「吉岡里帆」とは?

関連ニュース

大杉漣が明かす俳優人生40年「苦労という言葉はあてはまらない」 - 03月26日(日)08:40 

 独特の存在感と表現力で、脇役から主役まで数々のドラマや映画に出演してきた俳優・大杉漣。ここ最近では、ドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)で脇役ブームの中心人物になる一方、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります!」レギュラー出演も話題に。そんな大杉が40年以上にわたる俳優人生を振り返りながら、その転機になった北野武監督の演出、現在のバイプレイヤー同士の絆について語ってくれた。 【写真】『バイプレイヤーズ』そのままの雰囲気で語る大杉漣インタビュー ◆思わぬオファーだった『ぐるナイ』。正直に向き合い“一生懸命”を置いてくる ――オンラインゲームにはまる父親役を演じた4月期の連続ドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(TBS系)は、大ヒットゲームが題材になっている作品ですが、オファーを受けたとき率直にどう思われたのでしょうか? 【大杉漣】 実写とゲームのコラボと聞いていたのですが、どういうふうにゲームが実写に入っていくのかというイメージが最初は湧かなかったんです。でも、『光のお父さん』というタイトルのおもしろさやテーマをうかがい「これはぜひやらせていただきたい」と思いました。 ――そういった新しいものに触れるという意味では、『ぐるナイ』の「ゴチになります!」へのレギュラー出演なども新しいチャレンジですね。 【大杉漣】 僕にとっては思わぬ...more
in English
カテゴリー:

工藤新一の初恋の瞬間が胸キュン必至!幼少期の2人の可愛さも話題に - 03月25日(土)19:00 

読売テレビ・日本テレビ系の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜18:00~)。3月25日は「サクラ組の思い出(新一BOY)」が放送された。前週に放送された「サクラ組の思い出(蘭GIRL)」では、毛利蘭(山崎和佳奈)の髪の毛の尖った部分、通称“蘭姉ちゃんの角”が幼少期からあったことが話題を集める中、「小さい2人が可愛すぎる」「めっちゃ癒やされる」「これは癒やし回だわ」とネットでは反響を呼んだ。さらに、保育園時代に工藤新一(高山みなみ)と出会い、仲良くなるきっかけとなったエピソードが、蘭目線で描かれた。新一目線で描かれる今回は、蘭に対して「昼寝の布団が蘭だけ固定の位置」「散歩の時にいつも手を繋いでいる」「滑り台を優先的に滑らせる」などの不審な動きを見せる保育士・江舟(遊佐浩二)の目論見が明らかになる。江舟を伺う新一は、独自の推理を父・優作(田中秀幸)と母・有希子(島本須美)に披露するが、有希子からは「新ちゃん、あの先生に嫉妬しているのね」とからかわれてしまう。その翌日、江舟と妻、妻の弟の3人が、蘭のことを誘拐しようとしていたことが発覚。優作が先回りして事件を未然に防ぐが、その推理の中で「私の息子の読み通りですね」と新一を持ち上げる。この発言に、ネット上では「めっちゃいいお父さん」「こんなお父さんが欲しかった!」と新一を羨ましがるファンのコメントが続出。その後、優作の華麗な推理によって事...more
in English
カテゴリー:

【芸能】岸井ゆきの、“地味カワ”武器にブレイク期待「『恐縮です』精神は忘れたくない」 - 03月24日(金)06:59 

 女優の岸井ゆきの(25)がドラマ初主演を務めるドラマ『十九歳』(深1:25※地上波ロングバージョン)がフジテレビ系で4月5日に放送される。この冬、『レンタルの恋』(TBS)、『突然ですが、明日結婚します』(フジ)と1クール2作品にレギュラー出演した岸井は、蒼井優や多部未華子、吉岡里帆のような“地味カワ”な雰囲気が魅力。順調に女優としてのキャリアを積んでいるが、当の本人は「つねに『恐縮です』精神は忘れたくない」と控えめな笑顔を浮かべる。  オーデションを繰り返し受けチャンスを掴んできた岸井は、今回、満を持し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

まだ明らかになっていない謎も 今夜最終回のドラマ「カルテット」ストーリーを振り返る - 03月21日(火)15:58 

 大人の恋とサスペンスを描くTBSのドラマ「カルテット」が今夜最終回を迎えます。真紀のいなくなったカルテットドーナツホールはどうなってしまうのか――。気になる最終回を前にストーリーや伏線を振り返ります。 【拡大画像や他の画像】 以下、これまでのストーリーに関するネタバレが含まれています。ご注意ください。  ストーリーは軽井沢の別荘で共同生活をする30代の男女4人を中心に描かれており、毎週ちりばめられる謎を追うサスペンス要素と、シェアハウスでの恋模様を描く恋愛要素がうまく絡み合い、ミステリー仕立てのラブストーリーになっています。 ●ストーリーのテーマは不可逆? から揚げレモンに隠された秘密  バイオリン奏者の巻真紀(松たか子)、チェロ奏者の世吹すずめ(満島ひかり)、ビオラ奏者の家森諭高(高橋一生)、バイオリン奏者の別府司(松田龍平)は、アマチュアの演奏家。ある日、偶然カラオケボックスで知り合った4人は意気投合し、弦楽四重奏のカルテット「ドーナツホール」を結成することに。  その後、真紀は夫が失踪していること、すずめは幼少期に超能力少女として詐欺に加担させられていたこと、諭高は謎の男に追われていること、司と真紀が出会ったのは偶然ではなかったことなど、全員が何らかの事情を抱えていることが明らかになりました。  第1話から第5話までの第一幕では、真紀が失踪中の夫・巻幹生(宮藤官九郎)を殺し...more
in English
カテゴリー:

松たか子主演『カルテット』最終話…4人を待ち受ける最後のまさか - 03月21日(火)06:00 

松たか子主演の連続ドラマ『カルテット』(TBS系列、毎週火曜22:00~ ※放送時間は変更の場合あり)最終話が、3月21日に放送される。本作は、冬の軽井沢を舞台に、弦楽四重奏団「カルテットドーナツホール」を組んで共同生活を送る真紀(松)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)が繰り広げる、大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンス。第9話では、真紀の壮絶な過去が明るみに出た。真紀の母は演歌歌手で、真紀が口ずさんでいた「上り坂♪ 下り坂♪ そうね、人生はまさか♪」という鼻歌が母の楽曲だったこと、真紀が10歳の頃、その母が不慮の自転車事故で死んだこと、真紀の母と再婚していた男(真紀の義父)が、加害者の少年に長らく賠償金の請求していたこと、真紀はその後失踪したが、それと同時に男が亡くなったこと、真紀の本名は「やまもと・あきこ」で、他人の戸籍を買って「早乙女真紀」になりすましていたことなどが、次々と判明。警察に疑われていた真紀が出頭したことにより、カルテットは泣く泣くバラバラになってしまった。そして迎える最終話では、4人がバラバラになってから1年後のことが描かれる。それぞれ別の道を歩んでいた4人を待ち受けていた最後の“まさか”とは……? 関連リンク 『カルテット』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト...more
in English
カテゴリー:

中村玉緒 男の人は京女の言葉に目尻下げちゃいけません - 03月26日(日)07:00 

【この人が語るこの本】『京女の嘘』/井上章一著/PHP研究所/本体800円+税 【著者プロフィール】井上章一(いのうえ・しょういち)/1955年京都市右京区花園生まれ、同嵯峨育ち。京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。国際日本文化研究センター教授。建築史・意匠論、美人論、関西文化論などで知られる。『美人論』(朝日文芸文庫)など著書多数。  京都の「洛外」(郊外)に生まれ育った著者が、「洛中」(中心街)の京都人から蔑まれてきたことの恨み、辛みを綴り、2016年の新書大賞を受賞したベストセラー『京都ぎらい』(朝日新書)。それに続く第2弾として発売されたのが本書『京女の嘘』(PHP研究所)。曰く、女の京都弁は女の値打ちを上げ、男を惑わせる……。「京女」が持つ(と思われている)独特の魔力を話の枕に、著者の専門である美人論を展開した本だ。  関西歌舞伎の名門家庭の長女として京都の中心街に生まれ(父は2代目中村鴈治郎、兄は4代目坂田藤十郎)、京都の名門女子校で、通称「京女」と呼ばれる私立京都女子中学校・高等学校を卒業。平成23年からは京都市の「京都名誉観光大使」も務める中村玉緒さんは、「京女」という存在をどう考えるか。(インタビュー・文/鈴木洋史) ──生まれたのは中京区の蛸薬師のそばだそうですね。 中村:三条と四条の間で、先斗町にも近いという京都のまん真ん中です。家のすぐ裏にあった...more
in English
カテゴリー:

工藤新一の初恋の瞬間が胸キュン必至!幼少期の2人の可愛さも話題に - 03月24日(金)21:59 

読売テレビ・日本テレビ系の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜18:00~)。3月25日は「サクラ組の思い出(新一BOY)」が放送された。前週に放送された「サクラ組の思い出(蘭GIRL)」では、毛利蘭(山崎和佳奈)の髪の毛の尖った部分、通称“蘭姉ちゃんの角”が幼少期からあったことが話題を集める中、「小さい2人が可愛すぎる」「めっちゃ癒やされる」「これは癒やし回だわ」とネットでは反響を呼んだ。さらに、保育園時代に工藤新一(高山みなみ)と出会い、仲良くなるきっかけとなったエピソードが、蘭目線で描かれた。新一目線で描かれる今回は、蘭に対して「昼寝の布団が蘭だけ固定の位置」「散歩の時にいつも手を繋いでいる」「滑り台を優先的に滑らせる」などの不審な動きを見せる保育士・江舟(遊佐浩二)の目論見が明らかになる。江舟を伺う新一は、独自の推理を父・優作(田中秀幸)と母・有希子(島本須美)に披露するが、有希子からは「新ちゃん、あの先生に嫉妬しているのね」とからかわれてしまう。その翌日、江舟と妻、妻の弟の3人が、蘭のことを誘拐しようとしていたことが発覚。優作が先回りして事件を未然に防ぐが、その推理の中で「私の息子の読み通りですね」と新一を持ち上げる。この発言に、ネット上では「めっちゃいいお父さん」「こんなお父さんが欲しかった!」と新一を羨ましがるファンのコメントが続出。その後、優作の華麗な推理によって事...more
in English
カテゴリー:

岸井ゆきの、地味カワ武器にブレイク期待「『恐縮です』精神は忘れたくない」 - 03月24日(金)06:00 

 女優の岸井ゆきの(25)がドラマ初主演を務めるドラマ『十九歳』(深1:25※地上波ロングバージョン)がフジテレビ系で4月5日に放送される。この冬、『レンタルの恋』(TBS)、『突然ですが、明日結婚します』(フジ)と1クール2作品にレギュラー出演した岸井は、蒼井優や多部未華子、吉岡里帆のような“地味カワ”な雰囲気が魅力。順調に女優としてのキャリアを積んでいるが、当の本人は「つねに『恐縮です』精神は忘れたくない」と控えめな笑顔を浮かべる。 【劇中カット】『十九歳』に出演する岸井ゆきの  オーデションを繰り返し受けチャンスを掴んできた岸井は、今回、満を持しての主演作に「こういう風に声をかけてもらえることを『ありがたい』と思えなくなったら辞めたい。いろんなことが私だけでまわってないので『ありがとう』という気持ちを来年も再来年も忘れないでやっていきたい」と背筋を正す。  タイトルは『十九歳』。脚本は現役音大生である青山ななみさんが手がけている。岸井に10代の頃との変化を聞いてみると「誰かに対して一つ自分と考え方が違うところを感じると一瞬で嫌いになってたんです。『許せない! こういうことするなら私の人生とは無縁!』と決めつけ、他人への許容範囲が狭かった。だから友達がいなかった」と反省気味に振り返る。  「でも当たり前なんですけど、いろんな人がいて『この人のこの部分は好き』と思えるよう...more
in English
カテゴリー:

「名探偵コナン」史上初、本当に使える婚姻届が付録に - 03月21日(火)10:00 

 青山剛昌氏の人気漫画原作、劇場版アニメ最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』(4月15日公開)を記念して、「名探偵コナン」史上初の本当に使える婚姻届「から紅の婚姻届(まりっじこーど)」を、女性ファッション誌「CanCam」(小学館)と一緒に制作。3月23日発売の「CanCam」5月号の付録として配布される。 『名探偵コナン から紅の恋歌』ポスタービジュアル  「名探偵コナン」と「CanCam」がコラボレーションするのは今回が初。婚姻届の付録も「CanCam」創刊以来初めての試みとなる。  「から紅の婚姻届」には、「名探偵コナン」ではおなじみの“レンガ模様” に、新一と蘭が抱き合う「黒衣の騎士」のシーンのイラストが描かれており、女性のコナンファンには“胸キュン必至”の婚姻届になっている。  映画の鑑賞後、この婚姻届を使って、プロポ ーズするカップルが続出するかもしれない? 【関連記事】 少女漫画誌「Sho-Comi」にコナン登場 2号連続でコラボ (17年03月18日) コナンと平次がボーイズトーク “愛の告白”について語るスペシャルムービー解禁 (17年03月14日) 吉岡里帆、公開アフレコに緊張「手汗がびちゃびちゃ」 (17年03月17日) 吉岡里帆、劇場版『名探偵コナン』ゲスト声優に 宮川大輔と“関西代表” (17年...more
in English
カテゴリー:

蘭姉ちゃんの角、幼少期からあったことが発覚!左右の移動も健在 - 03月18日(土)19:00 

読売テレビ・日本テレビ系の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜18:00~)。3月18日は「サクラ組の思い出(蘭GIRL)」が放送され、幼少期の蘭の髪型が話題を集めた。コナンが蘭、園子、世良をきれいな桜並木に連れて行くところからスタート。蘭は桜を見て新一と出会った時のことを思い出し、回想パートへ。13年前、小五郎は蘭の保育園のネームプレートを壊してしまい、妻の妃英理が代わりのネームプレートを手作りする。その頃、新一の父である推理小説家の工藤優作はデパートでサイン会をしていた。その時、妻の有希子から連絡があり、優作は新一の新しい保育園のネームプレートを間違って持ってきたことに気付く。一方、保育園で蘭は手作りのネームプレートを園子に見せる。その時、同じ組のいじめっ子の男子が蘭のネームプレートを奪い取り、みんなと違うから仲間じゃないと騒ぎ出す。園子はいじめっ子に掴みかかるが、取り戻そうとした時にグシャグシャになってしまう。昼寝の時間、蘭は色紙を使ってネームプレートを作り直すが、見知らぬ男の子が「オレにも作ってくれよ」と蘭に声をかけてくる。それは、この日に保育園に入園した新一だった。作っている途中なのに、新一にはサクラとわかったことに驚く。新一は蘭の列の子たちがサクラ組のバッジを付けていること、折り紙の折り方と切り方からサクラと推理したと得意げに教える。新一は泣いていた蘭を泣き虫と呼び、蘭...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「吉岡里帆」の画像

もっと見る

「吉岡里帆」の動画

Wikipedia

吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年1月15日 - )は、日本の女優。

京都府京都市右京区出身「2015年ブレイク必至“女優・吉岡里帆”の素顔に密着!」日刊SPA!2015年5月16日。エーチーム所属。

略歴・人物

実家が京都市右京区太秦だったことから、幼少時から映画や演劇に親しむ。高校3年から養成所に通いはじめ、学生主体の自主映画の撮影などに参加した。大学入学後、つかこうへい三島由紀夫唐十郎など古典と言われる戯曲に打ち込む同級生たちを見てカルチャーショックを受ける。2013年秋から芸能事務所エー・チームで活動を開始。

2014年7月23日、公式ブログを開設。また同月発売の週刊プレイボーイにて初めてグラビアに挑戦。

特技は書道アルトサックス、趣味は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる