「合同結婚式」とは?

関連ニュース

統一協会の説法を聞いたらド正論だった。自民党を支持すれば日本は美しく繁栄するとのこと。 - 06月26日(月)04:14 

申し訳程度のソース 異端・カルトシリーズ(5)合同結婚式を経験したYさんに聞く http://www.christiantoday.co.jp/articles/23960/20170619/blessing-ceremony-of-the-unification-church.htm ...
»続きを読む
カテゴリー:

「合同結婚式」の画像

もっと見る

「合同結婚式」の動画

Wikipedia

合同結婚式(ごうどうけっこんしき)とは世界基督教統一神霊協会(以降「統一教会/統一協会」と表記する)の主催する宗教的行事の一つ。正式名は「国際合同祝福結婚式」。統一教会/統一協会の内部では「祝福」と呼ばれる統一協会の素顔 ─新装改訂版―その洗脳の実態と対策わたしは"洗脳"されたp.111-122「統一教会の顔」。。

概要

統一教会/統一協会では、人間の原罪(罪の根本)は人類始祖のアダムとエバ(イブ)がサタンを中心として愛の関係を結んだことにあるとしており、それを正すためには、神を中心として男女が結婚しなければならないとしている。統一教会/統一協会の教義において、この結婚が最も重要視される。

1960年4月に3組の信者を祝福したのが最初で、その後数年ごとに行われ、ほぼ毎回参加人数は増えており、2000年に文鮮明は人類の半数にあたる4億組を祝福すると話した。

草創期は目の前で教祖がカップルを指名したり、信者に希望する相手を書かせたりもしていた。1988年頃から参加人数が多くなったこともあって、写真を見てカップルを決めるようになった。未婚の男女が文鮮明に写真を送り、「マッチング」をしてもらった後、統一教会/統一協会本部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる