「吉木りさ」とは?

関連ニュース

和田正人、野村萬斎とのBL妄想で役作り「誰よりも愛している」 - 05月29日(月)12:41 

 俳優の和田正人が29日、都内で行われた映画『花戦さ』(6月3日公開)完成披露上映会に出席。同作で、野村萬斎演じる池坊専好の弟弟子・池坊専武を演じているが「この役は、専好さんの周りで翻ろうされながらも、専好さんのことを尊敬し、大好きで誰よりも愛している役です」とアピールした。 【写真】野村萬斎や佐々木蔵之介らも出席した完成披露会見の模様  そんな役になりきるため、萬斎への思いを高めていったといい「僕は、萬斎さんのことを大好きになろうとずっと妄想しながら、この期間やってまいりました」と告白。「そんな僕のボーイズラブといっても過言ではないような、この熱い萬斎さん愛をこの作品で少しだけ味わっていただければと思います」と笑わせていた。  同作は、鬼塚忠氏の著書『花いくさ』(角川文庫)をもとに、豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇。戦国時代、時の天下人となった秀吉に対して、専好が刃でなく花をもって仇討する。  会見にはそのほか、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、森川葵、吉田栄作、篠原哲雄監督も出席し、高円宮妃久子殿下・絢子女王殿下がご臨席された。 【関連記事】 吉木りさ、“元カレ”の“いま”に仰天 逃した魚は大きすぎた? (15年12月20日) 吉木りさ、恋人・和田正人とのラブラブ電話は1分間「ちょうどいい」 (16年12月07日) 【...more
カテゴリー:

「やっぱ自撮りは盛れるよね!」20代女子は撮られるより自分で撮る - 05月22日(月)10:00 

(miya227/iStock/Thinkstock)SNSにあふれる自撮り画像。中には、「この角度から撮るのが一番可愛いんです」「私、自撮りのほうが盛れるんで!」と宣言する人も。そんな、大人気の自撮り。「人に撮ってもらうよりも、自撮りは盛れる!」と思っている人はどれくらいいるのだろうか。■自撮り女子がすごい!しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に、「人に撮ってもらった写真と自撮りした写真」について調査したところ、「自撮りしたほうが盛れる」と答えたのは全体の14.0%。©sirabee.com性年代別で見てみると、やはりもっとも多いのは20代の女子。3人に1人は「自撮りのほうがいい!」と思っている。また、好んで自撮りしているのは、20代30代が中心。上の世代からすれば、「そもそも自撮りではうまく撮れない」「なんとなく恥ずかしい」と感じてしまうようだ。■自撮りでうまく撮るには…自撮り大好き! という20代女子に、気をつけているポイントを聞いてみた。「とりあえず、たくさん撮ってみる。その中で『この自分可愛い!』って向きや角度を探しました。絶対あるんですよ、奇跡の角度が! 二の腕が気になるので、なるべく腕が入らないように撮ってます。ただ、いつもその位置なので『合成?』って笑われることがありますが…。次に、光ですね。すごい大事。なるべ...more
カテゴリー:

「吉木りさ」の画像

もっと見る

「吉木りさ」の動画

Wikipedia

吉木 りさ(よしき りさ、1987年7月27日 - )は、日本タレントグラビアアイドル歌手である。フィットワン所属。身長162cm。

略歴

千葉県船橋市出身。 中学生の頃は漫画家を目指していたが、中学2年時に「モーニング娘。LOVEオーディション21」を受け、落選した。

高校1年生の春に原宿で芸能事務所フィットワンのスタッフにスカウトされて芸能界に入る。そして演歌歌手としてデビューすることが決まり、約2年間のレッスンを受けた。元々、母親が演歌や民謡好きで、小学4年生から民謡を習い始め、中学の時には地域の大会で優勝したこともあるほど。そのため、歌い方を根本的に変えるのに苦労したと語っている。

2004年11月に最初のイメージビデオ恋を発表。当時は、グラビア活動に対して両親の反対にあっていたが、吉木が20歳になった頃には理解してもらえるようになった。

2008年12月24日、坂...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる