「吉沢亮」とは?

関連ニュース

山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』BD&DVD発売! 豪華版には未公開シーンを初収録 - 01月20日(土)18:00 

 山崎賢人がコメディ映画初主演を果たし、新境地を開拓した映画『斉木楠雄のΨ難』のブルーレイ&DVDが5月2日に発売されることがわかった。豪華版には、メイキング&インタビュー、泣く泣くカットされてしまった爆笑シーンやNGシーンなど、ここでしか見られない貴重な映像を初収録している。【写真】『斉木楠雄のΨ難』初日舞台挨拶の様子 本作は、累計発行部数500万部を超える人気コミックを原作とした、コメディ映画。生まれながらにとんでもない超能力を与えられた高校生・斉木楠雄(山崎)が、毎年恒例の一大イベント、文化祭で降りかかる災難を乗り越えていく姿を笑いたっぷりに描く。メガホンを取るのは、『銀魂』「勇者ヨシヒコ」シリーズの監督・福田雄一。監督自ら映画化を熱望し、熱烈オファーで山崎を口説き落とした。 また、橋本環奈、吉沢亮、賀来賢人ら旬なキャストから新井浩文、笠原秀幸、田辺誠一、内田有紀、ムロツヨシ、佐藤二朗といった豪華キャスト陣が、一筋縄ではいかないアクの強いキャラクターを演じるのも見どころ。その圧倒的な再現度は、撮影現場を訪れた原作者・麻生周一をも唸らせたという。 豪華版は、本編ブルーレイと本編DVDに、映像特典満載の特典ディスク(DVD)がついた3枚セット。さらに、初回生産限定特典として、ここでしか手に入らない特製“おっふ”ステッカーが封入されている。 映画『斉木楠雄のΨ難』豪華版ブルーレイ&...more
カテゴリー:

あの人もイヌでした!2018年気になる年男&年女の出演映画まとめ - 01月20日(土)09:30 

年男・年女は縁起がいいもの。芸能界で2018年に年男・年女となる人気者をピックアップ!最新の出演作と共に紹介していきたい。 【写真を見る】瑛太は、神戸児童連続殺傷事件を彷彿させる問題作『友罪』で生田斗真と共演/[c]薬丸岳/集英社 [c]2018映画「友罪」製作委員会 ■ 今年の映画界年男は山崎賢人、小栗旬、櫻井翔etc 2017年は映画『斉木楠雄のΨ難』をはじめ、主演映画3本、さらに高視聴率を記録したTBS日曜劇場「陸王」への出演など話題作続きだった山崎賢人。年男となる2018年は、6月8日(金)公開の映画『羊と鋼の森』で主演を務める。本屋大賞にも輝いたベストセラー小説を原作にしたこの映画で山崎はピアノ調律師の青年・外村直樹を演じる。 このほかには、現在公開中の『悪と仮面のルール』をはじめ、2月16日(金)公開の『リバーズ・エッジ』、『レオン』(2月24日公開)、『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)、『あのコの、トリコ。』(18年公開)と、今年も引っ張りだこな吉沢亮も、実は年男。夏公開の予定の『銀魂パート2』で坂田銀時を演じる小栗旬、5月4日(祝)公開のミステリー映画『ラプラスの魔女』で主演を務める櫻井翔、5月公開の『友罪』に主演する瑛太らも2018年に年男を迎える。 ■ 年女にも、そうそうたる面々がズラリ 気になる年女代表は、2017年にテレビドラマやバラエティへ出演し、一...more
カテゴリー:

中山美穂がマーマレード・ボーイ実写化にミスキャスティングの声多数 - 01月18日(木)21:00 

18日、吉住渉氏の人気漫画「ママレード・ボーイ」実写化映画のキャストが発表され、両親役を中山美穂(47)、檀れい(46)、谷原章介(45)、筒井道隆(46)が演じることがわかった。 W主演は桜井日奈子(20)、吉沢亮(23)の二人で、中山美穂は吉沢演じる松浦遊の母親役となる。 最近続いているコミックの実写化ということで、ネット上では様々な意見が飛び交っている。 ◆キャストが原作に合ってない この発表に対し、ネットの掲示板ガールズちゃんねるでは以下のような意見が多く見られた。 「何で最近中山さん出るようになったの?需要ないと思う」 「中山美穂は不倫して子ども捨てたイメージがあるから、ドラマ見たいと思わない。」 「再婚後の組み合わせ、『中山美穂と筒井道隆』なんか昔のドラマみたい。」 「中山美穂合わない。ミキの母親ってキャリアウーマンぽくて明るくチャキチャキなイメージなんだけど、それを演じられると思わん。それに漫画はもっと若々しい。」 「みぽりんて若い頃はほんと綺麗で憧れる顔だったのに、今は普通の40代より可愛く感じないくらい」 キャストに関する意見の中でも、中山美穂に関して「なぜ?」というものが多かった。かつて作家の辻仁成と結婚したが、子どもを辻側に置いて離婚したという悪イメージも今だ払しょくされていないようだ。 ◆いい加減実写化は飽きた キャスト以前の問題もネットでは多く指摘され...more
カテゴリー:

中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆、『ママレード・ボーイ』追加キャストに - 01月18日(木)18:00 

 中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆が、映画『ママレード・ボーイ』で桜井日奈子が演じる小石川光希と、吉沢亮が演じる松浦遊の両親役を務めることが発表。檀、谷原、筒井と初共演となった中山は「とても不思議な関係で演技ができ、嬉しかったです」とコメントを寄せている。【写真】6人のファミリーショットほか『ママレード・ボーイ』フォトギャラリー 吉住渉による同名コミックを実写映画化する本作は、お互いの両親がパートナーを交換して再婚したことをきっかけに、突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希(桜井)と松浦遊(吉沢)が織りなす恋模様を描く。遊の母・千弥子に扮する中山は「私はコミック原作というものに、ひとつハードルを感じていたのですが、周りに『ママレード・ボーイ』がすごく好きだったという方がたくさんいらっしゃったので、引き受けてみようと思いました」とコメント。 遊の父・要士を演じる谷原は「ありえない設定じゃないですか。ありえない設定だからこそ、主人公の2人が状況に翻弄されて、心が揺れ動いて、強く惹かれあうと思うので、そこがやっぱりこの作品の一番の魅力なのかなって思います」と考えを語る。 光希の母・留美を演じる檀は、連載時に原作を読んでいたそうで、「まさか20年以上経って、自分がこの映画に出られるとは思ってなかったので、オファーをいただいた際は、本当にびっくりしましたし、嬉し...more
カテゴリー:

【映画】実写『ママレード・ボーイ』 両親Sは中山美穂&檀れい&谷原章介&筒井康隆 - 01月18日(木)05:08  mnewsplus

2018-01-18 05:00  女優の桜井日奈子(20)、俳優の吉沢亮(23)がW主演し、吉住渉氏の人気漫画を実写化する映画『ママレード・ボーイ』(廣木隆一監督 4月27日公開)の新たなキャストが18日、発表された。2人の両親で、お互いのパートナーを交換して再婚する役柄を中山美穂(47)、檀れい(46)、谷原章介(45)、筒井道隆(46)が演じ、4人は初共演を果たす。  同作は、主人公の両親がお互いのパートナーを交換して再婚し、6人2つの家族が一つ屋根の下で住むことで始まるラブストーリー。小石川光希(桜井)の両親・留美&仁を...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋一生のヒゲ剃り初体験を川栄李奈が奪う!長澤まさみも「ムキー!」と嫉妬!? - 01月20日(土)13:32 

新たな才能を発掘する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015」グランプリ受賞企画を映画化した『嘘を愛する女』の初日舞台挨拶が1月20日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督が登壇。長澤が嫉妬の思いを込めて、川栄をビンタしたことを明かした。 【写真を見る】長澤まさみはウエストチラ見せ!川栄李奈は美脚チラ見せドレスで登場 本作は一流企業に勤めるキャリアウーマンの女性(長澤)が、恋人(高橋)の大きな嘘に翻弄される姿を描く大人のラブストーリー。長澤と高橋が『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、14年ぶりに映画共演を果たした。長澤は「引っ張っていってくれる人。撮影をしていても宣伝活動をしていても頼りになる兄貴でした」と高橋への信頼感を吐露した。 劇中、心葉役の川栄李奈が高橋演じる桔平のヒゲを剃るシーンもあるそう。高橋は「剃っていただきました。女性の方に剃ってもらうなんて初めての体験。自分の(本当の)ヒゲではないとはいえ、ゾリゾリされている感じはたまらなかったですね。いい経験をさせていただきました」とニンマリ。川栄は「私も男性のヒゲを剃るなんて経験はないのでうれしかったです」と照れ臭そうに語っていた。 また川栄は長澤演じる由加利からビンタをされるシーンもあり、「痛かったです!」と激白しつつも、「...more
カテゴリー:

大泉洋の初主演小説が本屋大賞にノミネート! 待たれる映像化 - 01月19日(金)12:22 

俳優の大泉洋に“完全あて書き”した画期的な小説「騙し絵の牙」(KADOKAWA)が2018年本屋大賞にノミネートされた。 【写真を見る】ついに小説に主演した大泉洋 「騙し絵の牙」は、社会派作家・塩田武士氏による10作目の小説。塩田氏は昨年、小説「罪の声」で本屋大賞2017第3位に選出されており、今回は2年連続での本屋大賞ノミネートとなった。 この「騙し絵の牙」は構想の段階から、著者である塩田氏と出版社に加え、“主演”となる大泉と所属事務所の4者による綿密な打ち合わせと試行錯誤の末に誕生した、異色の文芸作品だ。執筆にあたり、塩田氏は4年にわたる丁寧な取材と俳優・大泉洋に対する綿密な分析、本人とのディスカッションを重ね、まるで大泉そのもののような主人公・速水輝也を生み出した。 物語の舞台は大手出版社。主人公である雑誌編集長・速水輝也は、ウィットに富み話術に長けた魅力的な男だ。精力的に仕事に打ち込む速水は、ある夜、上司から担当雑誌の廃刊を匂わされ、衝撃を受ける。組織に翻弄されるうちに、速水の心の内から異常なほどの執念が浮かび上がってきて――というストーリー。前作「罪の声」では昭和の未解決事件「グリコ森永事件」を扱った社会派作家の塩田氏ならではのリアリティある筆致で、出版界の光と闇をくっきりと描き出す。 当初から大泉洋の完全あて書きとして構想されただけあって、読み進むにつれ主人公に扮した大...more
カテゴリー:

川栄李奈:新CMで吉沢亮と軽快な歌とダンス披露 可愛く「ガオッ!」と… - 01月18日(木)20:00 

 女優の川栄李奈さんと俳優の吉沢亮さんが出演する脱毛専門サロン「銀座カラー」の新CMが公開された。CMはミュージカル調で、川栄さんは赤いドレス姿で歌と軽快なダンスを披露している。 新CM「告白篇」は…
カテゴリー:

映画『ママレード・ボーイ』両親役が「豪華すぎる」と話題 - 01月18日(木)14:00 

1月18日、人気少女漫画を実写化する映画『ママレード・ボーイ』に女優の中山美穂(47)、檀れい(46)、俳優の谷原章介(45)、筒井道隆(46)が出演することが公式サイトを通じて発表され、「豪華すぎる」とYahoo!検索ワードランキングに「ママレードボーイ」がランクインし話題となっている。 『ママレード・ボーイ』は、吉住渉氏が1992年~95年に少女漫画誌「りぼん」で連載していた人気漫画で、満を持して実写映画化が決定4月27日に公開される。 映画『ママレード・ボーイ』の公式サイトでは、主人公の桜井日奈子(20)演じる光希と吉沢亮(23)演じる遊の両親、通称両親Sのキャストが公開され、光希の母・留美は檀、父・仁は筒井、遊の母・千弥子は中山、要士は谷原が演じる。 中山は「この4人だから、両親Sというファンキーな設定にも拘らず、大人としての空気が出せているのが楽しかったです」とし、また谷原は「4人とも初共演ですが、違和感というか、ギクシャク感もなく、もともとこういうふうにはまるようなパスルが4つ揃ったみたいな感じがします」と共演の感想をコメント。 ネットでは、「実写版ママレードボーイの両親Sが豪華すぎてびっくり」「ママレード・ボーイの両親のキャスト豪華かよ…筒井道隆…好き…」「ママレード・ボーイが実写化するとは聞いていたが両親'sがここま...more
カテゴリー:

実写『ママレード・ボーイ』パートナー交換夫婦に中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 - 01月18日(木)05:05 

桜井日奈子と吉沢亮がW主演を務める映画『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)に、中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆が出演することがわかった。原作は、集英社の月刊少女マンガ誌「りぼん」にて1992年から1995年まで連載され、シリーズ累計発行部数1,000万部超えの吉住渉による大人気コミック。主人公の両親がお互いのパートナーを交換して再婚し、6人2つの家族が一つ屋根の下で住むことで始まるラブストーリーが展開する。ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・小石川光希(桜井)。両親はハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚することに。さらに、松浦夫妻の一人息子で光希と同い年の遊(吉沢)も含めてみんなで一緒に暮らすことになる。突然、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。「家族なんだから好きになっちゃダメよ!」と母親に釘を刺されながらも、次第に2人は距離を縮めていく。今回発表された中山、檀、谷原、筒井が演じるのは、パートナーを交換して再婚した“自由すぎる”親。光希の両親である留美役と仁役を、檀と筒井。遊の両親である千弥子役と要士役に、中山と谷原が演じる。そしてパートナーを変えると、千弥子と仁、留美と要士が夫婦となる。お互いのパートナーを交換して再婚し、2つの家族が一つ屋根の下で暮らすという驚きの設定について...more
カテゴリー:

もっと見る

「吉沢亮」の画像

もっと見る

「吉沢亮」の動画

Wikipedia

吉沢 亮(よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本俳優である。アミューズ所属。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。

人物
  • 特技は剣道、ダンス、ジャグリング、バスケットボール。
  • 趣味はギター練習。音楽、マンガ鑑賞、喫茶店巡り。
  • 大好物は焼肉、グミ。
  • 男4人兄弟の二男で母親に薦められ「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」を受けた。
  • 座右の銘は「点滴石を穿つ」。
  • 2012年の「炎の体育会TV」剣道部団体戦にて、剣道二段の腕前を披露し、初戦で2年連続日本一の女子高生と2戦目で実業団No.1大塚家具女子社員を相手に勝利している。また、2014年8月9日放送分での対決でも勝利している。剣道は関東大会優秀選手に選ばれたこともあり、小学1年生から9年間続けていた。
  • 同じ事務所所属の俳優である神木隆之介と仲が良く、お互いの公式ブログに登場することもある。
  • 自らの性格を人見知りと評しており、インタビューなどでも語っているドラマ「ロストデイズ」の裏側 瀬戸康史×石橋杏奈×トリンドル玲奈×吉沢亮が明かす モデルプレスインタビュー。
出演 テレビドラマ
  • サイン(2011年1月19日 - 3月16日、毎日放...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる