「合理化」とは?

関連ニュース

週末だけグルメぶってみる?会員制の「食のコミュニティー」 - 02月24日(土)06:00 

Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな合理化や効率化とは逆のムーブメントも。たとえば、東京・青山の国連大学前で、毎週末開かれているファーマーズマーケット。 スーパーで買い物するときは、生産者との関わりなんて、せいぜい「農家〇〇さんの野菜」なんて文字や顔写真を見る程度。それがファーマーズマーケットでは生産者から直接野菜を購入できるということで、食に関心が高い人たちを中心に、にぎわいを見せている。そんなファーマーズマーケットが、昨年から「会員制のコミュニティー」を始めたのだという。体験をとおして「食」を探求!昨年からファーマーズマーケットが始めた「Farmer’s Market Community Club」。会員費は、月3000円(税別)。 入会すると、毎週日曜に開かれている食事会や、農作業を手伝う体験ができるファームツアーなどに参加できる(過去の活動内容は公式HPにて)。ところで、今までもファーマーズマーケットという場所でひとつのコミュニティが形作られていたはずだけれど、なぜあえて「コミュニティクラブ」をスタートさせたのだろうか。運営者のひとり、田中亘さんに尋ねてみた。ー2009年からファーマーズマーケットを開催されてきて、このタイミングで「Fa...more
カテゴリー:

【鉄道】JR九州「全路線で減便」の衝撃-深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体 - 02月19日(月)19:20  newsplus

「かなりの効率化をやっても収支を上向きに改善させるのは難しい。ローカル線は効率化できなければ長く維持できない――」  2018年1月26日に行われたJR九州の記者会見で青柳俊彦社長はこう述べ、3月のダイヤ改正で実施される大規模減便や無人駅拡大への理解を求めた。  JR九州が2017年12月に発表した「大規模減便」の方針は、沿線自治体に大きな衝撃をもたらした。「どうせ減便されるのは閑散線区だろう」と思う読者もいるであろうが、決してそうではない。減便される路線はJR九州の全路線に当たる22路線、1日当たり117本(2月15日現...
»続きを読む
カテゴリー:

JR九州:117本減便を発表 3月改正、当初計画を維持 - 02月16日(金)13:32 

 JR九州は16日、鉄道事業の合理化に向けた3月のダイヤ改正での新幹線と在来線を合わせた運行本数の削減が1日当たり117本になると正式に発表した。自治体から反発があったが、減便規模が過去最大となる昨年12月に示した当初計画を維持した。ダイヤ改正に合わせ、車掌が同乗しない「ワンマン特急」は、日豊線の宮崎-鹿児島中央を走る特急の一部に導入を拡大する。
カテゴリー:

焦点:迷走する中国石炭政策、寒波が「供給網の不備」露呈 - 02月15日(木)07:00 

Muyu Xu and Josephine Mason [北京 3日 ロイター] - 中国を襲ったこの冬最悪の猛吹雪は、石炭産業政策が抱える欠陥を露呈した。重工業の合理化と人口過密地域の大気汚染解消を狙って、遠隔地に石炭産業のハブ(中核拠点)を設ける計画だったが、鉄道網の不備により、石炭を市場に供給できなくなったのだ。 今月に入り、激しい吹雪によって世界最大の鉄道網が混乱し、高速道路は閉鎖され
カテゴリー:

過去には1人で100個提案も 株主総会での提案権乱用を制限、会社法改正の中間試案まとまる - 02月14日(水)18:50 

 株主総会の合理化などを検討していた法制審議会(法相の諮問機関)の部会は14日、株主提案権の乱用を制限するための措置などを盛り込んだ会社法見直しに関する要綱の中間試案をまとめた。株主総会をめぐっては、1人の株主が多数の議案を提案したため無駄な時間がかかるといった問題が起きていた。近く実施されるパブリックコメント(意見公募)を経て要綱案を作成する。
カテゴリー:

アルゴリズムによるゾーニングは、より安い住居と公平な都市への鍵となるか? - 02月20日(火)14:09 

米国のゾーニングコード(都市の地区にコードを割り当て、そこに建築できる施設を規制する制度)の歴史は1世紀に及ぶ。そしてそれは、米国のすべての主要都市( おそらくヒューストンを除く )の生命線であり、何をどこに建築できるのか、近隣では何を行うことができるのかを決定するものだ。だが現在、研究者たちが、その複雑さが増してきたことを受けて、都市空間を合理化するための現在のルールベースのシステムを、ブロックチェーン、機械学習アルゴリズム、そして空間データにに基く動的システムで置き換えることができるかどうかの探究をさらに進めている最中だ。おそらくそれがこの先100年の都市計画と開発に革命を起こすだろう。 これらの未来のビジョンは、都市と都市ガバナンスの改善を現在のキャリアの中心に置く、2人の研究者であるKent LarsonとJohn Clippingerとの会話の途中で触発されたものだ。LarsonはMITメディアラボの主任研究者であり、シティサイエンスグループのディレクターである。そしてClippingerはヒューマンダイナミクスラボ (メディアラボの一部でもある)の客員研究員であり、非営利組織ID3の創設者でもある。 米国の主要都市が現在直面している最も困難な課題の1つは、過去数十年に渡って急騰してきた住宅価格である。このことによって、若年層や高齢者たち、単身者や普通の家族世帯の予算に信...more
カテゴリー:

【鉄道】JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体 - 02月17日(土)18:08  bizplus

「かなりの効率化をやっても収支を上向きに改善させるのは難しい。ローカル線は効率化できなければ長く維持できない――」  2018年1月26日に行われたJR九州の記者会見で青柳俊彦社長はこう述べ、3月のダイヤ改正で実施される大規模減便や無人駅拡大への理解を求めた。  JR九州が2017年12月に発表した「大規模減便」の方針は、沿線自治体に大きな衝撃をもたらした。「どうせ減便されるのは閑散線区だろう」と思う読者もいるであろうが、決してそうではない。減便される路線はJR九州の全路線に当たる22路線、1日当たり117本(2月15日現...
»続きを読む
カテゴリー:

JR九州、117本の減便発表 来月のダイヤ改正、当初計画維持 「ワンマン特急」導入拡大 - 02月16日(金)11:59 

 JR九州は16日、鉄道事業の合理化に向けた3月のダイヤ改正での新幹線と在来線を合わせた運行本数の削減が1日当たり117本になると正式に発表した。自治体から反発があったが、減便規模が過去最大となる昨年12月に示した当初計画を維持した。ダイヤ改正に合わせ、車掌が同乗しない「ワンマン特急」は、日豊線の宮崎-鹿児島中央を走る特急の一部に導入を拡大する。
カテゴリー:

株主総会手続き合理化 会社法改正の中間試案 法制審部会 - 02月15日(木)05:08 

法務大臣の諮問機関である法制審議会の部会は、株主総会を開く際の手続きを合理化するため、事業報告書などの必要な資料を、株主に書面で送る代わりにウェブサイト上で公開できるようにすることなどを盛り込んだ会社法改正の中間試案をまとめました。
カテゴリー:

迷走する中国石炭政策、寒波が「供給網の不備」露呈 - ロイター発 World&Business - 02月13日(火)05:01 

中国を襲ったこの冬最悪の猛吹雪は、石炭産業政策が抱える欠陥を露呈した。重工業の合理化と人口過密地域の大気汚染解消を狙って、遠隔地に石炭産業のハブ(中核拠点)を設ける計画だったが、鉄道網の不備により、石炭を市場に供給できなくなったのだ。
カテゴリー:

もっと見る

「合理化」の画像

もっと見る

「合理化」の動画

Wikipedia

合理化(ごうりか、)

  • 企業等の団体設備施設技術を刷新して、それらに合わせ管理体制・組織を再編成すること。労働生産性の向上を踏まえながらも、その過程で第三者に迷惑をかけないで成功することを目的とする。金印勅書を受けたヴェネツィア共和国は一隻の船を一時間で組めるほどになり、資金面でも船会社等の株式と、その他の公共事業をひっくるめた財源としての国債を利用して迅速な資本集中を可能にした。近代では産業革命として論じられるが、トーマス・エジソンが電気事業を開拓してからは世界中で合理化が進んだ。なかんずくドイツ帝国は20世紀初頭からベルリン大銀行の他人資本割合が増加するとともに、戦後つまり...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる