「合意形成」とは?

関連ニュース

安倍総理が「9条の改憲」発議を強行しそうな、4つのタイミング - 01月16日(火)04:30 

昨年末、第2次内閣発足から5年を迎えた安倍政権。今年秋の自民党総裁選3選を経て改憲へ、という安倍首相の悲願は現実のものとなるのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で、北朝鮮の核危機も対話で解消されようとしている今、安倍首相が提示し続けている「9条3項自衛隊明記」という案は「古い時代への逆行」でしかないとバッサリ斬っています。 安倍首相は総裁3選優先で、それにはまず経済、次に改憲──しかしその弱気が3選の妨げになるのでは? 安倍晋三首相は年初の各所での挨拶で、「まだまだやるべきことがある。デフレ脱却、人づくり革命、生産性革命、さらには改憲だ」という言い回しを繰り返し、13日付毎日新聞はこれを捉えて「口にした順番は安倍首相の頭にある優先順だろう」と推測した。 二階俊博幹事長も、「年内に改憲発議を行いたい」と語っていて、つまり安倍政権は今年前半は経済重視の低空飛行で9月自民党総裁3選を固め、その上で秋から改憲に本格的に取り組もうという算段であるように見受けられる。 改憲日程の難しさ 上の「18~21年日程」を見て頂くと分かるように、改憲発議→国民投票が可能な日程は4つあって、 18年通常国会で発議、秋に投票 18年秋の臨時国会で発議、19年3月までに投票 19年3月までに発議、7月参院選と同時に投票 20年通常国会で発議、五輪後の...more
カテゴリー:

話し合いは出だしが肝心。最初に異論反論を洗い出すことで会議が紛糾しなくなる! - 01月08日(月)08:45 

議題を熟知していなくても会議の進行役が出来る  会議や対話で、洗い上げ質問、掘り下げ質問、示唆質問、まとめの質問の4つの質問を繰り出していくと、一定時間内に合意形成できる確度が格段に高まるということを前回お話しました(※ […]
カテゴリー:

政治犯釈放を約束=エチオピア首相 - 01月04日(木)09:05 

エチオピアのハイレマリアム首相(写真)は3日、首都アディスアベバで記者団に対し「国民の合意形成、民主主義の基盤拡大のため、政治犯は釈放することにした」と述べた=2017年8月撮影
カテゴリー:

【豊洲】都知事、「築地守る」の約束ほご - 12月21日(木)13:08  bizplus

 東京都が築地市場(中央区)の移転先としている豊洲新市場(江東区、東京ガス工場跡地)の開場日について都は20日、この日開かれた新市場建設協議会での合意を踏まえ、来年10月11日とすることを決定しました。同日夕、小池百合子知事が都庁で会見し、発表しました。 都は、同月6日を築地市場の最終営業日、7~10日を移転期間としています。  小池知事は、土壌汚染問題が解決していない豊洲新市場を「日本の新たな中核市場として育てる」「豊洲ブランドを構築する」などと述べる一方、築地市場の市場機能については一言...
»続きを読む
カテゴリー:

合意形成のためには、問題点を「深く掘り下げる」のは正解か? - 01月15日(月)08:45 

 会議や対話で、洗い上げ質問、掘り下げ質問、示唆質問、まとめの質問の4つの質問を繰り出していくと、一定時間内に合意形成できる確度が格段に高まる。洗い上げ質問で異論や懸念を洗い上げた(※『話し合いは出だしが肝心。最初に異論 […]
カテゴリー:

連合:神津会長「懐深く連携を」 3党統一会派結成巡り - 01月05日(金)18:57 

 連合の神津里季生会長は5日の記者会見で、民進党が立憲民主党と希望の党に申し入れた3党による統一会派結成について「政党が一緒になる話とは全く次元の異なる問題だ。国会審議で野党が力を持つ意味で、懐深く、懐を広く連携してほしい」と述べ、各党に柔軟な対応を求めた。神津氏はその後、連合が東京都内で開いた新年交歓会でも、統一会派問題を念頭に「合意形成の政治に向かって野党も力を合わせてほしい」と訴えた。
カテゴリー:

【与党】公明党、連立政権合意から「改憲目指す」削除求める 2017年10月 自民は譲歩[18/01/01] - 01月03日(水)20:19  seijinewsplus

公明党 「改憲目指す」削除 連立政権合意、自民押し返す 毎日新聞 2018年1月1日 09時00分(最終更新 1月1日 09時00分) 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180101/k00/00m/010/087000c/ 改憲をめぐる自民・公明の連立政権合意と現状 公明党が、2017年10月の衆院選後に与党間で交わした連立政権合意で、当初自民党が提示した「憲法改正を目指す」との表現を削るよう求めていたことが明らかになった。自民は譲歩し、「憲法改正に向けた国民的議論を深め、合意形成に努める」という文言に落ち着いた。公明は改憲への...
»続きを読む
カテゴリー:

「合意形成」の画像

もっと見る

「合意形成」の動画

Wikipedia

合意形成(ごういけいせい、)とは、ステークホルダー(多様な利害関係者)の意見の一致を図ること。特に議論などを通じて、関係者の根底にある多様な価値を顕在化させ、意思決定において相互の意見の一致を図る過程のことをいう。コンセンサスともいう。特に国民全体の合意形成をはかることをナショナル・コンセンサス、合意形成を図る過程のことを合意形成過程とも言う。

概要

早い事例としては、1980年代にデンマークで発達したコンセンサス会議が挙げられる。

近年の日本では、組織内はもちろん、地方自治の分野では地域のまちづくりについて、市民の意見を市政やまちづくりに反映させる行政参加(市民参加)の取り組みとして行われることが多い。こうしたまちづくりにおける合意形成の事例が散見されるようになってきた中で、多くの市町村において地区別に行政や市民が議論するワークショップや市町村の公共政策の意思決定課程に市民を参加させるパブリックインボルブメント、インターネットなど情報通信...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる