「吉田栄作」とは?

関連ニュース

野村萬斎&森川葵&佐藤浩市「花戦さ」舞台になったいけばな発祥の地に凱旋! - 03月28日(火)12:00 

 花僧・池坊専好が親友の茶人・千利休を自害に追いやった豊臣秀吉に華道で戦いを挑む「花戦さ」の完成奉告(奉納)イベントが3月27日、京都府・紫雲山頂法寺の六角堂で行われ、野村萬斎(池坊専好役)、森川葵(れん役)、佐藤浩市(千利休役)の3人がオクロレウカを献花しヒットを祈願した。 ・「花戦さ」完成奉告イベントの模様はこちら!  六角堂は専好ゆかりの場所で、映画に登場する“いけばな発祥の地”。代々六角堂の住職を務める池坊家は、仏前に花を供えるなかでさまざまな工夫を加え、室町時代の「いけばな」成立に至ったという。書物によれば、初代・池坊専好が1462年に花を挿して耳目を集めたことが記されているという。  歴史ある建物に足を踏み入れた3人。萬斎は「六角堂は、人々に愛されているお堂だと改めて今日感じました。身の引き締まる思いです。池坊555年の歴史の重みを感じながらも、この映画が池坊の発展に寄与できたらという思いで演じました。いけばなは、シンプルな中にも奥深さがあり、私たちの能・狂言の世界にも通じると思います」と胸中を明かす。続く2人も「六角堂を訪れるのは実は2度目です。先日、中に入って色々な花の歴史を興味深く聞かせていただきました。そういったものがすべて映画の中にフィードバックされていると思います」(佐藤)、「この映画が皆さんの元に届くまで、六角堂が映画の大ヒットを見守っていてくれるん...more
in English
カテゴリー:

【映画】野村萬斎主演「花戦さ」の予告解禁、豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家ら登場 - 03月17日(金)20:00 

http://natalie.mu/eiga/news/224981 2017年3月17日 15:00 野村萬斎の主演作「花戦さ」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせてポスタービジュアルも公開された。 篠原哲雄がメガホンを取った本作は、戦乱で荒れ果てた京都を舞台にした時代劇エンタテインメント。 花を生けることで人々の心に平穏をもたらす花僧・池坊専好を萬斎が演じ、そのほかキャストには市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが名を連ねる。 このたび公開された予告編では、専好をはじめ豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家が映し出されていく。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

吉田栄作&石野真子、大杉漣主演映画で意外な初共演 夫婦役に喜色満面 - 03月16日(木)20:30 

 映画の街として知られる福岡・北九州市が舞台の「グッバイエレジー」の完成披露試写会が3月16日、都内で行われ、主演の大杉漣、共演の藤吉久美子、石野真子、吉田栄作、中村有志、遠藤健慎、飛葉大樹、三村順一監督らが舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  映画監督になる夢を追いかけて故郷を捨てた深山晄(大杉)が、親友の井川道臣(吉田)の死をきっかけに帰郷し、友人、家族、映画への愛をさらに強くする様を描いた。吉田と石野は、意外にも今作が初共演。夫婦役を演じており、吉田が「あこがれの石野真子さんですから。初めましての日に(劇中のセリフで)『子どもがほしい』と言われ、大変嬉しかった」と目を細めれば、石野も「若いときの2人のシーンもあったりして、ちょっと恥ずかしかったですね。今より20年くらい若いという設定なので、ちょっと笑っちゃうでしょ? 温かい目で見てください」と呼びかけ観客を喜ばせていた。  オール北九州ロケが敢行された今作。大杉は「北九州は2度目。行く場所、行く場所でこんなに印象が変わるのかと、懐や歴史の深さを感じました。とても暑いなかでの撮影でしたが、すごく楽しい時間でした。いろんな話をしながらみんなで作った映画です」と胸を張る。撮影の合間には大杉がギター、藤吉が歌を担当し「なごり雪」を歌ったそうで、藤吉は「控室で披露したんですが、(離れ...more
in English
カテゴリー:

大杉漣、ロケ地北九州の印象「懐の深さ感じました」 - 03月16日(木)19:59 

 映画「グッバイエレジー」(三村順一監督、3月25日公開)の完成披露舞台あいさつが16日、都内で行われ、主演の大杉漣(65)のほか、石野真子(56)吉田栄作(48)藤吉久美子(55)らが出席した。  夢を追い故郷小倉を捨てた映画監督が、…
in English
カテゴリー:

和田聰宏、共演のシシド・カフカに物申す!?「僕はSじゃない(笑)」 - 03月15日(水)06:00 

3月19日(日)に最終回を迎える日曜ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系)。作品にスパイスを加える存在となっているヘタレ刑事・土井潤一を演じる和田聰宏に、最終回の見どころを聞いた。 【写真を見る】和田は「画面の後ろの方ですが、増子(シシド)といるときの土井の表情にも注目してください」/(C)NTV ――クランクアップを迎えますが、土井を演じていかがでした? シシド(・カフカ)さん演じる増子の相棒として一緒に行動していたんですけど、大体蹴られてましたね(笑)。堤(幸彦)さんが「面白くイジってあげよう」といろいろ演出をしてくださって、僕が予想していた以上に、土井のイメージがどんどんとMっぽく膨らんでいったという。 増子がSなのでその対比というか、パワーバランスだと思うんですけど、後半は本当に蹴られてばっかりでした…。  ――第5話ぐらいからは、増子にアゴだけで使われていましたもんね…。 「土井君」って呼ばれていたのが、途中から「土井」になりましたからね。僕も最初の方は「呼び捨てかよ」って反抗もしていたんですよ。でも、終盤ではそれも受け入れちゃってます(笑)。 ――堤監督の作品に出演できたことについては? うわさでは聞いていたんですが、実際堤さんと仕事させていただくと常にたくさんのことを求められるので、それに応えていくという楽しみもありますし、「こん...more
in English
カテゴリー:

ダイアモンド☆ユカイ PTAに積極的参加「人生が豊かになる」 - 03月21日(火)19:25 

俳優のダイアモンド☆ユカイ(55)が、自身のブログで、妻よりもママ友が多いことを明かした。 2009年に結婚し、2010年には長女が、2011年には双子の息子が生まれたダイアモンド☆ユカイ。ダイアモンド☆ユカイ曰く、妻は 「ママ友の数が極めて少ない。」 「元々、積極的に心を開くタイプでも無いし 心を開くまでにかなりの時間を要する。」 という物静かなタイプだそうで、子供の幼稚園の親同士の付き合いは主にダイアモンド☆ユカイがやっているという。 「俺は、常にオープンマインド。 ママ友の数は、妻より多い。」 「今日も俺のボーイズツーメンがお世話になっている幼稚園のママ友から、ギラッチなプレゼントを頂いた。」 とかなりなじんでいる様子で、PTA活動にも積極的に参加しているとのこと。 「園からご指名を受け、最初は不安だったが、子供達の豊な保育環境を願い参加して本当に良かったと思う。」 「ブログを読んでるイクメンパパ、是非、PTAの活動に積極的に参加して欲しいと思う。自分の人生が豊かになるよ」 と子どものためにも自分のためにも良い機会なったそうで、さらには 「そして、 何と言っても最近のママ友は 美人が多いよ」 「びっくりする程、美魔女揃い。 だから、俺は、幼稚園や小学校に行くのが楽しみなんだが、最近は、仕事が忙しくて行けてない。それがストレスになっている。」 とお茶目にコメン...more
in English
カテゴリー:

「花戦さ」予告編&ポスター完成!萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、浩市ら名優が百花繚乱 - 03月17日(金)15:00 

 織田信長、豊臣秀吉といった天下人と関わりを持ち、茶人・千利休と親交があった花僧・池坊専好を狂言師・野村萬斎主演が演じる「花戦さ」の予告編とポスターが、お披露目された。 ・日本を代表するキャストが結集!「花戦さ」予告編はこちら!  萬斎のほか、歌舞伎俳優・市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市といった名優が結集した時代劇。「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督とNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本家・森下佳子が組み、専好(萬斎)が唯一無二の親友・千利休(佐藤)を自害に追いやった豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑む姿を描く。  予告編では、専好、千利休、秀吉、信長(中井)、前田利家(佐々木)といったキャラクターが次々と登場。萬斎がコミカルな演技で画面に彩りをもたらせば、佐藤がいぶし銀の存在感で重厚感を与え、名優たちが高次元の演技合戦を繰り広げている。秀吉が「利休の話をするな!」と激高し、専好が目に涙をためながら「仏なんか、どこにおるんや」と絞り出すようにつぶやくシリアスなシーンも盛り込まれ、久石譲のダイナミックな音楽に乗せて亡き友・利休の無念を晴らすために立ち上がった専好の熱き生きざまが描かれる。「花戦さ」のタイトルにふさわしく、岐阜城の大広間で10人がかりで14日間かけて作り上げたという4.55メートルの巨大な松生け花も登場。予告編は、...more
in English
カテゴリー:

吉田栄作&石野真子、大杉漣主演映画で意外な初共演 夫婦役に喜色満面 - 03月16日(木)20:30 

映画の街として知られる福岡・北九州市が舞台の「グッバイエレジー」の完成披露試写会が3月16日、都内で行われ、主演の大杉漣、共演の藤吉久美子、石野真子、吉田栄作、中村有志、遠藤健慎、飛葉大樹、三村...
in English
カテゴリー:

吉田栄作、17歳上の大杉漣と同い年役に「頭を白くした」 - 03月16日(木)19:43 

 俳優の吉田栄作(48)が16日、都内で行われた映画『グッバイエレジー』(25日公開)完成披露試写会に出席。主演を務めた大杉漣(65)の親友を演じた吉田は「大杉先輩と同い年の役。設定的には僕が先輩に合わせる側だったので、頭を白くしたり」と役作りを告白。実際には10歳以上ある年齢差を感じさせない“見えない絆”があったと振られると、2人そろって「(劇場で)観ていただければ」と呼びかけた。  福岡・北九州市を舞台にした同作は、友の死をきっかけに数十年ぶりに帰郷した映画監督が、自身の人生を見つめ直す姿を描くヒューマンドラマ。撮影はすべて北九州市で行われた。  大杉は「普段映画を作っていて、一人だなって思うのと同時に一人じゃないって思うことがある。今回は映画監督の役を演じて、いつもよりそのことをすごく感じながら撮影しました」と回顧。「この先どうしようかっていう男が、未来に光明が見えて顔を上げるような映画になっている」とアピールした。  そのほか、藤吉久美子、石野真子、吉田栄作、中村有志、遠藤健慎、飛葉大樹、三村順一監督、プロデューサーの山本厚生氏が出席した。 【関連記事】 『ゴチ』新メンバー大杉漣、笑いの才能にナイナイ期待 “同期”渡辺直美に「な〜おたん」 (17年01月12日) 名脇役6人がシェアハウスで暮らしたら〜テレ東の深夜ドラマで夢の共演 (16年11月30日) 大杉漣、「...more
in English
カテゴリー:

【舞台】吉田栄作、「今の日本」を熱く語る「大事なのは体制、政治の流れではなくどう生きるべきか」 - 03月04日(土)21:29 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000159-sph-ent スポーツ報知 3/4(土) 18:08配信  俳優の吉田栄作(48)と女優の朝海ひかる(45)が3日、東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで上演される舞台「私はだれでしょう」(5日~26日)の稽古を公開した。 2010年に死去した劇作家・井上ひさしさんの戯曲で、2007年の初演以来、10年ぶりの再演となる。  戦後間もないラジオ局を舞台に、戦時中の爆撃で記憶を失った男がラジオ番組「尋ね人」を通して、“自分探し”をする様子を描く青春群像劇。  日系...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「吉田栄作」の画像

もっと見る

「吉田栄作」の動画

Wikipedia

吉田 栄作(よしだ えいさく、本名同じ、1969年1月3日 - )は、神奈川県秦野市出身の俳優歌手ワタナベエンターテインメント所属。元妻はモデルの平子理沙。身長182cm実際の身長は184cm「プロフィールの身長は必ず182cmと書く吉田さん。でも実際の身長は184cmあるそうです。高校時代バスケ部だった吉田さんは182cmが目標でそこに到達した時の喜びは格別だったため、低くサバを読んでも「1・8・2」の並びにこだわっているのだ。」ぶっちゃけ!99のHPにて(2004年4月21日放送分)。 また2時っチャオ!で発言したという、体重72kg。

来歴・人物

若い時はツッパリで有名。ナベプロに入っても、先輩の中山秀征と初めのころは口も利かなかったが、たまたま飛行機で一緒になり、矢沢永吉が好きという話で意気投合。しかしどっちが好きかで言い合いに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる