「吉木りさ」とは?

関連ニュース

わちちこと、わちみなみがポロリも気にせず全力疾走!「こぼれ落ちたら、落ちたでいいやくらいの気持ちでした(笑)」 - 04月11日(水)17:00 

3月に明治大学を無事卒業、2018年はよりいっそうグラビア界での天下取りに闘志を燃やす、わちみなみが発売中の『週刊プレイボーイ』17号に登場。 現役女子大生グラビアアイドルとして、昨年、一躍ブレイクした“わちち”ことわちみなみ。そんな彼女の大学卒業前、最後となる週プレでの撮影ということで、今回は「卒業旅行」をテーマに自身、初上陸となる八丈島へ。 こぼれ落ちそうなくらい迫力のある“わ乳”の撮影秘話や、最近始まったばかりの雑誌連載についての話まで聞いた。 ―初の八丈島はいかがでしたか? わち 楽しかったです! 港の古びた雰囲気が地元っぽくて安心感がありました。気温もそこまで寒くなくて過ごしやすかったです。マリン柄の水着を撮影していた時は少し寒かったかな。スタッフさんに「鳥肌が立ってなくてすごいね」って言われました。 ―寒さには強いんですか? わち いや、弱いです(笑)。涙が出ちゃう。普段なら泣いてるはずなんですけど、この時はなぜか我慢できました。なんでだろう…? ―アドレナリンが出ていたんですかね。食事はどうでした? わち お寿司がおいしかったです。初日の差し入れと夜ご飯と2日目に...more
カテゴリー:

和田正人年齢詐称をざんげ 菜々緒「この世界は結構多い」 - 04月10日(火)07:00 

 女優の菜々緒と俳優の和田正人が9日、都内で行われた日本テレビ系連続ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(毎週土曜 後10:00)制作発表会見に出席した。会見では登壇キャストが『仕事を始めた頃の自分』へのメッセージを発表。和田は「経歴詐称は辞めましょう!!」と、デビュー当初年齢を偽っていたことをざんげした。 【写真】デビュー当時の和田正人  大学時代は箱根駅伝に出場し、その後も社会人ランナーとして活躍してきた和田は「紆余曲折を経て陸上を24歳くらいで辞めて、芸能界を目指したんですけど、25歳くらいの時ってなかなかその歳では芸能プロダクションに入れない」と当時を回顧。「どうにか書類審査を通ってオーディションにいけるか考えたときに、一回年齢をウソをついて送ってみたらいいんじゃないかと思いまして」と、25歳のときに22歳と偽って応募したことを明かし、見事に合格を手にした。  晴れて事務所に所属したものの「そこから1年くらい事務所にもウソをついてお仕事をしていたんですけど、ある時、名前を調べれば箱根駅伝の記事が出てきますから。バレますよね」と思わぬ落とし穴があった。「バレてしまいまして、会社に死ぬほど怒られるという…。経歴は『なるべく正しくきちんと書きましょう』と当時の自分に言いたいです」と苦笑まじりに打ち明けた。  そんな和田に劇中で“悪魔”と呼ばれるほど冷酷非情な人事コ...more
カテゴリー:

「謎の美女」として注目を浴びた祥子が、オフでは誘われたい女だった! - 04月10日(火)15:00 

週刊誌の「謎の美女」として注目を集め、バラエティータレントとしても活躍する祥子が、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD「誘う女」の発売記念イベントを行なった。 1年ぶりに撮影したという今回の作品は、12月初旬に千葉と都内スタジオで撮影。気になる内容だが「"誘う女"ということで、視聴者が映像を見て誘われる気分を感じられるストーリーになっています。いろんなジャンルで撮りました。先生バージョンだったり、スポーツトレーニングをやっていたり、喪服っぽい黒の衣装を身にまとっていたり…。白いシースルーのカーテンみたいな布一枚を身にまとっていたりとか。いろんなシチュエーションがあるので楽しんでいただけるかなと思っています」と自信たっぷり。 中でもお気に入りのシーンは、ロデオマシンに乗って鍛えているところだそう。「撮影はなかなか難しくて、色っぽい顔もしなくてはならないんですけど、ガチな顔になってしまったりとか。そういう表情もあったので、そこらへんを観ていただけたらと思います」とアピール。 また撮影中、廃校のスタジオでちょっとしたトラブルもあったという。「体育館とかもあるような廃校なんですけど、トイレが怖くて、夜になるとひとりでは行けなかったもので、トイレを我慢したっていう。そこが一番大変でした」と、顔を赤らめていた...more
カテゴリー:

「吉木りさ」の画像

もっと見る

「吉木りさ」の動画

Wikipedia

吉木 りさ(よしき りさ、1987年7月27日 - )は、日本タレントグラビアアイドル歌手である。所属事務所はフィットワン

経歴

千葉県船橋市出身。 中学生の頃は漫画家を目指していたが、中学2年時に「モーニング娘。LOVEオーディション21」を受け、落選した。

高校1年生の春に原宿で芸能事務所フィットワンのスタッフにスカウトされて芸能界に入る。そして演歌歌手としてデビューすることが決まり、約2年間のレッスンを受けた。元々、母親が演歌や民謡好きで、小学4年生から民謡を習い始め、中学の時には地域の大会で優勝したこともあるほど。そのため、歌い方を根本的に変えるのに苦労したと語っている。

2004年11月、最初のイメージビデオ恋を発表。当時は、グラビア活動に対して両親の反対にあっていたが、吉木が20歳になった頃には理解してもらえるようになった。

2008年12月24日、坂本冬美の「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる