を田中裕子が務めるほか、蜷川さんのレガシーを受け継ぐキャスト、スタッフが集結。世界公演に向けて5月から稽古(けいこ)に入る。  市村は「稽古では幾多のダメ出しを受けて、公演に入り、最後、台本にサインをお願いしたら、『頑張った。蜷川幸雄』と書いてくれました。これからも自分が演じる背景には、常に蜷川さんの魂が傍にいるような気がします。『NINAGAWA・マクベス』で海外公演に一緒に行けないのは無念だけど蜷川魂をこの胸に抱...more
in English
カテゴリー:

吉田鋼太郎「いつになく緊張しました」 海外スタッフを前にオーディションを受験 - 02月18日(土)16:44 

 ミュージカル「ビリー・エリオット~リトルダンサー~」の制作発表記者会見が18日、東京都内で行われ、出演者の吉田鋼太郎、益岡徹、柚希礼音、島田歌穂ほかが登壇した。 世界中で1千万人以上の観客が賞賛した英国発のミュージカルを、今夏、日本人キャストによって初上演する。 この日は約1年をかけたレッスン形式のオーディションで、応募総数1346人の中から主人公ビリー役に選ばれた加藤航世くん、木村咲哉くん、前田晴翔くん、未来和樹くんが登場し、劇中の曲に合わせて歌唱とダンスを初披露した。 前田くんが「緊張していてあまり覚えていないけど、とてもいい気分で踊れました」と語ると、未来くんも「4人で練習を頑張ってきて、それを一つの形として皆さんに披露できたことがうれしい」とほほ笑んだ。 ビリーの父親役を益岡とダブルキャストで演じる吉田は「僕らも上から見ていましたが、感動して泣いてしまいました」と賞賛の言葉を送った。 吉田は「基本的に世界中で絶賛されているすごいミュージカル。なぜ、ここに僕がいるのかという相変わらずのアウェー感が否めませんが、非常に光栄。他の作品では得られないような感動のある舞台。誠実にきっちりと稽古を重ねて素晴らしいものにしたい」と意気込みを語った。 今回は、大人のキャストも全員オーディションを経ての選出で、吉田は「僕らも今までいろいろやってきたので、そんなに緊張などしないはずなんですが...more
in English
カテゴリー:

「すみれ」長期療養を父・石田純一が語る のんびりするよう勧めたんです - 02月16日(木)05:59 

 父親は、これまで度々、世間から叩かれ続けても、“蛙の面に水”を地で行くようなタイプ。だが、実の娘は、親の性格とはまるで異なる、繊細なハートの持ち主だったようで……。  ***  石田純一(63)と女優、松原千明(58)との間に生まれた長女で、テレビやCMで活躍していたタレントのすみれ(26)。来月には、米国で公開予定の映画「The Shack」で、ハリウッドデビューが決まっているが、なぜか昨年から活動を休止している。  芸能記者が言う。 「去年10月に予定していた熊本地震のチャリティーコンサートを、体調不良を理由に中止しました。父親の石田が翌月には復帰できると発言したものの、それっきり。未だに活動再開は聞こえてきませんね」  休業直前、イケメンモデルとのデートが報じられたことが、影響しているとも囁かれたのだが、 「実は、彼女がネットのインスタグラム(SNS)に投稿したところ、炎上してしまったことが原因なのです」  というのは、すみれと親しい知人である。 「昨年8月にカナダの人気歌手、ジャスティン・ビーバーが来日して、彼女がこのライブを観に行ったときのことです。“会場進行が良くなかった”という主旨の発言を載せると、彼のファンたちからの非難が殺到したのです」  今もネット上に残る火種となった発言を見ると、彼女が会場で熱中症になり、途中で外に出ようとしたものの、なかなか退出できず、...more
in English
カテゴリー:

吉田鋼太郎、夫婦ゲンカで渋谷警察署が出動 年下の元クラブママと - 02月14日(火)05:57 

 4度目の結婚、昨年元日の入籍……。なにかと電撃的な行動がお好きな俳優の吉田鋼太郎(58)は、新婦との夫婦ゲンカも実に電撃的だ。なにしろ、サイレンが鳴って警察が出動するほどなのである。  ***  これもまた百田尚樹氏が説く、へこたれずわが道を行く『鋼のメンタル』(新潮新書)の一例なのだろうか。結婚と離婚を3回も繰り返したあと、元宝塚の安蘭けい(46)と数年間同棲し、すわ結婚かと思わせながらサラッと別れ、22歳年下の元銀座クラブのママと入籍。まさにわが道を行くのは読んで字のごとし、吉田鋼太郎である。  婚姻届も渋谷界隈の行きつけの小料理屋で書いたほど“わが道を行く”吉田だが、その店の近所の住人が、こんな証言をする。 「昨年の秋も深まったころだったと思いますが、ベランダで煙草を吸っていたら、路上から言い争う声が聞こえてきましてね。なんだろうと思ってのぞき込むと、脇役とかでよく見る俳優がいました。奥さんらしき人と小料理屋で飲んでいたみたいですが、激しくもみ合ったようで、路上には画面がバリバリに割れたスマホが落ちていましたよ。その後、女性が交番に駆け込んだみたいで、サイレンが激しく鳴りました。非常用ボタンを押しちゃったんでしょうね」  あきれたこの人は、俳優名鑑で顔と名前を照合したそうだ。そこに書かれていた名前は、 「吉田鋼太郎」  夫婦ゲンカでもなんでも、鋼のようにとことん“わが道を...more
in English
カテゴリー:

新垣結衣が寝取られ展開!?『リーガル・ハイ』脚本・古沢良太の新作で瑛太と W主演 - 02月10日(金)12:04 

ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ、2012年・2013年)、『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ、2015年)などの話題作を手掛ける人気脚本家・古沢良太と石川淳一監督の最新作『ミックス。』が、新垣結衣と瑛太のW主演で2017年秋に全国東宝系で劇場公開されることがわかった。本作は、恋と仕事に敗れた元天才卓球少女のOL・富田多満子(新垣)と、かつて日本ランカーだったが夢と家族を失い挫折した元プロボクサー・萩原久(瑛太)の姿を描いたロマンティックコメディ。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが卓球を通じて、小さな“奇跡”を起こしていく。新垣は本作について「“元気になれる、背中を押されるお話”だと思いました。コメディ作品なので楽しく描かれているのですが、卓球を通して真剣に前に進んでいく姿がかっこいい」と感想を語り、瑛太の印象を「すごく自分の世界を持っている方」とコメント。卓球の練習ではじめてミックスペアを組んだ時のことを振り返り「瑛太さんが“いける気がする!”と大きい声でその場を盛り上げようとしてくださって、作品に対する熱意がすごくある人なんだと思いました」と話した。また、演じる多満子については「今は“普通の結婚をして普通の幸せを手に入れたい”と必死になっているアラサーの女性ですが、失恋をきっかけに卓球をまた始めることになり前に進んでいきます。2人の関係がどうなっていくの...more
in English
カテゴリー:

吉田鋼太郎「アウェー感半端ない」子役の演技に感動 - 02月18日(土)20:38 

 日本初演となるミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」(7月19日から、TBS赤坂ACTシアターほか)の製作発表会見が18日、都内で行われた。  主役のビリーを演じる4人の子役、加藤航世さん(こうせい=13)木村咲哉さん…
in English
カテゴリー:

林遣都、病気療養中の市原悦子からの肉声メッセージに「ただただうれしい」と感激! - 02月16日(木)20:51 

乃南アサのベストセラー小説を映画化した『しゃぼん玉』(3月4日公開)のワールドプレミア上映会が2月16日にシネスイッチ銀座で開催され、林遣都、東伸児監督が登壇。入院中の市原悦子からサプライズでボイスメッセージが届き、林が「ただただうれしい」と感激の思いを語った。 【写真を見る】芝犬・チョコちゃんを抱っこ!会場からも「かわいい!」と大歓声 本作は、親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す若者・翔人が、老婆との出会いを通して再生していく姿を描く人間ドラマ。自己免疫性脊髄炎と診断され、81歳と高齢なこともあり、現在は芸能活動を休養している市原。5月復帰を目標に治療・療養に専念している。ステージに市原のボイスメッセージが届けられると、林は「声なんですか!?ええ!」と驚くことしきり。 メッセージにおいては「撮影で行った椎葉村では、現地の皆様の料理を楽しみながら、宮崎の自然を感じながら、撮影に参加することができました」と撮影を振り返るとともに、「林さんとの共演は、忘れられないものになりました。これからどんな役をなさるのでしょう、楽しみです」との林に向けた温かな言葉も語られていた。 林は「現場ではずっと翔人として接していただいていたので、僕自身のお話をしていなくて。『林さんとの共演』と言っていただいて、とにかく、ただただうれしいです」と喜びを噛み締めていた。 また、林は「この先もずっと、...more
in English
カテゴリー:

松方弘樹に添い遂げた山本万里子 貫いた愛人道 - 02月15日(水)05:56 

 俵万智は、〈「愛は勝つ」と歌う青年 愛と愛が戦うときはどうなるのだろう〉と詠んでいる。先月、脳リンパ腫で鬼籍に入った松方弘樹(享年74)の傍らにいたのは山本万里子(44)。松方をいわば略奪し、“泥棒猫”と論難された元女優は妻の座に収まることなく、愛人道を貫き通したのである。  ***  シンガーソングライターのKANが、「必ず最後に愛は勝つ」と声を嗄らすように歌っていた1991年の5月、2人は出会った。京都・祇園のクラブで、妻子ある男とホステス。そのすぐ後のことを振り返るのは、2人と親交の深かった脚本家・高田宏治氏。 「松方たちが集まる料亭に顔を出すと、クラブの女性を連れてこれから旅行に向かうと言う。皆カップルで来ているなか、松方と万里子ちゃんだけがそれぞれ1人。初々しくスレていない印象の万里子ちゃんを、松方は意識しているなと思ったんです」  半年後のゴルフ場では、 「松方と万里子ちゃんはすっかり打ち解けた様子で、付き合っているんだなとわかりました。彼女はゴルフが下手でね。打ったボールが真後ろにいた私に飛んでくるぐらいだから」(同)  鼻孔をくすぐるような19歳の甘い体臭に松方が虜になった。  秘められた道ならぬ恋は7年経って露見し、翌99年に松方は妻・仁科明子(現・亜季子)と離婚。慰謝料ナシ、2人の子供の養育費として月50万円を松方が支払うという条件はともかく、世間の目は...more
in English
カテゴリー:

新垣結衣と瑛太が卓球モチーフのロマコメ映画『ミックス。』にW主演! - 02月10日(金)19:32 

新垣結衣と瑛太のW主演で、“卓球”をモチーフにしたロマンティックコメディ映画『ミックス。』が製作されることがわかった。 本作は、恋と仕事に破れた元天才卓球少女のOLと、かつて日本ランカーだったが夢と家族を失い挫折した元プロボクサーをはじめ、不器用で欠点だらけの登場人物たちが卓球を通じ、小さな奇跡を起こしていく恋と人生、再生の物語! 元天才卓球少女のアラサーOL・富田多満子役を、昨年10月クールのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に主演し、高視聴率を記録した新垣が。元プロボクサーで日本ランカーだった萩原久役を、『64 -ロクヨン-』『殿、利息でござる!』(ともに16年)など話題作への出演が絶えない瑛太が演じる。 2人は初共演。ともに卓球未経験ながら、持ち前の運動神経の良さで卓球の腕前は日を追うごとに上達。日本屈指の卓球プレイヤーになるべく、日々猛練習を重ね役作りに励んでおり、劇中では男女混合ペアの卓球競技「ミックス」で卓球の全国大会に挑戦する。 さらに、多満子の亡き母が創設した「フラワー卓球クラブ」の部員役として、広末涼子、遠藤憲一、田中美佐子、佐野勇斗。多満子と軽い気持ちで付き合い、すぐほかの女に乗り換えてしまう卓球界のイケメンスター選手・江島晃彦に瀬戸康史。その江島が乗り換えた卓球界の若きアイドル選手に永野芽郁。ほかにも蒼井優、森崎博之(TEAM NACS)、吉田鋼太郎、生...more
in English
カテゴリー:

新垣結衣が寝取られ展開!?『リーガル・ハイ』脚本・古沢良太の新作で瑛太と W主演 - 02月10日(金)11:50 

ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ、2012年・2013年)、『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ、2015年)などの話題作を手掛ける人気脚本家・古沢良太と石川淳一監督の最新作『ミックス。』が、新垣結衣と瑛太のW主演で2017年秋に全国東宝系で劇場公開されることがわかった。本作は、恋と仕事に敗れた元天才卓球少女のOL・富田多満子(新垣)と、かつて日本ランカーだったが夢と家族を失い挫折した元プロボクサー・萩原久(瑛太)の姿を描いたロマンティックコメディ。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが卓球を通じて、小さな“奇跡”を起こしていく。新垣は本作について「“元気になれる、背中を押されるお話”だと思いました。コメディ作品なので楽しく描かれているのですが、卓球を通して真剣に前に進んでいく姿がかっこいい」と感想を語り、瑛太の印象を「すごく自分の世界を持っている方」とコメント。卓球の練習ではじめてミックスペアを組んだ時のことを振り返り「瑛太さんが“いける気がする!”と大きい声でその場を盛り上げようとしてくださって、作品に対する熱意がすごくある人なんだと思いました」と話した。また、演じる多満子については「今は“普通の結婚をして普通の幸せを手に入れたい”と必死になっているアラサーの女性ですが、失恋をきっかけに卓球をまた始めることになり前に進んでいきます。2人の関係がどうなっていくの...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「吉田鋼太郎」の画像

もっと見る

「吉田鋼太郎」の動画

Wikipedia

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優演出家東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

来歴

高校生の時、劇団雲シェイクスピア喜劇「十二夜」を見て役者を志す。上智大学文学部ドイツ文学科在学中シェイクスピア研究会公演「十二夜」で初舞台を踏む。同大学中退。

劇団四季(在団期間6か月)、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て、1997年(平成9年)に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。舞台を中心に活躍。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる