「合弁会社」とは?

関連ニュース

トヨタも焦った。中国EVの「一人勝ち説」は本当か? - 01月18日(木)05:00 

近い将来、ガソリン車の製造販売を禁止するとの方針を公表し、EVを普及させるためさまざまな優遇措置を次々打ち出している中国。このような政府の後押しなどもあり、中国のEV市場は将来有望との見方が大半ですが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、「作っても売れない」と悩む中国EVメーカーの声を紹介するとともに、「今現在のようなバラマキ政策は長くは続かない」と冷静に指摘しています。 【中国】太っ腹なバラマキでその気にさせて補助金打ち切り。「中国EV一人勝ち説」は本当か ● EV開発 中国の本気 自動車業界は、数年前からEV(電気自動車)をめぐって大きく動いており、去年末、ついにトヨタも動き出しました。2030年までに電動車の生産台数を550万台にすると発表したのです。 現在のトヨタ自動車の世界での販売台数は約900万台であり、その約半数を2030年までには電動車にするというのです。この場合の電動車には、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)が含まれています。 そして、トヨタにこの決断をさせたのが中国だ、というのが日本の主な論調です。フランスとイギリスが、2040年までにガソリン車の販売を禁止させ、EVのみにすると公表し、インドは2030年までに国内での...more
カテゴリー:

IBMと物流大手マースク、貿易へのブロックチェーン応用で合弁会社を設立へ - 01月17日(水)10:29 

IBMと物流大手のマースクは、ブロックチェーン技術を応用した国際貿易プラットフォームの開設に注力する合弁会社を設立する。
カテゴリー:

【EV】中国大手自動車メーカーが来年 米に本格進出へ - 01月16日(火)15:27  bizplus

アメリカのデトロイトで開かれている北米モーターショーで、中国の大手自動車メーカーがアメリカにデザインと開発の拠点を設けたうえで、来年、販売を始めるなど本格的に進出する計画を発表しました。 ことしの北米モーターショーには世界の43の自動車ブランドが参加し、人気のSUV=多目的スポーツ車や電気自動車の発表が相次いでいます。 こうした中、中国から唯一参加している大手自動車メーカー「広州自動車」は15日、電気自動車のコンセプトカーを発表しました。そのうえで、ことし前半にデザインと開発の拠点をアメリカに...
»続きを読む
カテゴリー:

保集健康ホールディングス子会社やケアサービスを含めた3社の合弁会社の設立記念式典を1月11日 上海龍之夢万麗大酒店にて開催 - 01月12日(金)11:00 

株式会社ケアサービス(代表取締役社長:福原 敏雄、以下「ケアサービス」)、保集健康ホールディングスの上海地区を担当する上海金盛隆養老服務有限公司(董事長:張 生海、以下「上海金盛隆」)および株式会社リブラ(代表取締役 孫 敏凱、以下「リブラ」)は、3社が出資した合弁会社「上海保原健康管理諮詢有限公司(董事長:姜 敏、以下「上海保原」)」の設立記念式典を平成30年1月11日に上海龍之夢万麗大酒店(Renaissance Shanghai Zhongshan Park Hotel)にて開催しましたので、お知らせいたします。
カテゴリー:

WILLERとベトナムのマイリングループ、合弁会社設立 ベトナム3都市で移動サービス展開 - 01月11日(木)16:24 

WILLERとベトナム最大手のタクシー会社であるMai Linh Group Joint Stock Company(マイリングループ)は、2017年11月17日に合弁会社MaiLinh-WILLER LLCを設立した。1月10日にはホーチミンで開業式を開催した。 WILLERのテクノロジーとマーケティング力、マイリングループが持つタクシー、バイクタクシー、バス、レンタカーなどの輸送力とブランド力を組み合わせた移動サービスを、ハノイ、ホーチミン、ダナンで今夏より展開する。 マイリングループは、ベトナムの53省でタクシー事業を展開し、約15,000台を有している。バイクタクシー、バス、レンタカー事業も手掛けるほか、電気自動車の開発研究などにも取り組んでいる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

Maersk、IBM/ブロックチェーンを適用するグローバルな合弁会社を設立 - 01月17日(水)13:25 

コンテナ輸送を行うA.P.Moller-MaerskとIBMは1月17日、合弁会社を設立し、ブロックチェーン技術を利用した国際貿易を遂行するため、より効率的で安全な方法を提供すると発表した。 合弁会社の目的は、国際貿易を […]
カテゴリー:

IBMと物流大手マースク、貿易へのブロックチェーン応用で合弁会社を設立へ - 01月17日(水)10:29 

IBMと物流大手のマースクは、ブロックチェーン技術を応用した国際貿易プラットフォームの開設に注力する合弁会社を設立する。
カテゴリー:

株式会社フィックスターズとの合弁会社設立に関するお知らせ - 01月15日(月)15:00 

[株式会社ネクスティ エレクトロニクス] [画像: https://prtimes.jp/i/13146/13/resize/d13146-13-606353-0.jpg ] 豊田通商グループの株式会社ネクスティ エレクトロニクス(本店:東京都港区、代表取締役社長:青木 厚、以下 ネクスティ エレクトロニ...
カテゴリー:

WILLERとベトナムのマイリングループ、合弁会社設立 ベトナム3都市で移動サービス展開 - 01月11日(木)16:24 

WILLERとベトナム最大手のタクシー会社であるMai Linh Group Joint Stock Company(マイリングループ)は、2017年11月17日に合弁会社MaiLinh-WILLER LLCを設立した。1月10日にはホーチミンで開業式を開催した。 WILLERのテクノロジーとマーケティング力、マイリングループが持つタクシー、バイクタクシー、バス、レンタカーなどの輸送力とブランド力を組み合わせた移動サービスを、ハノイ、ホーチミン、ダナンで今夏より展開する。 マイリングループは、ベトナムの53省でタクシー事業を展開し、約15,000台を有している。バイクタクシー、バス、レンタカー事業も手掛けるほか、電気自動車の開発研究などにも取り組んでいる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

Classiと東工大、問題の自動生成機能を実証研究 - 01月10日(水)19:15 

 ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi(クラッシー)は、東京工業大学の徳永健伸研究室と協力し、自然言語処理を用いて自動で問題を作成する仕組みを実用化するための実証研究を2018年1月から開始する。利用者の拡大に伴い、より多くの問題を自動作成することを目指す。 Classiは、全国約2,100以上の高校に導入され、80万人以上(2017年12月時点)が有料で利用する学校向けの学習支援プラットフォームサービス。現在は1,000以上の単元と6段階の難易度に分類された約7万の問題を提供しているが、利用者が増加しさまざまな進度の生徒が学習を繰り返すことにより、より多くの問題が必要になることが予想されるという。 Classiでは、データを活用してひとりひとりに最適な問題を提供するアダプティブラーニングを推進しており、今回の実証研究ではアダプティブラーニングで枯渇していく問題を自動で生成することを目指す。自動作問が実現すればさまざまな問題を高速かつ大量に生成できるようになり、これまで以上に学力に応じた最適な問題の提供が可能になるとしている。 実証研究は2018年1月から3月にかけて実施予定。今回は英単語の意味を問う問題を自動作問するシステムの評価を実施する。自動で生成した問題をClassiのプラットフォーム上で高校1年生120名程度に出題し、生徒の学力と正答率の相関から自...more
カテゴリー:

もっと見る

「合弁会社」の画像

もっと見る

「合弁会社」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 合弁事業...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる